« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

今日の枝豆

100829_002  わが家の農場の枝豆はもう少し先ですが、ご近所さんより枝豆をおすそ分けというか、「収穫して持っていって」とご連絡いただき、ご近所さんの農場へ。ワシワシと鎌で刈り取り頂きました。暑い日の夕方のこと、そんな日はビールに枝豆です。でも、居酒屋で突出しに出てくる、フニャっとした枝豆は好きではないので、枝豆としてしっかりとした茹で方をネットで検索、少々手間は掛かりましたがその分美味しい枝豆となりました。大量に作ったので、さすがに全部を食べきれなかったですが、次の日は枝豆の混ぜご飯、枝豆入り卵焼きと形を変えていただきました。色合いもきれいだったのですが、写真が無いのは目の前のご馳走が写真を撮ることを忘れさせたためです。しかし、美味しかった。ひと手間掛けて自分で茹でる枝豆、お勧めします。(サヤの両端を切り落とすのが手間、でも美味しさの秘訣だそうな)

 わが家の枝豆の実入りは・・・・・、もう少し太ってくれー。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年8月29日 (日)

今日の夕陽

100826_021

100828_010

 ここ数日の「今日の夕陽」です。日中の気温はまだまだ夏の暑さですが、朝夕は秋らしい涼しさとなっています。頭の上の雲は夏の入道雲が出てるかと思えば、反対側では秋のウロコ雲が出ています。夏から秋へ、空気が変わってきたように感じます。

 ニュースではサンマは不漁ですが、徐々に獲れだしている様子です。サンマ好きの私には朗報!!サンマが道東の近海にやってくるのを待っています!

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年8月20日 (金)

今日の収穫

100820_007  R[アール]農場(家庭菜園です)では、ただ今次々に野菜が収穫されています。大根、きゅうり、ズッキーニ、ピーマン、ニンジン、キャベツ、ナス、サニーレタス・・・・ワシワシといただいています。その中でも今日のピーマン、でかい!長さが12cmで肉厚しっかりとしています。どのように食べてやろうか、楽しみです。畑を耕したり、水をやったり、除草したりとなにかと大変な野菜作りですが、もぎたての野菜を食べたときの美味しいこと、しっかりとした野菜の味、最高です。・・・・・といいながら食べるの専門、管理は農場長に任せっぱなしなのは内緒です。

 ピーマンのバックの新聞記事。今年のサンマが不漁です。例年7月はじめごろから始まるサンマ漁、小型船の漁はいまいちのときでも、この時期に始まる大型船の漁は大丈夫ということが多かったようですが、今年はこの時期になっても不漁だそうです。海水温度が下がらず、サンマが遥か沖合いにいるそうです。サンマ好きの私にとっても心配ですが、それよりも漁師さんや水産加工関連、サンマに関わる方々にも心配な晩夏です。サンマよ早く近くにおいで!!

 昨日のこと、庭に出るといつになく大きな鳥が枝に止まっています。良く観て見るとエゾライチョウのようです。近くの山でも見ることはありますが、庭でみるのは初めてのことです。人づてに聞くととても美味しい鳥だとか。機会があれば食べてみたい、と思いながら見ていたのが伝わってしまったのでしょうか、写真を撮ろうとカメラを取りに家に戻るとパタパタと逃げてゆきました。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年8月15日 (日)

今日の平和

100815_002  川下りの途中で、湿原の観光列車・ノロッコ号に出会う時があります。ノロッコ号からたくさんの人たちに見られたり、写真を撮られたりと少し恥ずかし気もします。でも、このとき列車の人と川の人(私たちです)が、見知らぬ同士なのに笑顔で手を振り合っています。川は楽しいかい?列車からは遠くまで見えるかい!思いは様々ですが、皆一様に笑顔です。見知らぬ同士が笑顔で手を振り合う、なんて平和な光景でしょうか。ノロッコ号とたまに出会うと、そんな気持ちで手を振っています。

 今日は終戦記念日。実体験としては知らない戦争ですが、二度と繰り返してはいけないことだと思います。世界ではまだまだ戦いや争いが続き繰り返されていますが、より多くの人が平和について考え行動すれば、少しでも真の平和に近づくと思います。
 終戦記念日の今日、出会ったノロッコ号に平和を思いながら、いつも以上に手を振りました。

 写真いろいろです。

100810_007 ミヤマカラスアゲハ?でしょうか。草の上に停まっていました。

100812_002  ハッカです。葉を手で揉むとハッカの清涼感あふれる香りがします。茎に花が咲いていますが、専門的に言えば「葉腋に球状に密集」というそうです。

100813_002  13日の朝。台風は南に逸れて、道東はとても良い天気、まぶしいほどの青空。無風だったので、塘路湖は鏡のようでした。

100814_012  14日の夕陽。車で走ってゆく前方が、とてもきれいに焼けていました。前後確認、数秒間車を停めて慌てて撮りました。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年8月 9日 (月)

今日のヒシ

100809_008 クリックすると大きな写真となります。
 塘路湖のヒシです。今年は葉が開くまで時間が掛かったように思いますが、花が咲くのは早く7月24日から花が咲きだしました。花の写真を撮ろうとしていましたが、風が強かったり、とってもボケボケだったり、ようやくヒシの可愛い花をご覧いただけます。先に葉が開くまでは遅かったと書きましたが、なんとなくヒシ自体が少ないようにも感じます。気のせいかも知れませんが、低温や多雨そして高温と気候が落ち着かないからでしょうか。
 一昨日は今年最高気温でしたが、そんな中ほんの少し秋を思わせるような木々の葉っぱを見つけました。暑さはひと段落したもののまだ気温は夏、でも、少しずつ秋が近づいてきている気配がします。夏を楽しみます。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年8月 8日 (日)

今日の雄阿寒岳

100806_003  2日前の今日、6日の夕暮れの雄阿寒岳です。きれいなオレンジ色のバックにとぎれた雲、雄阿寒・雌阿寒好きにはぐっと来る景色でした。
 ということを書こうと思いつつ、6日7日の高気温にPCのファンは回りっぱなし、いつに無い音を出していました。6日の最高気温34.1℃、7日の最高気温35.1℃、猛暑日でした。暑さのあまり異音を立てるPCを使う気にもならず、必要最小限しか使っていませんでした。いやいや、本当に暑かったです。今日8日は暑さも落ち着き、静かな夏の夜を過ごしています。夏だから暑いのは当たり前だけど、暑すぎました。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年8月 5日 (木)

今日の紅白

100804_004 今湿原で見ることができる紅白。まずは紅のホザキシモツケです。例年夏の花ですホザキシモツケ!!といろんなところで話したり、書いたりするのですが、今年のホザキシモツケはいまひとつ、パッとした明るい花が少ないような気がしていました。春の低温が影響しているのかな??でも気温が上がるにつれて花も増えてきて、桃色も鮮やかになったような気がします。ここはホザキシモツケの群落地、見渡す限り(ちょっと過剰表現)ホザキシモツケが桃色で一杯です。緑の葉っぱに桃色の花、美しいです。

100803_007  反対に元気一杯、こんなにあったのかと思う花は、白のノリウツギです。川下りしていても、散歩していても、ドライブしていても、ここにもあそこにもといった感じで咲いています。和紙を漉くときにこの樹の樹皮から糊を採ったそうです。そのように聞いたので樹液を触ってみたところ、なんとなく粘りがあるような・・・・・そんな気がしました。別名サビタとも呼ばれます。ただ今釧路湿原の中でもっとも元気のある花だと思います。釧路にいらっしゃった方、探してみてください。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年8月 4日 (水)

今日のオジロワシ

100802_001  ご夫婦と思われる、オジロワシ2羽です。春5月前半はこの樹の近くの巣で卵を温めていたようですが、孵らなかったか、育たなかったか、ヒナを連れることなく過ごしています。それにしても仲が良いのか、二人で寄り添って居ます。←人間の思い込みかと思いますが。
 樹に留まってい姿は、大空を飛んでいる雄大な姿とはまた違って、獲物を狙っている鋭さを感じます。エサと間違えられることは無いと思いますが、狩猟中の邪魔をしないように、目の前(目の下)を急いで通り過ぎました。この後、なにか捕獲をしてのでしょうか。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »