« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月22日 (火)

今日のシシャモ

111121_002

 今年もまたやってきました、シシャモ干しの季節です。今年は魚の数が少ないので、休業をしながら獲っているそうです。魚屋で買おうとしたら、ちょっと高めのようでした。でも、魚体は大きいように思います。おいしく頂くために寒い中ですが干しました。
 干し方は簡単、
1. 3~4%の食塩水に30分から40分漬ける。
2. エラから口に割り箸程度の木を通して干す。私は干し網を使ってます。
   干すときは、気温と湿度が高くなく、風が吹いているときが良いそうです。
3. しっかり干す、半生に干すなど干し加減はお好みで。
 基本は上記のようですが、塩加減などはお好みで大丈夫!以上シシャモ干し講習でした。
 塩水に漬けすぎてしょっぱかったり、干し過ぎて硬かったり、いろいろありますが、それも一興(と思いましょう)。おいしいシシャモ、ぜひお楽しみください。と言っても生のシシャモがあるのは、この時期の北海道の太平洋側だけです。ぜひ、買いにいらしてください!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年11月20日 (日)

今日の鍋

111119_002

 昨夜、鍋を囲みました。寒くなってきたこの季節、鍋の温かさがたまりません。料理人は自宅で作っている野菜を作っている友人、その野菜を使っての鍋です。大量のゴボウのささがき、大根はイチョウに、ネギは大ぶりに、シイタケたくさん、お肉どっさり、味噌あじの鍋を大人数でいただきました。あったまったー!旨かったー!ビールもすすんだー!全体的に!マークな呑み会でした。
 鍋のメインの肉は↓↓↓↓

111119_004

 熊です。数日前に獲られてので、実物は見れませんでしたが(写真は頂きもの)300kgクラスの大きなオスだったそうです。ベテランハンターにより獲られて、解体されたので、肉はちゃんと処理されているのでとてもおいしい肉でした。以前、缶詰や燻製にされたものを食べたことがありますが、まったく違った味でした。
 この熊、とても大きく立派だったので、毛皮はなめされ敷き皮にされるそうです。出来たときには、ぜひ見てみたいです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年11月17日 (木)

今日のフキノトウ

Fuki

 昨日の季節外れのタンポポが好評だったので、に引き続き季節はずれ物です。最低気温が-4.8℃だった日に見つけたフキノトウです。最高気温も+10℃以下の日でしたが、日当たりが良いのか、なにやら間違ってしまったのか顔を出していました。周りにも顔を出しているフキノトウが4つほど、「そろそろかな?」「早くね?」とか話していたのでしょうか。その後の寒さにびっくりしていることでしょう。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年11月16日 (水)

今日のタンポポ

111115_001

 昨日の最低気温は-7.1℃、今シーズンで一番寒い日でした。氷点下の二桁も目前です。今朝の最低は-6.8℃と昨日とほぼ変わりませんが、朝一番に屋外に出ても昨日ほど寒さを感じないのが不思議です。もちろん、風や湿度の影響も有るのでしょうが、低い気温に慣れてきているように思います。
 そんな屋外で見つけた写真はタンポポ、寒いのになぜだか咲き始めています。寒さにやられてしまうか、咲き通して綿毛を飛ばすか、季節はずれのタンポポです。

 昨日(15日)は鶴居村でも初雪(R[アール]調べ)が降りました。積もりはしませんでしたが、ほんのひと時大粒の雪が降りました。季節は冬にまっしぐらです。
 そして、今日も先ほどから雪が降り出した鶴居村です。
 

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年11月13日 (日)

今日のタンチョウ

Tsuru  家の前の牧草地にやって来た、両親と1人の子供、タンチョウの3人家族です。鶴居村にある給餌場では、給餌活動が始まりましたが、まだコーン畑にいる奴や写真のように牧草地をうろついています。この牧草地には日によって様々な家族が来ているようで、4人家族や2人のだけのカップルが来ています。また家の裏にある牧草地にもやってきて、時には「俺たちが先にきたー!!」「お前らあっち行けー!!」と縄張り争いをしているようです。このタンチョウたちもしばらくすると、給餌場近くへ行くのかな。晩秋から初冬に掛けて定置が決まるまでの鶴居村のタンチョウたちです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年11月11日 (金)

今日の霜

111111_005

 昨日の朝はー5.1℃、今朝はー3.7℃と最低気温が軒並み氷点下、冬がやる気を出してきています。しかし今日の最高気温14.4℃、朝は冷え込みますが、日中は暖かく過ごしています。朝、家の前では霜が降りていました。朝陽が当たると解けてしまいますが、それまでの僅かの間、植物に降りた霜がビロードのように美しく見えます。

 日中釧路の街中でのこと。新釧路川に掛かる鶴見橋を渡ろうとすると、上空にオジロワシが飛んでいました。そのオジロワシを追いかける3羽のカモメ達、川の魚を食べにきたオジロワシに怒っているようです。オジロワシはこの地域に営巣している奴なのか、渡ってきた奴なのかわかりませんが、エサの争い、縄張り争い、自然で生きるのも大変です。きっと数日前に見たオオワシも時にはカモメやカラス、他の鳥とやりあっているのでしょう。みんな、がんばれ!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年11月10日 (木)

今日のカラマツ

Karamatsu

 達古武湖です。対岸の山はほとんどがミズナラですが、一部分がカラマツのため、ミズナラをバックにカラマツの黄葉が目立ちます。ほとんどの樹木の葉は落ちましたが、カラマツの黄葉は今見ごろです。
 このカラマツは日本固有種でありながら「唐松」と書き、唐の国の松のようです。語源は諸説あるようですが、唐絵(唐の国から来た絵)の松ににているから名前が付いたとも言われています。日本固有種なのだから「日本松」でも良かったのではないかとも思ってしまいます。また、日本固有種の中で唯一落葉針葉樹だそうです。なお、中部地方から来たの本州では自生していますが、本来北海道にはなかったカラマツ。この季節は黄葉を楽しませてくれますが、この風景は古来からのものではないようです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年11月 9日 (水)

今日の摩周岳

111109_047

 摩周岳、標高857mに登りました。春から夏、秋までは川を下ってばかりなので、久しぶりに登りました。摩周湖第一展望台より登ったのですが、このコースのおもしろいところは、スタート地点からも、頂上からも歩くコースがほぼ見ることが出来ます。登ってから、戻ってから地図を見ながら、、あそこがきつかった、あそこが風景が良かったやってました。
 頂上からは見通しもよく、太平洋、オホーツク海、根室海峡と3つの海が見ることが出来たので、地図の上に立ったような・・・地球の上に立っているぞ!そんな気分でした。
 頂上直下の300mはいきなりの「登山」でしたが、それ以外は気持ちよく歩けるコースです。また、草刈や標識の整備もしっかりされていました。そうそう、仲間のガイドがシーズン前に・・・ご覧ください。その1 その2

111109_008 頂上の付近の日陰には、ほんのちょっと雪が積もっていました。頂上にいるときには少しだけ雪もチラチラ。お気楽山登りも、今シーズンはもうおしまいのようです。そう言っているうちに平地でも雪が降りそうです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2011年11月 8日 (火)

今日のオオワシ

111107_002

 昨日今年初めてのオオワシを見ました。ちゃんと毎年の初認日をつけていると変化がわかるのですが、やっていないことをちょっと反省。例年よりもずいぶんと早く見たように思います。
 シベリヤからやってきたのでしょうか、長旅お疲れ様です。たくさんのエサが見つかり、ゆっくりと越冬できることを祈っています。そして、春には北へ戻ってゆくことでしょう。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]
 

|

2011年11月 4日 (金)

今日の鹿肉

Shika

 少し前の呑み会に鹿撃ちをされている方が持ってきた鹿肉、ロースのおいしいところです。鹿肉というとよく「固いでしょう」「臭いでしょう」と聞かれますが、まったくそんなことはありません。ちゃんと処理をすればおいしい肉です。その反対に、牛肉であってもちゃんとした処理が出来なければ、固くて臭い肉にもなってしまいます。
 鹿を食べながら話すのは、鹿の問題。北海道だけでなく全国各地で鹿が増えて、農業や林業に影響を与えています。北海道では現在60万から65万頭の鹿がいるそうです。でも、適正と思われる数は12万頭ほどといわれています。果たしてどのような解決策があるのか、鹿を食べながら様々思うのでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »