« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日 (水)

今日の山々

Onnetou
 青空に白い雌阿寒岳(左)と阿寒富士(右)。アカエゾマツの森で雪を楽しみ、オンネトーへ行きました。夏の間は一日に、五色の色を見せるので五色沼とも言われますが、年間で見ると五色とは別の「白」雪で覆われたオンネトーが見れます。
 オンネトーの上を歩いて、二つの山を観みました。でも、今年の冬は早くに雪が積もったために、氷が厚くなっていないところがあるようです。雪を掘ると、シャーベット状の氷が出てくるところもあります。十分注意してお楽しみください。

Meakan

 夕暮れの阿寒富士(左のピーク)と雌阿寒岳(複数のピーク)、釧路湿原側から観た山々、オンネトーはこの山の真裏にあります。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]


|

2013年2月26日 (火)

今日のアカゲラ

Aka
 雪の森の斜面を歩いていると「コツコツコツ、コツコツコツ」と小さな音。辺りを見回すと、斜面の下の方の樹をつついているアカゲラです。樹の下から上へ、お医者さんが打診するかのように慎重につついています。打診した音で、食料となる虫を探しているのだそうです。幾度も同じところをつついたり、場所を変えて登って頂上に着くと飛び立ちました。
Bark
 飛び立った後その樹の下へ行くと、小さなたくさん木屑が落ちていました。飛び立ってしまったということは、打診の結果は不調だったのでしょうか。

 ちょうど今朝、近所のアカゲラはドラミングをしていました。春です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]


|

2013年2月25日 (月)

今日のワタリガラス

Tetsuya
 「ワタリガラスってどんな鳥?」と尋ねられて、図鑑に書かれている「ハシボソカラスより大きい」「頭からくちばしに掛けて滑らか」「喉の羽毛が立っている」「尾羽の中央が凸型」などなどありますが、正直なところ飛んでいるのを見て「ワタリガラスだ!」とはなかなか断言できないです。でも、鳴き声を聞くと一耳瞭然、「コワンコワン」「ゴロロロロロ」と、よく聞くカラスの鳴き声とは全く違った鳴き方をしています。道東へは冬になると渡ってきます。専門家の話では渡りの数が増えてきてるようです。
 アメリカンフットボール(好きなスポーツです)の最高峰スーパーボウル、今シーズンの優勝チーム「ボルチモア・レイブンズ」のレイブンはワタリガラスのこと。ノアの方舟やハリーポッターにも登場したり、実際ではイギリスを守るためロンドン塔で飼育されているそうです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年2月23日 (土)

今日の暮らしの知恵

Kawa
 薪ストーブの前でミカンの皮を乾燥させています。パリパリに乾燥させると焚き付けになると、薪仲間に教えてもらいました。実際にやってみると、ビックリするくらい燃えます。調べてみると揮発性のリモネンという油分があるそうな。子供の頃を思い出すと、ミカンの皮をロウソクの火の近くで潰すとパチパチパチと小さな火花が出るという、可愛い実験をしたことがありました。それもリモネンの仕業だったのですね。また、リモネンには、洗浄や消臭にも役立つそうです。試したいと思います。
 先日友人にもらった大きなミカンのボンタン(学生服の特殊形ではないです)があります。焚き付けになるのが、楽しみです。
 なお、火を使うことなので、良い子の皆さんは十分注意して試してみてくださいね。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]
 

|

2013年2月22日 (金)

今日のSL

Sl
 ディーゼルの「冬の湿原号」について以前書きましたが、蒸気機関車・SLのことを書いていませんでした。
 黒い車体に赤いヘッドマークが映えます。また車体の黒と蒸気の白、雪の白、それぞれ美しいです。シュシュポッポの音、汽笛の音も、列車が近づくと心ワクワク、「どこか遠くて行きたい」と旅心が疼きます。でも、止っている私の目の前を、SLが通り過ぎるのはアッと言う間のことです。ずっと並走して見ていたいものです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年2月21日 (木)

今日の影

Footp
 実は以前にブログに載せた写真です。足跡がたくさんと言う内容でしたが、足跡だけでなく大きな影が6つ。見つけた方もいらしたのですが、気付かなかったと皆さんに言われたので再びです。
 さて、何の影でしょうか?影の元も写っています。

 答えは、Tsuru
 タンチョウです。
 ねぐらの雪裡川かわ飛び出したタンチョウ、まっすぐに私が居た音羽橋に向かって飛んできました。

 上の2つの写真は別の時のもの。上手く居合わせれば、タンチョウと正面を切ってご挨拶できます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年2月20日 (水)

今日のコッタロ湿原

Kottaro
 夜の間に薄っすらと積もった雪が静かな風に飛ばされ、雪が横に流れている、今日の天気でした。

 コッタロ湿原の第一展望台に登りました。まだまだ雪に覆われていますが、湧き水が流れてるコッタロ川はゆっくりと、でもしっかりと流れています。
 雪が解けると、タンチョウが営巣するコッタロ湿原、まだしばらくは静かな冬を送っていました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年2月19日 (火)

今日のハクチョウ

Haku3
 「ここには、美味しいエサがたくさんあるよ」と、たぶんハクチョウたちは口々に言っている、「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」です。タンチョウの「コー。カッカ」と鳴き声に混じって、「グワァーグワァー」と鳴いています、食べています。

Haku2
 時には「お前らー、なんだー!」とタンチョウ相手に威嚇をする奴らも。

Haku1
 頭に来たタンチョウの幼鳥に、追い掛け回されたりもしています。

 タンチョウの為の給餌場だ!ハクチョウは来るな、と言うのも大人げ無いもの、何とか仲良くやってちょうだいと思います。でも、数年前にはハクチョウから見つかった鳥インフルエンザ、ハクチョウが悪者なのではありませんが、いろいろ難しい問題です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]






|

2013年2月17日 (日)

今日の湖

130216_0031
 風は強いものの、天気は上々。摩周湖はすっかり凍っていました。凍った湖面に吹く風は雪を巻き上げていました。

20130216_004
 巻き上げられた雪が描いた風紋、規則正しく並んでいます。中央少し上の横線は御神渡り。諏訪湖以外にも道東の湖にも出現します。でも、御神渡りは神事なので諏訪湖だけのもの、他の湖では「御神渡り現象」と呼ぶのだそうとか。

20130216_014
 シラルトロ湖も凍っていました。シラルトロ湖に沈んで行く夕日、雲に遮られること無く沈んで行きました。今日も良い一日でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]



|

2013年2月15日 (金)

今日の霧氷

20130215_003
 朝起きて外見ると、雪が降ったわけでもないのに樹々が白く輝いていました。

20130215_006
 霧氷です。ホザキシモツケの枯れた花も白くなっています。

20130215_038
 時間が経つにしたがい、霧氷に霧氷が着き白さを増してゆきました。

20130215_045
 釧路川も白く霧氷で化粧したようです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]








|

2013年2月13日 (水)

今日のニシン

Nishin
 今の季節の北海道でお勧めは?と尋ねられると、迷わず「ニシン!」です。硬いでしょ?とよく言われますが、干した「身欠きにしん」そのままでは硬いです。それを戻して(戻し方にもいろいろな方法があるそうな)料理するのも美味しいですが、お勧めは生のニシンの塩焼きです。柔らかいおいしい魚です。お腹の中には数の子や白子が入っているこの季節のニシンは、とても美味しいです。
 
 生のニシンは、水揚げされる港周辺でしか食べられないのかな?皆様の地域はいかがですか。

 塩焼きのニシンを前にして、北前船や金肥、ニシンそば、鰊御殿・・・・・、いろいろ書きたいぞ、話たいぞと思うのでした。でも、まずはいただきます!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年2月12日 (火)

今日の三日月

20130212_0081
 午後6時過ぎ、西の空低く林を通して見えた三日月です。弦を上にして、光っている月が杯のようです。薄っすらと見えている月全体も、怪しくいひかりです。
 午後7時過ぎに三日月は沈みました。沈んでしまう前に、今宵僅かな間だけ細く輝いた月でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年2月11日 (月)

今日のはす葉氷

Umi
 海が凍り始めるところ。海の氷がまだ薄く軟らかいとき、波に揺られ氷が割れて回転を続け、氷の端がまくれ上がった状態を「はす葉氷」と言います。写真はまだ割れ始めたところ、次第に丸くなりはす葉氷となるでしょう。海と氷の境目です。
 と言うと、氷の海に漕ぎ出し、際まで来たようですが、厚岸の港で出来ていたはす葉氷の始まりです。風の向きで港の中に薄い氷が集まっていました。
 この氷はオホーツク海の流氷とは別のものです。オホーツクの流氷は、またいずれ見に行く予定です。

Hashi

 厚岸湖と厚岸湾の境目に掛かる厚岸大橋。赤い橋と青い空、白い雪がそれぞれ鮮やかです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年2月10日 (日)

今日の幼鳥

Namao
 タンチョウの幼鳥、昨年の5月ごろ卵から孵った0才児の背丈は親鳥たちと変わりないですが、大人の黒いところがまだまだベージュ色です。また鳴き声もピィピィと子供らしい声で鳴いています。この鳴き声も大人になると、警戒の声、縄張り宣言、移動の呼びかけなどなど、様々な鳴き方とするようになります。ペアが縄張り宣言やお互いを呼び合う鳴き方は、オスが「コー」、それに続いてメスが「カッカ」鳴き、「コー、カッカ」「コー、カッカ」と続きます。写真の一家の両親とその子1羽、本来ペアで鳴くところを、3羽で鳴き合っているようです。両親を真似て、くちばしを高く上げて、胸を張って縄張り宣言をしていました。きっと声はまだまだでしょうが、格好は一人前でした。こんなふうにして、いろいろなことを学んでゆくのでしょう。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年2月 9日 (土)

今日の風紋

20130209_001
 一昨日夜から昨日朝まで雪が降り、その後は強い風が吹き、積もった雪が飛ばされて雪の風紋を描きました。ほんの少しの起伏が風に影響して、雪を積もらせたり、風が雪を削ったり、自然の造形物です。一つとして同じ形の無い雪の風紋、また風が吹くと形を変えてゆきます。

20130209_008

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]


|

2013年2月 7日 (木)

今日のキタキツネ

20130207_0301
 ここしばらく夜になると、家の隣の林の奥から「ギャンギャン」とキタキツネが鳴く声が聞こえます。発情期なので、彼らもしくは彼女らもいろいろあるようです。時には林の中を駆けていたり、カップルなのか2匹で歩いていたり。忙しそうです。
 そんな季節のキタキツネ、今朝は雪の牧草地で組んず解れつ、しばらくの間激しく転がっていました。見ている私が気になったのか、突然離れてしまって、そのままバイバイという感じでした。もし、気になったり、邪魔をしたなら、ごめんよー。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年2月 6日 (水)

今日のディーゼル機関車

20130204_0301
 釧路湿原の東側を走る釧網本線。冬の人気者の「冬の湿原号」、今年は蒸気機関車2両のうち1両の修理が必要なため、SL(蒸気機関車)1両とDL(ディーゼル機関車)1両で冬の釧網本線を走ります。一昨日は初めてのDL冬の湿原号の運行でした。SLの黒に赤色のヘッドマークも良いですが、DLの赤い車両に道東の冬を思わせるブルーのヘッドマークもいい色合いです。
 修理のためというイレギュラーな今シーズンですが、SLとDLが力を合わせて、時には連なって冬の釧網本線を案内します。連なっているところも見てみたいです。
 詳しい運行スケジュールです→釧路駅のサイト

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年2月 5日 (火)

今日のクマゲラ

Kumagera
 森を歩いていると、「ゴンゴン、ゴンゴン」と低い音が聞こえてきました。近くの樹の根元を見ると剥がれた樹の皮が一杯おちていて、さらに落ちてきています。樹を見上げると、音の主・クマゲラが一生懸命にトドマツをつついています。樹の中の虫を食べているのでしょう。良く見ると、この樹はすでに元気がなく、虫たちの住処となっている様子です。それを「いただきます」とばかりにつついているクマゲラ。樹は朽ちても虫や鳥の役に立ち、朽ちて倒れても森の役に立ちます。そんな繋がりを感じて歩く森の中、とても気持ちいいです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年2月 3日 (日)

今日の鳥

20130202_007
 今日は朝から風の強い一日でした。日中は5メートルくらいの風が吹き、最大風速は14.9メートル、体感気温の低い日でした。

 スズメたちの写真は暖かだった、昨日のこと。車の中で時間調整していて、ふと窓の外を見るとスズメたち。暖かさで出来たちいさな水溜りで水浴びしています。ここしばらくは寒かったので、入浴できなかったのか、次から次にやってきては水浴びしています。春だー、なんていってる奴もいそうです。

20130202_003
 こちらはアカゲラのカップル、せわしく動いてオスメスは分かりませんが、間違いなくじゃれ合っています。キョキョキョキョーと楽しげに鳴くのも、恋のせいでしょうか。暖かくなって、春を楽しんでいるかのようです。

 昨日の暖かさはイレギュラーのようで、まだ寒い日がやってきますが、間違いなく確実に春は近づいています。鳥たちの様子を見て、そんなことを思いました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]


|

2013年2月 2日 (土)

今日の夕陽

20130202_089
 今朝も霧、昨日よりもさらに濃い霧となりました。それも午前中まで、午後にはすっきりとした青空が広がり、気温も最高気温がなんと7.7℃!!氷点下が当たり前だった数日前から比べると春を通り越して夏でした。北海道の北側を通った低気圧のため、南風が入ったからだそうです。そして夕方から風が強くなっています。天候が目まぐるしい一日の最後は、きれいな夕陽を見せてくれました。

 そして、陽が沈んだ後、20130202_122 赤い龍が空を飛んでいました。

 先日のブログ「今日の撮影」でお伝えしました。撮影のお手伝いをした番組の放送が決まりました。BS-TBS「森の微笑み」第一回目は2月5日19:54~20:00(毎週火曜・4回の予定)です。R[アール]がご案内している湿原やその周辺の冬が中心となっています。どんな番組なっているか、お楽しみに!!もちろん私も見ていないので、楽しみにしています。
 番組のサイト「森の微笑み」

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年2月 1日 (金)

今日の笑顔

130201_007
 雪の森を歩いていると、「ギャハハハ」と笑い声が聞こえて・・・来たような気がしました。樹の又に、いたずら小僧がはまっていました。白い顔に青空が映える、森の中で見つけた、いかにもいたずらしそうな笑顔です。
 
130201_001
 時間は前後して、今朝の牧草地、幻想的です。湿原全体が霧に包まれていました。湿度が高く気温が低いと霧が出やすいのですが、この時期にしては春のような、しっかりとした霧でした。
 今日から2月、1年で一番寒くなる時期となります。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]


|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »