« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

今日の動物達  12/31

071231_021 今年の干支の亥から来年の子への引継ぎ式も無事終了しました。後は年越し蕎麦、除夜の鐘です。

 皆さんは今年一年どんな年だったでしょうか。
 私は、多くの人と出会い、多くの人の話を聞き、たくさんの経験ができ、健康な一年でした。そしてなにより、皆様よりたくさんの元気を頂きました。ありがとうございます。新年は今年よりも一層面白く、楽しく、皆様に役立つガイドに勤めたいと思います。新年もよろしくお願いします。

 それでは、皆様の新年が良い年、健康な年でありますように。
 ありがとうございます、感謝します。

|

2007年12月30日 (日)

今日の岩保木水門  12/30

071229_011 前回のブログに引き続き寒い写真、失礼します。
 昨日は朝からだんだんと雪が降り、午後からは風も強く吹き始め、吹雪目前という天気でした。瞬く間に辺り一面雪景色となった昨日です。ギリギリ除雪が無くとも岩保木までゆく事が出来ました。雪にまみれた、水門です。夕陽が美しいことでも有名な場所ですが、夕陽は全く見えない状況でした。

 そして今日、30日は朝から晴れ。積もった雪がまぶしい1日でした。

 残すところ今年も後、一日。あれもやらねば、これもやらねば・・・、毎年恒例の大晦日となりそうです。

|

2007年12月27日 (木)

今日の氷  12/27

071227_009  寒いのが冷たいのが嫌いな方、すみません。氷の写真です。先日はまだ怖かったのですが、今日はしっかりと凍った塘路湖の氷の上に乗って見ました。氷の中に美しい模様が見えました。うーん、写真で撮ると(私の腕です)美しさや奥深さが伝えられないのが、残念!!。まるで宇宙のような不思議さ、美しさです。
 浜に近いところ、少し離れたところ、もっと沖へ出たところ、同じ湖の氷でも、水深や風の当たり具合、日のあたり具合によって氷の出来方も違うのでしょう。氷の中の模様も場所場所で様々、しばらくの間氷の上で楽しみました。次回はルーペを持って行きたいと思います。

 2007年も残すところ5日、やらなければならないこと、片付けないといけないこと・・・・・、やるぞー、やらねばー!!。と自分にハッパを掛けてみました!!。

|

2007年12月24日 (月)

今日のチキン  12/24

071224_004  今宵の飲み会の一品です。友人のリクエストに応えて、ダッヂオーブンでローストチキンを作りました。以前(その時は春)食べた友人が、「美味しかったのでぜひ」ということでしたが、焚き火をしていてももさすがに冬、日が暮れると冷え込みました。でも、美味しくできた、はず!!出来上がった瞬間、ふたを取ったときの写真です。

 火の具合を見ながら外にいると、夕陽が沈み暫くすると、東から満月が昇ってきました。低いところに雲は無く、昇り始めたときからすっきりとした満月です。月が昇る右上には赤く火星が輝いていました。火星を追いかけるように月が昇ります。ホワイトクリスマスではないけれど、すっきりとした空に満月、気持ち良いイブの夜となりそうです。

|

2007年12月23日 (日)

今日の南瓜  12/23

071222_002  昨日は冬至、冬至と言えば柚子湯と南瓜料理です。柚子は手元に無かったので、温泉の元で代用。南瓜料理を妻が作りました。 「今日の黒い実」で書いた料理を大幅にアレンジしたラタシケプです。庭で採れたシケレペ(キハダの実)の刺激的な辛味と苦味、南瓜の甘さが良い味です。この冬も風邪を引くことも無く、胃腸も万全になったような気がします。今日も、これからも元気です。

|

2007年12月22日 (土)

今日の冬至  12/22

071222_0001  今朝家の前の牧草地を、タンチョウとは思えないような声「ブキャー、ブキャー」と鳴いて飛んで行きました。まるで、アオサギのような鳴き方です。こんな奴もまれにいます。なお、この写真(左の写真)はしばらく前に撮った写真、今日の鳴き主ではありません。写真を撮った時、まるで私の方に向かってくるような飛び方でやってきました。
 タンチョウの話をもうひとつ。
 今日の朝刊の1面に「タンチョウが岩場に舞う」という記事がありました。海辺の岩場で貝などを食べている、珍しいことだ、という内容です。でも、それよりも、その写真が撮られたのが積丹です。なかなか遠くまで行っている者もいるのですね。道東の給餌まで来るのでしょうか、積丹で越冬するのでしょうか。楽しみです。

 今日は冬至です。釧路の日出が06時50分、日没15時51分でした。で、今日の日没が今年一番遅いかというと、今月7日から13日のほうが15時48分で遅くなります。調べてみると面白い日出、日没です。
 とても早い釧路(東の端ですから)の日没、昼ご飯を食べて油断していると、影がビョーンと伸びてきます。

|

2007年12月21日 (金)

今日の鳥  12/21

071220_010  昨夜出掛けるため車で走り出したとたん、大きな鳥がバサリ、バサリと羽ばたきました。車を止めてよくよく見ると、エゾフクロウのようです。左の写真中央やや左に留まっています。家から離れたところで、昼間に見たことはありますが、ほんのすぐそばで見ることが出来るとは。鳴き声がしているので近くにいると思っていましたが、実際に見ると大きさに驚きます。
Fukurou  拡大してみると、羽の斑点が分かります。
 

 昨日はとある勉強会の忘年会でした。3年弱の間、老若男女の方々と一緒に学んでいます。若手(?)の私ですが、先生をはじめ皆さんの情熱に感心したり、驚いたりです。とても良い刺激を受けています。クラスメイトに感謝です。

|

2007年12月20日 (木)

今日の塘路湖  12/20

071220_006  湿原の川下りに出かける時に、スタート地点となる塘路湖です。凍っています。夏訪れた方には全く違った風景に見えることでしょう。
 歩いても大丈夫なような気がしますが、足跡も無く、人もいなく、怖がりなので今回は止めておきました。もうしばらくすると、もう少し氷も厚くなり問題ないでしょう。

 まだ出来てはいませんでしたが、この湖にも「お神渡り」が出来ます。年末から正月ごろには、しっかりと湖面の氷が盛り上がります。
 正確には「お神渡り」とは諏訪湖に出来るものだけをいい、他の湖(塘路湖や屈斜路湖)にできるものは「お神渡り現象」と言うそうです。

|

2007年12月19日 (水)

今日の下幌呂  12/19

071219  久しぶりの下幌呂、我が家の窓からの風景です。そして、久しぶりのブログです。しばらく旅に出ており、ブログをお休みしていました。またまた書き続けますので、ぜひお付き合いください。

 関西、関東に出掛けており、戻ってくると、空気がキンと冷えていました。庭には留守中にやってきていたと思われる鹿の糞がコロコロと転がっていて、タンチョウの声をも聞こえます。濃密な自然です。

 以前暮らしていた街にも行きましたが、古本屋がずいぶんと少なくなったようです。東の端に暮らしていると、ネット上で古本を探すことが出来とても便利なのですが、街中をフラフラ歩きながら覗くことが出来る古本屋が減ったのは少々さびしくも思いました。
 それにしてもよく歩きました。こちらで暮らしていると、移動距離が長いのでどうしても車を使いますが、街中だと「隣の駅だから」「15分歩けば」と思い歩きます。元々よく歩くほうで、知らない道を歩くのが好きなので今回もよく迷いつつ歩きました。

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »