« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

今日の庭

121031_002
 今日も含めこの3日間、風は吹く、雨は降るはで神無月が終わりました。強い風で色づいた葉はどんどん飛ばされてゆきます。時には空高くまで、落ちれない落ち葉になって舞っています。秋から晩秋へ、冬も近づきました。

 今朝庭の落ち葉をパシャパシャと踏みしめる音が・・・・、そんなところを人が歩くこともないのになーと外を見てみると、エゾシカでした。庭先に足跡があったり、姿を見ることもありますが、ほとんどが夜のことです。昼間にそれも窓から手を伸ばせ届くところを歩くとは、大胆不敵か、鈍感なのか、我が家を信頼しているのか、眼中に無いのか、どのような心境だったのでしょうか。写真は私に気づき逃げてしまった後の風景、残念ながらエゾシカは写っていないです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]


|

2012年10月28日 (日)

今日のカケス

Kakesu
 鳥たちも冬支度なのか、毎日忙しそうに木をつつきエサを探しています。時には我が家の板塀をつつく奴もいます。お手柔らかに、そこにはエサとなる虫はいないです。
 たくさんの鳥たちが鳴いている中、「ピュルル、ピュルル」とかわいい声で鳴き合っていたので何が鳴いているのか見に行ってみると・・・・・カケスでした。モノマネが上手な鳥で今までも幾度かだまされましたが、2羽がモノマネしながら鳴き合っていたのは初めてです。芸達者なツガイなのかな。庭にはミズナラの木が多いので、ミズナラの種を食べによくやってきますが、そのお礼にモノマネ芸を聞かせてくれるのでしょうか。

 前回書いたエゾシカのラッティングコール、昨夜からとても激しく鳴いています。今も家のそばで「キョウーーウン、キョウーウン」(上手く表現が出来ないです)と鳴いています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2012年10月26日 (金)

今日の恋の季節

Shika_2
 「わっすれられないの、あの人が好きよ」と唄っているはずはありませんが、ただいまエゾシカの皆さんは「恋の季節」です。夜といわず、昼といわず、ラッティング・コールといわれる鳴き声でオスがテリトリーを誇示しています。この声を聞いて、「元気なダンシがいるー」「健康なダンシがいるー」と思うメスたち。時には「つまんねー奴が鳴いているゾー」とかも思っているのでしょう。またオスは「ここは俺のショバだぜ」「近くに寄るなー」「やるか、このヤロー」とか思ったりしているようです。メスもオスも皆忙しい季節です。
 写真のシカは、角が無いのでメスです。身体は大きく、茶色い夏毛を少し残しています。食事をしながらこちらを見た顔は少し口を歪めて、「なに見てんのよー」と言っているようです。お食事中、失礼しました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2012年10月24日 (水)

今日の紅葉

Kouoyou
 冷えるごとに紅葉が進みます。ここ数日で山の色がずいぶんと変化しきました。そして強い風、紅葉が進んだ木々の葉を、一気に落ち葉へと変えてゆきます。秋が深まります。
 それにしても、青空!すっきりと空が晴れています。これからの秋から冬、春にかけては、青空が続く道東です。

 前回のクイズの答えです。半分に切ったヤチボウズを実測したところ、4.1kg。ということでそれを倍にして8.2kgでした。だいたいの数値ですが、見かけよりかずっと軽いものでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2012年10月22日 (月)

今日のヤチボウズ

121021_003
 環境省などが主催するイベントに参加して、ヤチボウズに会ってきました。観察のため半分に切り中を見ます。スゲの根がしっかりと絡み合っていて、その間をきっと休んでいたであろうアリ君たちが、「わぁー、なんだなんだ、なんなんだ!」と走り回っています。絡み合った根が断熱の役割をしているのでしょう。アリ君たち驚かせてスマヌ。

 さてクイズです。このヤチボウズの体重はどれくらいでしょうか。ヤチボウズの頭の上に乗せているのは私の軍手、身長は50cmくらい、横幅は30cmほど、出身地と現住所は釧路湿原です。答えは次回のブログにて。(懸賞クイズではないですよー)

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2012年10月20日 (土)

今日のパノラマ

 先日層雲峡へ行ったときに撮った写真を、パノラマにしてみました。昔々は写真(印画紙)を切って、サイズがあわない、色があわないといいながらアルバムに貼りましたが、今はPC上であれば瞬時にパノラマ写真が出来ることに感心します。

20121017_p002_2 北海道の中で、自動車道が通っている最も標高が高い所、三国峠(1139m)です。様々な葉の色がきれいでした。

20121017_p003 大雪山系黒岳のロープウエイに乗って、7分間で5合目まで昇ります。正面(ほぼ南)に黒岳が見えます。

20121017_p004 振り返って北側の風景です。

 天気が良く、各所で風景を楽しめました。

 写真をクリックすると、大きな写真が見れます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]









|

2012年10月19日 (金)

今日の滝

20121018_020_2
 層雲峡へ行きました。前回訪れたのは高校生のとき、今からはもう・・・・ずいぶんと前のことです。銀河の滝(左)、流星の滝(右)共にそのとき以来ですが、初めて見たときと同じく素晴らしく雄大でした。この写真は滝が流れる山の向かい側にある、双瀑台から見たものです。双瀑台は銀河・流星の滝の駐車場から一気に登ること15分、高度さ約100m登ったところにある展望台です。滝の下からは、それぞれの滝しか見えませんが、展望台からは名前の通り銀河・流星、両方の滝を見ることが出来ます。そしてよく見てみると、流星の滝の流れ出しには大雪山の黒岳の頂上が見えています。登るのは大変ですが、層雲峡へ行かれたらぜひいらしてください、お勧めします。

 下の写真は山の間から見える黒岳の頂上。20121018_023

 今回のドライブでは各地の紅葉を見ました。高い場所では紅葉も終盤ですが、今年の紅葉はゆっくりとしているので、まだまだ楽しめそうです。

 そして我が鶴居村は今日の朝、今期初の氷点下を記録しました。秋がぐんぐん深まります。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]


 



 

|

2012年10月16日 (火)

今日の流し台

121016_002
 外で使う流し台を作りました。畑で作った野菜や採ってきた山菜を洗ったりするのに外にあれば便利だ、と言って数年、ようやく流し台が出来ました(もう冬目前というのに・・・反省)。来春からは思いっきり使う予定です。でも、まだハウスの中ではもう少し収穫が出来そうです。
 器用なほうでは無いけれど、自分で設計した割には上手く出来たと自画自賛の真っ最中です。でも、細かくは見ないでくださいね、よくよく見るとボロが出ています。

 ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2012年10月14日 (日)

今日の別寒辺牛川

Bekanbeushi_2
 数日前に別寒辺牛川へ行きました。釧路から車で約1時間、厚岸に流れるのんびり、ゆったりと下れる川です。
 川を下りながら見上げてみると、エゾノコリンゴの実がたくさん!!どれもすっかり熟していますとばかりにはちきれそうです。鳥たちも喜んで食べているようです。このエゾノコリンゴの実、今回は食べませんでしたが(手が届かなかったです)かじってみると、当たり前だけどちゃんとリンゴの味がします。酸味が強く、皮に苦味が有りますが、まさしくリンゴです。

Bekanbeushi_1
 秋の青空の下、のんびりと下った別寒辺牛川。数日前の写真なので、紅葉はもう少し進んだでしょうか。気持ちよい川下りでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]


|

2012年10月12日 (金)

今日のタンチョウ

Tanchou
 近所を散歩中、頭上(100mくらい?)を飛んでゆくタンチョウです。夏の間は釧路の湿原や、十勝や根室や網走などなどの湿原で暮らしていましたが、今は刈り取られたデントコーン畑で落穂をつついていることが、多くなりました。徐々に給餌場へ近づいてきています。タンチョウたちも暮らす場所を、変えてゆきます。
 タンチョウたちも近くへの移動であればもっと低いところを飛ぶのでしょうが、ずいぶんと高いところを飛んでいたのは、とおくからの移動だったのかな?コンパクトカメラのズームでは、これが限界!でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2012年10月 9日 (火)

今日の湿原

121009_010
 とある調査のため、湿原の中へ進入しました。若干の目印を頼りに、背丈以上の高さのヨシを掻き分け進みます。鹿が歩いたであろう獣道を横切り、鹿では無い動物も歩いたかなと想像して、キツネやヒグマ・・・・・「ホッホー、ホッホー」と大きな声を出しながら進みます。声を出しつつ腰にぶら下げた「熊除けスプレー」を今一度確認、普段人が通らないところは、たとえ車がよく通るところのそばであっても要注意です。そんなこんなでヨシを掻き分けて入った湿原の中の目的地、当然360度ヨシに囲まれています。ヨシの間から見上げた青空、空が高い秋の空でした。
 本日の鶴居村の最低気温2.2℃、最高気温19.9℃(どちらも18時現在)、寒暖の差が激しい、道東の秋です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2012年10月 7日 (日)

今日の青空

121007_005
 「パキッ!」高い空から聞こえてきそうな青空でした。平均気温よりも少々高めですが、秋らしい気温になりました。最低気温が10℃を下回ると、朝一に外に出たときシャッキっとします。気温が下がって、身体のいろいろなところのスイッチがオフになったり、オンになったり、そんなことを感じるこの数日です。
 秋らしくといいましたが、朝晴れていても午後曇ったり、またその反対だったりでしたが、今日は晴れ!!きっちりと1日中晴れ、道東の秋でした。この連休で行われる予定の野外行事の数々も上手くいった(いく)ことでしょう。
 写真の青空は釧路川、細岡でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2012年10月 5日 (金)

今日のデントコーン

121004_003
 今年で5回目となりました、タンチョウのエサ作りのデントコーンの収穫祭です。下幌呂小学校を中心に地域の方々を巻き込んでの「下幌呂タンチョウえさづくり隊」、私も参加させていただきました。5月に種をまいた(その時の様子)畑は、なかなか暑くならない夏を恋しく思ったり、実ったらキツネや鹿に食べられたり、先日の台風に倒されたりと難渋もありましたが、見事に実りました。まずは皆で収穫、もぎ取りも慣れた高学年は早い早い。遅れている低学年を手伝ったりもして、エライ!収穫したコーンを学校に持ち帰り、写真のように皮を切り取らず、結び合わせて干場となっている旧体育館に干すまでもアッと言う間でした。楽しそうにやっている小学生と地域の方々、とても良い光景です。次回はコーンほぐしが年明けて1月にあります。ご興味もたれた方、ぜひご参加ください。お待ちしています。
 今年の収穫は約2000本。果たして何キロのエサが出来るか楽しみです。
 昨日の様子はこの企画の仕掛け人、タンチョウ・コミニティのブログをご覧ください→タンコミ通信 (たくさんの笑顔がありますよー)

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2012年10月 3日 (水)

今日のマユミ

Mayumi
 写真を見れば一目瞭然ですが、女性の名前ではありません。もちろん、タイガースの前監督でもありません。
 数日前までは薄いピンクでしたが、瞬く間に色が濃くなり写真のようになりました。低木なので普段はあまり目立ちませんが、秋から冬にかけて赤い実で目立ち、ここにもある、あそこにもあると気がつきます。この木で弓を作ったことから、マユミ(真弓)の名がついたそうです。
 昨年、自宅の庭に移植しましたが、また実は実っていません。剪定するのは葉が落ちてから、上手く剪定すれば形良く、実をずいぶんと実らせることができる・・・・・とか。数年後の我が家のマユミの木をお楽しみに。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2012年10月 1日 (月)

今日の台風

121001_028
 台風といいながら、良いお天気の窓からの写真です。この40分ほど前、釧路に台風17号が再接近したときは、雨や落ち葉が横に飛んでいたのですが、ほんのわずかな間に天気が落ち着きました。台風の目に入ったわけでは無いのですが、急な変化に驚きました。その後は雲が出たりしましたが、雨もなく風もさほど吹かず穏やかな秋の空です。

 上の写真の40分前、雨風が一番強かったとき(13メートル)の同じ窓からの写真です。

121001_020_2

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]


|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »