2017年10月21日 (土)

今日の川下り

171020_0441
 寒い日もありストーブを焚いたりもしましたが、天気が良くて風がないとまだ暖かいときもあります。

 川下りのシーズンも終盤です。静かな川をのんびりと下ります。

171020_0321
 空は何処までも高く、広く。

171020_0231

 山の色は見るたびに色を変えてゆきます。時には落ち葉が風に舞っている、秋の空です。

171020_0461
 川に映った空、空が二倍なっています。空と川の間に立っている自分、青さに溶け込んでしまいそうです。

 秋の川下り、青空の下、少し暖かくして漕ぐ手を休めて、漂ってみるのも気持ち良いです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年10月16日 (月)

今日の駆け足

 先日のブログ の続きです。そのまま、西へ西へ。

171009_015
 飛行機に乗って、西へ南へ。

S171010_003
 紅葉はまだまだ早いようです。もちろん、緑の葉も美しい。

171013_001
 たまたま通りかかった、ほぼ半世紀前に卒園した幼稚園前。目の前にあった市場は、整備されて通りなっていました。この市場の魚屋さんで、イワシをひと箱ひっくり返したことを何十年ぶりに思い出しました。

S171010_010_2
 実るほど頭を垂れていた稲穂です。稲作が行われていない東の端では珍しい風景、しばし見とれていました。

S171013_0041
 高校の先輩のライブへ。グランドで泥まみれになって練習していた頃とは打って変わって、繊細なウクレレに歌声、大阪ですがハワイアン・ナイト、楽しかったです。

 駆け足の旅でしたが、冬に近付いている東の端から、少し季節を戻して秋を楽しみました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2017年10月13日 (金)

今日の紅葉

 

003_3
 山が変われば樹種も変わって、特にこの季節は山を越えるたびに色が変わってゆきます。

002
 釧路湿原周辺の山とは、違った美しさです。元々はどんな山だったのか、どんな樹が育っていたのか、想像しながら高速移動です。

001
 100年も200年も前、そのずっと前、人々はこの地でどんな暮らしをしていたのか、どのように山の樹を切り出していたのか。景色を楽しみながら、歴史にも思いを馳せます。

 西へ西へ。北海道の秋のひとコマでした。


  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

2017年10月10日 (火)

今日のエゾシカ

 前回のブログで、気温が下がって来ました、と書きましたが、その翌日より最低気温がプラスの二桁(11℃から13℃)という暑い日が続いています。その時間は寝ていると言え、0℃前後となった日を経験すると、暑いのです。でも、今日は陽が落ちてから、ずいぶんと冷えて来ました。

171007_007
 4月のブログにも書きましたが、散歩道は害獣駆除が行われる場所でもあります。もちろん、人や車が通る道に向けては撃たないので心配ありませんが、それだけエゾシカが居るところです。10月1日から猟期にも入ったので、鉄砲の音が時折聞こえてきます。

 鹿たちの可愛い顔、増え過ぎて害獣になっていること、美味しい肉、様々なことが頭の中で交錯します。人間の都合、自然のバランス、鹿の生き方、そんなことを考えて散歩をしていると、

171008_0011
 ポーンと跳ねて、親子らしいエゾシカ2頭が走ってゆきました。

 自然の中の人間、自然に大きな影響を与えている人間、逃げてゆく親子を見て、知らなければならないこと、考えなくてはならないこと、伝えたいことを思うのでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

2017年10月 7日 (土)

今日の雲海

171005_0101
 朝起きると寒い、一昨日はついに氷点下0.1℃!昨日は0℃丁度の気温です。だんだんと寒くなります。
 放射冷却という現象によって、湿度が高く風の影響も少ないところには、霧が溜まります。

171005_0121
 家の前の牧草地、その先は一段下がって釧路湿原が広がっています。その釧路湿原に溜まった霧、湿原が雲海となっています。もう少し高いところから見るともっと、壮大な風景なのかも。いつか早起きして見に行きたいと思います。今日の写真は、樹々に隙間から小さな雲海でした。

171005_014
 空を見上げると秋の雲。季節が進んでゆきます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

«今日の月