« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月27日 (水)

今日の湿原

110425_002 2日前の今日の釧路湿原です。昨週末は雨、春の大雨でした。雪はほとんど解けていますが、この雨で平地の日陰に少し残っていた雪も解けてしまったようです。釧路川は増水して今にもあふれ出しそうな水量です。でも、勾配の少ない釧路川はいつものようにゆったりと流れています。
 24日には今年初めてのウグイスの鳴き声「ホーホケキョ」を聞きました。昨日はオオジシギのディスプレイ飛行(オスがメスに「俺ってカッコいいだろう」と自己主張する飛び方)、「ズビヤクズビヤク、ザザザザー」と飛んでいます。前半のズビヤクズビヤクは鳴き声で、後半ザザザザーは羽の音。賑やかなオオジシギ、冬の間はオーストラリア(南半球のあちらは夏)で過ごしていました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年4月22日 (金)

今日の白いエゾシカ

110419_002  「もう白いエゾシカ見たかい?」大変お世話になっている村のカーサンから、「見てなかったら、ホラ」と白いエゾシカの写真をいただきました。テレビでは何度か見ましたが、肉眼ではまだ見ていない白いエゾシカ、写真にはいろいろな姿が写されていました。何とか見てみたいですが、相手が野生動物のこと、うまい具合に出会うことはまだありません。吉兆の証、実際に見てみたいものです。
 以前訪れた滋賀県の立木観音、ここには弘法大師が白鹿に跨った像がありました(写真が見つからず、残念)。このお寺の起源に、霊木を見つけた弘法大師が白鹿に乗って急な川を渡り霊木のところまで行き・・・詳しくはこちらをクリックしてください。きっと昔から、珍しい白い鹿には何かの力があると考えられていたのでしょう。なおさら、見てみたいです。

 ただ今、鶴居村は村議会選挙活動の真っ最中です。前回、前々回と無投票の選挙だったために選挙運動は12年ぶりだそうです。そのためかとても力が入っているそうです。
 会議や集会に参加したときにお会いしたとても真面目な顔、きっと笑わないだろうと思ってみていた現職の議員さん、選挙カーで手を振っているときは満面の笑顔、とてもいい笑顔でした。やっぱり笑顔っていいですね。
 投票日は24日、村議という一番近いところで活躍していただく議員さんを決める選挙、しっかりと考えて投票したいと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年4月20日 (水)

今日の記念日

110420_002  1997年にR[アール]を立ち上げて14回目の誕生日を迎えました。今までやってこれたのも、R[アール]に来ていただいた皆様、アドバイスやサポートしていただいている皆様のおかげです。ありがとうございます、いつも感謝しています。

15年目のシーズンも、そしてこれからずっと、自然の素晴らしさや楽しさ、時には厳しさも含め、でものんびりとしていただける、ご案内を続けてゆきます

 今シーズンはどんな人と出会えるでしょうか、どんなことが起こるのか、とても楽しみです。

 これからも、よろしくお願いいたします。

R[アール] 代表 氏原英和

 今年は14年というちょっと中途半端な年でしたが、来年は15周年です。何かイベントをやってみようかと思っています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年4月16日 (土)

今日のパスタ

Pasta  ブログのタイトルが、オフィス街のランチが人気のイタリアンのレストランのようです。今日のパスタはフキノトウとベーコンです。先日のブログで書いたように、フキノトウを退治をするため摘み取りました。たくさん摘み取ったフキノトウについた、枯葉やゴミ、土を落として、さっと水洗い。ザクザクと切ってベーコンと炒めて、スパゲッティと絡めて出来上がりです。一口食べると口の中に春がひろがります。ちょっとした苦さが、春の目覚めを感じさせてくれます。
 もちろん採ってきたフキノトウは、コロモ少な目の天ぷらにしたり、甘辛味噌のフキ味噌などなど、思う存分に春を楽しみながら退治しました。
 でも次の日同じ場所を通ると新たなフキノトウがさらに出現!!フキの繁殖力に驚きつつ、更なる退治へと闘志が湧きました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年4月13日 (水)

今日のエゾアカガエルの卵

Ranran  先日のブログ「今日のエゾアカガエル」では写真はありませんでしたが、今日はそのカエルが産んだ卵です。グヮーグヮーと鳴いている声を頼りに湿原に入ってゆくと、小さな沼がありました。私の姿に驚いたのか、ピョンピョンと数匹のカエルが逃げましたが、その沼にはたくさんのカエルの卵がありました。生まれたすぐはもっと小さかったのでしょうが、水分を含んでずいぶんと大きくなったようです。それにしても、何匹のカエルがこの卵の塊を産んだのでしょうか。数日後にはオタマジャクシがたくさんこの沼を泳いでいることでしょう。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年4月 8日 (金)

今日のフキノトウ

110408_003  昨日の天気予報では、今日(8日)は一日中雨の予報でしたが、朝パラリとした程度で、今は晴れ!どうだ青空だぞ!と言いたくなるほどの晴れとなりました。
 ポカポカの春の陽気に誘われて、少し遅れていましたがフキノトウがいたるところからポコポコと顔を出しています。春の訪れを知らせてくれるフキノトウですが、あまりの多さに困った雑草と言う方も多いようです。確かに庭に次々に伸びてゆくフキを見ているとそんな気持ちにもなってしまいます。そんな訳でただ切ってしまうのもかわいそうなので、近いうちに食べて退治してやろうと思っています。フキノトウの天ぷら、フキ味噌・・・・・、晩酌が楽しみです。(結局そこかー)

 全国的にも報道されている、白いエゾシカ。見つけられたのは、私の暮らしている鶴居村、といってもずいぶん離れたところのようです。知り合いたちも偶然出会ったり、連絡を受けて見に行ったりしているようですが、まだ私は見ていません。吉兆の証と信じて、ぜひ見てみたいと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年4月 5日 (火)

今日のエゾアカガエル

Tan  写真は先日家の前を飛んでいったタンチョウ一家。本題のエゾアカガエルの写真を今日は取れなかったので、タンチョウさんの写真となりました。
 今日エゾアカガエルが鳴きだしました。春を喜んでいるようです。
 そこで思い出しました。先月の11日、湿原の周りを歩いているときにもエゾアカガエルが少しですが鳴いていました。プラスの気温が続きいつもより早く出てきている・・・・にしては早いぞと思っていました。そう3月11日午後2時ごろのことです。その後震災やそれによる災害に気を取られて、全く忘れてしまっていましたが、今日エゾアカガエルの声を聞き思い出しました。エゾアカガエルは何かを感じていたのかも知れません。
 同じく3月11日の丁度釧路が揺れた頃、私は車に乗っていて地震には気付かなかったのですが、昼間には見慣れないエゾシカ30頭ほどの群れが、自動車道路を渡ろうか、渡るまいかと右往左往していました。そのときも、昼間なのに珍しいなー、くらいしか思わなかったのですが、何かを感じていたのかも知れないです。
 動物の予知能力というものは、きっとあると思う出来事でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年4月 4日 (月)

今日のつぼみ

110404_005  4月1日の写真は嘘でしたが、今日は近所の現在の姿です。まだまだしっかりとしたつぼみです。今現在の桜前線はどの辺りでしょうか?
 鶴居村でも海に近いこの辺りでは、雪解けも早く周辺には雪は全く見当たりません。もともと今年は雪が少なかったのですが、雪が少ないために地面が凍ってしまっているので、福寿草やフキノトウが顔を出すのが遅くなっているようです。でも、日当たりの良いとことではボチボチと顔を出しています。ゆっくりですが、確実に春はやってきています。
 皆さんの周りの春はいかがですか。

 岡本太郎の生涯のドラマを(途中抜けましたが)観ました。芸術・美術には詳しくはありませんが、今度大阪に行った時には、ぜひ太陽の塔を実際に見てみたいと思いました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年4月 1日 (金)

今日の桜

Ap ここしばらくの間暖かい日が続きました(3月の鶴居の気象データ)。そのせいで私の暮らしている地域では、桜が咲き出しました。 例年であればこの季節はまだつぼみが固いのですが、一気に春がやってきたようです。近くにある桜はみな六分から七分咲きとなり、ご近所の方といきなりの桜に驚きながら、今年の色はずいぶんといい色だと話ながら見上げていました。

 という、4月1日のお話でした。
 道東の平均桜開花は5月20日ごろ、先ほど桜のつぼみを見てきましたが、まだまだ硬く咲きそうにはありません。でも、必ず咲きます。道東の春は雪が解け始め「春かな」と思ってから、桜が咲くまでずいぶんと時間が掛かりますが、必ず桜が咲き、どんどんと暖かくなり夏がやってきます。
 昨年の暖かかった日の桜の写真でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »