« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

今日の登山  07/31

090730_052  この季節は川でのご案内がほとんどなので、毎日下っています。毎日下ってばかりと言うのもなんなので、山に登ってみました。
 ふもとから見ると、頂上はもやに包まれていましたが、頂上まで登ると足下に雲海、気持ち良い風景を楽しむことが出来ました。と言っても1000mのお山・藻琴山、8合目まで車で行けるので歩くのは往復2時間、久々の登りにはちょうど良い運動でした。
 雲の切れ間から見えるのは、屈斜路湖です。中央左には中島も見えています。屈斜路湖を見るには、美幌峠、津別峠が有名ですが、藻琴山からの風景も美しいものです。カルデラ湖の屈斜路湖(カルデラ湖では日本最大)、周りに山があるので、さまざまな顔を見せてくれます。

 カメラの話です。修理代より新しいものを買ったほうが安い・・・・、なんかおかしいな?などと思いながら買い換えました。
 それにしてもカメラとパソコンを繋ぐUSBケーブルのカメラ側端子、ちっちゃいです。それで画像を送れるのか、と心配になるくらい小さいです。カメラがどんどん小型化されるので、端子も小さくなるのでしょうか。たいした技術です。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年7月24日 (金)

今日のホザキシモツケ  07/24

090724_002 湿原の夏の花、ホザキシモツケです。地元では、デンブ花とも呼ぶ方がいます。ちらし寿司の上にでものっかっていそうな色、姿です。バラ科の花で7月上旬から咲き出し、8月の中ごろまで咲いています。花が枝の先のほうに集まり、とがって見えます。穂の先の花ということでしょうか。釧路湿原の周辺では当たり前のように咲いていますが、本州では奥日光でしか見られない花だそうです。

090724_010  ハシドイの花です。こちらも今が盛りの花、いたるところに白い花を見せています。モクセイ科の花だからでしょうか、香りも強い花です。枝の先っぽ(端っこ)に花が集まる・集っていることから、端集い・・・・ハシドイの名が付いたそうです。上のホザキシモツケと同じように枝先の花です。北海道ではドスナラとも呼ばれています。ナラの木ほど役に立たないというとか・・・・、人間の都合で不名誉な呼ばれ方をしています。材としてはそうなのかもしれませんが、白い花をたっぷり咲かせる夏の花です。

090724_002_2  せっかくなので、端っこ仲間のお揃いの姿です。花にブログが追いつかない夏です。

 前回に書いた故障したカメラ、修理の見積もりは・・・・・、新たに今のものより良いコンパクトデジカメが買えるほどでした。修理代が高いのか、カメラの値段が安いのか。物を大事に使うほうのつもりですが、修理して長く使うことが難しいようになってきているのかなー、と考えさせられました。
 ・・・・・以前にも同じようなことを書いたような・・・・双眼鏡の修理が出来なかったときにも同じようなこと書いていました。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年7月21日 (火)

今日のジャガイモ  07/21

090721_002  我が家の菜園、ジャガイモの花です。5月の中旬に種芋を植えて、すくすく育ち、時々草を取ってやって、ただ今背丈が50cmくらいになっています。これからは、地上部分よりも地下の部分(これが大切!!)育ってくれることでしょう。秋の収穫が楽しみです。そして秋に採れたジャガイモを保存して、年を越すとびっくりするくらい甘くなります。試しに冷暗所を工夫して作ってみて、年越しをさせてみてください・・・・・ってまだ7月、暑さの盛りですね。

090711_025

 政局の行方は分かりませんが、昨年の秋こんなことを書いていました(後半のお話)。その時に、ホッケの季節になったら煮付けの写真をブログに、と長期計画を立てていてすっかり忘れていました。先日食べたホッケの煮付け(豆腐も美味しい、うれしい)です。まだ食べたことがありませんが、刺身も美味しいらしいです。いつの日か食べてみたいものです。

 ところで、コンパクトデジカメが故障してしまいました。一体修理にどれくらい掛かるのか?修理の見積もりを頼みながら、カメラ店を見て回るとずいぶんと安くても性能が良いもの(今使っている物よりも)が出回っています。物持ちは良いほうで、高校生の時に買った一眼レフ(もちろんフィルム)もあまり使わなくなったものの現役です。そんなわたしですが、修理すべきか?否か?見積もりを待っているところです。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年7月14日 (火)

今日のねじれ  07/14

090712_013_2  写真を撮りながら、「ねじれだね、今日は」と思っていると、ニュースでは色々。もちろん、政局のお話ではありません。JRの細岡駅にあるねじれた、絡まった木の枝です。どうしてこんな風にねじれてのやらです。ちょっとした枝の伸び方、育った時の枝の生え方でこのようになったのでしょう。自然が造る、面白い造形です。これは駅前の木ですが、森の中に入ると、自然の造形に感心したり、笑ってしまったりです。

090712_020  川下りをしていて出会ったエゾシカです。「おや、流れてる・・・」といった顔で私を眺めていました。静かに下っていると、彼ら(もしくは彼女)も慌てずにこちらを見ています。この2週間は良くエゾシカに出会います。6月から今月にかけての、あまり良くなかった天気のせい、増水のせいでしょうか。でも、エゾシカもしっかりと暮らしています。

 友人のカメラマン・佐藤雅彦さんのブログ「こだわり親爺のひとり言」に私が写っています。小さく、小さく載っていますので、探してみてください。この湿原の一本道、なかなか楽しませてくれました。私が書いた今日の一本道。

 ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年7月 8日 (水)

今日の収穫  07/08

090707_002 なかなかふぞろなイチゴです。朝食前に採ってきた、正真正銘な朝採りイチゴです。くだもの屋さんで売っているものよりもずっとすっぱいイチゴですが、むかーし子供の頃に食べたイチゴの味です。
 ご近所さんに昨年イチゴの株を分けていただき、育てたのですが、いまひとつ育ちが良く有りませんでした。その上に実ったとたんカラスの皆さんが収穫してゆきましたとさ・・・・。その株を冬の間ほったらかし暖かく見守り、今年も育ってきたので少し草取りなどしていると、実りました。カラスも気付いていないのか、収穫に来ません(などと書くとこれを読んで来るかも知れません)
 しばらくはイチゴが楽しめます。一気に大量に収穫できればジャムにするのに、と皮算用をしています。

 昨日は七夕でしたが、こちらはあいにくの曇り。でも織姫も彦星も雲の上は晴れているので大丈夫、なはずです。皆様の昨夜の空はいかがでしたか。
 ところで北海道の多くの地域では七夕は旧暦で行ないます。来月8日に七夕となります。北海道の七夕については、来月8日に書く・・・かも。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年7月 6日 (月)

今日のカキツバタ  07/07

090705_003  塘路と下久著呂を繋ぐ道道1060号線、通称コッタロ街道です。湿原の中を貫いて通るこのは今、花が次々に咲いています。写真をクリックしてください。青い花カキツバタがたくさん咲いています。このカキツバタやアヤメ、ショウブなどのアヤメ科の花、湿ったところ、明るいところなどなど、適した場所に咲いています。車で走ってしまうだけでは見過ごしてしまう花、時には車を止めてよく見てみたり、耳を澄ましてみるのも良いかも知れません。

090705_002  と、花を見ていると鹿がすぐそばにいました。最初は「二本足がこっち見てる」(我々人間のことです)と私たちに注意していましたが、しばらくすると、「お腹がすいているのだ」と草に顔を突っ込んでモグモグとやっていました。脅かしたりしなければ、ある程度の距離さえ保っていれば友好的な付き合いが出来ます。

 

090706_025  首の無い、見えないエゾシカの写真もさびしいので、昨日散歩途中に出会ったエゾシカの一行様です。大人の鹿や若い鹿、今年の春先に生まれただろうまだまだ小さな鹿、様々な世代が混じった5頭の一行様でした。小さな鹿がいるせいでしょうか、ずいぶんと離れているにも関わらず私に警戒していました。緊張させて、ゴメンよ!

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年7月 2日 (木)

今日のゼンテイカ  07/02

090702_012  雨に濡れたゼンテイカです。牧草地の周辺、笹薮、明るい林の中、今の季節どこでも黄色い花が良く目立ちます。同じユリ科のエゾキスゲもよく似ているのですが、開花時間が違います。ゼンテイカは朝開花して夕方閉じて、エゾキスゲは夕方開花して翌日午後に閉じます。見かけは良く似ていますが、昼間のゼンテイカ、夜型のエゾキスゲとなるのでしょうか。
 6月に雨が多かったせいか、日照時間が少なかったせいか、花の咲くのが例年より1週間ほど遅いように思います。雨も降らないと困り者ですが、鶴居では観測史上月間降水量が第2位の6月でした。川下りの際、目線は高くてより遠くまで見る事が出来ます。でもこの6月の雨は降り過ぎでした。

090702_016 先月書いた「今日のフキ 06/24」と同じ場所のフキです。風に倒されていましたが、しっかりと元のに戻りました。植物の強さを見たように思います。そして、水をたくさん吸い上げ葉っぱを広々と広げています。これぞ北海道のフキといった風景です。

 今月の始まり、昨日の夜明けは雷でした。明るくなってきたので起きようかなと思ったとたんに、バリバリバリ。夜明けの雷は眠れないですが、もう少し布団にいようと思わせます。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール] 

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »