« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

今日の霜

091031_004  朝目覚めると庭が白くなっています。良く見ると霜が降りています。庭にはミズナラの樹が多いのですが、枯れた落ち葉の色で庭が茶色くなっていましたが、今朝は薄っすらと白くなっていた、今朝の朝です。
 今年は秋の深まりがゆっくりだと感じていましたが、やはり10月末ともなると冬も間近、気温もぐっと下がります。今朝は霜が降りましたが、霜柱はまだ見ていませんが、そろそろ霜柱もニョキニョキと出る季節、寒さが増します。

 そんなことを考えつつ写真を撮っていると、ランニングをしているご近所さん(と言っても500mほど離れてます)「おはようございます!ブログの写真ですか!今日の霜ですね」と声を掛けてくださいました。嬉しいような、恥ずかしいような、朝のひと時でした。

 世界的にも人気者のサンリオのキティちゃん、様々なご当地グッズが出ているようですが、先日新聞で見たのが「キティちゃんジンギスカン鍋」。キティちゃんの顔の上で羊を焼いてよいものか?キティ・ファンではないのでなんともいえませんが、ファンの方々にはアリなのでしょうか。鍋には「HOKKAIDOU」の文字も入り、北海道をアピールしてくれているそうです。キティちゃんもまさに熱くなって、北海道を応援してくれます。ありがとう。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年10月29日 (木)

今日のカラマツ

091029_005  黄葉している、カラマツです。先日の台風の余波の風で落とした針葉もありますが、カラマツの黄葉はこれからが見ごろです。周辺の山を黄金色に変えます。・・・・・松の木、針葉樹なのに黄葉して、葉を落とす???不思議に思った方も居るかも知れませんが、日本の針葉樹の中で唯一1年ごとに葉を落とす樹です。元は北海道には無かった樹種ですが、成長が早いことから多くの山で植林が進められたそうです。そう考えると、これから黄金色に山を染めるカラマツ、これほどまでに北海道にあるのは不自然なことなのだと、綺麗に染まった山を見つつ少し複雑な気持ちになります。

091029_009  いきなり銀座のお話です。銀座・松屋で開かれている「GINZAの北海道展」(1O/28-11/3)において、私が密かに、いや大きな声で応援している「釧路・北のガレットの会」が出展しています。ガレットとは、そば粉のクレープにその土地採れた季節の食材を包んで食べる料理です。
 会場では、妻がパッケージのデザインをしたチーズや家庭で出来るガレット商品の販売、同じくデザインしたPOPも揺れているそうな。ぜひご覧下さい、そして食べてみてください。会場はガレットの実演販売があるそうです。残念ながら私達はいませんので、あしからず。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年10月25日 (日)

今日のタンチョウ

091024_010  刈り取りが終わったデントコーン(飼料用のトウモロコシ)畑です。点々と白く見えるのは、コーンの落ちた実を食べに来ているタンチョウです(クリックすると大きくなります)夏の間釧路の湿原や十勝、根室、網走、もっと遠くに散らばって暮らしていたタンチョウたちも、そろそろ始まる給餌を前に人里にやってきて、写真のように刈り取った畑でエサを得ています。しかし、中には本来暮らすはずの湿原に行かず人里近くで夏を過ごす奴もいるようです。上手いことやっているのか、人に馴れ過ぎてしまっているのか、いかがなものかです。

 先日見た光景です。酪農家さんの庭先をタンチョウが歩いていました。それに気がついた、私の前を走っていた車が急ブレーキ(私、驚く!)、対向車線を走っている車の目の前を横切り(対向車の運転手さん、驚く!)農家さんの庭へ(お友達の家でもないようですね)、車からダッシュで降りてタンチョウの写真を撮っていました。もちろんタンチョウさん、驚いて逃げてゆきます。タンチョウを驚かせる云々と共に人の家の庭ですよー、という方を多く見かけます。人の家の庭に入ることはもちろんのこと、人の家にカメラや望遠鏡、双眼鏡をむけることは決してしないようにしましょう。自分の家だったら、嫌ですよね。それに、車の運転、気をつけてください。タンチョウを撮るために事故を起こしては何もなりません。人里にタンチョウが近づくこの季節、気をつけましょう。

091024_005  ヒシクイの群れです。昨年は一体どうしたと思うほど渡って来ていたヒシクイですが、一転今年は少ないように思います。雨が多かったのでエサとなるヒシ(菱)の成りが良くなかったからでしょうか。昨年のように空がうるさい、と思うほど今年はやってきませんでした。それでも昨日60羽ほどの群れに出会いました。今年はどこで一休みをして、南へ向かうのでしょうか。元気で飛んで行くのだよー、そして春には戻っておいで。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年10月19日 (月)

今日のことわざ

091016_035  『石の上にも三年』と言いますが、この幼木は3年以上この石の上で暮らしているようです。アカエゾマツの森で見つけた、小さな松の木です。上手い具合に水を得ることが出来、光も当っているようです。土が無いのにちゃんと育っています。よく見てみると、根は石の隙間に入り込み、木を支えています。この先は根が広がり大きくなる身体(樹)を支えてゆくのでしょうか。今後の成長が楽しみです。

091016_010  そのアカエゾマツの森のバックには、先日冠雪した雌阿寒岳(左)と阿寒富士(右)がすっくとそびえています。先日の写真とは反対側から見た風景です。山の前にはオンネトーが鏡のように山を映しています。少し風があったのですが、小さな入り江には風も無く、波も無く、山々を写していました。山の美しさが2倍にもなったような美しさでした。

091016_027  秋の色です。阿寒湖から流れ出る阿寒川、川の始まりにある滝です。赤、緑、黄色、朽葉色、白い水の色、様々な色が綺麗です。釧路側、と言っても阿寒湖も釧路市でした。釧路の市街地より阿寒湖温泉に行くとき、温泉街に入る前にみることが出来る、秋の風景です。ここしばらくは見ごろでしょう。ご覧になることお勧めします。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年10月14日 (水)

今日の雪

091012_004_2  10日の朝、遠くに見える阿寒富士と雌阿寒岳を見てみると真っ白、一夜の内に雪が降り積もりました。直線にすると50kmの距離にある山です、まだ平地では雪は降っていませんが、そろそろ初雪が降りそうです。冬はどんどんと近づいてきています。でも、空はまぶしいばかりの青空、太陽もポカポカと身体を動かすには丁度良い天候です。雪を前に、畑の片付け、庭の整理、しなければいけないこと、たくさんあります。

 北海道では人気(?)のフォーク歌手・みのや雅彦のコンサートへ行きました。見た目いかついです、歌には迫力があり力づけられます。でもトークは・・・・・芸人さんです。そんな小話をした後にどうしてシリアスな歌が歌えるのか、不思議なシンガーです。そんなキャラクターが良いのでしょう、機会があればぜひお聴きください、お勧めします。

091013_006  昨日の夕方、釧路市内の住宅地を車で走っていると、虹が出ていました。それも走っている道の延長線に続いているように昇っていました。この道を真っ直ぐ行くと虹に昇れるかも、などと可愛らしいことはちょっとしか考えませんでしたが、この道をずっと行くと遠くに見える岩保木山から虹が昇っていました。霊山だったと言われる岩保木山、何かが昇っていったのか、降りてきたのか、色々想像してしまう風景でした。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年10月10日 (土)

今日の野鳥

091006_017 庭がなにやら騒がしいので出てみると、アカゲラが追いかけあいをしています。どちらも頭が赤いので、オス同士のようです。(写真をクリックすると大きくなります)冬を間近にしているので、最近やたらと木をつついています。木の中に居る虫たちを寒くなる前にたくさん食べて、冬に備えるつもりなのでしょう。そうすると餌場の取り合い、我が家の庭で仁義無き戦いが繰り広げられているのでしょう。そう考えると、枯れた枝などは折れて飛んでこないように処理してしまったほうが良いのか、鳥たちの採餌木として残してやったほうが良いのか、台風の夜に考えてしまいました。

 皆さんは台風の影響はいかがだったでしょうか。こちらは雨は短時間で、風がしばらく強く吹いていた程度で、たいした影響はありませんでした。ニュースで釧路の風景が写っていたのでご心配頂いたようです。大丈夫です。

091007_003  オジロワシです、親子のようです。川が良く見える木の上から、魚の採りかたを教えているのでしょうか。しっかりと川を見下ろしています。彼らも冬の準備中なのかも知れません。

 木々の葉の色が変わり、先日の台風でずいぶんと葉も落ちました。秋が深まります。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年10月 7日 (水)

今日のリス

091005_3  湧き水が流れる小川の近くでひと休みしていた時のこと。カサカサ・カサカサと小さな音が近づいてきました。小鳥にしては規則正しく音が続きます。そっと音がする辺りを見ていると、現れたのはエゾリスです。こちらを気にすること無く、小川に突き出た枝から枝へ伝って、川を左から右へ渡ります。そしてまたカサカサと足音が遠ざかります。しばらくすると足音が近づき、枝を渡って今度は川を右から左へ。ようやく私たちに気が付いたのかこちらにチラリと顔を向けます。その口にはクルミをしっかりと咥えています。そして足音が遠ざかり・・・・・・しばらくするとまた近づく足音、そして川を左から右へ。今度はしっかりと私たちを見ています。川を渡りどこかへ行き戻ってきたエゾリス、クルミを咥えて今度は私たちから少し離れたところで川を右から左へ渡ってゆきました。冬に備えて食料を運んでいる通り道の二往復、私たちが偶然居合わせたのでしょう。ちょっと、お邪魔をしたようです。
 秋が深まるにつれて、動物達も冬の準備をしています。(写真をクリックして枝を渡るエゾリスを捜してみてください)

091005_005  モンゴルの楽器・馬頭琴(嵯峨治彦さん)とフィンランドの楽器カンテレ(あらひろこさん)の2人組みユニット、RAUMAのライブを聴きに行きました。モンゴルとフィンランド、離れた国ですが遊牧民繋がり?だからでしょうか、なかなか良い組み合わせの音楽でした。嵯峨さんのホーミーと呼ばれる「のど歌」、不思議な音ですが心地よい歌でした。写真はカンテレ、39本の弦を奏でます。
 最近良いライブ、良い音楽がやってきます。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2009年10月 3日 (土)

今日の収穫

091001_004  今年は涼しい夏だったので、畑の収穫もいまいちかと思っていましたが、9月中旬より気温が高くなったせいか枝豆もなんとか豆らしくなりました。夏の収穫から遅れて、枝豆を収穫。ニンジンも収穫です。左上は茹でた枝豆、居酒屋で出てくるクタクタなのは好きではありませんが、ちょっと固めに茹でた豆、好きです。左下は茹でた枝豆の熱いところにチーズを摺って絡めたもの、ヨーロッパの家庭料理に出てきそうです。右はニンジンのサラダ、ごま油と醤油のドレッシング。ニンジンの栄養分は油と一緒に摂ると良いそうな・・・・数日前にラジオで聞いた、聞きかじり、受け売りです。
 ジャガイモも小ぶりながら出来ているようです。このジャガイモをどうやって保存するか!!秋から冬、春への課題です。

091003_001  10月3日ですが、旧暦では8月15日、中秋の名月です。まだ暗くなる前の昇りはじめた満月です。阿寒湖に行った帰り際、雄阿寒岳と共に写しました。(写真クリックしないと見えませんね)
 阿寒湖では登山家・田部井淳子さんの講演を聞きました。昔の話は本当にほどほどで、今のご自身のお話を聞かせていただきました。そして今大切にしている環境のことや、自然と人の関わり方等など、大変興味深いお話でした。対している自然の次元も、自然との関わり方もずいぶんと異なりますが、私がやっていることを改めて考える良い機会でした。
 世界で初めてエベレストに登られた女性、今はあらゆる国の最高峰を登りながら、世界中を見て回られているそうです。いつまでも現役、素晴らしいことです。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »