« 今日の造形 | トップページ | 今日の温泉 »

2010年3月14日 (日)

今日の小川

100311_019  春の小川はサラサラとゆくのでしょうか。湿原の中、普段あまり入らないところへ行きました。雪を湿原を歩いていると出た、小さな川です。春の川らしくトウトウと流れています。暖かくなったので解けた雪が流れているだけでなく、ここでは湧き水も多いので冬でも枯れることがない川です。湿原の中を流れるいわゆる「ヤチ水」、飴色をした水です。
 明治時代には絶滅したといわれるタンチョウ(鶴)は、人が入り込まないこの湿原に暮らし、冬は湧き水に生きた魚を食べていたそうです。きっとこのような川を見て、このような風景を見ながら湿原の中で暮らしていたのだと想像しながら、しばらくの間雪の上に座っていました。

 前回のブログに書きました心配だった雪、予報ほどは降りませんでしたが風の強い11日夜から12日でした。強風で降った雪が飛ばされて吹き溜まりが出来てちょっと大変でしたが、無事何事もありませんでした。
 なんでも全国ニュースで「道東太平洋側で大雪!」と釧路駅前で生中継だったそうです。夜の11時頃だったそうですが、「人通りもまばらです」とやっていたそうですが(人からまた聞きです)、繁華街の真ん中でもないので、大雪でなくとも地方都市なら夜11時は、人通りがまばらになるのはいつものことだよーと思いました。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

« 今日の造形 | トップページ | 今日の温泉 »