« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月28日 (木)

今日の一本道  05/28

090522_001  数日前に歩いた、新釧路川右岸の堤防道路です。曇り空、時々雨の天気ではありましたが、風も気持ちよくたくさんの鳥の声を聴きながら、のんびりと約8kmを歩きました。車は基本的に走っていない道なので、道の真ん中を思いっきり堂々と歩きました。普段見ている湿原とはまた違った角度で見る事ができ、感心したり、納得したり、堤防の役目を考えたり(・・・どのように、何を守っているのだろう??)の3時間でした。
 曇り空なので写真が少し暗いですね。でも楽しかった3時間。

 一昨日からカッコウが啼き始めました。カッコウが啼くと霜は降りないと、よく言われますが、今年はもう冷え込むことはないのでしょうか。同じ仲間、見た目も良く似ているツツドリが啼きだしたのが17日から。9日遅れのカッコウでした。毎年ほぼ10日ほど、カッコウが後から啼きだします。
 なお、「17日から啼きだした・・・」「一昨日から啼きだした・・・」はR[アール]の公式記録(公式か?)ですので、ご了解ください。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年5月25日 (月)

今日のオオバナノエンレイソウ  05/25

090525_006  オオバナノエンレイソウです。夏になると葉が繁る林、落葉樹の林は今は明るく地面に陽が刺しています。そんな林に咲いている花です。近所の散歩の道の脇では一斉に花を咲かせています。ユリ科の花で、根茎は漢方薬にもなるそうです。漢字で書くと「大花延齢草」、長生きが出来そうな名前です。昨年も一昨年も「この花は種が落ちてから花が咲くまでに100年近くかかる、と聞いたが本当か?」とご質問いただきました。調べてみると、花が咲くまでに10年から15年掛かるそうです。100年はともかく、長い時間が掛かって開花するようです。

 昨年もお手伝いさせていただいた、タンチョウ・コミニティの「タンチョウのえさづくりプロジェクト」の2009年の第一弾「種まき」が今日行なわれました。このブログでもお馴染み下幌呂小学校の児童の種まきイベントに参加させていただきました。いつ見ても子供たちの目の付け所、作業に対してのアイデア、要領の良いの悪いの、作業が早いの遅いの・・・・・・・・、お手伝いする私たちにも気づきがたくさんあり、楽しませていただいています。児童の皆さんありがとう、タンコミありがとう。
 タンチョウ・コミニティのホームページ
 今日のイベントのタンコミのブログ

 昨年の3月に続いて「まるで六文銭のように」改め「六文銭09」が鶴居にやってきました。メンバーは小室等さん、及川恒平さん、四角佳子さんの3人に小室さんの娘さんの「こむろゆい」さんが参加して4人となりました。4人だけで歌と演奏(ギター2本)、たったこれだけの編成ですが心の隅まで楽しむことが出来たコンサートでした。ぜひまた来ていただきたいです。
(サインを頂いた新しいCD「おとのば」を聴きながら、これを書いています)

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!!R[アール]

|

2009年5月21日 (木)

今日のエゾヘビイチゴ  05/21

090521_002  エゾヘビイチゴです。ドクイチゴと呼ばれたりすることもあるそうですが、実に毒は無いそうです。可愛い花なのに、毒やら、蛇やら物々しい名前が付いているのはどうしてなのでしょう。実に毒はないそうですが、食べてもおいしくないです。以前食べたことがありますが、美味しくないと知りながらどうして食べたのだろうと後悔しました。一度お試しください。きっと後悔するでしょう。

 先日の花見の際には、ギョウジャニンニクやコゴミに混じってタンポポの葉っぱが持ち込まれました。苦いかと思いきや、春菊の代わりにできそうな味でした。ただ今タンポポはいたるところで開花、増殖中。むしるだけでなく、食べてみるのもいかがでしょう。一度お試しください。後悔はしないと思います。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

  

|

2009年5月17日 (日)

今日のチシマザクラ  05/18

090517_002  季節がら桜の話題が続きます。それにしても桜が咲いてこんなに嬉しくなるのは、春を感じる花だからでしょうか。嬉しくなる成分でも出ているのでしょうか。
 釧路のお隣、厚岸にある子野日(ねのひ)公園にあるチシマザクラです。明治時代に国後島から持ち込まれた根室のチシマザクラは有名ですが、北海道全域や本州の亜高山帯にも自生している桜です。ソメイヨシノと比べるとやや白色の花です。
 この子野日公園では、昨日より「あっけし桜・牡蠣まつり」が始まりました。牡蠣漁師さんのお話では、栄養たっぷりの雪解け水を食したこの時期の牡蠣が一番美味しいそうです。・・・・実際に旨かった!ぜひお試しください。

 昨夜、夜桜で花見でした。前回のブログに書いたように、桜を見てなかったなー。というより前線通過の大雨強風、テントを押さえつつ食べて呑んで笑いました。時々風に舞う花びら(飛ばされたとも言う)を見て、本来の目的の花見を思い出していました。

 昨日の朝からツツドリが「ポンポン ポンポン」と啼き始めました。ツツドリが啼くとしばらくしてカッコウが啼きだします。鳥たちも賑わいます。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年5月16日 (土)

今日の花見  05/16

090515_008_2  満開です。青空に桜、綺麗です。昨日のお昼にご近所にある、桜林と言ってもよいくらい桜が咲いている所にお弁当を持って行き、花見をしました。お弁当を食べている時、見上げた桜がこの写真です。例年よりも10日ほど早かった桜ですが、桜前線が到着してから少し寒い日が続いています。この寒さのおかげで桜の花が長持ちしてくれることでしょう。ゆっくりと桜を楽しむことが出来ます。明日の日曜は桜の花の下、たくさんの方々がお花見を楽しむことでしょう。そして花見といえば北海道では、ジンギスカン。ジンギスカンにビール、少し寒ければ焼酎のお湯割りで・・・・でも、食べて呑んで、桜を見忘れないように。毎年花見の後の反省です。

 自分のブログはなかなか見ないものですが、先日よく見てみると左の下に検索が出来る部分を発見しました。このブログ内での検索が出来るのです。なんと便利の機能を知らずにいました。同じことを何回も書いてないか(2回くらいは許してね)、以前に書いていたことの確認、何かと役に立ちます。・・・・私だけかな?ぜひ、ご利用ください。知らなかったのも・・・私だけかな?

   ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年5月14日 (木)

今日の収穫  05/14

090514_017_3  ネギです。昨年育っては食べ、育っては食べていたものをそのままほったらかし、心を込めて見守っていると、雪が解け地面も緩み暖かくなるにつれ土の中から新しい芽を出しました。土を掘ってみると白いネギがしっかり育っていました。土から掘りだし、一番外側の皮だけをめくって食べてみるとまさしくネギ、香りも強くジューシーな力が湧き出しそうなネギでした。
 今日のお昼はこのネギたくさんのチャーハン、鶴居産の平飼いの鶏の卵とで鶴居チャーハンを作り、旨い旨いと自画自賛しながらいただきました。今年一番最初の畑の収穫を楽しみました。

090514_015  わかりづらいですが、抜根しました。取り出した根っ子とその穴です。林を切り開いて作った畑、根っ子も残っています。それを除けて畑を作っていたのですが、今年はその根を取り除きました。深くまで張っている根、幹のようでした。写真にある、スコップとノコギリを使って掘っては切り、切っては掘りの数日間(そればかりやっていたわけではないですよー)でした。
 開拓の時代にはもっと大きな木を伐って、根を掘り出したのでしょう。こんな小さな木でも一苦労、もっと大きな木だとどんなに大変だったことだったでしょうか。開拓者苦労を思いました。

     ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年5月12日 (火)

今日のキジムシロ  05/12

090510_003  一昨日10日、釧路、根室、稚内に桜前線が到達しました。前回のブログで咲き始めた桜の写真を載せましたが、その後もボチボチ咲いている桜。今日は霧雨(こちらではジリと言う)、桜の写真は満開のときにでも載せたいと思います。で、上を見上げてばかりでなく、地面を見てみると黄色い花キジムシロです。日当たりの良いところ、いたるところに咲いています。小さな花が次々に咲く、今時です。

Itaru001  今年の2月にも行ないました「加山到 応援企画」の第2弾です。6月に上演される「エンドレス・ドリーム ヨコハマの夜明け」(企画:五大路子)に加山到が出演します。ぜひ、彼の熱演、怪演をご覧になってください。ご覧頂き、R[アール]のプログラムにご参加いただいた方にささやかなプレゼントいたします。イタルの芝居ご覧になって、お話をお聞かせください。
お芝居の詳細はココをクリックしてください。

 「東の端」よりR[アール]は力一杯加山到を(勝手に)応援しています。
 イタルのブログ「加山到のハマッ子雑貨飯店」 もぜひご覧下さい。

     ↓↓↓サイトもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年5月 9日 (土)

今日の桜  05/09

090508_002_2  いよいよ桜が咲き始めました。暖かい日が続いたので、例年よりも少し早めの桜です。緑のトドマツをバックにピンク色が映えています。来週週末辺りが満開の頃かと思います。お花見が楽しみです。
 この桜はこの辺りに多い、エゾヤマザクラです。これ以外にも、シウリザクラ、ウワミズサクラ、ミヤマザクラ・・・、桜にも色々種類があります。これからが楽しみです。

 ここ数日の「今日の鳥と動物」です。

090505_009  オジロワシです。近くで見るとでかいです。頭の上を旋回されると、「獲物」になったような気がします。

090505_014  昨年はヒシクイが季節はずれに釧路川で暮らしていましたが、今年はハクチョウが1羽残っています。周辺では見かけることが無くなったハクチョウ、北の方に帰ったようですがこのハクチョウだけが残っているようです。怪我でもしているのか、モサモサと泳いでいました。

090505_004  ミンクです。川下りの途中、昼ご飯を食べていると目の前に現れ、驚いた私たちに驚いて少し離れた所から私たちを見ているところです。彼(もしくは彼女)も食事後なのか舌なめずりしているようです。

     ↓↓↓サイトもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年5月 6日 (水)

今日のミズバショウ  05/06

090504_010  ♪ミズバショウの花が咲いてい・・・ます。川を下りながらでも、少し目線を高くすると白い花を見る事が出来ます。湿原の貴婦人とも呼ばれていますが、地方によっては「ヘビノマクラ」「ベコノシタ」とも呼ばれています。所変われば、名も変わるです。
 白い花びらに見えるのは、葉が変形した花序と呼ばれるもの、花はニョキっと延びた蛇の頭のような部分です。

 今の季節散歩をしていても、川下りしていても、頭の上ではオオジシギが「ズビヤク、ズビヤク・・・ザザザザザー」(後半は羽の音)と賑やかに鳴いています。昨日も川下りしていると「ズビヤク、ズビヤク」・・・・・?なにやら下手な鳴き声です。よく見てみると鳴いているのはカケスです。鳴きまねをするとは聞いていましたが、複雑な鳴き声の物まねもするようです。しかし、一体何のために?

自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年5月 5日 (火)

今日のコブシ  05/05

090504_016  一昨日この木を見たときは、蕾がほころんだかなというくらいでしたが、昨日見てみると一気に花が開きました。コブシの花です。雲の無い青空に白い花が、はっきりと白く見えます。桜が咲く10日ほど前に咲きますが、桜前線も例年より少し早く順調に東進しています。
 このコブシは北海道では「キタコブシ」とも呼ばれています。また、「田打ち桜」とも呼ぶ地域もあるそうです。田や畑を鋤き返す指標となる花だったのでしょうか。庭の畑、そろそろ準備を始めなければという気にさせれられます。
 周辺の山を見るとこの2日間でずいぶんと咲いたコブシ、こんなところに、あんなところにと見つけて楽しい気分になります。

自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年5月 3日 (日)

今日のエゾエンゴサク  05/04

090503_004  エゾエンゴサクです。フクジュソウの黄色の花が終わる頃、ちょうどゴールデンウィークになると見かける淡い青色の花です。この時期明るい森、広葉樹の森の湿気多いところにたくさん咲いています。この写真は川下りのスタート地点にもなる、塘路元村キャンプ場で撮ったもの、まだキャンプする人も少ない今はエゾエンゴサンクが見ごろです。春先に咲く花、スプリング・エフェメラル(春の儚い命)と呼ばれますが、ここではしっかり、たっぷりと咲いています。

自然とあそぼう!R[アール]

|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »