2017年6月22日 (木)

今日のゼンテイカ

001
 ゼンテイカです。漢字で書くと禅庭花、自生地のひとつ戦場ヶ原が中禅寺の庭と考えて付けられた名前だそうです。規模の大きな借景のお話です。

002
 庭の笹を何度も刈っているうちに、ゼンテイカやサクラソウ、オオバナノエンレイソウなどなどの花が咲くようになりました。昨年は最新式の草刈り機 を導入して笹を刈ったので、今年はずいぶんと草刈りが楽です。

 昨年はゼンテイカがずいぶんと咲き、花園のようになっていましたが、今年は・・・ちょっと花が少ないかなと思ってよく見ると、

003
 写真のように、茎の先にあるはずの蕾が食べられています。現場を見たわけではないので食べられたというのも憶測ですが、容疑者はエゾシカの皆さんです。数年前は近所のオオウバユリが全滅するほど食べられましたが、我が家の庭もやられました。でも、花が咲かなかった分、今年は根に栄養が行くはずです。来年以降を楽しみにして、今年は咲いている分を楽しみたいと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年6月20日 (火)

今日の痕

001_2
 いつも車で走っているところ、ほんの少し道を外れると、フキの葉が不自然に倒れています。何かがそこを踏み固めたようでもあります。

002

 フキの茎が倒されただけでなく、伐られてる・・・というか食べられたというか、引きちぎられていました。

 たまたま一緒だった動物の調査もする友人に見てもらうと、「ヒグマだろうね」ということ。前日の夜を西からの風が吹いていたことを考えると、西風を遮るこの場所は良い寝床となったようです。
 思ったよりも近くを通り過ぎていること、ごくまれに車から見かけたこともありますが、たまにこうやって生活のすぐ側で痕を見つけると、そんなに遠い存在ではないのだなと思います。
 お互い無用な接触をしないように、気をつけましょうね。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年6月18日 (日)

今日のキタキツネ

001
 樹に登っている、キタキツネです。煽てられたわけでも無そうです。

003
 あっちを向いたり、

004
 こっちを見たり。

 本来樹に登るはずの無いキタキツネ、登るからには訳があったのでしょう。地面に嫌なもの、昆虫や大きなヘビが居たとか、追いかけられたとか、自分を大きく見せようと高いところに登ったのか。まさか遠くの国を見てみたかったのか。キタキツネにも、それなりに事情がありそうです。夕方の出来事でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]





|

2017年6月16日 (金)

今日のヌメリスギダケモドキ

001
 毎年同じところ、節からヌメリスギダケモドキが出てきます。秋のときもあれば、夏(今頃)、その両方であったりします。しばらく前に見た、これから大きくなるよ!と言ってそうなチビ助です。
 それが・・・、

002
 ボンと大きくなりました。ヤナギによく出来るので、ヤナギダケとも呼ばれます。きっと育ちやすい条件が整っているのでしょう、昨年も一昨年もここの、このキノコついて書いていました。

 ヌメリスギダケモドキ。「モドキ」などという言葉を初めて聞いたのは、仮面ライダーかなにかに敵対する怪人の名前だったはず。意味の分からず使っていましたが、後年「擬」という漢字が古くからある日本語、生物の名前に良く使われる、と知った時は「怪人」だけのものでは無いと驚きました。そして、ひとつ賢くなった中学の頃でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年6月13日 (火)

今日の釧路湿原

20170612_002
 晴れたと思ったら雨に成ったり、強い風が南から北から吹いてきたり、暑い暖かいと思ったら冷え込んだり。色んな天気天候があるけれど、緑は着実に広がってきています。樹々の葉が広がって、地面が、山がぐんと大きくなったように感じるこの季節。
 昨年の夏から秋に掛けては、大雨で一杯一杯だった湿原 もいつものように流れています。夏です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

«今日のミヤマザクラ