« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月29日 (木)

今日のエゾゼンテイカ  06/29

060629_003  今湿原周辺で一番目立つ花です。またの名をゼンテイカ、エゾカンゾウ、ニッコウキスゲと言います。地方色豊かな名前です。朝に先夕方閉じる花ですが、ご覧のようにつぼみがまだまだあるので、しばらくは楽しませてくれます。よく見るとバックには大きなフキの葉です。思いっきり広がっています。

 ここ数日は豪雨ともいえる雨でした。雨のため湿原は例年になく、水が多くなっています。春先にも書きましたが、水が多いため抱卵をあきらめたタンチョウも多いようです。水不足も大変ですが、多すぎる水も困りものですね。水が多いことで、どんなところに影響が出てくるのかも見てゆきたいと思います。
 しかし、川からは多い水のおかげで目線が高くなり、湿原奥深くまで見通すことができます。今年は少し違った湿原が見れます。

| | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

今日の下幌呂  06/25

060625_015  札幌へ、知床へここ数日出掛けておりました。その間にもカキツバタやエゾキスゲ、ハシドイ、ライラック次々に花が咲いています。昨日まで咲いていなかった花が、次の日にはお花畑を作っていることもあります。咲く花ひとつひとつが、大地のパワーを感じさせてます。

 家の前の牧草地も昨日刈られ、今日はトラックに積み搬出しました。あっ言う間の早業でした。

 ブログを更新して無かったため、「どうしたの?」「さぼってんの?」「ネタ切れか?」等々、ご心配、ご声援ありがとうございます。元気です!!

| | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

今日のミヤマザクラ  06/15

060615_007  昨日、「写真の左側にミヤマザクラ」と書きましたが、よくよく見ると写真を撮った私しかどこに花があるのか分かりませんね。見えないぞー、分からないぞー、今時分に桜かー?などなどメッセージありがとうございます。今日は花を大きく撮りました。上向きに咲いています。シロザクラともいうそうです。本州でも5月上旬に咲くサクラで、葉が開いてから花が咲きます。

 W杯日本の初戦、全く残念な結果でした。残りの2戦を勝利して、何とか決勝トーナメントに進んで欲しいものです。応援してます。

 今から4年前のW杯日韓大会のころは、ユーコンを下っていました。日本に戻ってくると、熱い熱いサッカー熱に日本全体が覆われていることに圧倒された思い出があります。
 ユーコンの写真です。→テスリン・ユーコン・ソロツーリング2002
 また、行きたいと思っています。皆さんもいかがですか。

| | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

今日の下幌呂  06/14

060614  先週末、従兄弟の結婚式で横浜へ出掛けていました。それと同時に関東が梅雨に入りました。おまけに気温は上がったので、寒冷地仕様の身体は驚いたように汗をかきました。梅雨に入ったものの式の当日は晴れ、二人の門出を祝しているかのような天気でした。

 道東に戻ると新緑ばまぶしさを増していました。ほんの5日間ほどでも、風景が変わります。写真の左側に見える白い花は、ミヤマザクラです。白い花が上向きに咲いています。

| | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

今日のオオサクラソウ  06/05

060605_001  緑が茂る中で、綺麗なピンク色を見せているオオサクラソウです。花の形や葉っぱの形が、子供が描く花のようです。写真の木の根元で最初見つけましたが、この木を中心にあちこちに咲いています。

 思い込みで大きな勘違いを発見、仕事で話している時ではなかったのが不幸中の幸いです。調べてみると、ああ勘違い、赤面です。時には振り返って調べ直すことも重要だと痛感しました。 

| | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

今日の下幌呂  06/04

060604_001  この一週間で木々の葉っぱが「わしッ」と増えました。前回のブログにも書きましたが、雨の後は葉っぱが一気に広がります。林の中にも花が次々に咲いています。

 一昨日より晴れていますが、今年は雨が多い4月5月でした。卵を温めていたタンチョウの多くが卵が水に漬かり、営巣をあきらめたようです。水は無くてはならないものだけど、天気に左右される方には受難の雨です。

 水が多いと、川下りする時の視線が高くなります。また河畔の草もまだ背が高くなっていないので、遠くまで見通すこと出来ます。今だけの風景を楽しめます。

 

| | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »