« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

今日のオオハンゴンソウ

Hangon
 今年もオオハンゴンソウの季節がやってきました、と書くと待っていたかのように聞こえますが、各地で「困ったちゃん」となっている花です。外来生物のことを書くとき、植物や動物たちには罪はないけれど・・・・と複雑な気持ちになります。
 この花は人が意識して持ち込んだのか、意識せず持ち込んでしまったか、風が鳥が動物が連れて来たのか?進入経路は確かではありませんが、釧路湿原にも、周辺にもずいぶんと増えています。10年くらい前に、よく見かけるなーと思い調べたことがあるので、それまではさほど無かったはずです。でも、今はいたるところに育っています。
 外来種とされている生物たち、脅かされている在来種、それぞれに原因や都合があるのだと困惑してしまいます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2014年7月27日 (日)

今日の岩保木水門

140724_057
 実は数日前の岩保木水門。今日は朝から小雨が降ったり止んだり、夕方からは台風10号くずれの低気圧で風が出てきました。

 今から83年も前の昭和6年に完成した岩保木水門です。好きな場所なのでブログにもよく登場しています。
 治水のため、屈斜路湖から流れている釧路川の水を街中を通さずに、早く海へ流すため川の流れを変えました。今の新釧路川です。しかし街中を流れていた川(水門より海側の釧路川)には、流送された原木を貯め置く貯木場があったので、木が送られて来た時に水門を開けて旧河川に水を送り木を運ぶ予定であったそうです。でも、同時期に鉄道が開通したため、木の輸送は鉄道が担うこととなり、水門はほとんど稼働することは無かったそうです。
 ご覧の通り水門の機械室となっている上部は、木造のなかなか風格のある建物です。産業や自然、人の考えが交差した歴史的な建造物です。なんらかの保全の対象になっているか定かではありませんが、保全する必要がある建物だと思います。

140724_054
 湿原の展望地としてもとても良いところです。低い展望地なので釧路湿原を身近に感じられるところ、お勧めの場所です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2014年7月24日 (木)

今日のヒシ

140724_015
 久しぶりの青空!風も静かで、のんびりな川下りです。
 塘路湖の湖面に映る青空に広がるヒシ、2日前からポツンとヒシの花が咲き始めました。

140724_010
 花の大きさは、綿棒の綿の部分くらいの小さな花です。しばらくの間、塘路湖では白くて小さなヒシの花が楽しめます。

 ヒシは普段あまり目にすることはない水草ですが、日本全国にある植物です。漢字で書くと「菱」、三菱の「菱」です。菱型はこの葉っぱの形からなのか、ヒシの実からなのか諸説あるようです。いずれヒシの実の写真を載せます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2014年7月22日 (火)

今日のガマ親分

140718_018
 オニグルミの殻です。二つに割られた断面を見ると、「ガマ親分」を思い出します。「ガマ親分」にピン!ときた方、同世代ですね。朝も早よから(ただ今、午前6時)「おはよう!こどもショー」でした。

 たぶんエゾリスが、殻を割って中身を食べたのでしょう。秋に実ったときに新鮮なのを食べたのか、冬の間か春に貯蔵していたのを食べたのか。貯えることを知っているエゾリス、賢い奴です。もっとも貯えた場所を忘れることも多く、書かれているものによって違いますが3割から5割を忘れるとか。でも、それは5割から7割を覚えているのだな、と感心してしまいます。

140718_0101
 花が終わり、実が膨らみ始めたオニグルミ。秋になると今年も、エゾリスが食べたり、貯えるために樹と茂みの中を往復する姿を見ることができるでしょう。

 先に書いた「忘れられる3割から5割」の実(種)、オニグルミの樹にとってエゾリスに種を拡散してもらっていることになります。ある程度の実は食べられるものの、種の拡散に一役買ってもらっている、オニグルミとエゾリスの「持ちつ持たれつ」の関係です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2014年7月19日 (土)

今日のミヤママタタビ

140719_004
 この季節に山の木を見ていると、桃色なっているところを見つけます。赤い花かと思ってよくよく見ると、葉っぱが桃色になっています。ミヤママタタビの葉っぱです。「花が葉の裏に咲くので、目立たない花に変わって葉っぱが虫にアピールしている」とありましたが、虫はどう思っているのか興味深いところです。
 大きな樹のようにも見えますが、ツルの植物でしっかりと立っている樹に絡みつつ育つキウィと仲間の植物です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2014年7月16日 (水)

今日のツツドリ

Tutu
 以前書いたブログの「今日の鳥」はツツドリだったか、カッコウだったかわかりませんが。庭の先、借景となっている林の中からツツドリが「ポンポン ポンポン」と、そしてもう一羽が「ポンポン ポンポン」と鳴きあっていました。「ポンポン ポンポン」「ポンポン ポンポン」と聞き入ってると眠くなってしまいます。イカン、イカンやらなければならないことがアレコレです。でも、気持ち良くなる鳥の声です。

「tutusu_001.mp3」をダウンロード ←←初めてファイル添付をやってみましたが、聞こえるでしょうか?

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2014年7月14日 (月)

今日のバンビ

140714_005
 川を下っていた時のこと、カサリと小さな音がして直ぐ近くの岸を見ると、頭の高さが80cmくらいのエゾシカ、「ナンダヨ~」とこちらを見ていました。お母さんの言いつけを守って、小さくなって隠れていたのかな?近づきすぎてゴメン。今年の春に産まれた、まだまだ小さなエゾシカ君でした。

 「バンビ」を調べると、イタリア語で「幼い」を意味する言葉だそうです。さらに調べてみると、ディズニー映画の「バンビ」の原作は、オーストリアの方が書いたヨーロッパの森のお話だとか。ひとつの童話がディズニー映画を生み、遠く離れた日本でも老若男女問わず「小鹿」と言えば「バンビ」と出てくるのは、イタリア人もオーストリア人もビックリでしょう。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2014年7月11日 (金)

今日の団扇

Taishi
 北海道日本ハムファイターズ、本拠地はもちろん札幌ドームですが、多くの北海道民が愛する球団です。昨年より、毎年18市町村に応援大使として選手を2名を任命、10年をかけて北海道の179市町村を網羅しようという遠大なプロジェクト(北海道179市町村応援大使)を行っています。2年目の今年、鶴居村にも2名の選手が大使として任命されました。投手として、また打者として二刀流の大谷翔平選手、勝ち星伸ばしている中村勝選手です。ただ今リーグ戦の真っ最中ですが、オフになれば鶴居村にもやって来てくれるのかな?楽しみです。これからの2人の活躍を見守ってゆきたいと思います。身体に気をつけて!!

 写真は鶴居村で作成した応援大使団扇! 雪がまだたくさん残っていた3月に配布された時にはどうしたものかと思いましたが、少し蒸し暑い今日は役立ってくれます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2014年7月 9日 (水)

今日のアヤメ

Ayame
 「何れ菖蒲か杜若」のアヤメです。アヤメとカキツバタ良く似ている花です。それに、これまたよく似たショウブが加わって、さらにハナショウブが加わると一体どれがどれやらと迷ってしまいます。上の四つの花でショウブ以外はアヤメ科、ショウブはショウブ科でサトイモの仲間です。そして、「菖蒲」書いてアヤメとも、ショウブとも読むにいたっては何がなにやらと言うところです。「菖蒲」をアヤメともショウブとも読むのは諸説あるようですが、これまた様々な説があるようで、調べてみると面白いです。
 写真の花はどちらもアヤメです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2014年7月 6日 (日)

今日の花

Gyouja
 次々に花がさいているので、花の話が続きます。
 このはなを見るたびに、線香花火のを思い出します。北海道の多くの人がお世話に、と言うか食べている植物の花です。4月から5月にかけて、たくさんの人が目を皿にして探しているギョウジャニンニクです。香りは独特ですが、抗菌作用や身体を活性化させる効用があるそうで、とても人気があります。私も見つけてはお浸しや卵とじで食べて、醤油漬けなどを作りました。たくさん刈り取られましたが、刈り残されたギョウジャニンニク、草深いところでひっそりと花を咲かせていました。来年のこの季節、この場所が楽しみです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]
 

|

2014年7月 3日 (木)

今日のイソツツジ

20140703_007
 「ピークは過ぎたけど、まだまだきれいだよ」と聞いて、川湯温泉近くの硫黄山近くへ、イソツツジを見に行きました。(↑↑左の山が硫黄山)
 緑に白い模様の品の良い絨毯のように、イソツツジが広がっています。

20140703_0041
 小さな白い花が集まって咲く、散房花序という花の付き方だそうです。
 海から遠く離れたところのイソツツジ、磯なんて何処にもありません。高い山に育つ花なのに「イソ」とついたのは、「エゾツツジ」が誤ったか、転訛してイソツツジになったとか。でも、エゾツツジは赤い花で別にあるという、ちょっとややこしいイソツツジの語源です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2014年7月 1日 (火)

今日の牧草地

140629_006
 鶴居村中、というより道東、北海道の酪農地帯で今、牧草の刈り取りが真っ盛りです。次々に延びていた牧草が刈られてゆきます。

140626_0051
 刈られた牧草を集めて、スタックサイロという平たく積み上げたり、ロールベールサイロ(上の写真)と言う丸めてラッピングしたりして、発酵させて食べやすくしたり、保存しやすくして牛のエサとなります。美味しいミルクもチーズもバターもソフトクリームも、乳製品の元の元はこの牧草です。この時期の一番草と9月ごろの二番草の時期には、普段見慣れない農業機器は作業をしているので、ぜひご覧になってください。なかなか面白いです。

Itaru
 恒例となりました「加山到 応援プロジェクト」!!明日より舞台が始まりますので、関東近辺の方々、それ以外の方々もぜひご覧になってください。
「中小企業の下請け・孫請・ひ孫請!?」
日程 7月2日~6日 (6回)
場所 恵比寿エコー劇場
詳細は「加山到のハマッ子雑貨飯店」(←クリックしてください)をご覧ください。
 ご覧になった方、R[アール]のプログラム参加の際はぜひ「到の芝居を観た」「劇団カンタービレを観た」とお知らせください。「到割引き」いたします。

 東の端からR[アール]は、加山到、劇団カンタービレを応援しています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]





|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »