« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月26日 (日)

今日のカキツバタ

Kakitsubata 花が次々に咲く6月後半の北海道です。写真を撮ってはみるものの、ブログが追っついていないことを反省。
 湿原にはカキツバタが咲いています。ところによっては群落を作っているところもあるので、湿原周辺を通るときは注意して探してみてください。そして、車から降りてゆっくり眺めて深呼吸。晴れた空の下、のんびりした気分になります(なりました)。
 カキツバタは湿ったところに多いですが、乾いたところではアヤメも咲いています。こちらも今見ごろです。カキツバタもアヤメもとても近い仲間ですが、比べてみると育っているところ以外にも違いが・・・・。アヤメ、カキツバタの違い←ご参考にしてください。当然ですが開花時期は本州とは異なります。

 先日小学生が参加しているイベントをお手伝いしました。作業をしている小学生に「ニッコリ笑って」「こっち見て」といろいろ注文を出している新聞社のカメラマン。大きなカメラで、知らない人から、顔の前40cmのところにカメラを構えられれば、アイドルスターでなければなかなか笑うことなど出来ません。カメラを向けられなければ、楽しく笑って作業しているのに、そんな自然な表情を撮れず、注文をつけ続けるカメラマン。「ニッコリ笑って作業してます」という写真が欲しいのは分かるけれど、小さな子供に注文するのはいかがなものかと感じた一コマでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年6月23日 (木)

今日のキアゲハ

Kiageha 昨日は夏至、日中が一年で一番長い日、とても暑い日となりました。北海道の最高気温は帯広にて30.8℃、ここ鶴居村では25.3℃、もちろん今年最高気温です。いよいよ夏本番、我が家の前の牧草地も一番草の刈り取りが行われました。
 フラフラと蝶々、キアゲハが飛んでいました。暑さにまいってしまっているように思うのは、自分が厚さにデレーっとなってしまっているからでしょうか。風揺られてフラフラ、こっちにフラフラと飛んでいました。ゆっくりやってきた夏です。ここ数日は20℃越えの毎日、道東もすっかり夏です。

 映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映会が6月26日(日)に行われます。当日は参加できないので、昨日試写会に参加させていただきました。原発や電力問題が中心になっていますが、「幸せを感じる」ことを考えさせられました。「便利」ということで失ったものが自分にもあったのではないかと振り返させられました。ぜひご覧になってください。

 ミツバチの羽音と地球の回転
   公式サイト    釧路上映会詳細

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年6月16日 (木)

今日のミツガシワ

Mitsu_2 鶴居村にある温根内木道で、今最も目立って咲いている花、ミツガシワです。3枚の葉を持ち、茎には30ほどの少し赤みかかった白い花を咲かせます。立体感がありとても美しい花です。この3枚の葉が、柏の葉に似ていることからミツガシワと名付けられたそうです。
 東の端では今咲いている花ですが、本州では4月から5月に咲く花、きっと端午の節句に飾られる柏餅の葉にもちなんだ、おめでたいことから「3枚の柏の葉」ということでしょう。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年6月11日 (土)

今日のオオサクラソウ

110607_013 花が次々に咲く、6月です。
 釧路の隣町の足寄町にあるオンネトー、隣町と言っても釧路の街中からは約100kmのところにあります(車で2時間弱)。新緑に包まれ湖のブルーと相まって美しいですが、さらに今は湖畔にオオサクラソウが咲き、緑、ブルー、紫がかったピンク、鮮やかで美しいです。
 時間や気象状況によっては、湖面にもやがかかり神秘的な風景を見せてくれることもあります。阿寒湖から少し足を延ばした所、好きな風景の一つです。
 今月末には、湖を囲む原生林でシャクナゲが咲き出します。コレも楽しみの一つです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年6月 5日 (日)

今日のオオバナノエンレイソウ

110605_003 今朝、陽が昇るまでは霧だったものの、朝食を食べた辺りから晴れ、一時曇り空となりましたが、一日中おおむね晴れ、夕方になっても暖かい(暑くはないです)、そんな一日、陽のもとで過ごしました。
 写真は近所の明るい林、夏になるとうっそうとしますが、今は明るい林の中、オオバナノエンレイソウです。陽に当たり、自身の葉や下草の緑の中で、大きな白い花を咲かせています。
 ただ今「東の端」では、ヤエザクラが終わりつつあるところ・・・・・、と思っていたらまだヤマザクラがしっかり咲いていたりします。ここしばらく気温が上がらなかったせいか、花が長持ちしているようです。道東の明るい林では、オオバナノエンレイソウが満開となっています。近くの方はぜひ林の中を覗いてください。遠い方もぜひ見にいらしてください。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年6月 4日 (土)

今日の稲作

110603_001 バケツで稲作をしてみよう、というイベントがあり参加しました。当日は田んぼ(バケツの中)の作り方の説明を受け、苗を頂き、家に戻って、いざ田んぼ作り。畑の土をバケツに入れて、肥料を少しパラパラ、土の上部をかき混ぜて、水をそっと入れて、水を少しかき出し、田植えです。田植えの後はまた水を少し足して写真の状態となります。はたして秋には実りがあるか!いや、秋まで育てれるか!田んぼ(バケツの中)が腐ってしまったり、保温に失敗してしまわぬよう、育てたいと思います。
 お米が出来るまで八十八の工程があるといいますが、その一端でも知ることが出来ればと思います。
 秋の収穫が楽しみです。苗3株だけど・・・・・。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年6月 1日 (水)

今日の子ギツネ

110601_010  キツネのお話、二題です。

 車の通りが少ない裏道を車で走っていると、道の真ん中にゴミなのか、木片なのか、薄茶色の小さな物体が落ちていました。よく見てみると子ぎつねです。油断をしていたら気が付かないくらいの大きさです。行儀が良いのかきちんと伏せのポーズをとっています。でも、行儀が良いと褒めてしまうと、子ギツネは「これでいいのだ」と思って危険です。車から降りて、危ないぞーと声を掛けると、ひなたぼっこのじゃまするなーてな顔をしています。そんな子ギツネを追ったてて道路から避けさせました。そんな顔されても・・・・危ないからね。
 片手で掴めそうな、頭からお尻まで20cmほどの小さなキツネでした。車に気をつけろよ!人からエサもらうんじゃないぞ!と声を掛けておきました。

 ここしばらくの間、夕方になると家の前の牧草地に3,4頭のキツネが現れます。子ギツネではなさそうな大きさ、なのに集団で暮らしているのもなぜか?昨年の親から離れた(離された)兄弟が肩を寄せ合って暮らしているのか?不思議なところです。このキツネたち伸びた牧草の中を歩き回り、エサとなる昆虫を探しているのか?鳥の巣がないか探してるのか、毎日ウロウロと探し物をしているようです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »