« 今日の祭  11/03 | トップページ | 今日のオレガノ  11/09 »

2008年11月 6日 (木)

今日のカラマツ  11/06

081103_003  夕陽に照らされたカラマツです。今の季節カラマツは黄葉して、この木がある山は黄金色となっています。さらに夕陽に照らされ、良い色になっている散歩道のカラマツです。カラマツは日本にある針葉樹で唯一葉を落とします。今は北海道の山にたくさんありますが、元は北海道にはない木でした。木を切り出した後の坊主になった山に、成長の早いカラマツが植林されたそうです。でも、ねじれや節が多いので建築材にはあまり使われなかったようで、今ではもてあましたため植林された山が荒れているようです。しかし、最近は工夫して使われるようになり、カラマツの住宅も増えているようです。ちなみに我が家もほぼ100%の家です。

 先日観たテレビのお話。北海道の土産の熊の置物、今では様々な形の熊がありますが、最初に作られた(と言われる)熊の原型はスイスに有った、ということを俳優・宇梶剛士さんが探りに行くという番組でした。調べてゆくと、古くからある工房で作られた木彫りの1つが原型だったようです。この工房の台帳を調べると、原型となったであろう木彫りの熊、120年以上前なのに「8体がつくられていた」ということが分かったそうな。小さな木彫りの人形を8体作ったことを台帳に記載しているもすごいし、その台帳が残っていることにも驚きました。これは自分の工房で作っているものに対して責任を持っているからでしょうか。番組のテーマとは別のところで感心しました。

自然とあそぼう!R[アール]

|

« 今日の祭  11/03 | トップページ | 今日のオレガノ  11/09 »