2019年7月16日 (火)

今日のハシドイ

190711-0021 釧路市の花のひとつ、ハシドイです。モクセイ科の花らしくとても良い香りがします。ただ今絶賛開花中!!いたるところで見ることが出来ますので、ぜひ香りも楽しんでください。
 ハシドイはライラックの仲間で、ムラサキハシドイはライラック(英語)でありリラ(フランス語)です。で、ホワイトライラックと言う花はハシドイとはまた違う花です。更にハシドイのまたの名をドスナラと言います。名前の由来は訳に立たないナラ(楢)とか、良くないナラとか言う意味だそうですが、当然ナラではありません。

 数式に直すと。
リラ(フランス語)=ライラック(英語)
ライラック(紫色)=ムラサキハシドイ(紫色)
ホワイトライラック(白色)≠ハシドイ(白色)
ハシドイ(標準語)=ドスナラ(地方名)
上記の4つの数式に何種類の樹木が出ているでしょうか? 

 ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年7月15日 (月)

今日のオジロワシ

 一昨日、昨日と雨が降っていました。ひと月ほどまとまった雨が降っていなかったので、恵の雨です。少々沈木が目立ちだした川の水も増えました。雨が降らないと川は流れない!雨も天候も自然の一部!と思う恵の雨ですが、やっぱりご案内の時は降らないほうがいいな~。と2日間雨に降られた嘆き節でした。

190711-0061 雨の前に出会った、オジロワシの幼鳥です。近くに巣があるのですが、今年初めて巣から離れている姿を見ました。そして近くの樹には親であろう2羽の成長が見守っていました。

 まだまだ飛ぶのがおぼつかないであろう幼鳥です。見掛けたときには出来るだけ離れて、素早くその場から立ち去りましょう。こちらは何もしないつもりでも、彼らにとっては脅威かもしれません。野生生物はペットや動物園の動物では無いのだから、仲良くするためにも距離を保たなければいけないと思います。

 ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年7月12日 (金)

今日の仔鹿

190711-0041 細い川を下っていると、カーブの先にいた親子です。首を伸ばしてヤナギの葉を食べていました。
 この仔鹿は大きさからすると、今年の春に生まれた子供のようです。見かける仔鹿の中にはまだオッパイを飲んでいるのもいますが、親と同じ草や葉っぱを食べるようになったものも増えてきました。中にはオカアチャンのオッパイを飲もうとしたところ、もうあげないよ!とばかりに逃げられて半べそをかいて(私の気持ちが入り過ぎです)いるものもいました。

190711-0051 この季節、仔鹿たちが階段を一段登る季節です。エゾシカが害獣となっていること、自然のバランスが崩れていること、崩してしまったこと、難しいことはさて置き。可愛い姿を見ると、やや涼しい夏ですが、この子達がすくすく育ちますように!!と思うのでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年7月 9日 (火)

今日のホザキシモツケ

190707-0031 川を下りながら見つけた、夏です。夏の花、ホザキシモツケが咲き出しました。とは言っても道東の7月、大変涼しい日々を過ごしています。暑くなり始めた他の地域の皆様、避暑には道東がお勧めです!!冷房ではない自然の涼しさが待っています!!

190706-0181 ホザキシモツケはご覧のように、小さな花が集まって先がとがって咲くという、円錐花序と言う咲き方をしています。枝の先で咲いているので「穂咲」の名前が付けられたそうです。夏の間、釧路湿原で最も多く見られる花です。緑の中にピンクの花、美しいです。近所の母さん方は「デンブバナ」と呼ぶこともあります。桜デンブに似ているからだそうですが、当然甘くはありませんでした(試してみました)。こんな形の花ですが、科はバラ科。バラ科の守備範囲、広いです。
 今年もこの花を見ながら夏を過ごします!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

 

|

2019年7月 5日 (金)

今日の源流部

190705-002p 釧路川の源流部を下りに行きました。スタートは釧路川の源、屈斜路湖。クッシーが住んでいるところです。
 左から、和琴半島、中島、藻琴山。だんだんと遠くになってゆきます。(写真をクリックすると大きくなります)

190705-0071 きっと1000年前ともそんなに風景は変わっていないだろうと思う、釧路川の始まり。

190705-0141 倒木なのか、沈木が水からでているのか、頭を下げてくぐります。くぐらないと通れないところ多数あり。

190705-0111 鏡の間では、先客も後続もなかったので、暫く静かに浮かびました。

190705-0201 くぐります。その向こうにもくぐらないといけない木がたくさん見えてます。

190705-0171 カーブしたところにこんなところ。どこかをくぐります。

190705-0231 ややこしいところを漕いでると、何故だかやってきたカワセミ。今まで数回「昆虫なのですか?」と聞かれたことあります。蝉ではないです。

190705-0251 「主」と呼んでいた巨樹。朽ちる前はこの辺りでブイブイいわせていたであろう存在感。

 屈斜路湖から流れ出た川が、周囲の川を取り込んで大きな釧路川になります。ここは釧路川が始まるところです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

 

|

«今日のイソツツジ