« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

今日の足跡

150826_014
 川辺の泥の上に残った足跡は、先日釧路川を泳いでいたミンクです
 川から上がり、どちらへ行こうか、川に戻ろうかと考えあぐねて辺りをウロウロとしていたようです。
 小魚を咥えていたこと、カエルを咥えていたこと、ザリガニをガリガリと齧っていたこと、動物性のものなら何でも食べているようです。見たことはありませんが、カモたちも対象になっているようです。イタチの仲間だけに、油断できません。以前数匹の子供を連れたミンクに出会ったので、道(川ですね)を譲ったところ、子供達が岸の茂みに隠れた後、私を振り返り「カーッ!」威嚇されてしまいました。読んだ本には、指を齧られて大変だったとありました。見かけても、エサをやったり、手を伸ばして触ろうとしないように!
 写真の指は私の指、ミンクの足跡と大きさを比べてみました。

 北海道ではすでに夏休みは終わっていますが、多くの地域では今日までが夏休みで明日から学校が始まることでしょう。8月が大の月で良かったと、残った宿題を睨みつつ焦っていた、大昔を思い出します。・・・・・期限ギリギリに慌てるのは、昔からだったと納得している8月31日です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2015年8月28日 (金)

今日のタンチョウ

150827_007
 一家仲良く、タンチョウの皆さんです。5月の連休明けごろに孵ったヒナは、左の茶色の子。背丈はトーさん、カーさんとほぼ変わりなくなりましたが、肉付きはまだまだでほっそりとしています。生まれて直ぐは体長20cmほどですが、見る見るうちに足が伸びて首も伸びてタンチョウの形です。

 親と同じように歩けるようになったので、人目につくところでも見かけるようになりましたが、車で走っていると「タンチョウだ!」と急停車する車、農家さんの庭にいるタンチョウを無闇撮影する方やお庭に入り込む方、近くで見ようと追いかける方、大変良く見かけます。人にも、タンチョウにも、適切な距離があります。見たかったタンチョウを見つけてテンションMAX!!!なお気持ちもわかりますが、お気をつけください。

 このヒナも風の強い日には、飛ぶ練習を始めるころ。ヒナの初フライトが見られるのも、もうすぐです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2015年8月26日 (水)

今日の風景

150825_008
 最低気温が一桁の日が続きますが、天気が良いので日中は半袖で過ごしています。やっぱり太陽はうれしいです。青空が高い!!

150825_006
 一人で行動しているタンチョウ君。相方はヒナの面倒を見ているのかも知れないです。ゴールデンウィーク明けごろに孵ったヒナも、100日くらい経って、そろそろ飛び始める頃です。

150825_003_2
 朝早く出掛けて夕方戻ってきたら、家の前の牧草地はすっかり刈り取られていました。村内の牧草地では、二番草の刈り取りで大忙しです。次に刈り取られるのは、来年の6月ごろの予定です。

 季節がゆっくりと、行きつ戻りつ動いています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2015年8月24日 (月)

今日のエゾシカ

150820_0061
 先月出会った1歳(タブン!)の男の子 と同じ奴かと思われます。角がずいぶんと伸びましたが、まだ袋角です。先分かれもしていないので、昨年生まれたお子様のようです。しっかりとこちらに顔を出してくれればよいのですが、少し恥ずかしがりです。とコチラの都合には合わせてくれません。

150820_009
 釧路湿原は広いです。とても広いのに、どうしてここに集まっているのか!周りに草が食べやすいところもあるだろうに、密集しています。集団真理というのでしょうか。それとも、ここの草は美味しいのかな?

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2015年8月21日 (金)

今日の花

150820_004
 今日は25℃まで上がり、今(午後6時)でも20℃を越えています。目覚めた時は涼しい朝でしたが、夏がしっかりと居座っています。

 コスモスを撮ろうとしたら、ブーンとスジコガネ(たぶん)が飛んで来て、花に止まりました。止ったものの不安定なのか、花びらの上をあっちこっちと移動しています。「俺は宇宙(コスモス)の上に居る」と哲学的なことを言ったとか、言わなかったとか。

150816_003
 元気よく咲いている、オニユリです。青空に映えます!!
 赤い花びらに黒い斑点のドクドクしさが、鬼の名の由来だそうです。「~歩く姿は百合の花」と美人の歩く姿に形容されますが、「歩く姿は鬼百合の花」だと、とりあえず逃げ出します。
 鬼の名がついていますが、私ははっきりとした色がきれいな花だと思っています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]


|

2015年8月19日 (水)

今日のミンク

150812_018
 川を下っていると水面を移動する黒い奴。スーイ、スーイとミンクが泳いでいます。行く手を譲ろうとしたのですが、お互いにどうぞ、どうぞとなって、いつになく近づいてしまった写真です。

 このミンクの歴史は昭和2年に北アメリカから、毛皮を得るために北海道に連れてこられたときに始まります。多いときには5万匹ものミンクが北海道中の飼育場で飼われて、次々に子供を生んでは毛皮になっていました。
 一着のコートに50から70匹ものミンクが必要だったそうですが、そんなミンクのコートも今では流行らず、どこかのクローゼットで息を潜めてたりするのかも知れません。それとも、私の知らないようなパーティーでは、今でもマリリン・モンローのようなオネーさんが着てるのでしょうか。(発想が貧困な上に古い!)

 飼育場で飼われている間に、身の危険を察知して(きっと!)逃げ出したミンクたちが、今では釧路湿原のみならず、各所でかっ歩しています。
 それまでには、イタチとの抗争があったり、同じく外来種のウチダザリガニを食べたり、ニホンザリガニを食べて「ちぃせー!」と言ったこともあるでしょう。時にはタンチョウのヒナをゲットする奴もいれば、タンチョウの親に突かれた奴も居るはずです。生きて行くのは大変です。
 夜になると月を見ながら、嫁さんを相手に「人間の都合で外来種になってしまった!」とこぼしているとか、いないとか・・・・・。
 川の上で目があった時、そんなことを言いたかったのか!写真を見ながら、私の妄想が続きます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2015年8月18日 (火)

今日のトリカブト

150817_0121

 トリカブトが青い花を咲かせ始めました。この花が咲き始めると暑さもひと段落・・・・・と以前書いたら、その後の残暑が厳しい年もありました。ここ数年は「例年通り」が通用しないような気がします。

150817_003
 花の形が烏帽子のようだから、ニワトリのトサカのようだから、トリカブト(鳥兜)の名の由来だそうです。

150817_005
 よく見ているとハナアブが、花をひとつひとつ巡って蜜を集めています。トリカブトの花、葉、茎、根、全てに毒があり、もちろん蜜にも毒があります。人にとっては猛毒ですが、アブには問題ないのでしょう・・・・きっと。
 養蜂業の方は、この花が咲く頃は蜜が混じることを防ぐため、採蜜を止めるそうです。そういわれてみると、しばらく前に採蜜の巣箱が回収されていました。北海道の蜜の季節が終わったのでしょう。

 トリカブトの毒は犯罪に使われたり、ずっと昔から世界各国で毒物として扱われてきていますが、正しく使われると漢方薬にも使われています。だからそんな目で見ないでやってください、きれいな花です。(何に成り代わっているのだ、私)

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2015年8月16日 (日)

今日のエゾシカ

150813_004
 分かりづらい写真ですみません。
 湿原の道を走っていると、ぴょんと飛び出したエゾシカ君、リュックサックを背負って耳には飾りを着けています。(拡大するとなんとなくわかります)
 リュックサックでも飾りでもなく、発信機を背負った(背負わされた)エゾシカ君でした。発信機により、どんなふうに移動して、どの季節にどこで過ごしているのかを調査している、調査協力鹿でした。
 草むらに隠れて、こちらの様子を見ています。

 北海道のエソシカの適正な数は、10万から12万と言われていますが、現実には50万から60万のエゾシカが暮らしていて、農業や林業に多大な被害をもたらせています。このエゾシカ君の協力により、エゾシカの暮らしぶりが判り、増えているエゾシカの抑制に役立つのか!?

 そんなこととは露も知らない、エゾシカ君。「やけにみんな俺だけジロジロ見るんだよね~」と思っていることでしょう。
 今夜も鹿肉を食べつつ、エゾシカがどうして増えてしまったのか、考えたいと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2015年8月13日 (木)

今日の流れ

150812_015
 昨日に引き続き、道東一帯に降った雨に纏わるお話です。

 川下りのご案内の時、塘路湖にて練習して、塘路湖と釧路川を繋ぐアレキナイ川を下って釧路川へ合流しています。ところが、雨の影響で釧路川の水位が上がり、アレキナイ川が釧路川から塘路湖へと流れる、というちょっと楽しい状況となっています。
 何が楽しいかというと、
・アレキナイ川をゆっくりと楽しめます。
・しっかりとした漕ぎが出来るようになります。体力つくかも!!
・たとえ川岸の草に突っ込んでも、直ぐにバックできます。
などなど・・・・。数日はこの状況が続きますので、今がお勧めです!!!!
 初めてカヌーを漕ぐ方も、ちょっと頑張っていつもではないアレキナイ川を楽しまれています。

150812_013
 釧網本線の鉄橋が、いつも以上に近いです!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2015年8月12日 (水)

今日の雨

150811_020_2
 一昨日(08/10)は強い雨に鳴り止まない雷で、カヌーの漕ぎ方のレクチャーをしたものの漕ぎ出すことは断念しました。これも自然、しょうがないです。でも、上手い具合に、次の日(08/11)に皆様の予定が変更できて、川下り無事終了でした。
 川から上がった直後の写真です。雨雲が直ぐそばまでやってきていて、1km先は雨だけど、ここはまだ雨が降っていない中、またね~バイバイと言ったとたん、土砂降りの雨でした。レインウエアを着る間もありませんでした。無意味に水が滴ってしまいました。

150812_002
 今朝(08/12)、近所の坂道(下っています)です。砂利道の砂が流され、道が水の流れで掘られています。

150812_003
 誰かが意図した模様ではなく、水の流れや道の硬軟で、道の上に水の流れが蛇行を描いています。

150812_004
 きれいな模様が、道の上の流れに出来ています。雨は大変だけど、雨や水の作る様々な風景、大変興味深いです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

 

|

2015年8月 9日 (日)

今日のニワトコ

150802_010
 ガイド仲間や自然を観察されている方々と話していると、異口同音に出てくるのが、
ホザキシモツケ の元気が無い
・ニワトコの実のつきがとてもよい!真っ赤だ!
・蛾が多い
この夏の特徴のようです。

 写真はニワトコの樹。赤い実がとても目立つので、ここにあった、あっちも!とニワトコに気付いています。

150803_017
 ニワトコの実です。食べることは出来るようですが、食べ過ぎは下痢を起すとか。熟した実を食べてみましたが、食べ過ぎるほど食べたくなるような味でも無いような気がします。調べてみると、果実酒には良いようなので試してみようかと思っています。
 実だけでなく、樹皮や幹にも様々な効用があり、消炎作用があるので湿布薬のとしても使われていたようです。

 植物や昆虫の元気なこと、いまひとつなことは、気温湿度を含めた天候のせいなのか、それぞれの当たり年なのか、原因はわかりませんが(解っている方、教えてください!!)ぼんやりですが観察をしていると、毎年毎年違っていて面白いです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]
 

|

2015年8月 6日 (木)

今日の風景

150802_014
 鶴居村の昨日の最高気温33.4℃!!夏が思いっきりやる気を出しています。風があったのでなんとか大丈夫でしたが、風が無くてこの気温だと、人も家畜も野生動物も、畑の野菜も野の花や樹も、大変なことになっていたと思える8月5日でした。

150805_006
 「やはり水辺はいいよね~」と昼寝中のマガモ親子。川下りのカヌーに警戒することもなく、涼んでいました。あまりにも可愛いヒナを連れて帰りたくなります。

150805_016
 足元をブンブン、ガナガナ、そうでなくても暑苦しいのに!!良く見てみると、スズメバチとアブが取っ組み合いをしています。どちらも生きるのに必死です。

150805_008
 アレキナイ川のヤマブドウ、赤くなり始めました。実は緑色ですが、葉っぱは秋を感じ始めたのでしょうか。いやいや、まだまだ夏真っ盛りです。

 8月6日は日本にとっても、世界にとっても特別な日です。70年前の広島で何があったのか、なぜ起きてしまったのか、そんなことを思い出し、考え、想う日だと思います。
 世界の平和を祈ります。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]
 








|

2015年8月 4日 (火)

今日のクルミ

150729_0351
 クルミの木から実が、ポタリポタリと落ちています。7月後半から実を落としていましたが、ずいぶんと早いように思います。同じクルミの樹の元でキャンプをした十数年前の9月、強風の夜だったので夜中にテントの上に、ボトンボトンと実が落ちてきた覚えがあります。今年は8月中に全ての実が落ちるのではないでしょうか。

150727_025
 拾ったクルミです。食用のものとは違って、ずいぶんとこぶりです。梅のように果肉がついていて、その中に硬い殻があります。クルミの実として売られて、通常見るのは果肉がとれた残りの硬い殻です。梅で言うと種の部分を見ています。
 しっかりした実が落ちる頃には、リス君がやってきて食べたり、冬の食事用に隠したりの風景が見られることでしょう。

 7月の頭にはクルミの花 が咲いていました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2015年8月 1日 (土)

今日の月

20150731_0031
 昨夜の月です。同じ月(month)に2回の満月という珍しい、2015年7月の2度目の満月、霧も雲もなくすっきりとまん丸でした。
 月までの距離は約38万キロメートル、地球をゴロゴロと転がすと、9回半で月にぶつかる距離です。そんな遠くの月の引力で、潮の満ち引きがあったり、動植物にも影響があるとか。では、月は地球の引力をどんなふうに感じているのか?水が無いと影響は無いのか?地球から分かれた星なのか?神秘的なこと、物理や生物や天文色んなこと、満月を見ながら思いました。


 恒例となりました「加山到 応援プロジェクト」!!ドラマ出演、舞台も始まります。ぜひご覧ください!!

 = ドラマ =

9c0cf4b94ecd061db6ab2f899aa7fe49
 8月1日(今日!!)&8月2日 TBS 午後9時
 「レッドクロス ~女たちの赤紙」

= 舞台 =

Itaru  8月5日~9日   ウッディシアター中目黒
 劇団カンタービレ公演 「天(102, 102, 102); text-transform: none; text-indent: 0px; letter-spacing: normal; word-spacing: 0px; white-space: 使になりた~い!?」
 詳細は → → → 
「加山到のハマッ子雑貨飯店」
 舞台をご覧になった方、R[アール]のプログラム参加の際はぜひ「到の芝居を観た」「劇団カンタービレを観た」とお知らせください。「到割引き」いたします。

 東の端からR[アール]は、加山到、劇団カンタービレを応援しています。

 ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 
自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »