« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月30日 (火)

今日のイチゴ  05/30

060530_002  近所の方に「どこに植えても根付くから」と、いただいたイチゴです。これもまた収穫が楽しみなのですが、赤く実ったので明日にでも収穫と思うと、その朝に鹿が食べに来るようです。鹿のために育ててる訳ではないので(たいしたことはしてないけれど)、何とか鹿に負けないように収穫したいと思います。

 昨日と今日、かなりまとまった雨です。「雨も含めて天候も自然の一部」「雨が降らないと川は流れない」と分かっていますが、2日間降り続くと太陽が恋しくなります。でも、一雨ごとに緑が増します。雨の後天気が良くなると、山が一回り大きくなるように見えます。草木に力がみなぎっています。

| | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

今日の下幌呂 05/27

060527  カッコウとツツドリの似たもの同士が、家の周辺で1日中、鳴いています。カッコーカッコーとポンポン、賑やかです。

 一昨日ジャガイモを植えました。シロワセとレッドムーンの2種です。穴を掘り、牛肥を入れ、種芋を植えてゆきます。土を戻し軽く押さえてあげれば秋の収穫待ち・・・・・、それまでは雑草の草むしり、土寄せ、追肥などなど、手間はかかりますが収穫が楽しみです。

| | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

今日のヤチボウズ 05/26

060526_002  北斗のヤチボウズ軍団の皆さんです。4月初めには茶色い顔(胴体?)だけでしたが、今は緑色の髪を立てています。一時代前のビジュアル系です。今後の変化も楽しみです。

 その後の鳥達です。
 アンテナをつついていたアカゲラはその後、何度かアンテナをつついていましたが、大きな音で縄張りを主張したせいか我が家周辺を取り仕切ったようです。今も時々近くの木で餌をとってます。タブンいつも同じ奴でしょう。
 車にやってくるのノビタキ、やってきています。今は2台の車のどちらへも止まっています。やけに楽しそうです。他の種類の鳥が同じことをしないのはなぜなのでしょう。

| | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

今日の桜  05/24

060524_009  桜です。先週やってきた桜前線、満開はいつかな、もう少しかなと思っていると昨日の雨と風。まだ花は開きそうでしたが、ずいぶんと花が散りました。一番の見頃というのは、短いものです。

 先週土曜日は夜桜で花見でした。例年寒さに震えるのですが、今年は暖かく、熱い炉の周りのビールは最高でした。よく飲み、食べ、ちょっとまじめに話して、大いに不真面目に話しての花見でした。
 毎年夜桜を見ながら、健康であること、世の中が平和であることを祈り、ほんのちょっとでも何か役立ちたいと思うのでした。

| | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

今日の下幌呂  05/23

060523  昨日目覚めるとカッコウが鳴いていました。カッコウが鳴くともう霜は降りることは無いので、種蒔きを始めます。春から初夏へ、日中は半袖で大丈夫な気候です。

 先週末急な不幸があり、横浜へ行きました。暮らしの中で、楽しい出会いもあれば、当たり前のように悲しい別れもあります。そんな時に後悔しないような繋がりを持てたか、後悔をしないことはありえないかもしれないけれど、人との繋がりを考えさせられました。

 釧路に帰ってくると、桜前線が到達していました。春から初夏へ、グングンと緑が増えてゆきます。

| | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

今日の下幌呂  05/15

060515_009  昨日はまとまった雨が降り、その水を十分に吸い上げたのか、草木の緑が増したようです。湿原はまだ茶色をしていますが、周辺の樹木の芽は膨らんできています。家の前の牧草地は、日々刻々と緑色が濃くなってきています。
 家を建てるに当たり切り倒した木を片付けています。工務店さんの協力で、出来るだけ無駄なく必要な分だけを切り倒しました。この木もゆくゆくは薪となり、家を暖めてくれます。
 片付けていて見つけました。昨年切り倒れたままだった木から、芽が出ています。生命力に脱帽です。

| | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

今日の夕陽  05/12

060512_006   日没がどんどん遅くなってゆきます。それにつれて、日が沈むところも西へ西へと移動してゆきます。
 調べてみました。私の暮らしてる場所では、春分の日に日没地点は272度(北を0度として真東が90度、真南が180度・・・という真方位です)、夏至のころには304度なので、先ほど「西へ西へ」と書きましたが、今は「北へ北へ」と日没地点は移動しています。日没地点が南側から西の窓に入ってきて、いつの間にか北側に逃げていっていました。日々地球は動いています、回っています。
 どうしてそんなふうになるのか・・・・、難しいことは分からないけれど、今日の夕陽はじっと見たくなるような美しい夕陽でした。

 日月出没計算サービス ←ありがとう、海上保安庁情報部

| | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

今日の下幌呂  05/07

060507  ゴールデン・ウィーク中は前半雨が降りましたが、後半は良い天気に恵まれました。春らしい陽射しの中、のんびりと川下りを楽しむことが出来ました。今日は最高気温が15℃を超え、外で体を動かしていると汗ばむほどです。桜前線もようやく津軽海峡を越えて、北海道上陸。約2週間を掛けて東進して道東へやってきます。

 ここ数日ノビタキが庭にやってきます。そのうちの一羽が2台あるうちの一台の車を気に入ったようです。なぜだか、ネイビー・ブルーの車に留まったり、周りを飛んでみたりしています。車の位置を変えても、ネイビーの車に行くからには、そちらがお気に入りなのでしょう。いつも一羽だけがそうしているので、決まった奴だと思います。車が気に入ったのか、車に映った自分に恋をしてしまったのか、はたまた映った自分が気に入らず攻撃してるのか。ノビタキの気持ちを知りたいものです。

| | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

今日のライオン  05/03

060503_017  「湿原のんびりコース」にご参加いただいた方は覚えていらっしゃるかと思います。川下りの後半で出会う、ライオンのような枯れ木が流れてしまいました。このライオンが川の上に立っていたり、溺れていたりで川の水の増減が分かり、幾度か参加された方には、「この前より水が多い」「今年は少ない」と目印であり、楽しみになっていました。私がガイドを始めた時にはすでに、ライオンのようになっていたので、10年以上は川の流れの中にあったのでしょう。強い流れに中なのにすっくと立っているのを見ると、感心していました。合掌。
 昨年(7月29日)の川の流れに立つライオンです。10年前はもっとタテガミが立派でした。

 近所を散歩してフキノトウを摘みました。豚と味噌炒め、味噌汁の具にと美味しくいただきました。特に味噌炒め、豚とフキノトウの苦味が合います。春の美味しさに感謝です。

| | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »