« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

今日の朝陽

101030_006  一日前の今日、昨日の朝陽です。早起きをしたとき、東の窓から見える空がとても綺麗なグラデーションになることがあります。写真に撮ってみたいと思うのですが、たまたま起きたときに見えるだけで、もっと早起きして待ち構えなければ取れそうにありません。よし、早起きできた!!と待っていると良い空の色にならなかったり、昨日もそうだったのですが、朝陽はとても綺麗な色でした。家の前に広がる牧草地、その向こうの釧路湿原、寒いのですがとても気持ちよい風を感じることが出来ました。早起きは朝を長く過ごすことができて気持ちよく朝を、一日を過ごせました。三文以上にお得です。

 ここ数日アカゲラが家の壁(木製)をつついています。窓を開けて、コラ!というと、ワーイとピンポンダッシュをした子供のように逃げてゆきます。この時期は冬を前にアカゲラたちは、木の中の虫をより好んで食べるようです。でも、我が家の壁には虫はいない・・・・はず。つついているところを調べてみます。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

 

|

2010年10月29日 (金)

今日の地面

101028_001  北海道の平地でも雪!札幌でもずいぶん積もったようですが、まだ私の暮らしている鶴居村下幌呂では降りも積もりもしていません。と言いつつも直線距離にして30数キロの雌阿寒岳は、この数日のうちに真っ白となりました。わが家に初雪が降るのもあと少しです。
 朝、外に出てみると霜が降りています。落ち葉や木の実、翼果と呼ばれる羽を持った種、霜、晩秋の地面です。
 翼果とは翼を持った種、翼に風を受けて種を遠くに飛ばします。ここ数日の強い風にあおられて、離れた場所から飛んできたようです。

 今日散歩の途中、今シーズン初めてのオオワシを見かけました。そんなときに限ってカメラを持っていない。次回は必ず持ってゆこう・・・、でも明日も同じ場所にいるかな。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年10月26日 (火)

今日のトマト

Tomato_001  しばらくブログを書いていませんでした。あれも書きたい、これも書こうと思いながら、なんだかんだで書きそびれていました。いたって元気にやっています。

 タブン今年最後のトマトの収穫です。気温もずいぶんと下がるようになりましたが、ビニール・ハウスの中では何とか収穫が出来ました。大きさはいびつで、中にははちきれたものもありますがおいしいトマトです。夏の間にずいぶんとそのまま(生のまま)食べたので、今回はトマト・ソースを作ってみました。ネットで「美味しい作り方!」のレシピを見つけて、皮が付いたままミキサーにかけ、漉して、煮詰めて、出来上がり!!日本のトマトは皮や種の部分が美味しいそうな。早速パスタに和えて、ボーノ!トレビアン!でした。トマト・ソースのパスタの写真は・・・・・、いつものように美味しいもの誘惑に負けて撮り忘れましたとさ。
 そして今は、カボチャにダイコン、まだまだ野菜が美味しい季節です。

 ブログを書いていない間に、最低気温が氷点下になった日、鹿の恋の季節の鳴き声のラッティング・コール、ハクチョウやヒシクイの渡り、タンチョウの縄張り争い、秋がどんどんと深まってゆきます。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年10月12日 (火)

今日の紅葉

101011_007_2  夜が明けるたびに、山の色が変ってゆきます。ミズナラの葉がオレンジ色にとなってゆきます。
 紅葉や黄葉、気温や湿度によって色が変るようですが、その日の変化だけでなく、その年の夏の間の気温にもよるそうです。とても暑かった今年の夏、葉の色にはどんな影響があるでしょうか。
 「今年の色は良い」「悪い」と毎年聞こえてくる声ですが、色の感じ方は人それぞれ、見る場所や時間によっても色の変化はそれぞれです。美しい風景を自分で見つけに行きたいと思います。

201010101433000  釧路市動物園です。本来なら夫婦であるはずの、「クルミ♀」と「ツヨシ♀」です。以前のブログでも書き全国的に新聞などで報道されましたように、オスと思われていた「ツヨシ」、婿入りしたつもりがメスだったホッキョクグマです。お嫁さんになるはずだったクルミは、札幌・円山動物園から出張(繁殖のため)してきたデナリ(当然♂)とめでたく結ばれたそうな。まだ妊娠したかは不明ですが、上手く行けばクルミとデナリの子供が産まれることとなります。楽しみです。
 ツヨシの今後はいかに!?目が離せません。
 希少種のホッキョクグマの繁殖のため動物園同士協力しあって保存に力を入れているそうです。道内ホッキョクグマ飼育4園共同声明

 先日別寒辺牛川を下り終わったときのこと。厚岸水鳥観察館でカヌーを片付けていると、道を尋ねられました。片手には映画「ハナミズキ」のパンフレットを持ってロケ地を探しいました。夕焼けの中の美しいシーンを思い出しながら、「おお、2人で夕焼けを見に行くんだねー」と心の中で冷やかしながら道案内しました。自分が観てよかったと思った映画を、見知らぬ2人が観て良かったと思ったこと、単純にうれしくなりました。
 その後の夕焼けとても綺麗でした。あの2人もあの場所で夕焼けを見たのだろうなー。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年10月 8日 (金)

今日の下幌呂

101008_001  久しぶりの定点観測です。今年は定期的にこの風景を掲載してようと思いながら、あんなこと、こんなことを書いていました。ご質問いただきましたのでお答えします。この風景はわが家の庭(借景をずいぶん含む)です。すっかり秋の風景です。ミズナラの葉もずいぶんと落ちて明るくなったようです。シラカバは緑から黄色へ、そして落ち葉に。畑の収穫もあと少しと思っていたら、ここにきてミニトマトが最後のひとふん張りと実っています。少し堅いですがトマトの味がしっかりしています。

 先日タンチョウ・コミニティのえさづくりプロジェクト(下幌呂小学校編)(そのときの様子:今日の小学校)に参加しましたが、一昨日は6年生を対象に釧路川の川下りをご案内させていただきました。ついつい身近にありすぎてゆっりと見ることが無い湿原や川の風景を見て、感じていただければと思いご案内しました。自分の暮らしているところが、世界的にも稀な自然を有していることころだと知ってもらえたかな?

 忘れていた(すっかり)ことを思い出しました。先にも紹介した、先日のブログの記事:今日の小学校にて出題した、「1本の茎にコーンは何本付くでしょうか?」、正解は茎一本に付き実が一つ、もう一つ出来ることもあるけどとても小さいです。数年前に実際にもいだときに気が付きました。もっと出来るような気がしていました。皆様はご存知でしたか?

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2010年10月 3日 (日)

今日のヒシクイ

101002_003  夕方「グヮグヮグヮ」と空から聞こえてきました。西の湿原から、釧路湿原の東側にある達古武湖へ飛んできたヒシクイ御一行様、約30羽でした。声が聞こえてからカメラを準備して、もう少し近くに寄ってからと思っていると意外に早く飛んでいて、全員の写真とはなりませんでした。北から南に暖かい場所を目指している途中、釧路湿原で羽をしばらく休め、そしてまた南へ向かいます。ヒシクイだけでなく、塘路湖やアレキナイ川で育ったカモたちも南へ向かった様子です。季節と共に鳥たちも動きます。

 先日下幌呂小学校の児童達とタンチョウのえさのデント・コーンの収穫について書きましたが、次に日の北海道新聞の朝刊にその記事が出ていました。そしてその日の夕刊には、幌呂小学校の児童たちがお米の収穫をした記事が掲載されていました。鶴居村ならではの自然の体験です。人や場所も含めたすばらしい環境にいると実感しています。

 道東を舞台にした映画「ハナミズキ」、大ヒット上映中!の言葉に誘われて観に行きました。美しい映画でした。自分の暮らしている道東で撮影されたから、そのように思うだけでなく綺麗な映画でした。道東だけでなく、ニューヨークやカナダ、ストーリーは・・・・純愛物語でした。とても良いお話です、お勧めします。純愛ものの映画を映画館で観たのはずいぶん・・・・いや観た覚えが無いなー。
 映画を観ていてふと思ったこと。主人公が公衆電話から電話する場面、携帯電話が今ほど普及していなかった15,6年前だと普通にあった風景なのだろうなと思いながら観ていました。

  ↓↓↓ホームページもご覧下さい↓↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »