« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

今日の空港

Airport

 釧路の玄関口、釧路空港です。このターミナルになったのは1996年(R[アール]が出来る前年)、それまでは、本当に小さな小さな、バスの発着所といった感じでした。2006年には名称が「釧路空港」から、「たんちょう釧路空港」と可愛くなり、昨年は空港が出来て50年の記念の年でした。
 ときおり尋ねられる、ビルの上の非対称のとんがり2つ。釧路湿原側から見た、雄阿寒岳(右)と雌阿寒岳(左)とイメージしているそうです。雄阿寒岳は1370m、雌阿寒岳 は1499m、非対称なのは高さが違うからだそうな。
 この釧路空港の滑走路南側約5分の1は、釧路市ではなく白糠町です。滑走路を市町境界線が走っています。と言っても実際に線が引かれているわけではないので、離着陸の際目を凝らして見ても見えません、悪しからず。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2012年1月29日 (日)

今日の氷

120128_004

 以前も何かで書きましたが、最低気温が氷点下20℃の日が続くと、最低気温が氷点下一桁になると暖かく感じます。今朝の最低気温-5℃位、暖かいです。

 写真は昨日の釧路川。釧路川を渡る二本松橋を渡ると下流凍りつき、上流はまさに氷が大きくなっているところでした。川には氷が流れていましたが、下流で氷が固まり、そこに流れてきた氷が着いて、それがどんどんと上流へ・・・・川面の氷が育ってゆきます。私が橋を渡ったときは、その氷がどんどんと上流に伸びているときでした。川上から流れてきた氷がシャリシャリと音を立てながら伸びていました。寒いけど、美しく不思議な風景です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2012年1月27日 (金)

今日の発表

120124_006

 数日前の今日のお話。春から参加させていただいている、タンチョウコミニティが企画しているタンチョウえさづくりプロジェクト、下幌呂えさづくり隊!!下幌呂小学校を舞台に、デントコーンほぐしを行いました。プロジェクトの内容、当日の様子はタンチョウコミニティのブログ(←クリックしてください)に詳しくあります。児童たちの楽しそうな顔、一生懸命な顔、ぜひご覧ください。
 また、児童たちが作業に積極的に参加するだけでなく、作業終了後に、「感想があるひと!」との問いかけにたくさんの手が挙がり、自分の感想や反省をしっかりと発表したことに大変感心しました。
 私が小学生の頃はどうだったのだろうかな、意見は言っても反省までその場で言えただろうか、そんなことを思いながら皆の話を聞きました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2012年1月26日 (木)

今日のヨクナイコ

120126_0331

 先日のブログに書きましたが、川が凍っていても氷の上には乗らないように!なのに氷の上をのんき歩いている連中を発見!あぶないぞ~!
 鹿にとっては、川が凍ったことによって移動範囲が広がってうれしいことでしょう。もちろん川を泳いで渡ることもできますが、歩いて渡れることにことしたことはありません。川にせり出したヤナギの木の芽を食べている奴もいます。
 この少し上流も数日前は凍っていましたが、その後比較的暖かい日があったので、今日は流れていました。何かの拍子にこの氷も動き出すかも、気をつけるんだよー。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2012年1月25日 (水)

今日の混雑

Tsuru

 写真の中にいったい何羽のタンチョウがいるのでしょうか。
 家族単位で行動することが多いタンチョウですが、時には前の奴の後ろは空気抵抗が少ないから「楽なんだー」とまとまって飛ぶことがあります。これは朝ねぐらである音羽橋から飛び立った、20数羽の内の一部です。よくもこれだけ混み合った状態で飛べるものだと感心しましたが、時には空中でぶつかり墜落したり怪我するものもいるようです。車間距離ならぬ鳥間距離、お互いの距離感を大切してくださいね!

 写真を確認したところ13羽が写っていました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2012年1月23日 (月)

今日の森

120123_014

 大雪警報が出ていましたが、風も雪も静かになった朝。仲間たちと山にスキーに出掛けました。夏には行ったことがあるものの、冬は初めての場所、広葉樹(もちろん今は葉はありません)がたくさんの夏は下草で歩けないところを歩いて登ります。スキーを履いてひたすら登ります。登りながら、大きな木を見つけては感心しながら、冬ならでは風景を楽しんだ登りでした。そして帰りは登った分をスキーでスィーッと・・・・・行けば良いですが、雪まみれになって楽しみました。昨日からの雪が樹の枝に着き、全ての樹がオブジェのよううになっていました。次回はゆっくりと写真を撮れればいいなぁ。
 よく見てみると、樹の間に雪の妖精がいます。

 寒さが続いていた(今も寒いですが)鶴居村、昨日約2週間ぶりプラスの気温が一瞬ありました。今日は1℃未満ではありますが、日中はプラスの気温、おかげで解けた雪の雪かき、重いです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2012年1月22日 (日)

今日の釧路川

120121_064

 釧路川がカッキーンと凍っています。諸説あるようですが、平均気温がマイナス12℃以下の日が5日続くと凍る、と聞いたことがあります。(眉に唾をつけてお聞きくださいね)
 川が流れるのは地球の引力に導かれ、高いところから低いところへ流れてゆくからです。あの大量の水が流れるのはとても大きなエネルギーですが、表面だけとはいえそのエネルギーを止めてしまう、気候にも驚かされます。氷の上から見ると30cmほどの厚さで凍っていました。でも、どんなに厚い氷が張っていても、決して川の氷に上には乗らないように!!氷の下は先も書いたように流れています。ご注意ください。

 同じ場所、10月初旬の風景です。
10月3日のブログ←←クリックして、ご覧ください。

 ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2012年1月20日 (金)

今日のアザラシ

120119_037

 1月11日より、釧路川河口近くの幣舞(ぬさまい)橋周辺に現れている、アザラシ。誰が名付けたか、幣舞の「ぬーちゃん」・・・・・(それでいいのか?)岸から離れること10数メートル、氷が流れる釧路川に浮かんだイカダの上から、見物人達(私を含む)を見ながらゴロゴロしています。時おり岸を走る車の音、近くで鳴くカモメの声に反応しているようですが、見た目はのんきにゴロゴロです。私が見に行ったときは20数人の見物人でしたが、そのうち2年前のラッコのクーちゃんのときのように、大騒ぎになるのでしょうか。クーちゃんのときに思ったのですが、むやみに近づく、気を引こうとして大声を掛ける(クーちゃーん!クーちゃーん!)目前でストロボを焚いて写真を撮るなどなど、きっと彼にとって迷惑な行為が多々見られましたが、今回はそんなことがないように願います。
 それに、川に落ちた方もいましたねー。言うまでも無く、寒いです、冷たいです。お気をつけください。
120119_046  アザラシを見ている岸壁の人々を見る、カモメ。流れる氷の上に立っています。

 横浜の友人、俳優・加山到が舞台に立ちます。1月25日(水)から30日(月)の間、九回の公演。東京都目黒区のウッディシアター中目黒にて。詳細は劇団のサイト(http://www.theatrical-cantabile.com/new.html)をご覧ください。
 恒例の加山到応援企画!!このお芝居「坂の下商店街 再開発計画」をご覧になった方、R[アール]のプログラムにご参加の際「カヤマイタルノ芝居を見た」とお知らせください。小さなプレゼントさせていただきます。
 東の端から、加山到を応援しています!!

 到のブログにて、稽古の風景、裏話などなど見ることが出来ます。加山到のハマッ子雑貨飯店 (カテゴリ:仕事&仲間) ←←ご覧ください。
 

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2012年1月18日 (水)

今日のマツボックリ

Matsu

 目線を上げて20数メートルの樹の上の方には、松ぼっくりがたくさんです。たくさんの松ぼっくりひとつひとつには、これまたたくさんのかさがありそのひとつひとつの間に種が入っています。大きな樹になると一本の樹で10万個ほどの 種が出来るそうです。そんな樹がたくさん、そして毎年毎年。発芽して、育って、何年も掛かって大きな樹に育つのは何百万分の一のこと、そんな奇跡的な成長した樹齢200年以上の大きな樹、尊く思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2012年1月15日 (日)

今日のヤチボウズ

120114_004  釧路湿原の中をスノートレッキングに出掛けました。お出迎えをしてくれたのは、ヤチボウズ(雪まみれ)です。この辺りは30cmから40cmのヤチボウズがたくさん居て、今は雪をかぶり写真のように小さな雪の小山のようになっています。中にはヤチボウズの頭の上から、ヤチハンノキやホザキシモツケ等の細い幹を出しているものもいます。写真奥のヤチハンノキも元はヤチボウズに落ちた種が育ったものかも知れません。夏は湿地、ヨシやホザキシモツケがいっぱいで歩くのは困難なところ、今の季節ならではの散策でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2012年1月14日 (土)

今日の足跡

Foot

 雪の上に足跡、先の樹に一直線に向かっていました。足跡は樹で消えていました。足跡の主はエゾリス、雪に埋もれつつ樹に向かって行き、樹に取り着いたのでしょう。普段は樹の上で暮らすエゾリスですが、秋に貯えたエサである木の実を探しに行ったのでしょうか。この雪では貯蔵したエサを掘り出すのも大変だったでしょう。雪が多いと野生動物も大変です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2012年1月13日 (金)

今日の眠気

120113_021

 確か以前出会ったのは、2年前のこと・・・・・、調べてみると2010年1月14日のブログ で書いていました。今年はさらにでかくなったようです。それもそのはず、冬が本気を出しています。最低気温は昨日本日共に-21℃台です。一日の平均気温はおとといより3日続けて-12℃を下回っています。寒いのは寒いですが、「よし、来た!!」という感じです。幸い風は強くなく晴天が続いているので、気持ち良くもあります。
 そんなわけで、外に出ていて体を動かして暖かいところに入ると、思いっきり眠くなります。寒いところでは熱量を作るために思いのほか体ががんばっているようです。夕方には眠ーくなる、寒い日です。

 鶴居村の気象データーです。

 ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2012年1月10日 (火)

今日の川

120109_007_2

 昨日9日は今年(2012年の9日間です)一番の寒さ、-16.2℃でした。-15℃を下回ると鼻の中がピリッと凍るような感じがする私の体内温度センサー、感度良好です。
 そんな9日の朝の釧路川です。川には氷が流れ岸にぶつかりシャリシャリと音を立てています。川の周りの樹木には水蒸気が凍り付き、霧氷を見せてくれました。寒い朝、太陽が昇り暖かくなるまでの短い時間に見せてくれる美しい風景です。

120109_010 

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2012年1月 8日 (日)

今日の春

120108_016

 散歩の途中ふと見上げると、枝先が輝いています。雪が付いたり、融けた雪が氷になっているのか?よくよく見てみるとヤナギのつぼみが膨らんでいました。膨らんだつぼみの細かい毛が光に反射して、ちょうど私がいるところからキラキラと見えたようです。ほんの数十秒後には、さほど輝やかなくなりました。まだまだ冬深まり春は先ですが、春を待ちわびるように膨らんだつぼみでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2012年1月 5日 (木)

今日の森

120105_009

 風が強く雪が降る中、森を歩きました。森に入るまでは顔が痛いほどの冷たさ、風の強さでしたが、森に入ると樹の上で風の音はするものの風はほとんど感じません。横殴りだった雪もチラチラを降りてくるだけです。たくさんの数、種類の樹が在る森の中にチラチラと降る雪、私の好きな風景です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2012年1月 4日 (水)

今日のキツネ

120104_0021

 車で走っていると、雪の積もった牧草地に丸くなっているキツネを見つけました。車から降りて写真を撮ろうとすると、すっくと立ち上がり私を見据えています。撮った写真を確認してからわかったことですが、どうも子供だったようです。秋に親と離れて、これからの生き方を模索しているのを邪魔したのかもしれません。120104_0041_2 しばらくすると、猛然とダッシュ!とにかく逃げようと思ったのでしょう。これも写真を見てわかったことですが、耳をこちらに向けて私の動きを感じながら、雪を蹴立てて走って雪ました。ほんの数秒のこと、人間慣れしていなしキツネに、「邪魔してごめん。元気で過ごせよー」と声を掛けました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

2012年1月 1日 (日)

今日の日の出

120101_011

 明けまして、おめでとうございます。

 皆様のご多幸をお祈り申しあげます。

 今年も多くの方と出会い、たくさんのことを見て聞いて経験して、感じ取りたい。そして伝えてゆきたいと思います。今年も楽しくやりましょう。

 今日の日の出、初日の出です。先日のブログで湿原の西側、鶴居村側の初日の出が良いよ、と書きましたが。鶴居村にある我が家、東側は牧草地そして湿原となっているので、家の前から初日の出が拝めます。地と空の境がオレンジ色になり、明るさを増したとき外に出て拝みました。
 少し日が昇る辺りに雲がありましたが、天気は晴天。2012年の始まりを飾る良い天気です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然とあそぼう!R[アール]

|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »