« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

今日の小学校

100930_003 タンチョウ・コミニティのえさづくりプロジェクトに参加しました。5月に植えたデント・コーン、夏の暑さのせいかぷっくりと大ぶりの実をつけていました。このプロジェクトの主役である下幌呂小学校の児童とお手伝い方々と収穫、そして写真にあるように皮を剥いて、つるして干す作業をしました。この作業は3年生以上の児童にはこの作業は3回目、年に1度のことなのになかなか手際の良い作業に感心しました。中には転任してきて今年初めての参加する先生にやり方を教える児童もいたり、えさづくりプロジェクトもしっかりと根付いてきているようです。もちろん作業の手際だけでなく、このプロジェクトの意義をしっかりと理解している様子、タンチョウ・コミニティのスタッフと一緒に大変うれしくなりました。これからも続けてゆきたいものです。

100930_002 収穫した後のコーン畑です。
 今年の収穫は2302本、収穫の際に児童たちが「イッポン、ニーホン・・・・・」と数えて最後に集計した数です。低学年のお手伝いをしましたが、高いところコーンは取りづらいし、目にゴミは入るし、堅いし・・・・と大変そうでしたが、一生懸命に収穫していました。カウントしながら時々「どこまで数えたっけ??」と言う声も聞こえたのはご愛嬌でした。
 冬休み空けにはコーンほぐし作業があります。参加ご希望の方はお知らせください。楽しいですよ!!

 さて、ここでデント・コーンのクイズです。
 写真にあるデント・コーンの茎は高さが2m以上に育っています。この茎にコーンは何本付くでしょうか??答えは次回の記事をご覧ください。 (答えを送ってきても、商品は無いですよー)

 タンチョウ・コミニティのブログでは詳しい作業の様子が掲載されています、ご覧ください。私も少しだけ登場しています。タンチョウ・コミニティのブログ

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年9月28日 (火)

今日のキラコタン岬

100925_003 数日前の今日のキラコタン岬です。秋色となっています。双眼鏡で見てみるとシカたちが茶色くなったヨシにまぎれています。そんなシカたちの体毛も、夏の茶色の毛から秋冬の灰色へ変ってゆき始めました。季節も、植物も、動物も秋へとなってきています。
 この一週間で秋がぐっと深まりました。ここ数日の最低気温は2℃から5℃、ずいぶんと寒くなっています。でも、日中は身体を動かすのにはちょうどいい季節です。 (でも、今日は雨、ちょっと寒いです)

 シカのラッティング・コールが聞こえ始めました。秋はシカたちの恋の季節。しばらくはシカたちも忙しくなります。

 春、5月のキラコタン岬です。←クリックしてください。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年9月22日 (水)

今日の満月

100922_020  今日は十五夜、満月です。低い雲が多く、風もあるので雲が流れてゆきます。肉眼では分からなかったのですが、写真に撮ってみると空に穴を開けて月が顔を出しているようです。
 天気予報では、明日は北海道上空に10月中旬並みの寒気が入り込むそうです。そして今朝大雪山黒岳では、初雪が観測されたそうです。つい先日まで暑い暑いといっていましたが、秋がどんどん深まっています。
 それなのに本州はまだまだ暑い様子ですね。これから秋の行楽シーズンとして北海道にいらっしゃる方、くれぐれも気温のチェックや防寒の用意、お忘れなく!!

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年9月17日 (金)

今日のタンチョウ

100917  家の前の牧草地にタンチョウの一家がやってきました。春から夏の間、鳴き声は聞こえるけれど姿は見えず。子供を育てているのか、つがいで暮らしてるのかと思っていたところ、子連れで牧草地の草なのか、虫なのかをつついていました。私の姿が気になったのか、子供と一羽は首を伸ばして警戒をしているようです。そのすぐ前にいる一羽は、お腹がすいているのか、安心しきっているのかパクパクとやっています。湿原から人里近くへ少しずつ移動し始めた、秋の鶴居村の風景です。

 今年の春先にはこんなことがありました(旧ブログ)。←クリックしてください。この時の子供が顔を見せに来てくれたのでしょうか?

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

今日のお詫び

 前回のブログでご案内させていただきました、友人の増田幸恵さんの写真展「WCBの旅カメラ」の会期期間が間違っていました(ブログの記事は、先ほど慌てて訂正しました)。9月14日より9月26日です。まだまだやっていますのです、皆さんぜひいらしてください。

 増田さんや関係者の皆様、大変失礼しました。訂正と共にお詫びいたします。

 申し訳ない気持ちで、もう一回「『WCBの旅カメラ』は9月14日から9月26日まででーす!!」

 詳細は「WBCの旅カメラ」ブログをご覧ください。←こちらをクリック

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年9月15日 (水)

今日のジャガイモ

100914_004  収穫したジャガイモ、今年最初なので一番ジャガイモです。皮は赤いですが、レッドムーンという名のジャガイモです。肉じゃがにしていただきました。ホクホクとして、新しいといったお味でした。いくつかのジャガイモを掘り出しましたが、その中でこの形がハートのようで面白かったので、ブログの写真モデルに選びました。土の中からハートがポロリと出てきたといったところです。下敷きにしている新聞では、大雪の紅葉が報じられています。大雪の上のほうでは例年ならそろそろ初冠雪のころですが、また平地では夏の余韻が残っています。

100915_004  カラフトイバラがたくさん実を付けています。今年はたくさんの花が咲いていたので、実もずいぶんと多く付いているようです。一時期人気があった(今もあるのかな?)健康や美容に良いといわれたローズヒップ、同じバラ科なのでカラフトイバラの実も身体に良いのではないかと以前飲み会で話題になりました。ハマナスの実はジャムにして食べたことがありますが、カラフトイバラはいかに?調べてみるとレモン20個分のビタミンCがあると書いているものもあるようですが、どうやって食べると良いのかな?

 友達の増田幸恵さんが、お仲間3人で写真展を開催されます。場所は東京都文京区千駄木(詳しくはこちらをクリックしてください)9月14日(昨日からでした)~26日です。ご近所の方、ご興味をもたれた方、ぜひいらしてください。そして、どんな写真展だったか教えてくださいね。遠くて行けませんが、写真展・「WCBの旅カメラ」を東の端から応援しています!!

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年9月 8日 (水)

今日のメーター

100907_003  2台ある車の内1台が先日20万kmを突破、そしてもう1台が25万kmを突破しました。地球を6周と4分の1、車体はくたびれていますがまだ元気に走っています。車検が近々なので、どうするべきかいろいろと悩むところです。いずれにせよこれからも事故を起こさぬよう、安全運転でやってゆきたいと思います。25万kmとなったちょうどに駐車帯がありました。駐車してメーターを写真で撮りましたが、同乗者の友人には、「で、今日の25万kmブログねたにするの?」、はい、その通りです。

 鶴居村村内を走っていると、2羽の幼鳥を連れた4羽の家族。今日は風が強かったので飛ぶ練習をしているのか、風に向かって走りながら羽ばたいていました。先頭に立って走りながら羽ばたく父さん、幼鳥2羽の後ろから追いかける母さん、まだ飛ぶまではゆかないようで、「ほーら、父さんは舞いあがちゃうぞー」「そんなこと出来ないよー」「ほらほら、しっかり」と声が聞こえてきそうな風景でした。今度会うときは空の上から見下ろされるのでしょうか。夏から秋、湿原周辺の風景です。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年9月 5日 (日)

今日の花火

100904_030 昨夜釧路大漁どんぱく祭に出かけました。お目当ては19時からの花火、人ごみは苦手ですが毎年出かけています。花火の写真は難しいです。三尺玉が開いたところ、実際はもっともっと美しい花火、もっともっと大きな花火でした。花火の直径は約600mとか。他の花火は目の前で花開いていましたが、この三尺玉はずっと遠くで開いたのですが、一番大きく見えました。今年は霧もなく、風が少々で花火の煙が上手く流れて(場所によっては煙で見なかったそうな)良く見えました。
 大きな三尺玉が破裂するときの音というか衝撃波を、毎年身体で感じて悪いものが吹き飛ぶように思います。今年は気温が高くて花火を観に出かけた方も多かった様子、花火の大きなドン!で、みんなの悪いものが吹き飛んでくれるとうれしいです。

100905_004  友人がやっている鍼灸院とその奥さんがやっているアロマテラピー、まとめて「あんずカンパニー」が昨年に引き続きお祭りを開きました。昨年は仕事の都合で参加できず。今年は始まりの時間にちょっとだけ顔を出させていただきました。一番乗りでカレーとパスタを食べて、写真の鹿の足の一本焼きが焼きあがらないか・・・と後ろ髪引かれてお祭りを後にしました。少しの間でしたが、スタッフの方々、ボランティアの方々がてきぱき働き、お客さんも続々といらしていた様子。「祭りを開く」と聞いたときは、一体何を?と思いましたが、須藤院長の考えが伝わってくるお祭りでした。来年はゆっくりと参加したいぞー。

 以前のブログでの紹介させていただきましたが、霧多布を中心に撮影をしているカメラマン大坪俊裕さんの写真展が、先週2日より8日まで釧路芸術館で開催されています。地元のカメラマンだからこそ撮影できた写真がたくさんです。ぜひ、ご覧になってください。詳細です。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

 

|

2010年9月 2日 (木)

今日の食べ物

100902_010  前回のブログが枝豆で、今回も引き続き食べ物のお話、と言っても牛さんの食べ物・牧草です。わが家の前は牧草地です。年に2回行われる牧草の刈り取り、今年は2回目が今日の夕方家に戻ってくると行われていました。(19時現在続行中、お疲れ様です)写真で分かるとおり刈り取った牧草を吸い上げる機械、それに併走して牧草を受け取るトラック、両者絶妙なコンビネーションで刈った牧草をあれよという間に収穫しています。牛さんの食べ物の牧草、これが牛乳の元となります。

100831_006  エゾリスの食べ物です。ギーギーと音がするので頭の上を見てみると、クルミの樹の上でエゾリスがクルミを食べていました。クルミの堅い殻の周りの柔らかい果肉をアッいう間に剥ぎ取り、殻を剥いていました。地面を移動するときは前足、後足の四足歩行ですが、物を食べるときは上手い具合に前足・・・・というよりも手を使って食べています。殻を割ると中身を食べて、食べ終わると殻をポイ、もう半分の殻をしっかりと手に持って中の実を再び食べていました。

100901_008  サンマ、私の食べ物です。サンマ漁のスタートは不漁という少し暗いスタートでしたが、新聞やニュースを見るとだんだんと獲れだしているようです。そうです、少し遅れましたが道東の夏から秋に掛けて美味しいものがたくさんあるものの、やっぱりサンマが秋を呼んでくれる思います。昨夜はサンマの塩焼きでした。なぜ顔だけかというと、ジュージューと焼けるサンマを、ビール片手に待ってましたと勢い良く食べた2匹、アッという間に残るは顔を尻尾だけ(子供の頃からそうでした)となってしまいました。ブログの話題になるサンマ、今夜こそは写真をと思い顔だけの登場となりました。

 といっているうちに、牛の食べ物・牧草の積み込みは終わったようです。お疲れ様でした。この時期に取れる二番草というそうです。
 ↑↑リアルタイムなブログ、ツイッターのようです。R[アール]のツイッター、ブログと絡んだり関係なかったり、時々ツイートしています。http://twitter.com/kushiro_r

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »