« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

今日の落ち葉

100730_003_2  昨日から今朝に掛けて風速11mを超える風が吹いたので、シラカバの葉っぱが秋でもないのにずいぶんと落ちてしまいました。家の前の道は、黄色い葉、緑の葉とモザイクのようにきれいになっています。三つ連なった低気圧がまとまり北海道上空を通り過ぎました。道東の雨量はたいしたことはありませんでしたが、道南、道央、道北ではずいぶんと雨が降った様子、水の災害や土砂崩れなどの災害が心配です。ご注意ください。

100730_006  十分な水分、暑くなった気温のおかげで植物もずいぶんと延びています。畑の雑草も大変ですが、育てている作物も育ってゆきます。写真は家のそばに生えているフキです。収穫すれば食べ物ですが、生えたままにしていると雑草、それも強力、巨大な雑草です。もうずいぶん育ってしまったので、堅くて食べるにはちょっと無理なようです。フキの葉の下を覗いてみると、自分が昆虫にでもなったような気がします。このフキの下へもぐりこむと、コロボックルに出会えるかも、そんなことを思いながらしばし観察していました。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年7月28日 (水)

今日のジャガイモ

100728_002  R[アール]農場のジャガイモの花です。ただ今ジャガイモの花が満開となっています。今年は寒かったので、例年よりも少し遅く6月に入って種芋を植えてましたが、その後は暑かったり、雨だったり、涼しかったりもありましたが、無事に花が咲いています。9月に入れば収穫が楽しみです。さてどのくらいの収穫ができるのか、昨年作ったムロは今年も活躍できるのか、ムロの作り直しも必要か、暑いさなかに秋の収穫を楽しみにしています。
 農場のジャガイモ部分とは別のところに、ジャガイモの花が。昨年念植えていたところなので、収穫し忘れたものが春の畑の耕転の際にもはじかれること無く居座り、元気に成長しているようです。この株の収穫も楽しみです。

100722_006  数日前に、釧路の江南高校蝦夷太鼓部のミニ公演を観覧してきました。新聞などで、様々な大会において優秀な成績を収めていることは知っていましたが、実際に観るのは初めてでした。圧巻でした。高校生の部活とは思えないほどの完成度、感心というよりも感動しました。
 このクラブは今年8月に宮崎県にて行われる、全国高校総合文化祭に参加予定でしたが、口蹄疫の影響で今年は辞退したそうです。3年生、悔しかっただろうな、今までの成果を思う存分発揮したかったろうな、そんなことを思い胸が熱くなってしまいました。演奏すばらしかったぞ!!

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年7月22日 (木)

今日の隠れ家

100719_011  屈斜路湖、摩周湖がある弟子屈(てしかが)町に「隠れ家」ができました。隠れ家といってもイタリアンのお店、昼間はcafeで、夜はbal。お店の名前はイタリア語で隠れ家の意味「COVO」カタカナで書くと「コーヴォ」というそうです。このお店のオーナ・シェフは釧路川のガイド仲間でもある松井さん、今年の7月10日にこのお店を開店させました。おめでとう!!
 メニューは地元食材を使ったパスタやピザ、デザートのケーキもお店で作っています。また、オーナーは料理を作るだけでなく、このお店のログハウスも手作り。手作りいっぱいのお店、素敵なお店です。
 そしてこのお店の面白いところは、車、バイク、自転車、歩きで店に訪れるのは当たり前、お店の敷地が釧路川に面しているので、なんとカヌーで店に行くことができます。釧路川を川下り中に、「パスタ食べに行こうか」なんて展開もあるかも、です。

 「COVO」(隠れ家)というだけあって、お店は国道243から少し奥まったところ・・・・・弟子屈の街から屈斜路湖を目指して、札友内という地区あたりで右側に看板が出ています。地元の食材を楽しめるパスタやピザ、それにケーキをぜひ食べてみてください。お勧めします!!
 COVO (コーヴォ)  住所 弟子屈町字札友内89
              電話 015-482-8557

 追記(2010.08.24) COVOの地図
 ブログをご覧いただ方より、COVOの場所を教えて欲しいとお便りいただきました。COVOのコーリング・カードの地図をスキャンしてちょっと手を加えてこちらにアップしました。ご参考にしてください。
Covo

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年7月16日 (金)

今日のイチゴ

100716_002  5月に株分けしたイチゴ、見事の実りました。イチゴの収穫第一弾です。ご覧の通り大きさはまちまち、形はいびつですが、機械で作ったものではないので均一ではないのは当たり前です。でも、スーパーで売っているのは形が整っているということは、生産者が大きさを整える努力もしてるし、売るときに揃えたりしているのでしょう。とても手間が掛かっていると思います。R[アール]農場のイチゴのお味は・・・・・、自然のすっぱさ、子供の頃食べたイチゴのような味でした。
 子供の頃、家の近所にイチゴ畑がありました。知り合いの農家さんが、散歩途中の私達親子(私が子供です)に、採ってもってけなんて言っていただきいただいたことがありました。その畑も今は住宅地となっています。あのおじさんは今の私より年上だったのか、若かったのか、今日イチゴを食べて思い出しました。

100716_004

 現在の我が家の裏にある牧草地です。一番草の刈り取りも終わりつつあり、この畑はずいぶん遅くでしたが、昨日刈り今日丸めました。(・・・この牧草を丸める行程はなんと言うのだろう??)また、2ヶ月ほど牧草を育て二番草を刈り取ります。まだまだ、夏は始まったばかりです。
 この牧草ロールの重さはどのくらいでしょうか?また、このロールを牛一頭何日分の食料でしょうか?答えはそのうち当ブログで紹介します。(懸賞クイズではないので、答えを書いて来ても賞品はないよ)

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年7月14日 (水)

今日のホザキシモツケ

100712_001  先日のホザキシモツケの記事、初物とはいえあまりにもボケボケ写真だったので、撮り直しの花の写真です。今年初めて見てから10日、夏の花らしくずいぶんと増えてきました。しばらくの間、ホザキシモツケの見ごろです。

 先日より仕事がらみ、仕事関係なしで2人のカメラマンさんに写真を撮られました。どちらのカメラマンさんに言われたのが、「もっと、にこやかに」決して渋い顔を作っているわけでも、性格が厳格な訳でもなく、どちらかというといつも冗談言って笑っているのですが、カメラの前で「ハイ」といわれると笑えません。なかなか笑顔って作れないものです。

 今回撮っていただいた方とは別のカメラマン、友人(ちょいとお兄さん)の佐藤雅彦さんが札幌で写真展を開催されます・・・・・もう開催してしばらく経ってます(遅くなって、スミマセン)。バイダルカという伝統的なカヤック製作と、そのバイダルカで利尻島から礼文島までを漕ぎ渡った旅をテーマにした写真展です。7月15日(明日でした)夜には講演会も行われます。ぜひ、写真展をご覧に、明日の講演会にご参加ください。私は遠くなので行けず、残念!参加された方、どんな風だったか教えてくださいね。

 佐藤雅彦 北の海の記憶 ←←詳しくはクリックしてください。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年7月10日 (土)

今日のミンク

100709_003_2 昨日川下りをしていると、ミンクのご一行様が川を横断しています。邪魔をしないように、カヌーのスピードを落として渡り終えるのを待っていました。前を行く4匹(写真では右側)は身を寄せ合って右岸を目指します。後ろを行くのは一回り大きなミンク、母親かと思われます。この写真を撮った後、母親ミンクは振り返り、私の方を見て「それ以上近づくじゃねーぞ、ナロメー」と言いそうな顔でした。子供たちが渡り終えてヨシに隠れると、すっ飛んで追いかけてゆきました。驚かせて、ゴメンヨ。

100708_007_5100708_016_2  

 釧路湿原から東に70km、霧多布湿原に行きました。
 天気は生憎のジリと呼ばれる雨と霧の間の天気、この時期らしい天気でした。生憎と書きましたが、釧路湿原も霧多布湿原もこの天候のおかげで乾燥せずに保たれています、天候に感謝。
 幻想的な曇り具合の中、白いワタスゲの中に黄色のゼンテイカが咲き、勢い良くハナショウブが紫の花を咲かせていました。花の季節です。

 奥琵琶瀬の木道に行くと、対岸に大きな袋角を頭に掲げたオスのエゾシカが3頭。私の方を見て「そこで何をしている」と言っているようでした。双眼鏡でようやく見えるような霧の中、写真取れなかったのが残念です。

 霧多布湿原センターでは、10年も前に川下りに参加してくれた写真家の大坪俊裕さんに再会、ただ今写真展を開催していました。霧多布湿原の夏を中心とした美しい風景を楽しませてくれました。ぜひ、ご覧になってください。写真を見て実風景を見るか、実風景を見て写真を見るか、お楽しみください。
 大坪俊裕写真展の詳細 ← ← クリックして見てください。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年7月 5日 (月)

今日のホザキシモツケ

1007051  昨日、今年初めてホザキシモツケが咲いているのを見つけました。草と草の隙間の一瞬見えただけだったので、今日はゆっくりと見ようと思うも、ちょっとした角度の違いか、昨日の場所では今日は見えませんでした。でも、他の場所でひっそりと咲いている花を新たに見つけた写真です。もう1週間もすれば、湿原のいたるところでホザキシモツケが咲きますが、初物というのはうれしいものなので、ボケボケ写真ですが、湿原の夏をお伝えするためにもアップしてみました。

 細岡のカヌー・ポートすぐそばにキタキツネが、物欲しげにお座りしていました。人に食べ物をもらっているのでしょうか、近づいても逃げません。声を出して追っかけるとようやく逃げ出します。エサをねだるな!と脅しであたらないように石を投げると・・・・・石を追いかけます。きっとエサを投げ与えられ慣れているのでしょう。エサは自分で捕らないといけないよと思いながら、もう少し走って追いかけると草むらに姿を隠しました。
 野生動物に食べ物を投げ与えると、動物たちと仲良くなれた気がしますが、決して彼らのためにはなりません。そんなことを伝えようとリンク・リングの活動、地味にですが続けています。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年7月 2日 (金)

今日のチャイブ

Chives  ただ今、菜園でもっとも目立つ花、チャイブです。鮮やかな紫色がきれいです。花がきれいなので、鑑賞用となっていますが、食べれます。アサツキのように刻んで薬味にしても良いし、バターに混ぜて、チャイブ・バターとしてパンに塗るものおいしいそうです。
 薬効もあるようで、糖質をエネルギーに変えやすくする成分があります。代謝が良くなる成分なのかなーと思い図鑑を読み進めると、食欲増進の作用もあるとか。糖質をエネルギーにすばやく変えても、さらにお腹が空いてしまいそうなチャイブです。

 今日は朝から雨、当然曇り空ですが暖かいので、雨に濡れても心地よいほどです。先週末26日のとても暑かった日、釧路気象台史上最高気温、32.4℃でした。暑いはずです。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »