« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

今日のエゾカンゾウ  06/30

080630_006_2  漢字で書くと「蝦夷萱草」と書きます。新緑の今、緑の葉っぱの中で黄色い花がとてもよく目立ちます。緑色と黄色の組み合わせが美しいです。朝咲いた花は夕方に枯れてしまう一日花なので、忘れ草とも言います。また別の説では若芽を食べると、憂いを忘れてしまうことから忘れ草ともありました。ちなみにワスレナグサとは別物です。ネットで調べてみると「蝦夷甘草」と書かれているものもありましたが、正しくは「蝦夷萱草」です。甘草はマメ科の植物、萱草はユリ科です。

 先日思わぬところで「ツィーン、ツィーン」とクマゲラの声を聴きました。人里近くで今まで聞いたことの無い場所だったので、「ここにもいたのか、やってきたのか」と嬉しくなりました。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2008年6月23日 (月)

今日の蛇行  06/24

080622_004_2  細岡展望台から見た釧路川です。細岡展望台は、湿原の東にある川の蛇行を見る事が出来る展望台です。眺めてみると、河畔林のヤナギはみずみずしい葉っぱを開き、綿毛を飛ばしています。時には綿毛で川面が真っ白になっています。
湿原にはまだ茶色い部分がありますが、もう10日ほどすると緑一色の風景に変わります。

 周辺の牧草地では一番草の刈り取りで連日、牧草を刈る機械、かき混ぜる機械、巻き取り機械、様々な機械が忙しく働いています。この作業も植物という生き物相手、天候とにらめっこしながらの作業となります。今日も牧草ロールが出来上がります。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2008年6月20日 (金)

今日のカキツバタ  06/20

080620_003  湿原の中のカキツバタの群落です。(クリックして拡大してみてください)これくらいの群落が、今湿原の中のあちらこちらに広がっています。青空の下、緑の草の中で深い青のカキツバタ、すきっとした美しさです。人通り、車通りの少ないところであれば、座り込んでとお湯を沸かしてお茶でも飲みたい風景です。

 昨日庭で各種作業をしていると「暑い」というより「熱い」、水でもかぶりたくなるような暑さでした。久しぶりに暑さで頭がボーとなりました。昨日の最高気温27.5℃、今年一番の暑さ、気分は真夏です。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2008年6月18日 (水)

今日のライラック  06/18

080618_006  今が見ごろ(今の時期は次々に花が咲いて、いろんな花が見ごろです)のライラックです。リラとも呼ばれています。またの名を「ムラサキハシドイ」。ムラサキの付かない「ハシドイ」は黄色がかった白い花を咲かせます。紫色のハシドイがライラックであり、その仲間で「シロライラック」という白い花の樹ががありますが、ハシドイとは別のものです。頭の中で花の色が白から紫へ、で白に戻ったら別の花・・・・前回に引き続きややこしい植物の話です。

 川下りの出発地によく利用する塘路湖より鶴居に抜ける、通称コッタロ街道(北海道道1060号線クチョロ原野塘路線、正式名称!)この道のを行くと先にも書いたように、今花が見ごろです。アヤメ、カキツバタ、ハシドイ、エゾカンゾウ、スカシユリ、カラフトイバラ・・・・、車を止めてゆっくりと花を見たり、カッコウ、ツツドリ、エゾセンニュウ、センダイムシクイ、エゾムシクイ、アオジ、コヨシキリ・・・鳥たちの声を聴いたり、湿原の中にいることを実感できるお勧めの場所です。

 ご注意ください:車を止めるときは見通しの良いところに駐車しましょう。今日もカーブに先に止めた車が!!景色を楽しむ前に、前後もご確認ください。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2008年6月16日 (月)

今日の菖蒲  06/16

080616_001  「菖蒲」と書いて、「アヤメ」とも「ショウブ」とも読みます。よく見ると違うアヤメとショウブですが、漢字は同じ「菖蒲」です。ややこしい花たちです。アヤメはアヤメ科の多年草、ショウブはサトイモ科の多年草、この時期に咲く、スッと縦に長い青い花をまとめてアヤメやショウブと特に区別もせずに呼んでいたのでしょうか。ややこし~です。これにカキツバタが加わると、ややこしさも倍増です。

 友人達と飲みながら、クイズ番組で使われたクイズの問題集をやってみました。一勝負50問、硬軟取り混ぜた問題に皆熱くなって答えました。参加者の得意分野が分かったり、知っているのに出てこない答えを嘆いたり、なかなか楽しい頭の体操でした。でも、飲みながらの二勝負(100問)はハードでした。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2008年6月12日 (木)

今日の熊  06/12

08060500_097   シーカヤックで知床半島を一周する、知床シーカヤックエクスペディション093に参加してきました。東側の相泊から西側のウトロまでの70km、キャンプしながらの5日間でした。天候が厳しい知床ですが、今回は天候に恵まれ強風にもほとんど吹かれず、ゆったりと知床の海、自然を楽しめました。

 写真は4日目のキャンプ地に現れたヒグマです。この大きなヒグマと同じ空間で同じように呼吸していること、怖いと感じる以上に不思議な気持ちでした。

 今回のエクスペディションは世界的なシーカヤッカーである、新谷暁生さんにガイドしていただきました。違うフィールド、全く違うレベルのガイドですが、様々なことをお話できたこと、今回参加した大きな収穫でした。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2008年6月 7日 (土)

今日の牛たち  06/07

080601 車で移動中に見かけた、あまりにも良い天気ののんきな風景です。(写真では青空に見えませんが)新鮮なの青い草を思いっきり食べた後でしょうか、全員反芻のためドカンと座って、口をハムハムしていました。のんびりとした彼女達の(当たり前だけど全員女子!)至福の時間でしょう。

 先日見た、本屋さんとお客さんの関係についてのニュース特集です。ここ暫くの傾向として、本屋で自分の読みたい本を探す人が大幅に減っているそうです。読みたい本はランキング上位の本、という人が多くなっているそうな。本屋をブラブラしながら、面白そうな本を探すのは少数派になってきているということを初めて知りました。本を探していると、その本屋の傾向などが分かり楽しいものと思っていましたが、少数派なのですね。意外でした。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2008年6月 4日 (水)

今日のオジロワシ  06/04

080531_012  川下りの最中に出会う、オジロワシです。同じワシタカ類ですが、トビよりもずいぶんと大きく太いです。河畔の背の高い木に止まり、川の魚を狙っているのでしょう、その下を、スマヌスマヌすぐに通り過ぎるからと言いながら川を下っています。大きなクチバシ、鋭い爪もはっきり見えます。くれぐれも敵対しないよう、ご迷惑をお掛けしないように思っています。

 昨日よりようやく、初夏という気がする気温になってきました。畑が充実すると共に、雑草(と言う名前の草は無いけれど)達が元気になり始めています。せっかく育っているものを刈るのは忍びないけれど、退治しないといけません。昨年秋、今年の春に刈った笹も伸びてきています。もう少し伸びたところをスパッと・・・・・こんなことを考えていると自分が悪者のような気がしてきました。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2008年6月 2日 (月)

今日のミンク  06/02

080531_006  昨日の泳いでいる写真、あまりにも分かりにくいので陸上で見かけたときの写真です。遠くから走ってきていたのですが、最も近寄った時、早く撮れよとばかりにしばし止まってくれました。その後は川岸の岩の隙間を出たり入ったり、何か大切なものでも隠してあるのか、エサになるようなものがあるのか、忙しそうでした。

 暫く前に聞いたラジオでのこと。ミンククジラは「きれいな体毛があるから、ミンク鯨と名づけられた」ともっともらしく話していました。聞きながら、ふーんなるほどそうなんだと思いましたが調べてみると嘘です。ラジオではその後訂正されたのかも知れませんが、これを聞いた方は信じてしまっていたことでしょう。私も危なかった。でも、テレビやラジオ、本(ガイドブックなどなど)ではいい加減なこともたまに見かけます。ご注意ください。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2008年6月 1日 (日)

今日の泳ぎ  06/01

080531_014  釧路川を下っていると時々水面を泳いでいるの見かけます。大きければ、ネッシーならぬ釧路川のクッシーでしょうが体長40cmほど、ミンクです。毛皮着ています。日本には居なかった動物ですが、毛皮を取る為に昭和の初期に輸入し養殖していたものが逃げ出し、湿原の中で暮らし増殖しています。川岸で魚を咥えていたり、ザリガニをガリガリ食べたりしています。「かーッ」と吠えられたこともあります。可愛い顔して凶暴なヤツです。

 前回に引き続きチェーンソー。町内整備作業のとき、チェーンソーを仕事で使っている方と一緒に作業しました。ハサミで画用紙を着るかのように、サクサクと木を刻みます。重たい道具ではありますが、高い所も低い所も自由自在。プロフェショナルの仕事に感心しました。また、分からないこと色々教えていただきました。教えていただいてもハサミのように扱えません、注意して使っています。

自然とあそぼう!R[アール]

|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »