« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月24日 (水)

今日の霜柱  10/24

071024_003  今年初めて見た霜柱です。朝早く散歩をしていて、見つけました。まだまだ小さな霜柱ですが、触ってみるともうそこまで来ている冬を感じさせてくれました。

 昨日に続き鹿のお話です。今年は10月に入っても比較的暖かでしたが、鹿たちは例年のとおり10月に入ると毛が変わりして、灰色の冬毛となりました。9月22日の「今日の親子」では茶色い夏の毛だったのに、すっかり冬毛です。葉を落とした森の中では、灰色の毛が保護色となり森に隠れるには都合よくなります。先の親子たちも冬毛となっていることでしょう。
 夜になって外へ出てみると、満月が近いせいか盛んにラッティングコールを行っています。方角からすると、4頭か5頭が鳴いているようです。秋ならではの音です。

|

2007年10月23日 (火)

今日の傷跡  10/23

071023_017  タイトルがサスペンスのようです。鹿が角をこすりつけた、白樺の傷跡です。10日ほど前から、牡鹿たちが夜になるとラッティングコールと呼ばれる「ブョーン、ブョーン」という鳴き方をして、ハーレム作りをしています。このラティングコールが聞こえるところで物まねをしようものなら、「どこのどいつが入って来ているんだー」とばかりに牡鹿が現れます。上手くまねが出来ればの話ですが、危ないのでお気をつけください。
 また、鹿笛で牡鹿を誘き寄せて鹿を撃つ、という猟の仕方もあるそうです。鹿の習性を利用した猟の仕方です。

 ずいぶんと話がそれていました。鹿の角のこすりつけは、ラッティングコールとともに発情期の牡鹿の特徴ある行動です。角をこすり付けられ傷ついた木の周りの笹は踏み倒されていました。鹿が生きてること主張しているかのようでした。

 

|

2007年10月18日 (木)

今日のきのこ鍋  10/18

071018_002  鶴居村某所にて、きのこ鍋を頂きました。買ってきたきのこは無く、周辺で採ってきたものと、ホダ木に出来たシイタケを含め12種類。見たことあるような、無いようなきのこ達を美味しく頂きました。今の時期林の中を歩けば、草の下に様々なきのこが生えていますが、きのこの知識は無いのでいつも横目で見ていました。しかし、わかる人が見れば食べれるきのこが、たくさんあるのだと感心しました。
 秋の恵、採集班、調理班、皆々に感謝です。

|

2007年10月16日 (火)

今日の霜  10/16

071016_009  先週末は雌阿寒でも初冠雪が確認され、いよいよ冬も間近となりました。少し早起きして散歩してみると、朝陽で溶ける前の霜が、枯れた草木の葉についてベルベットのようです。早起きでちょっと得したような気がする風景です。

 散歩を続けていると、近所の酪農家さんトラクターを止めて「牛見なかったかい」と、一頭がどうもはぐれたようです。さすが酪農地帯、迷い牛です。その後家に着くまで、もし発見したらどうしよう、家の庭で草を食べてたらどうしよう、など想像していましたが、出会うこと無く帰宅できました。
 十数年前にスリランカを旅行したとき、少し田舎だと牛が普通に道端で暮らしていた(飼い牛です)風景を思い出しました。

|

2007年10月10日 (水)

今日の紅葉  10/10

071010_009  釧路市の隣町、足寄町にあるオンネトーの紅葉です。オンネトーの紅葉が見ごろです。でも、明日はもっと良くなるかもです。先日キャンプをした、津別のチミケップ湖では、午前と午後で紅葉の具合が変わっていたようです。陽の加減かも知れませんが、1日中見ていると、ずいぶんと変わったように感じました。

 釧路市の隣が足寄町、と言うのも不思議に思われた方も多いかと思います。一昨年の市町村の合併で、釧路の隣町もずいぶん変わりました。地図を広げ調べてみると、釧路町、鶴居村、白糠町、弟子屈町、津別町、足寄町、浦幌町の1村6町でした。よく考えるとそうだけど、ちょっと意外でした。

|

2007年10月 6日 (土)

今日のチャンチャン焼き  10/06

071006_013  北海道の名物、チャンチャン焼きです。鮭と野菜を鉄板で焼き、味噌や醤油で味付ける料理です。元は浜の父さん方の料理だそうで、人によって作り方、味の付け方が違うようです。
 今夜は宿泊ツアーのお客様と鶴居村の宿「丹頂の家」で、宿主特製の味噌あじチャンチャン焼きを頂きました。美味しい鮭、自家製の野菜、秘伝の味噌?我が家のチャンチャン焼きとはまた違った美味しさでした。ご馳走様でした。

 今日は鶴居村の山奥を歩きましたが、少しずつ秋は進んでいます。少しずつと思っていると、あッという間に山の色が変わり葉が落ちてゆきます。日一日と風景の色が変わってゆきます。目が離せません。

|

2007年10月 5日 (金)

今日のヒシクイ  10/05

071005_002  夕方、釧路湿原から東部にある達古武湖へ飛んでゆくヒシクイの群れです。この群れは70羽ほどの群れでしたが、これ位の群れが、私が空を眺めていた15分の間に五群れトンで行きました。達古武湖も大賑わいです。

 紅葉はのんびりしている、と思っていましたが徐々に進んでいます。湿原は黄金の海のようです。風が吹くと、黄金の海が波立つように見えます。夏とは違った湿原の顔を見せてくれます。

|

2007年10月 2日 (火)

今日のホザキシモツケ  10/02

071002  夏の花、ホザキシモツケです。例年7月中旬より8月一杯まで咲いている花ですが、今日近所を散歩していて咲いているのを見つけました。狂い咲きです。10日ほど前にも他の場所で見つけ、これで今年最後と思っていましたが、まだ咲きました。さらに遅く咲くかもです。

 一昨日釧路の繁華街にある、炉ばた「挽歌」開店50周年祝賀会に、参加させていただきました。お店のおでん(炉ばただけど、おでん!)や焼き物、ひとつひとつがおいしいことはさることながら、マスターやママさんのほんのりとして暖かい人柄に惹かれて暖簾をくぐっています。マスターは40年も前から、湿原のすばらしさに魅せられ通い続けている大先輩でもある方、ずっと前の釧路湿原のことを聞かせて頂いています。

 マスター、ママさん、これからもお元気でお過ごしください。美味しい料理、面白いお話、楽しみにしています。

 決めました。今年R[アール]は10周年を迎えましたが、目標は50周年です。40年後も、現役のガイドいたいと思います。
 マスター、大きな目標をありがとうございます。

|

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »