« 今日の温泉 | トップページ | 今日の雪 »

2010年3月20日 (土)

今日のタンチョウ

100320_002  写真とはひとまず関係が無く、タンチョウのお話三題。

 前回のキツネに引き続き、動物たちの春のお話です。昨日朝一番に庭に出てみると、姿は見えないですがタンチョウの「ゴッゴッゴッゴ」と連続した声が聞こえます。そのうち鳴き声の周期が短くなり「コォー」と一声。交尾の瞬間だったようです。今年は給餌場をはじめ、いろんなところで交尾しているツガイに出会いますが、家の前で声を聴いたのは初めてのことでした。夏には近所をうろつくカップルが湿原に戻ってきているようです、お帰りなさい。

 数日前のこと。散歩をしていると、とても高いところをタンチョウが飛んでいます。一羽で上昇気流に乗ってクルクルと回りながら、天高く見えなくなるくらい高くなっています。高いところの風を捕まえて、遠くに行くのかなと想像して見ていました。ふと気が付くと、タンチョウが昇っていた空の下にはタンチョウ・コミニティのえさ作りプロジェクト(1月28日のブログで紹介しました)の主人公・下幌呂小学校がありました。もしかしたらお礼を言いにやってきたのか!児童たちにも見せてあげたいタンチョウでした。

 上の写真のように、北海道の雪の多いところでは道路の幅が分かるように、道路の両側に矢印があります。(北海道以外にもあるのでしょうか?)車で走っていると、左は紅白の矢印、右は矢印の先が黄色となっているものが多いです。なかには緑と白の横じまというのもあります。雪が積もったときだけでなく、矢印には反射板が付いているので、街灯のない夜道では道路の幅だけでなく、曲がり具合も知らせてくれます。
Tsuru  その道幅表示器(というのでしょうか?)にタンチョウが隠れています。上記の写真とは別の場所ですが、鶴居村に、いや北海道全体でもただ一つだけ(たぶん!)が、タンチョウが隠れた表示器があります。鶴居村にいらした際には、ぜひ探してみてください。見つけれれば幸せが・・・・・なんて縁起かつぎは聞きませんが、ひょっとすると!?!?
 ただし表示器だけを見ての運転は危険です。安全運転、お気をつけてください。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

« 今日の温泉 | トップページ | 今日の雪 »