« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

今日の野菜

100428_002  頭の上をひばりが、「聴いて、聴いて」とばかりにさえずりながら飛んでいます。朝早く、青空にぴったりの風景です。

 「で、ムロどうなった?」と友人から尋ねられました。ムロ・・・・・、昨年11月に作ったムロです。冬の間野菜を保存するために作りましたが、初めてのことなので上手くいかなかったときは、そっとしておいてくださいね、なんて書いていましたが(その時の記事)、書いた本人は忘れていたのに覚えていてくれた方がいらっしゃいました。ありがとう。
 野菜、無事でした。2月上旬の低温、最低気温-24℃もの気温でも無事に野菜を保存してくれていました。冬の間にムロから取り出して食べていましたが、まだもう少し残っています。地熱に感謝です。
 昨夜は越冬ジャガイモと越冬ニンジン、買った玉ねぎでポテトサラダを作りました。ジャガイモ、ニンジンともに美味しかった!
 ムロを作ったときにも書きましたが、実際に使ってみてムロの改良点がいくつかありました。ただ今、改築を計画中。

100428_004_2  保存した野菜は無事でした。そして、新しいや野菜が出てきています。
 まだ畑を耕すのは少し早いようですが、昨年育てていたネギをそのままに温かく見守ってやっていたのが芽を出しました。根がしっかりとしたのでしょうか、昨年のものよりもずいぶんと太いネギが育っています。(昨年のネギ)今年も料理として、薬味としてワシワシいただきます。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年4月27日 (火)

今日の一周

100427_020  サイクリングという言葉は、今でも使われているのでしょうか。最近使われていないなー、と思っていると前時代の言葉になっていることが、ままあります。
 サイクリングです。長い距離を乗ることはしばらくしておらず、近所で乗る(小学生ですね)ぐらいでしたが、ふと思い立って長い距離を乗ってみました。行程です・・・鶴居村の下幌呂から釧路に向かって、道道53号線(たんちょう舞ろーど)を南下。釧路市内を東へ、釧路町から国道391号線を北上。塘路から道道1060号線(コッタロ街道)を、未舗装の砂利道を西へ鶴居村へ。どさんこ牧場の前を通りたんちょう舞ろーどに出て自宅へ。書いていても疲れましたが、実際に走ってみると八十数キロ、普段長い距離を乗っていないものにはちょっと無理したかなといったところです。でも、車とは違った目線、スピード、エンジンを使わないので音も聴こえる、動物たちも近くで出会えるなどなど、疲れ以上に再発見が楽しいサイクリングでした。
 走っていると、ウグイスの声が聞こえました。今年最初のウグイスの声です。昨夜は自宅前でオオジシギの声が、そして今日はコッタロ街道で自転車に併走するオオジシギ、鳥たちも活動的になっています。

 写真の自転車は今日乗ったもの、19年前に買い修理(変速機の調整などは苦手ですが)や手入れ、部品の交換を繰り返しましたがしっかり現役です。買ったときはちょっと高い買い物でしたが、19年も使い十分楽しませてもらってます。もちろん、まだまだ現役続行です。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年4月25日 (日)

今日の道道

100408_087  各都道府県に、県には県道、府には府道、都には都道、道には道道があります。北海道では道道って本当?言われることもありますが、間違いなく道道といいます。(都道府県道をご参照ください)鶴居村を走っている道道53号線は7、8年前に村の有志が公募して「たんちょう舞ろーど」とニックネームがつけられました。実際タンチョウをよく見かける道路です。
 先日ある集まりに参加したところ、たまたま隣の方が、「たんちょう舞ろーど」の名付け親の方でした。そしてこの名前は看板になって、道路に10ヶ所ほど表示されていますが、これの看板のイラストを描きデザインしたのがエイ・デザインです。思わぬ名付け親との対面でした。
 実は、この看板には大小の2種類があります。そしてほんのちょっとイラストにも違いが・・・・、ぜひ探してみてください。
 でも、わき見運転は厳禁、安全運転で楽しみましょう。

 前々回のブログで予告しました、定点観測のカテゴリー「窓から・定点観測」を作りました。ぜひご覧ください、といいながら以前のブログって恥ずかしいものです。

 

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2010年4月23日 (金)

今日の映画

Nera  今日観た映画ではありませんが、以前ブログで紹介した映画です。中国で大ヒットした映画、「狙った恋の落とし方。中国語原題非誠勿擾』」に役者としても、日本ロケのプロデューサーとしても関わられた宇崎逸聡さんの講演が釧路であったので参加しました。
 映画の製作や撮影の裏話、中国と日本との関係、この映画による道東への影響、映画による中国の方々の道東への関心・・・・などなど、楽しい話、興味深い話を聞かせていただきました。
 せっかくなので映画を観て疑問に思ったことを質問させていただきました。宇崎さんが演じたウーさんに関わることだったのですが、役の当事者であり製作に関わった方本人(宇崎さんのこと)に直接答えていただき、スッキリとしました。ラブコメディなだけに、お答えにもちょっとお笑いを含められていました。
 私の質問したことは、中国でもインターネットで議論されていたことだそうです。映画を観てない方のため、中途半端な伝え方でごめんなさい。

 講演の中でのお話を簡単に・・・・、
・この映画は昨年中国でもっともヒットした映画だそうです。
・映画の影響で中国から道東に訪れる方が、うなぎのぼりに増えているそうな。
・コメディであるが、翻訳の都合上面白さが半減しているかも。言葉遊びがずいぶんとあるようです。(映画を観たけど、当然私には解らないかった)

 機会がありましたら、ぜひご覧ください。

 もう一つ、女優さん、綺麗です!!

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2010年4月21日 (水)

今日の下幌呂

100421_002  昨日の予想は上回る雪でした。天気予報でも、ここまで積もるとは予測していなかったみたいです。庭には6cmくらいの雪が積もりました。昨日と同じ場所にカメラを置いて撮りましたが、風景が一変しています。車が通る道はすでに雪はなくなりましたが、土の上、枯れ葉の上、日陰の雪はまだ残っています。

 以前このブログで、この窓からの写真の定点観測をしていました。始めたころは「カテゴリー」なんて考えていませんでしたが(今もあいまいだけど)、せっかくだから定点観測のカテゴリーを作ろう・・・・・と思ったのですが、後から作るのは大変なことがわかりました。ボチボチやりますので、完成を乞うご期待!! と言いつつ忘れないようにしなければ。

 ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2010年4月20日 (火)

今日の下幌呂

100420_003  珍しくリアルタイムの「今日」、それも今です。朝から降りだした雨は午後ミゾレに、そして雪となりました。気温はそんなに低くないので(でもプラスの2℃くらい)なので、そうそう積もりはしませんが、しっかりと降っています。
 本州でも今年は春がゆっくりときているようですが、気温が低いので桜がなかなか散らずゆっくりと見れたともお話を聞きました。道東の桜はいつ咲くのだろうか?昨日も地元の有志たちと、花見はいつ頃出来るだろうかと話していました。例年だと5月20日前後、日本で一番遅い花見です。

100418_002  我が家の庭にやってきたゴジュウカラです。窓のすぐ前のヤマザクラに止まりました。しばらく見ているとじっとしています。ゴジュウカラはすばしっこく、上へ下へと動き回る鳥なのですが、止まったままです。しばらく見ていても動かないので、ほって置き・・・・・・・・・5分、まだいます。毛づくろいをしたり、羽をパタパタとしますが、枝に止まったままです。怪我や病気で調子が悪いのか心配してみても出来ることも無し、いったいどうしたものかと見ていると、ハッとわれに返ったように上へ下へ動き回り飛んでゆきました。毛づくろいしていたので眠っていたわけではないでしょうが、ちょっと珍しい行動でした。疲れて休んでいたのでしょうか?

 今日の写真は2枚とも、私の机から窓の外を見た風景でした。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2010年4月16日 (金)

今日のエゾアカガエル

100416_001  暖かくなったと思ったら冷え込んだり、風が吹いたり。今日は風が少々あったものの、久しぶりに一日中青空でした。
 1月と4月に多く使う言葉、「今年初めて」。1月は年の初めなので当然ですが、4月は雪が融けて出てくる地面や水面に、「今年初めて」を見つけます。

 今年初めて見つけた、エゾアカガエルの卵です。冬眠から覚めて地面から出てきたエゾアカガエルたちは、ただ今恋の季節真っ只中です。湿原の周りを歩いていると、「ゲコゲコゲコ」と大合唱しています。知らない人が聞くと、カモか何かの鳥が鳴いているように思いますが、声の主はエゾアカガエルです。なかなか警戒心が強いヤツなので姿は見えませんでしたが、しばらく経つと警戒心も少しは薄れるので、姿を見ることもあるでしょう。今回は卵だけの写真です。

 卵つながりです。
 鮭の卵をイクラというのは、ロシア語が元です。どうして日本語で日常で使われるようになったのかは解りませんが、ロシア語で「軟らかい卵」という意味です。
 しばらく前にロシア語の通訳の方と話す機会があったので、以前より思っていた疑問を尋ねました。「軟らかい卵がイクラなら、カエルの卵もイクラなのか?」 しばらくお考えになって「カエルのイクラという言い方をします」とお答えいただきました。言葉も面白いです。
 

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2010年4月14日 (水)

今日のフクロウ

100411_014_2   先日近所の林を歩いているときのこと、すぐそばの木から飛び立つ大きな鳥、エゾフクロウでした。彼らにとっては昼間の眠いとき、安眠を妨害してしまったようです、スミマセン。それほど大きな木があるわけではありませんが、近所にエゾフクロウが住んでいます。ずいぶん前にも夜見かけたことをブログに書きました。2007年12月21日の記事 一昨夜も鳴いていましたが、近所では時折ボーボーと鳴いています。エサとなるネズミたちには嫌な鳴き声なのでしょう。
 写真は先日行った釧路動物園で撮ったシマフクロウです。エゾフクロウよりもフタまわりほど大きいです。

100411_009  動物園の続きです。剥製ではありません、生きているエゾヒグマです。釧路動物園ではこれほど近づくことができます。といってもガラス越しです、当然ですよね。ガラス越しなので、すぐそばで大きな顔を見たり、開けた口の中の牙を見たり、長い爪を見たり、間近でじっくりと観察できます。でも、実際に間近で出会ったら・・・・、出会わないようにすることが大切ですが、会ってしまったときには速やかに冷静にお引取り願うしかないでしょうね。
 一昨年お会いした熊さんです2008年6月12日の記事

100414_003 今日は朝から強風です。道東は風だけのようですが、北海道の西側や道北ではずいぶんと雪が降ったようです。と思っていると午後2時過ぎにヒョウが降りだしました。約5分ほどでしたが、激しい降りで、写真を撮りに出ると身体にヒョウが当たり痛いくらいでした。急に冷たい空気が流れ込んだので、ほんのひと時真冬のような気温となりました。でも、その後は青空、風は強いですが、春の風です。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

 追記(2010.04.15)
 偶然ですが、友人のブログでもエゾヒグマの話題が書かれていました。さすが春告獣とも呼ばれるエゾヒグマ、春になれば出歩きます。といってもお互い動物園、釧路と円山動物園のお話。今年はまだ近所で出没情報は無いようです。(昨年はありましたが

 友人のブログ「北辺の写真家・佐藤雅彦のこだわり親父のひとりごと

|

2010年4月12日 (月)

今日のガレット

100407_003  前々回に続きおいしいお話です。先日釧路市内にガレット中心のカフェ「IOR(イオル)」が開店しました。開店に先がけてオープニング・パーティーに誘っていただき、参加しました。ガレットとは、そば粉の生地で食材を包んで食べるフランス料理だそうです。(詳しくはWikipedia「ガレット」)
 そば粉が採れる、チーズ、海の物山の物様々な食材がある、そんな釧路地方では昨年より、ガレットをテーマに様々なイベントが開かれています。今回開店された「IOR」さんはもちろんのこと、店ごとに工夫を凝らしたガレットで釧路地方の食材を食べてみるのも楽しいと思います。お勧めします。
 写真はガレットを作っているところ。出来たガレットも撮ったのですが、私の写真でガレットのイメージが出来てしまうといけないので(料理の写真は難しい~)途中の写真でした。ガレットをはじめサイドメニュー、どれもとてもおいしかったです。

ガレット・カフェ「IOR」(お店のサイト)
それいけ!北のガレット大作戦(ガレットの応援団、いろいろなお店も紹介しています)
 「それいけ!北のガレット大作戦」のマスコット「がれっ太くん」エイ・デザインが作りました。その他デザイン関係で参加しています。

 様々な食材がある道東・釧路地方。食材で、食べることで地域を見てみるのも楽しいですね。皆さんの周りにはどんな食材があるかな?

 ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年4月 9日 (金)

今日の福寿草

100408_083  雪の下から福寿草です。火曜日(6日)の夜に雪が降る前に、地面から顔を出したつぼみを見つけていて、次の日には福寿草が咲くぞ!と思ったとたんの降雪。地面に出たばかりのつぼみが雪に隠されてしまいました。でも、融けた雪の下から顔出したつぼみ、エイヤ!とばかりに花を咲かせています。右にはまだ開かないつぼみもみえますが、もうすぐに咲くでしょう。そしてその右にある雪の下からも福寿草、そのほかの花がこれからの春を楽しませてくれます。散歩の楽しみが増えました。
 通常花の名前はカタカナで書きますが、フクジュソウはカタカナよりも福寿草と漢字で書きたい気がします。

100408_008  卵を温めているタンチョウを見つけました。暖めている間は時々卵を動かすくらいしかすることが無いので、周りのヨシを引っ張ったり、歩いている虫にちょっかいをかけているのか、くちばしが届く範囲をつついたりしています。相方との交代時間までじっと我慢の父さん、もしくは母さんでした。

 このタンチョウが見れる場所を見てみると、ずいぶんと木が切られていました。木を切ることでタンチョウを見やすくしたのでしょうが、そういう行動っていったいどういう意味があるのか。よく見れたからって、良い写真が撮れたからって、そのために木を切る必要があるのか!!憤慨しながら、切り倒されたところには近づかず、枝の間から抱卵の様子を見せていただきました。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年4月 7日 (水)

今日の雪

100407_002_3 昨日は午後から雨、夕方からはミゾレ、夜遅くには湿った雪になりました。ここ数日は気温も高くずいぶんと雪も融けたのですが、一気に雪景色です。昨年もゴールデン・ウィーク直前に大雪が降りましたが、まだまだ油断は出来ません。雪景色の中ですが、春はしっかりと、ゆっくりとやってきているようです。もう少し雪が融けたら、春が顔を出すことでしょう。彩が増える春、楽しみです。

100403_001_5100403_002_2100403_003   おいしそうな写真、3枚です。白糠のチーズ工房・酪恵舎さんが中心に作られているレシピ本の撮影のためのチーズパーティーに、エイ・デザインが関わっていることもあり参加させていただきました。
 モッツァレラチーズとトマト、チーズフォンデュ、蒸し野菜のチーズ掛け、その他写真にはありませんがおいしい料理の数々でした。チーズのお話もたくさん聞けたり、新しい方々と出会ったり、楽しい時間を過ごせました。レシピ本の完成が楽しみです。
 参加者の中に、私にとって国際救助隊・サンダーバードのような存在、JAFの方がいらっしゃいました。3年前深夜、ひと気もほぼ無いようなところで助けていただいたこと話していると、なんとその時の隊員さん、思わぬ再会でした。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年4月 4日 (日)

今日の虫

M1_3  少なくなった雪の上を歩いて、林の中へ行きました。ふと見上げるとセミの抜け殻、昨年のものでしょうか。抜けていった主は成虫となって飛び立ちいずこへ。成虫になってから一週間ほどの命なので、次の世代を生み出し、その卵は地中にあるのでしょう。主をなくした抜け殻は・・・・・、しっかりと樹にしがみついていました。この日も風の強いだったのですが、しっかりとしがみついています。昨年来強い風が吹いたこともあるのに、吹き飛ばされてはいません。主無き後、なぜにこんなにしっかりとしがみついているのか。羽化する時だけしがみつけばよいのに、不思議です。
 周辺を良く見てみると、いくつかの抜け殻があります。もしかしたら、兄弟だったのかも、姉妹だったのかも。

M2_4  雪が融けて春らしい気候になると現れるのがクロカワゲラ。雪の上をウロウロとしている通称ユキムシのなかの一種類です。大きな1匹のクロカワゲラと3匹小さいものがすれ違ってゆきました。お互い関心は無かったようです。
 昆虫や虫の数え方は、学術的には頭(とう)を使うそうです。蝶などは翅(はね)とも言うそうな。うーん、一般的には匹(ひき)が一番しっくり来るように思いますが、いかがでしょうか。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年4月 1日 (木)

今日の摩周湖

Uramasyuu_001  裏摩周展望台へ行ってきました。展望台の手前2.7kmは除雪されていないので、閉まっているゲート前に車を置きスキーで行きは登って、帰りは緩やかな坂道(登ってるときはそうでもなかった気がします)をスイスイと下ってきました。摩周湖の弟子屈側の第一展望台や第三展望台とは一味違って、スキーでわざわざ歩いていったせいもあるのでしょうが、摩周湖、摩周岳、カムイシュー島が人を寄せ付けないかのような神々しさでした。(写真をクリックすると、横につないだパノラマ写真が見れます。)青空であればもう少し違った印象かも知れません。
100331_022  湖の展望台の真後ろには、斜里岳が見えていました。1545mの山ですが、ほかの山と連なっていないので高く感じます。裾野が広いどっしりとした、形の良い山です。

 先にも書きましたが裏摩周展望台への道路は閉鎖されています。歩いてゆく方もいるようですが、まだ雪は積もっています。状況、情報は事前にご確認ください。裏摩周展望台のサイトです。

100331_012 展望台近くの神の子池にも行きました。山の間にある場所なので、池の周りはまだまだ雪が残っていますが、水がコンコンと 湧き出ている池はまったく凍っておらず静かな水面を見せていました。一日に12000トン!も湧き出している水、1分間で8トン強!どこから流れてくる水なのか、入る川出る川の無い摩周湖と繋がっているのか?湧き出る水を眺めてそんなことをしばらく考えていました。

 今からちょうど20年前の今日アメリカにいました。現地人に渡された新聞、ここを読めと記事を見せられ英語を訳して数分ほど。日本の時計メーカーがイギリスの時計台ビックベンを買い取り、時計部分をデジタルに作り変える予定云々・・・・。えらいことをするなーと驚いていると、現地人はうれしそうに「An april fool!!!wahahahaha」。読めない英語を一所懸命読んだのに、まともな新聞の一面だったのに、まったくもってやられました。
 今日皆さんは誰かを引っ掛けましたか?引っ掛かりましたか?もしくは、まだ気付いていないだけかも!?

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »