« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

今日のカエル  04/30

060426_003 風の向きなのでしょうか、昨日までは水辺に行かないと聞こえなかったエゾアカガエルの声が、今日は庭でも聞こえました。今湿原ではエゾアカガエルの泣き声がいたるところで聞こえます。水辺でよく見てみると、写真のように卵とカエルたちを見ることが出来ます。カエル達の恋の季節です。
 今日は午後から雨が少し降って気温はあがっていませんが、昨日の最高気温は14.2℃(鶴居村)の今年最高気温でした。春らしい暖かさです。

 (本日の写真は26日に撮影しました。)

| | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

今日の福寿草  04/28

060428  福寿草です。雪が溶けると最初に顔を出す花です。3月末より、いたるところで咲いていましたが、近所の散歩道では初めて見つけました。陽に照らされると花びらが開き、陽が陰ると閉じてしまいます。花びらが開いときパラボラアンテナのようになるので、花びらで囲まれた内部が暖かくなります。この暖かさに虫達がよってきて、花から花へ花粉を運ぶそうです。この話をきいてから、閉じた福寿草を見ると、暖かさに負けて花びらの中で寝てしまった虫が閉じ込められていないか、ちょっと心配です。

| | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

今日の下幌呂  04/27

060427  雪、なくなりました。窓辺からは雪は全く見えません。山の北側の石の陰の陰に少し残っては居ますが、平地には雪がなくなりました。ゴールデン・ウィークには間に合わせました、といったところです。

 先週末、友部正人さんのコンサートへ行きました。友部さんの詩を「スルメのようだ」と評した方がいましたが、まさにその通り、じっくりと詩を味あわせる詩でした。じっくり詩を読みたいと思ったので、詩集を買いました。私の好きな岩保木を舞台にした「水門」という詩があり、そのページに「ここでいいの?」といいながらサインしていただきました。
 詩集なんてほとんど読んだこと無かったのですが、読んでみて日本語の美しさを改めて感じています。

| | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

今日の下幌呂  04/25

060425  ブログを始めて1ヶ月弱です。道東の今が見えていい、R[アール]が見てる日常が分かる、文章おかしいぞーなどなど、ご好評?いただいています。中で「下幌呂の写真はどうして同じ風景なの?」とご質問いただきました。下幌呂は私が暮らす鶴居村の地区です。決して写真の範囲だけではありませんが、家の窓からの風景を定点写真として掲載しています。これからどんな風に変化してゆくか、お楽しみください。
 定点写真を並べれば、季節の移り変わりが分かるでしょう、と言いたいのですが、昨日はまた雪。一昨日は白い雪は見えず(昨日の写真をご参照ください)牧草地も緑が出ていましたが、真っ白に戻っていました。緑の風景と白い雪の風景がまぜこぜです。今年の雪は長引いていますが、いつまで降るのでしょうか。でも気温は春、今日一日で溶けることでしょう。・・・タブン。

| | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

今日の空  04/23

060423_005  青空です。白い雲が空をのんきに泳いでいます。目覚めると晴天、久しぶりに青空でした。家の前の牧草地も少しずつ緑になってきています。

 大空ではオーストラリアから帰ってきた(やって来た)、今年一番のオオジシギが賑やかに、元気にパートナーを求めディスプレイ・フライトを行っています。「ズビヤクズビヤク(鳴き声)、ザザザザーー(羽音)」とジェット機のような音を出しながら飛んでいます。これから7月から8月後半までは、毎日のように聞こえることでしょう。

| | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

今日のアカゲラ  04/18

060418_003  今朝家の中に居ると、ゴンゴンと低い音が家に響き渡りました。何の音かと外に出てみると、カンカンと金属音です。屋根の上を見上げると、アカゲラがアンテナを懸命につついていました。アンテナの支柱に振動が伝わり、家中に重低音が響いていたのでしょう。(納得してる場合では無い!)この時期縄張りを誇示するために、大きな音がするものをつつくという話は聞いていましたが、アンテナをつつくとは酔狂な奴です。アカゲラにつつかれてアンテナが壊れるとは思いませんが、ほどほどにしておいてくれーと言っておきました。・・・・・この縄張り争いが、R[アール]とアカゲラ一家の「仁義なき戦い」にならぬことを祈るばかりです。

| | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

今日の下幌呂 04/17

060417  さすがにもう雪のお話はやめておこう、と思っていたのですが、昨日一日雪が降っていました。写真は今朝起きたばかりの風景です。昼過ぎには溶けてしまいましたが、今年の雪は長引きます。

  例年4月第一週辺りで雪は無くなり、その後1,2度雪が降るくらいなのですが、今年はたびたび降っています。雪が多かったシーズンではありませんが、雪が長いシーズンです。もう少し雪が溶けたら、冬の間雪や風で折れたり倒れた木や枝をまとめなければ、と思っているところです。

| | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

今日の下幌呂 04/14

060414  昨日は関東では霧が深かったようでうすが、こちらでは一昨日がとても深い霧でした。霧がかかるのも暖かくなった証拠、と思っていると、昨日の雨が夜になって雪になりました。目覚めると薄っすらと雪が積もっていました。その雪も陽が上ると雪も溶け、空は青空です。春がぐんぐんやってきています。

| | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

今日の鹿 04/12

060412_010  コッタロ街道で鹿の群れに会いました。私から逃げようか、どうしようかと白いお尻を向け、警戒中です。暖かくなり鹿たちも毛変りの季節で、よく顔を見るとお猿さんのようになっています。
 ひと時ほどではありませんが、北海道では鹿の増加が問題となっています。増えたために何に影響があるのか、どうして増えたのか、どうすれば良いのか。今後考えて行かなければならない、重大な問題です。

| | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

今日の鉄道 04/10

060410_002  ふるさと銀河線に乗ってきました。今月20日にこの鉄道は廃線、バス運行に転換となります。車窓からは、田園風景、林業の町、農作の町と変化にとみ、北見から池田の3時間も飽きること無く過ごせました。廃線となるのは残念です。しかし、維持存続させるのも大変なことでしょう。
 山中の駅の周りには、たくさんの廃屋が残っていました。たくさんの人々が、ここで生活していた跡です。どんな気持ちでそこで暮らしたのか、そこを去って行ったのか、そんなことも想像した3時間でした。

北海道ちほく高原鉄道株式会社

| | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

今日のヤチボウズ 04/09

060409_003  4月に入っても雪がパラつきます。今日もほんの少し降っていました。でも、もう春です。積もっていた雪も、ドンドン溶けてゆきます。釧路市街地より西に10kmの北斗です。雪に隠れていたヤチボウズ軍団の皆も、顔を出しています。

| | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

今日の下幌呂 04/03

060403  3月30日の雪で本格的な雪は打ち止めか、と思いましたが、昨夜よりまた降ってます。風も吹いています。この冬は12月1月の早い時期に雪が降り、2月3月にはあまり降らず、春は早いかと思っていましたが、まだまだ先のようです。

| | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »