« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月27日 (金)

今日の鹿  03/27

090326_008  湿原散策中に出会った鹿です。灰色の毛に包まれていた、冬服から春から夏にかけての鹿の子模様に衣替えが始まっていました。大人の大きさでこの時期に角が無いのは、メスだと思われます。雪解けでジメジメとした湿地に人間は入ってこないと安心しているのか、飛び道具を持っていないことを知っているのか、私を一瞥した後、頭を下げてエサを食べ続けました。この鹿までの距離約20m、脅かさずにそっと見てやる分にはコンパクト・カメラでも十分写真に残せます。

 でも、可愛いとばかり言ってはいられない「鹿問題」。鹿が北海道だけで農業、林業に与える被害は年間約30億円にも昇っているそうです。人間の影響を大きく受けて数が増えている鹿。北海道だけでなく、日本全国で問題となっています。上手い具合に数を減らすにはどうした良いのか。一度崩してしまったバランスを元に戻すことは、なかな難しい問題です。

自然とあそぼう!R[アール]
 

|

2009年3月25日 (水)

今日の足跡  03/25

090319  重量級の怪物の足跡が地面にめり込んでいるのではありません。私の足跡ですが、決して超重量級なわけではありません。冬前に霜柱のお話をしましたが(その1その2その3)、その霜柱が凍ったまま雪の下で冬を過ごし、雪が解け霜柱も融けてスカスカになった地面を踏みつけると、このように足跡が出来ます。霜柱のサクッとした感覚も心地良いですが、このような地面のモスッという感覚もまた気持ちよいです。

 WBC、日本チームやりました。昨日はテレビを聞きながら事務仕事をしていましたが、途中からはテレビに釘付けになり、9回から延長では手に汗を握り締めて観ていました。一瞬たりとも気が抜けない緊張が続く試合、集中力が途切れた方が負けてしまう、そんな決勝戦でした。選手や監督やスッタフ、優勝が決まった時の笑顔よかったです。
 WBCの第一回、第二回と二連覇、野球の歴史に大きな足跡を残した日本チームの活躍でした。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年3月23日 (月)

今日の福寿草  03/23

090320_003  雪が融けて最初に咲く花、福寿草です。落ち葉の間や、枯れた草の中から黄色の花を見せてくれます。春の訪れを一番最初に伝えてくれる花です。例年この最初に咲いた花をみることが出来る南斜面で、今年も最初の花を見つけることが出来ました。辺りを見てみると、地面から出て来た蕾がいたるところにありました。もう10日もすれば福寿草の群落をみることが出来るでしょう。
 この花を見ると春だーという気持ちになりますが、桜はまだ先。ゆっくりと春はやってきます。

 調子はどうかなと心配されたWBCの日本チーム、アメリカに勝って明日は決勝戦です。ルールでそのようになっているのでしょうが、韓国とは今回の大会で何度目の試合なのでしょうか。いずれにしても良い試合を期待します。と言いながら普段は野球をほとんど見ておらず、あまり詳しくは無いです。それなのにWBCが気になったり応援するのは、やはり国際大会だからでしょう。明日の決勝戦、楽しみです。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年3月18日 (水)

今日の湿原  03/18

090318_006  朝から霧が一杯の釧路湿原です。この時期は地面や湿原がまだ凍っているので、暖かい空気が入り込むと霧が発生しやすくなります。写真は釧路湿原展望台の近く、サテライト展望台からの風景です。湿原の対岸側の岩保木山や細岡の山々はかすかに見えている、水墨画のようでした。写真の中央を横に横切っているのは、鶴居村営軌道跡、開拓時代の遺物のひとつです。今は遊歩道になっています。この軌道は、現在タンチョウの給餌場・鶴見台でみなさんが見物している柵のところを走っていたそうです。タンチョウのばあちゃん、渡部トメさんにお聞きしたお話です。

 卒業の時期です。私の通っていた高校は、その地域で一番最初に卒業式が行われる高校で、例年テレビのニュースや新聞の記事になっていました。私の時も撮影していましたが、夜のニュースを見てびっくり、ドラマの主人公も顔負けなほどの大きく映った私の顔がニュースに・・・・。親戚や知人から、笑いながら卒業おめでとうの電話をいただきました。
 そして2ヵ月後、予備校の入校式にもニュースの取材が・・・・、またもやニュースに映りましたが、さすがに「おめでとう」の電話はありませんでした。
 なんで私なのだーー、の思い出です。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年3月15日 (日)

今日のタンチョウ  03/15

090314_023_3  湿原の中で出会ったタンチョウのペアです。十分に離れたところから見ていたのですが、私たちを認識しているにも関わらず、近づいてきて舞っていました。私たちを気にしていないのか、見て欲しかったのか、わざわざ目の前にやってきてくれました。雨がたまった湿原で、バシャバシャと鳴る足音、空を切る羽の音、静寂の中で見る、聞けたタンチョウの舞でした。

 昨日の未明から降りだした雨、昨日の鶴居の合計降水量は60mm、3月の平均降水量とほぼ同量が昨日一日で降水しました。おかげで釧路川は大増水、湿原の中も水浸しとなっています。4月上旬にはよく見る風景ですが、今年はずいぶんと早く雪解けしています・・・・・と言っていたら大雪なんてこともあります。まだまだ雪には要注意です。

 車で走っていると前を横切る黒い動物、犬かなと思って止まってみると、ギンギツネでした。完全な黒色化していない、キタキツネの色も残った奴でしたが、黒い顔に黒い体毛、しばらく振りに見かけたギンギツネでした。すぐに草むらに隠れたので写真が撮れず、残念!!

自然とあそぼう!R[アール]

| | コメント (0)

2009年3月11日 (水)

今日の小学生  03/11

090310_008_2  近所の下幌呂小学校の授業のお手伝いで、小学生達と学校近くの林の中を探検しました。遠足での川下り、タンチョウ・コミニティのえさ作りプロジェクト(その1その2)や近所の散歩途中で顔を会わせている小学生達に、「見たことあるオジサンだあー」という感じで会いました。
 学校の裏にある雑木林に、2日前から作った秘密の雪みちを樹を見ながら、触りながら、匂いをかいだり、雪の上に寝転がったり、雪を丸めたり、歩いたり、走ったり、迷ったりの90分間でした。児童たちと共に楽しんだ先生方や私、学校のすぐそばのそんなに広くは無い場所でもたくさんの発見が出来ました。私も小さな友達の発見や行動に驚いたり、感心したり、楽しいひと時でした、ありがとうございます。
 数日間は融けずに残るであろう秘密の雪みち、ご近所の方ぜひ歩いてみてください。そして次回の機会には一緒に作りませんか。

 せっかく一緒に歩いたのに、歩くことに一生懸命になり児童が活動している写真を撮っていなくて残念!

自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年3月 9日 (月)

今日のアカエゾマツの森  03/09

090309_002  オンネトーの周辺、アカエゾマツの森に行きました。この森だけでなく、静かなところ、気持ちよいところに行くと、その場と一つになるように座ったり、寝転がったり、しばらくの間じっとしてみます。今日は天気も良かったので、寝転がって樹々の間から青空を眺めました。静かにじっとしていると、やってくる鳥たち、風の音、樹が揺れる音、歩いているだけでは気付かないものを感じられ、自分自身が森の一部になったように思います。気に入った場所で、その場の一部になってみて下さい。

 先日帯広を通過したときのこと。前財務大臣兼金融担当大臣の地元だけあって、たくさんのポスターが貼られていました。ポスターの真剣なまなざしを見て・・・・・「飲みすぎには、注意しよう!」と誓いました。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年3月 2日 (月)

今日の犬ぞり隊  03/03

090228_007_3  週末27日より1日、南富良野のどんころ野外学校を舞台に犬ぞりやスノーシュー・ハイクを雪まみれになって楽しんできました。新人(犬)も増えてますます元気な犬ぞり隊、来年も楽しみです。
 普段案内している道東はまた異なった自然の南富良野(町の人はナンプと略していいます)、こちらに通い始めて14シーズン目、行くたびに新たな発見をしています。一年通して楽しいどんころ野外学校、お勧めします。
090228_027  一日コースを走り終えて犬舎に戻ったコウタ、ヤレヤレ顔です。

 昨日ヒシクイ(タブン?)の40羽ほどの群れが飛んでいるのを見ました。急に冷え込んだり、雪が降ったりと春は先かなと思っていましたが、間違いなく春は近づいてきています。

自然とあそぼう!R[アール]

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »