2018年1月16日 (火)

今日の朝焼け

20180115_0061
 早起きをしてみると、素晴らしい朝焼けに出会った、昨日の朝でした。
 気温はマイナス14℃でしたが、風も無いのでピリッとした空気が気持ち良い・・・ような気がした夜明けでした。

 赤い空に気が付いているのか、いないのか、川には目を覚ましたタンチョウが飛び立つ準備をしていました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年1月14日 (日)

今日の新釧路川

180114_0051
 鶴見橋から下流、新釧路川が凍っていました。夕方に河畔へ見に行ったので、ところどころ氷が割れて、流れているところがありましたが、きっと朝早くはきっちりと凍っていたでしょう。冬の風景です。
 でも、決して川の氷の上には乗らないように!!しっかり凍っているように見えても、薄いところがあったり、氷がいきなり割れたり動いたりすることがあります。氷の下は川が流れています。もし氷が割れてその下に入り込んだら・・・・想像しただけでゾワゾワします。お気をつけ下さい!ではなく、絶対乗らないように!!

 もっと気温が下がると、流れの緩やかなところで出来た氷が川を流れてきます。その流れてきた氷が凍ったところでどんどん止められて、上流へ上流へ氷を作って行きます。今年は釧路川のどこまで凍ってしまうのか。寒さにおびえつつ、楽しみでもあります。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年1月11日 (木)

今日の海

20180111_026_2
 遠く遠く、太平洋からおおよそ65kmから、海が見えました。標高は約550mと高い場所ではありませんが、その間に遮るものが無いところ、釧路湿原を跨いでの眺望でした。
 ここから海を見たことはありましたが、今日は太陽の反射が良く、海が輝いていました。
 天気が良く、どこに行っても良い風景だったのですが、遠くの海の輝きに徳した気分です。

 ふと、一番遠くから海を見たのはどこからだろう?標高550mで65km先の海が見えるところはあるのだろうか?あれこれ、思いながら遠くを見つめました。皆さんはどれくらい遠くから海を見たことがありますか?

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年1月 9日 (火)

今日の太陽柱

20180104_0451
 数日前、夕日が沈んだ時に出来た、太陽柱sunpillarです。雲の中にある氷の結晶によって起こる、太陽の虚像が柱のように見えます。氷の結晶なので、寒い時期に出来やすく、風の無い時の夕陽に現れるのを期待しますが、写真にはなかなか上手く写らないものです。実物はもっとはっきり見えますので、寒く風の無い時には夕陽をご覧下さい。

 今日は未明から午前中まで雨でした。この時期に雨が降るとは、どうしたことなのか?12月中ごろの方が寒かったような気がします。でも、油断しているとそろそろ寒さも本格的になり、雪もドカッとくるかも。油断は出来ない、北国の冬です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年1月 6日 (土)

今日のクロヅル

20180104_0141
 昨年の秋より根室地方で確認されているクロヅルです。12月になってから鶴居村の給餌場でも時おり見かけられていたようですが、都合悪くタッチの差で見られなかったりしたのですが、数日前鶴居村の伊藤サンクチュアリで初めて会えました。
 タンチョウより少し小柄な体格のようで、ご覧のように名前のとおり黒っぽいです。学名がgursと言うそのままツルなのは、世界中にいるツルの仲間15種類の中で早くに名付けられたのかな?

20180104_0161
 鹿児島に渡ってくるナベヅルと行動を共にしていることはよくあるそうですが、北海道にやってくるのは珍しいことのようです。何かの拍子に迷鳥となったようです。
 これから先、タンチョウと仲良くなって過ごすのか、仲間のクロヅルとどこかで巡りあうのか。彼(もしくは彼女)の物語、聞かせてもらいたいです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

«今日の正月風景