« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

今日の海

130330_001
 鶴居村とは釧路市を挟んでお隣の白糠町へ行きました。釧路の厳島神社はお参りしていましたが、前を通っていたものの白糠の厳島神社へはじめてのお参りでした。国道38号線直ぐのひとつめの鳥居をくぐると、社が見えます。社の前にふたつめの鳥居、その前に踏み切り。ご覧の通り警報機も遮断機がありません。特急も通りますので、十分注意して渡りましょう。

130330_003
 お参りをして振り返ると、太平洋。西へ続く陸地は、そのうちに南を向き、襟裳岬へ行き着きます。高い空は青空でしたが、海の近くは靄がかかっている、春の海です。2週間前に見たオホーツクとは違った海です。

 所用を済ませて帰り道、砂浜に下りてみました。
130330_010
 靄が晴れて、青空が見えてきました。波、うねり、風、それら音、しばし身を委ねて、久しぶりに動の海を感じました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]






|

2013年3月29日 (金)

今日の屈斜路湖

Kussyaroko
 フィルム写真の頃、パノラマ写真を作るのは切ったり貼ったりしてアルバムを作ったりしていました。デジタルになって繋げられるようになったものの上手く行かなかったり、ずれていたりしていました。でも、ここ数年はフリーのソフトでも簡単に加工出来るようななり、うれしがって楽しんでいます。

 少し前の屈斜路湖です。
 北海道では2番目に大きな湖、日本のカルデラ湖では一番大きな湖です。大きすぎて、湖にいるとよく分かりませんが、このように外輪から見ると囲われていることが分かります。屈斜路湖の北側、藻琴山方面からの風景です。写真右側には、屈斜路湖をまた違った角度から美しく見られる美幌峠があります。

 昨日3月28日、昨年11月14日より始めてマイナス気温にはならない、一日中プラスでした。春の加速度が増してきたように感じます。
http://p.tl/Bcq4 ← ご参考にしてください。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月28日 (木)

今日のふきのとう

130327_007
 融けた雪の下から、顔を出したばかりのふきのとうです。雪が融けて最初の「緑」です。雪の下には、これから芽を出すふきのとうたくさん待っているはず。顔をだしたら開く前に摘み取って、ふき味噌作って、ご飯にのせたり、豆腐にのせたり、お酒の供にしたり。春を待って芽吹こうとしているところを大変申し訳ないが、今年もお世話になります。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月27日 (水)

今日の朝

20130327_001
 昨日の夕方降った雪はひとときのことでした。陽がとっぷり暮れるころには雪は止み、朝になると期待以上の雪の花が咲いていました。嬉しくなって朝からカメラを持って、家の周りをうろうろしていました。

130327_001
 朝日が昇り始めた頃。昨日のブログの写真とほぼ同じ風景ですが、全く違う景色です。

20130327_008
 積もった雪は1cmくらいでした。すっきりとした青空の下、9時ごろにはすっかり融けてしまいました。

20130327_p001_2
 ちょっと早起きして大正解!!三文以上に楽しみました。雪に降られていても、こんな風景が見れると思うと、もう少し降ってもいいかなと、現金なものです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]






|

2013年3月26日 (火)

今日の雪

130326_025
 午後5時頃の窓からの風景です。空がまたやる気を出して、大粒の雪を降らせています。今シーズンの雪は、もうそろそろ終わりかなと思っていたのですが、まだまだ続きそうです。よく降るシーズンは、ゴールデンウィークの後にもドカっときますが、今年の降り方だとチラリチラリといつまでも雪が降り続きそうです。
 明日の朝は雪の花が咲いたようになっている、かな?

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月25日 (月)

今日の狩

Kari
 しばらく前、雪が降った後に深い森の中で見かけた雪の上で見かけた「跡」です。
 小さなネズミの足跡が、大きい穴のところで途切れています。大きな穴の向こうには、左右対称に延びた細い跡(きっと羽の跡)がきれいに並んでいます。
 猛禽類がエサであるネズミを狩った跡のようです。ネズミには修羅場ですが、その鳥には鳥の事情があってのこと、食物連鎖の上位下位なのだとしばらく雪の跡を見ていました。どちらも生きるのに一生懸命です。
 もう消えてしまったと思いますが、この冬の間に見た忘れられない風景のひとつです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月24日 (日)

今日の小さい春

130324_0041
 真冬の間は冷え込んでいても、あまり寒いとは思わなかったのですが、ここに来て気温はともかく風が吹くのは寒いです。ご近所の皆様とお会いしても、冬が続くねー、風が吹くねー、と話しています。
 でも、雪は少なくなって行き、ヤナギの枝を見るとつぼみが「モフ」と膨らみ芽吹きも間近となっています。ゆっくりだけど、間違いなく春は近づいています。植物にも、小さい春をみーつけた、です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月23日 (土)

今日の釧路湿原

20130323_0112
 雪が多かった頃から比べると、白い部分が少なくなったように思います。凍っていた川岸近くの氷は融け、樹々の芽は活動を始めた気がします。湿原の黄色っぽく見えるところはヨシが生えているところ、枯れたヨシが黄色っぽく見えています。でもヨシの根元には雪がしっかり残っているので、これからの雪融けで、川の様子もずいぶんと変わることでしょう。まだまだ静かな釧路湿原ですが、これからの季節も楽しみです。

 各地でスギ花粉が大変な様子ですが、北海道にはスギ花粉が飛びまわっていないので、思いっきり深呼吸できます。こんな風景を見ながら、如何ですか。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月22日 (金)

今日の散歩道

Foot
 冬の間は給餌場近くで過ごしていたタンチョウも、湿原へ移動しています。しばらくは聞こえていなかった鳴き声が、家の近くで聞こえたり。散歩道で見かけなかったのに、足跡が残っていたりします。ゆっくりだけど春が近づいてきて、皆そわそわしているようです。

 今日散歩道での出会いです。
 タンチョウが頭の上を飛んで行きました、足跡の主かな?
 それを追い掛けるように。アオサギが「ギョぇー、ギョぇー」と飛んで行きます。この辺りでは見かけなかったですが、南の方から帰って来たのかな?
 エゾシカ3頭、「見つかってない、見つかってない」と念じながら、じっとして私を伺っていました。「君等、全員見えてる!!」

130322_007
 転がりながら、匂いをかぎながら、正々堂々と白銀の牧草地を独り占めしていました。ずいぶんしてから私に気付いて、しゃがみこみ、平べったくなったりしていました、きっと隠れているのでしょう。「君も、しっかりと見えてる!」
 10日ほど前とは違った、動物たちの行動、あれこれでした。

 1月の沖縄の桜に始まって、京都、奈良、横浜、目黒、ハチ公前・・・・・、今年はいろんなところから桜の便りがやってきます。それとも自分が桜を意識しているのかな?東の端の桜、待ち遠しいです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]



 

|

2013年3月21日 (木)

今日の角

Shika

 「今日のツノ」と呼んで下さい。カド、スミだと話が変わってしまいます。
 車で走っていると昼間にも関わらず、大きな身体を見せ付けるように道路端に立っていました。立派な角を持ったオスジカです。最初はこちらに感心が無かったようですが、しばらくするとお尻の白い毛を膨らませて始めました。この距離ですから、当然のように警戒されました。腰周りがほっそりしているように見えるのは、厳しい冬を乗り越えてきたからでしょう。もう少しで暖かく、雪も融けてしまいます。
 よく見ると右の角の形が変形しています。角が生えてきた昨年の夏に、何かがあったのか?彼の頭がそういうものなのか?片方が重いと長い首は凝らないだろうか?彼の警戒心を他所に、思いを巡らしていました。5月ごろにはこの角もポロリと落ちて、頭が軽くなるでしょう。

20130321_010
 昨日降り出した雪は未明に止み、朝には青空が出ましたが風は強いまま、冷たい風が吹いています。冬がゆっくりなのか、春がゆっくりなのか、季節の変わり目の風です。今日の正午時点、全道の最高気温は鶴居村の-0.4℃!!北海道の中では暖かいところでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]




|

2013年3月20日 (水)

今日の摩周湖

Mashyu_3
 「霧の摩周湖」として有名な摩周湖、霧の無い晴れた日には摩周ブルーと呼ばれる青い湖を見せてくれますが、湖面が凍った今の時季は「白い摩周」となっています。向かい岸に当たる摩周岳の黒い色と白い湖面、風もなくモノクロの世界となっていました。湖面が解けるまでは、まだしばらく時間がかかりそうです。

 昨日「いよいよ最低気温がプラスか?」とこちらに書きましたが、なんと24時(深夜0時)に-0.7℃を記録して、昨年11月15日から続いている最低気温氷点下の連続はそのまま続いています。まだまだと思っていると、今日は午後から雪、明日の朝まで降り続きそうです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月19日 (火)

今日のクリオネ

Clione
 網走の流氷館で展示されているクリオネです。小さな水槽の中を動き回る(流れる水で動いています)小さなクリオネ、コンパクトカメラではこれが限界でした。流氷の天使とも言われますが、巻貝の一種で肉食性です。食事のシーンを映像で見ましたが、「天使」の食べ方ではなかったです。と勝手に「流氷の天使」とか呼んでおいて、イメージと違うというとは・・・・クリオネ、ごめん。

 流氷館の流氷体験室では、海から運んできた流氷を展示しており-15℃の気温を体験できます。

Setsu
 体験室内にある古くからある流氷の解説ボード、「有名な方々が触れています」、有名な方々とざっくりとした書き方が気に入りました。

 今日は暖かく+11.8℃まで上がりました。ただ今(午後7時)の鶴居の気温+4.3℃、この調子だと今日の最低気温はプラスとなりそうです。昨年11月14日以来、はじめて氷点下にならなかった日となりそうです。春です!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月18日 (月)

今日の足元

20130318_012
 「エサちょうだい」「ちょうだい」「くれないの?」「ちょうだい」と皆さんでやってくるので、思いっきりアップになった白鳥の顔です。ギャウギャウとにぎやかですが、こうやって見ると端正な顔をしています。

 人知れずして努力していることのたとえで、「白鳥は水面下では一生懸命に足で水をかいている」と言います。当の白鳥はどう思っているか分かりませんが、その足元です。

20130318_014
 人が潜るときに使う「足ひれ(フィン)」のようです。色、質感ともに足ひれに見えます。パタパタと歩く足元を見ながら、今はエサをもらうのに努力しているなと思いました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]


|

2013年3月17日 (日)

今日の流氷

20130317_058
 釧網本線の北浜駅の目の前はオホーツク海、その海岸に流氷が流れ着いています。300mほど沖は開いていますが、その向こうは流氷が一杯でした。以前書いた「今日のはす葉氷」で予告した、オホーツクの海です。
 日本に流れ着く流氷は、アムール川(ユーラシア大陸)から流れ出た水が凍って出来た氷(中)に積もった雪(上)、凍りついた海水(下)の3段重ねの氷で出来ています。この氷が出来るのも、サハリンと大陸の間隔、オホーツクの海の深さや潮流など、様々な要因が絡み合って、世界で最も低緯度(赤道に近い)の流氷を作り出しています。
 また、栄養分を多く運んでくるので、動物性プランクトンが増えて、活動が活発になり、それをエサに魚介類が育ちます。流氷が来ると漁に出れなくなり漁師さんはお休みになりますが、豊かな海を育む大切なお休です。
 流氷は見た目の神秘的な美しさだけでなく、食物連鎖の土台を支えています。そんなことを思いながら、オホーツク海の恵に(で)乾杯!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月16日 (土)

今日の提案

20130221_0091
 鶴居村でタンチョウを観るポイントに、ねぐらが見える音羽橋、給餌場のサンクチュアリと鶴見台に多くの皆さんがいらっしゃいます。これらの3ヶ所にだけでなく、観光ポイントといわれるところで、今年気が付いたこと「ゴミが落ちているのがとても多い」です。集計しているわけではないので、私の感じ方だけかも知れませんが、とても目に付きます。
 写真のタンチョウもゴミであるビニール袋をつついていました。また、お菓子の個装の袋らしいものもつついているのも見かけました。きっと「ゴミを捨ててしまえ」と思って捨てる人はいないと思いますが、食べたお菓子の袋を何気なくポケットに入れて、次にポケットに手を入れたときに知らず知らずに「ふと落としてしまう」ことも多いようです。

 そこで、ご提案です。
・ゴミになるようなものは、よく使うポケットには入れない。
・ゴミ用のポケットを決めておく。
・小さなゴミ袋を作り、それをポケットやかばんに入れておく。
 これだけでも、「ふと落としてしまう」ゴミはずいぶんと減ると思います。
 カヌーやスノーシューのツアー中にも話すことはありますが、「ふと落としてしまう」ことが少なくなるよう、ここにも書きました。

130316_005
 東京では桜の開花宣言がされたそうです。こちらもずいぶんと暖かくなったのですが、午後3時ごろより強い風と共に雪です。夜中には止み、明日は晴れるので、雪かきはしなくても大丈夫・・・かな?もう少し冬を感じていれそうです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月15日 (金)

今日のキタキツネ

Kitsune
 少し前の今日のこと。森を歩いていると、正面から歩いてくるキタキツネ。私が気づいたのとほぼ同時くらいに気が付いたのか、立ち止まりしばらく見詰め合っていました。「じゃあ、右側通行ということで・・・・」と言ったのが理解できたのか、私が右に除けるとキツネも右へ除けて、お互い譲り合って行き違いました。カメラを向けると、「そういうの苦手です」と小さくつぶやいて視線を逸らした・・・・ような気がしました。キツネもまぶしがるような、晴れた日の森でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月13日 (水)

今日の行進

20130313_002
 鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリです。給餌の時間でセンターの方が給餌場へ入ったので、「とりあえず、よけましょう」「そうしよう」「そうするぞ」「いそげー」などなど口々に言いながら、左から右へ行進し始めたところです。それにしても、ハクチョウのみなさんはにぎやかです。
 暖かくなり、タンチョウたちも湿原など営巣地を求めて移動していて、給餌場に来る皆さんも少しずつ少なくなっているようです。今年は雪が多いので、営巣地を確保するのも大変なのかもしれません。タンチョウも、ハクチョウもみんながんばれー!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月12日 (火)

今日の電話ボックス

130310_0081
 毎日見て見慣れている、ずっとそこにあるからなんとも思わない、でも、よく考えると、電話ボックスの上に牛が乗っているのはやはり不思議な光景です。今はセイコーマートというコンビニですが、以前は農協さんが経営していたお店の前の電話ボックスです。NTTが乗せたのか、農協さんの意向なのか牛が乗っています。いつの日か誰が乗せたか確かめたいと思っています。酪農が基幹産業の鶴居村らしい「牛さん(♀)」、凜として遠い空を見ている姿、お気に入りのオブジェです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月11日 (月)

今日のアカゲラ

20130311_0121horz
 目を覚ますとと言うより、その音で目覚めると、まだ早い朝でした。窓の外でしきりにアカゲラがドラミングしています。春が近づいた証です。
 蒲団から抜け出て外に出ると、2羽のアカゲラが近づいて離れて、また近づいてと楽しそうにやっています。先日お伝えした、アカゲラの抗争の続きでは無いようです。止ったところを見てみると、頭の赤いオスと赤くないメスのようです。このオスが先日のオスなのかは分かりませんが、良き伴侶を得たようです。お幸せに!!
 なお、大きさの違いは遠近によるものです。雌雄の大きさの違いはほとんど無いように思います。また、頭の赤いのがオスと書きましたが、幼鳥の時は雌雄共に頭上が赤いそうです。

 今日は3月11日。あの日から2年が経ちました。いま一度、2年前に思ったこと、感じたことを振り返って、何が出来るか、何をすべきかを考えたいと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月10日 (日)

今日の雷雪

130310_001
 目まぐるしい天気の一日です。予報では昨夜降る雪が降らず、朝はどんよりした空、いきなり風が吹き出したかと思うと雪、横殴りの雪。そこに雷がゴロゴロゴーンです。春雷にしてはちょっと早くないかと調べると、雷雪と呼ばれる気象現象だそうです。詳しくは→雷雪。記憶に無い現象だったので、驚きました。そのあとは湿った雪が午前中降り続き、10cmくらいの積雪となりました。
130310_009
 そして、午後からは晴れ青空です。積もった雪にくっきりと影が映る、はっきりとした晴れでした。さらに夕方から風、西風が強く吹き始めました。明日の朝は道路がツルツルとなっているでしょう。歩行、運転、気をつけないといけないです。それに屋根からの落雪も注意です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月 9日 (土)

今日のキタキツネ

Kon 「いろいろ僕のこと書いてるでしょ」(その1 その2など、ご参照ください)と言いにきたのでしょう。通勤途中の隣人が、立ち木に隠れながらじっと見ていました。耳をしっかりこちらに向けて、こちらの様子を探っている、ように見えます。「昼間ここを通ると、建物の中でバタバタしてる」と思っているかも。家の中から見かけると、「カメラをどこに置いたっけ」とバタバタしているのは私のことです。

 昨日9日、昨年12月10日以降初めて平均気温がプラスとなりました。でも、今日は真冬日。明日は風がずいぶんと強くなるようです、皆さんご注意ください。
 三歩進んで二歩下がる、もうちょっと下がって、また進む、そんなふうに春が近づいています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月 8日 (金)

今日の目線

Nezu
 森を歩いていて、見つけたネズミの足跡。ネズミはどんな風に風景を見ているのかと思い、カメラをネズミ目線(雪に埋もれつつ)にして見てみました。目の位置が人とは違うので後ろの方も見えているでしょう。また上の方を見るのが苦手とか・・・・、だからネコやキツネは、ネズミを捕るときにジャンプをするそうです。ネズミにそうなのか尋ねてみないといけないです。
 ネズミは自分の足跡をこんなふうに見ている・・・・・・と書きかけたのですが。自分の足跡が自分より先についている訳無いですよね。

Ne
 雪の模様もネズミ目線で見るとこんなふうに。気温が上がり解けた雪が、夜の内にまた固まって強い風で雪が吹き飛ばされ、固まった部分だけが残った、雪模様です。ずいぶんと暖かくなりました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]


|

2013年3月 6日 (水)

今日の松ぼっくり

130305_014
 松ぼっくり三兄弟です。カラマツの樹の下に並んで落ちていたので、きっと同じ樹の三兄弟です。松かさが閉じていますが、ストーブの近くで乾燥させてやると・・・・・、
130306_004
 パッキっと松かさが開きました。

 まだ松ぼっくりが樹の枝についていたころ、笠の間で種が作られています。冬になり乾燥すると笠は開いて、種を落としました。
 これらの松ぼっくりは、すでに種を落とした後、種はなくなっていました。先日の強風で松ぼっくりも落ちてしまったのでしょう。

 落ちていた松ぼっくりを見て、子供のころにやった「松ぼっくりは乾燥させると笠が開く」という小さな実験を思い出してやってみました。

 4cmから5cmの小さな松ぼっくりですが、カラマツ林では今たくさん落ちています。リース作りに拾ってゆく方も多いようです。また、焚き付けとしても使えます。乾いていないと燃えませんが、乾いているかいないかは一目瞭然ですね。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月 5日 (火)

今日の帰り道

130305_011
 我が家近くをうろついているキタキツネ、ここのところ毎日のように見かけます。何か悪さをするわけでなく、「そこに家があるから、ちょっと離れて歩いてる」「風除けになりそうだから、近づいてみた」くらいに思っているようです。そんな付き合いだから、見かけると「ヨウ!」、しばらく見ないと「どうしたかね」とか思っています。
 今日の夕方見かけた、真新しい足跡です。本人(キタキツネのコン吉)はそんなつもりではないでしょうが、夕日に向かって続く足跡が帰り道なのか、哀愁が漂っています。今夜はどこで寝ているのか。

 キタキツネが悪いわけではありませんが、寄生虫の病気を持っています。むやみにキツネを近づけたり、近づくような「食べ物を外に置く」「ゴミ箱が漁られやすい」など無いように注意が必要です。もちろん、その点注意して、そ知らぬふりして、付き合っています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月 4日 (月)

今日の窓

20130304_0011
 机の前に座って事務仕事をしていると、目の前の窓の外の樹にアカゲラが2羽やってきました。枝から枝へ、幹を上から下、下から上へパタパタとやっています。暖かくなったので恋の季節かな~とぼんやり見ていました。でも、よくよく見てみるとどちらも頭(後頭部辺り)が赤いオス同士です。雌雄の「マテー」「アハハ、アハハハ」的な戯れでなく、「てめー、ここはオレのシマ(縄張り)だ!」「ウッセイ!」、恋の季節の前の縄張り争いのようです。今日の(も)妄想でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月 3日 (日)

今日の痕跡

Ten
 雪の上に直径15cm位の穴です。周りを見てみるとその後に雪が積もったので分かりづらいですが、エゾクロテンの足跡が続いています。
 そこで、妄想です。
 前日の雪が止み、次の雪が降り出す前のこと。斜面のフカフカ雪をジャンプしながら登っているテン君、足元の雪の下に何か、たぶんネズミが動く気配!しばらくエサにありついていなかったので、食べたい!雪を掘ります、掘ります、一生懸命掘ります。でも、ネズミは雪の下のササの中を逃げてしまった様子。テン君は「チッ!」を舌打ちして、また斜面を登って、2mほど登ったところで悔し紛れのオシッコして、またエサを探しに行きました。
 そんなことがあったのではないかと、妄想して雪の上を楽しんでいます。

 何も無いような雪の上でも、よーく見てみると何かが分かるかも知れないです。想像が出来たとき、森の住民に近づけたように思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月 2日 (土)

今日の天気

130302_005
 昨日午後より雪が降り、朝は雪かきから始まりました。天気は青空と喜んだのもつかの間、お昼前に再び雪、晴れて曇って、風が出てきて、夕方からは写真の穏やかさは無くなり、台風のようです。道東の冬は荒れることが少ないのですが、晩冬になると春を呼び込むように風が吹くことがあります。
 昨日積もった雪が横に流れている、夕方でした。夜からまた雪で、明日の朝も雪かきから始まりそうです。
 今夜は大変な風ですが、少しずつ春が近づいてきています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2013年3月 1日 (金)

今日の薪小屋

Koya
 先日見た夢が、まさに上の写真のようでした。薪を取りに行くと、薪がほとんど無い!冬はまだまだ続くのに!軽い悪夢でした。今の気温で薪が無い=暖房使えない、と言うのは一大事、夢で良かった。この薪小屋の薪は終わりですが、まだ別の棟があるのでこの冬と来シーズンは大丈夫・・・・・かな?

Semi
 薪の間から出てきたセミの抜け殻です。セミの種類、生活環境によって幼虫の地中生活の期間は異なりますが、この場所に薪小屋を建てたのは一昨年の春、きっと「地上、うるさい!」と思っていたことでしょう。

 午後2時45分ごろ、汽笛一声。今は鶴居村に鉄道は走っていませんが、湿原の向こう側(東側)の釧路湿原駅を出発する、SLの汽笛が湿原を渡って聞こえてきました。今日は午後から東の風、この風に乗って聞こえてきました。同じく午後から降り出した雪、明日の未明まで降り続き積もる予報です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »