« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月25日 (水)

今日の足跡  02/25

090219_008  雪の上の足跡です。鹿やタンチョウ以外に出会うことはなかなかありませんが、動物達がそこにいた証である痕跡はよく見る事ができます。足跡もその痕跡のひとつです。写真中央のしっかりした足跡はエゾシカのもの、その左側にはエゾユキウサギ、さらに左側にはキタキツネが歩いた後が残っています。もちろん動物達みんなが同時にワイワイと歩いたわけではありません。時間差はあるものの、この場所は動物達の大通になっているようです。
090219_011
 こちらの写真はタンチョウの足跡、湧き水のあるところに水を飲みに来ていたのか、湧き水に暮らす魚を食べに来ていたのか。給餌場からは離れたところですが、自分達でも食べ物を捕って暮らしています。

 今年の冬は気温が高い・・・と思っているとここ数日冷え込んでいます。鳥達の鳴き声や行動で、春は近いと思っていましたがまだもう少し先です。過去にも何度か紹介しましたが、私がよく見るサイト「過去の気象データ」です。面白いですよ。

自然とあそぼう!R[アール]

| | コメント (0)

2009年2月22日 (日)

今日の下幌呂  02/22

090221_001  昨日は大荒れの北海道でした。釧路空港に発着予定の飛行機全便が欠航となりました。この数週間、週末になると荒れている道東です。写真で見ると青空に雪、少し風が吹いて雪が舞っているという感じですが、実際に外に出てみると、庭で遭難してしまいそうな勢いでした、・・・・こう書くと大げさな気がしますが、昨日の地吹雪はなかなか厳しかったです。鶴居の最大風速18m、冷たさ、吹き飛ばされた雪で肌を露出している顔は、しかめる間もなく痛くなっていました。
 それに比べて今日(22日)は、曇り空から雪が降る天気でしたが、風も無くチラチラと降る雪を静に眺めていることが出来る、寒い中ながらのんびりと過ごせる一日でした。

自然とあそぼう!R[アール]  

|

2009年2月21日 (土)

今日のアカエゾマツの森  02/21

090220_013  オンネトーへ向かうアカエゾマツの森です。風が強かったので、車を降りてから森に入るまでは、冷たい、痛いと散々でしたが、森に入ると静かな空間です。頭の遥か上、木の上を風が通ってゆきますが、私たちが歩く木の下はチラチラと雪が降るだけです。
 森に入るとすぐにクマゲラが私の様子を見に来たように飛んできました。写真には撮れませんでしたが、しばらく黒い姿、赤い頭をみせてくれました。

090220_008_2  もう一枚、雪が激しくなって見難いですが、エゾライチョウです。クマゲラと共に時おり出会います。こちらではヤマドリとも呼ばれ美味しい鳥だとか、昭和天皇が北海道に来た折に「美味しいらしいので食べたい」と言ったとか。そんな目で見ている私に「タベラレテハ、イカン!」と思ったのか、バタバタと逃げてゆきました。驚かせて、ゴメンよ。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年2月19日 (木)

今日のオオワシ  02/19

090218_020  飛んでいるオオワシです。画面の端に捕らえることが出来ました。ひと目見ただけで、でかいと感じる大きさです。大陸から越冬に来ているオオワシ、今年は例年よりも多く見るように感じます。川にいる魚を狙っているのでしょうか、釧路川の上空は飛んでいました。口ばしの黄色い色もわかるくらいの頭上を飛ばれると、魚ではありませんが、狙われてるような気がします。写真をクリックすると拡大されます。

 ラッコのくーちゃん、釧路川に現れて1週間です。幣舞(ぬさまい)橋と上流の久寿里(くすり)橋の間を行ったり来たり、時には上陸もしているそうです。1週間も住み着くのは、この付近にたくさんの食料があるのでしょう。
 見てみたいと大勢の人が集まっていて、すでに2人の人が川に落ちたそうです。今の釧路寒いです。くれぐれもお気をつけ下さい。そして、野生の動物です、そっとしておいてやりましょう。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年2月16日 (月)

今日の氷柱  02/17

090216_001  暖かな夜、車に積もった雪が融けてポタポタと落ちていました。朝方になり気温は冷え込み、落ちていたしずくはつららに育ち、車から地面に楔を打ったようになっていました。暖かい日が続いているかと思うと、冷え込む日もあります。まだまだ春は先、冬の暮らしを、遊びを楽しんでいます。

 そんな冷え込んだ16日、タンチョウ・コミニティが昨年より行っているえさづくりプロジェクトの仕上げに参加してきました。地元の小学生が刈り取り、乾燥させたデント・コーン(とうもろこし)をほぐしたものを、鶴見台の給餌場に寄贈しました。実際に給餌していただき、早速エサを食べるタンチョウの様子を観察したり、集まったタンチョウの数を数えたり、小学生たちと楽しんできました。
 鶴見台では近くに昭和49年まで下雪裡小学校があり、児童達が給餌をしていました。その後給餌を続けている渡部夫妻、その当時を思い出されているのでしょうか、終始にこやかに児童たちをご覧になっていたのが印象的でした。

 先日帯広の氷まつり会場で声を掛けられ、日産の車の宣伝番組「Peaceful Voice」に出演、Peacefulと感じる時をホワイトボードに書き、「I'm peaceful」と言いながらニコニコ笑いました(笑ったつもりです)。17日もしくは24日放送予定、と言っても地方ごとの放送らしく、北海道版は北海道のみ放送だそうです。
 最初ホワイトボードに「楽しいお酒を呑むこと」と書くと、車の宣伝なので飲酒関連はNGですと・・・・、そういうものなのですね。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年2月15日 (日)

今日の落雪  02/15

090213_001  冬に北海道や雪国を歩くと「落雪注意!」なんて看板を見かけると思います。そんな看板を目にして上を見上げると、写真のように屋根から雪がせり出していることでしょう。この状態は雪というよりも、氷です。落雪と言っていても、落氷ですので十分注意してください。

 我が家の屋根のせり出した雪ですが、昨日のドカ雪で見事に落ちて、今はまた新たな氷がせり出しつつあります。昨日のドカ雪、春の雪のようで重たい雪でした。春が早いような気がします。

 先週より釧路が全国版のニュースを賑わせています。ラッコのくーちゃんです。ひょうきんな姿、動きで人気を集めているようです。昨日クーちゃんが出没する橋の辺りを通り掛かったので川を眺めましたが、見ることは出来ませんでした、残念。でも、その30分後には出没したようです、ウウ残念。楽しい話題で道東が全国区になること、嬉しいことです。
 ところで海で暮らすラッコ、寝るときに海流に流されないようにどのように工夫しているでしょうか。・・・・・海草に身体を巻きつけているそうです。この姿をを専門家の間では「昆布にラッコ」と・・・・・言いませんよね。
(流されないように海草に身体を巻きつけるのは、これホント!!)

自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年2月 7日 (土)

今日の蒸気機関車  02/07

090207_003  細岡駅の近くで出会った蒸気機関車、SL冬の湿原号です。遠くから聞える汽笛の音、だんだん近づくシュッシュッポッポッの音(なんていうのでしょうか)。目の前まで来た時には力強さ、迫力に圧倒されました。SLが通り過ぎた後に残る煙の匂い、働いている乗り物という感じがしました。黒い煙に、白い蒸気を吐き続けて走ってゆくSLをしばし眺めていました。

 積もっている雪、湖に張っている氷、飲んでいる水、温まる温泉、蒸気機関車の蒸気、元を辿ればみんな水。我々の身体も60%が水。いろんな形、いろんな役割をしている水。不思議に思い、大切なものだと思っています。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年2月 6日 (金)

今日のお芝居  02/06

Yumeza010  お芝居のお知らせです。と言っても横浜でのお芝居です。

横浜夢座10周年記念・横浜夢座第8回公演
『憂いも辛いも、いろはにほへと-長谷川伸八景-』ランドマークホール 3月5日~8日 (6回公演)(詳細は横浜夢座のサイトでご確認お願いします)
↑↑↑ここをクリックしてください↑↑↑

 このお芝居には友人の加山到が出演しています。横浜夢座立ち上げからのメンバーの到、今回も熱演することでしょう。
 しかしながら遠く離れた「東の端」、彼の芝居をこの10年の間で1回しか見る事が出来ませんでした。そこで「加山到、応援企画!」お芝居ご覧になりR[アール]のプログラムにご参加いただいた方には心ばかりのプレゼントいたします。お芝居のこと、加山到の熱演を、ぜひ教えてください。宜しくお願いします。

 到のオモチャ箱をひっくり返したようなブログ、加山到のハマッ子雑貨飯店も面白い!!ぜひ覗いてください。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年2月 5日 (木)

今日の絵  02/05

090128_002  ナスカの地上絵ではありませんが、雪の上に描かれた抽象画です。作者はネズミ画伯。左にある笹の葉辺りから雪の中に入り、浅く雪の中をうろうろとして、写真中央の下から出てきて足跡とシッポの跡を残して行ったようです。何かを探すかのように、右へ左へ、行ったり戻ったりしています。探していた物は見つかったのでしょうか。作れと言っても作ってくれない、偶然に出来た雪の上の絵です。

 寒いところに暮らしていると、温度計がなくとも気温の下がり具合が身体で分かるようになります。個人差はあるのでしょうが私の場合は、マイナス15℃まで下がると、鼻の中が凍るように感じます。マイナス18℃くらいになると、風が無くても外に出た瞬間に耳が痛くなります。体調にもよるでしょうが、大体当っているようです。昨日は立春というのに耳がピリ、-18℃の冷え込みでした。凛とした寒さ、けっこう好きです。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年2月 2日 (月)

今日のお祭り  02/02

090131_005  一昨日のお話。帯広に出掛けました。そこで開催されていた氷まつり、寒い中、雪降る中でしたがたくさんのお客さんが訪れていました。雪や氷で作った彫刻もたくさんありましたが、一番目を引いたのは写真の「回転そり」でした。写真で5人の男性が押している棒は、右は緑のソリが付けられ、左は固定されています。5人で力一杯押すとかなりのスピードで周ります、周ります。なかなかの迫力、私も乗りたかったのですが、並んでいるのは子供だけ。もし並んでも、押し役に回れと言われそうなのであきらめました。でも、きっと試運転のときなどスタッフの皆さんは交代で乗っているはず、うらやましい~。

 釧路市動物園のツヨシ(♀)、身の振り方が決まったと言うか、しばらく様子を見て婿をとるそうです。そしてツヨシの相方だったクルミ(♀)は婿が見つかったそうな。北海道の動物園だけでなく、道外の動物園からもラブコールが続いているツヨシ(♀)、本当に名前そのままでいいのか!?

自然とあそぼう!R[アール]

|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »