2016年12月 8日 (木)

今日の抜け殻

161208_004
 落ち葉を片付けていると、中からセミの抜け殻が出てきました。森を歩いていると、幹にしがみついたままの抜け殻を見つけることがありますが、こ奴は幹で羽化した後に落ちたのか、この低いところで羽化して飛んでいったのか、調べる術は知りませんが、この近辺で生まれ、何年も土の中で暮らし、羽化して最期の1週間くらいは行動範囲を広げたのでしょう。そんな成虫もいまはもう次の世代に命をバトンタッチしているはずです。昆虫に詳しい方に話を聞くと、セミは成虫である期間が短いと知られていますが、土の中で暮らすのが長いので、昆虫の中では長命な種なのだそうです。そうなんだ!と妙に納得した話でした。

161208_007
 日当たりの良いところで、干からびてしまっていたカマキリ。暖かい思いをしていてウトウトしてそのままだったのか。そう思って見ると、そんな風にも見えます。

 こんなセミやカマキリの姿もしばらくすると雪の下になります。全てか雪に覆われます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

2016年12月 3日 (土)

今日の兄弟・再会

161123_0031
 薪の兄弟のお話です。

 3年前に、パカンと割った薪に顔があったので、その片割れを見てみると、兄弟の顔がありました。(2013年12月9日
 その後、薪小屋に積み上げられるときに、離れ離れになった薪兄弟はそれぞれの場所で乾燥され、ストーブへ向かう直前に私と片方が再会しました。(2015年11月24日

 そして、薪小屋から取り出していると、もう片方が出てきて、再会の記念撮影が上記の写真です。初めて出会ったときから3年、薪にするだけに良い具合に枯れてきていますが、間違いなくあの兄弟です。ひとシーズンに大量の薪を使いますが、特徴があったので再会となりました。

 物語だと生き別れた者は、善と悪、富と貧、清と濁・・・と別々の道をたどるのですが、こちらのご兄弟はどちらも暢気に乾いていたようです。まあ、成り立ちが金太郎飴のようだから、それもまた然り・・・・・・・・なんてことを考えて、薪を見つめたり、写真を撮ったり、妄想したりしていると冬の準備が進みません。冬が来てしまった今、雪が来る前に!!です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

2016年11月29日 (火)

今日のシシャモ

Sisi
 今年もこの季節です!シシャモを干しました。
 塩水に漬けて、干して出来上がりと書くと簡単ですが、塩水の濃度、漬ける時間、干す時間、風に当てるとか陽に当てるとか、シシャモの大きさ・・・・・。プロなら細部に拘るのでしょうが、まあ様子をみながらだいたいでやっています。今年は、上手くいったかな。

 さっそく焼きました。「焼き過ぎないように、炙ってください」とお土産屋さんで買うと説明書きがついてきますが、なかなか難しいところです。ホットプレートにクッキングシートを乗せて焼くと良いそうです。↑↑↑は魚焼きグリルでさっと「炙り」ました。

 旨い!!上出来!!お酒、おかわり!!な出来具合です。しばらく楽しめます。

Sisi3
 シシャモのシーズンのため、空港のあちらこちらにA.design が作ったノボリが立てられています。釧路空港にお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください。

 先日放送された、釧路を舞台にしたドラマ「氷の轍」 物語りの重要人物が水産加工会社の社長だったことから、いたるところでこのノボリやシシャモのポスターが出てきます。録画されていた方、ご覧になってください。またこのドラマは釧路周辺で撮影されたので、見慣れた風景が出てきたり、見知った顔がエキストラで出ていたりで、ドラマも良かったですが違った角度からも楽しめました。再放送などありましたら、ぜひ!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

2016年11月27日 (日)

今日のタンチョウ

20161124_01711
 画像が小さいですが、クリックすると大きくなります。

 先日の氷点下15℃になった翌日、給餌場へ大挙してやってくるようになりました。
 給餌場へ集まりだしたこのシーズン、集まったタンチョウたちも勝手が分からないのか、あちらこちらで、こっちへ来るなあっちへ行けなどといざこざがあちこちで起きてきます。本格的に給餌場へ来るようになっても、いざこざは常にありますが、この時分はもっとわさわさとしています。

 鶴居村や道東周辺であれば、給餌場以外でもタンチョウを見ることができます。でも、お気をつけいただきたいのは・・・・・・
・見つけたからと言って、車を急に停めて大丈夫か?
 先日もすぐ前の車が、タンチョウ発見と同時に急ブレーキをかけました。タンチョウがいるだろう場所、前の車がレンタカーであったので、十分に車間距離を空けていたので大丈夫でしたが、急に停まられると危ないです。
・車を停める場所は、交通の邪魔になってはいないか?
 先に書いた急停車した車、カーブの途中に道路の左に寄せずに停めていました。また、農作業道路でも、通行の妨げになることを考えない停車も多いです。
 車や交通のことだけではありませんが、そんな、こんな。
 これからの季節、タンチョウを見にいらっしゃる方も多いです。ほんの少し気を付けることで、気持ち良く安全に過ごせるのではないかなと思います。
 美しいタンチョウがいる風景、ぜひ見にいらして下さい。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

2016年11月24日 (木)

今日の雌阿寒岳

20161124_0011
 関東一円ではずいぶんと雪が降ったそうな。東京での11月の積雪は54年ぶりのことだそうです。今年の冬はどんな冬?もう何年も、例年とは違うという天気、シーズン当初の予想とは違う天気です。準備をして乗り切りましょう。
 そして、今朝の最低気温はマイナス15℃、今シーズン最低気温を記録しました。マイナス15℃、冬がいきなり駆け足です。

 一昨日の雪は私の暮らす地域はたいしたことなく、すでに解けてしまいました。でも、同じ鶴居村でも場所によっては、まだ白いところもあるようです。

 上の写真はもうおなじみの雌阿寒岳です。釧路湿原の西側、酪農地帯の鶴居村からの風景です。牧草地はすでに刈取りが終わり、枯れた茶色の牧草地になっています。道東の冬、冬の始まりです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

«今日の雪