« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

今日の源流

160630_041
 今日の屈斜路湖付近は風はあるけど暑いそうだ、と聞きつけて北上。釧路川の源流部を下りました。

 まずは屈斜路湖に浮かんで、藻琴山、中島、和琴半島、近くになるにつれて、色が濃くなります。

160630_0091
 眺湖橋をくぐって、釧路川へ。きっと何百年も変わらない風景です。

160630_0101
 コンコンと水が湧いている「鏡の間」、静かな場所です。

160630_014
 時々狭くもなります。

160630_0261
 その昔、テレビのレポーターが「川底が紅葉しています」と言ったところ、ディレクターは「上手い!」と言ったが、そうか?それはともかく、綺麗な川底です。

160630_019_2
 水に浸かっているけど、元気な樹。今までどのくらいのカヌーを見送っただろうか。

160630_0401
 枝をくぐるときは、スミマセンとお辞儀をしながらくぐります。

160630_049
 流れの速いところは、気をつけて!写真を撮っている場合ではない!!

 ゆっくりと、川の流れに任せての川下り。暑い位の気温が心地よかったです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月27日 (月)

今日の紀信

160627_0051
 どんなもんじゃい!と私が威張ることも無いのですが、正々堂々と青空、晴れです。雨雨雨、ちょっと晴れ、雨雨・・・・・・という天気が続いていたので、青空がうれしいです。久しぶりの20℃越えでした。

Jy
 行きたいと思いながら遅れ遅れになり、会期の終わり間際に出掛けました「篠山紀信展 写真力」、帯広美術館。馴れた帯広への道130km、車で2時間でした。

 篠山紀信が素晴らしい写真家であることは当たり前ですが、美術館での展示は大迫力でした。今まで写真集やネット上で見たことある写真がまったく違って見えました。また、展示の仕方、見せ方も(写真の組み方というのかな)素晴らしかったです。
 写真展の様子、新聞社のサイトです→→→http://goo.gl/OM1mwc  
 数年前の東京での様子です→→→http://goo.gl/CPSQkU

 心に残った作品について、いろいろです。↑↑上のサイトでも見ることができるものもあります。ぜひ、ご覧になってください。
・山口百恵18歳、色っぽいです。大原麗子、夏目雅子、宮沢りえ・・・皆きれいです。元々きれいな方から、さらに美しさを引き出すのが写真家なのでしょう。
・スポーツマンの肉体、時には笑顔、美しいです。
・1995年、貴乃花と曙が横綱だった時、国技館に相撲関係者一同(力士、行司、親方、呼出・・・・)の写真、手前から奥まで端から端まで焦点が合っています!!そして写っている1000人(くらいかな?)の皆しっかりとカメラを見ています。どうやったらこれだけ多くの人を集中させられるのか!
・若い頃の黒柳徹子、ちょっと浅野あつこに似ているような・・・・。
・1992年、出来立ての東京都庁をバックに、座頭市姿の勝新太郎、存在感あります!この写真の意図は、座頭市のきめゼリフ「嫌な、渡世(都政)だな」なのか?!
 写真を思い出して、あれこれを興奮気味に書いてしまっています。

 素晴らしい写真展でした。来年は横浜でも開催される様子、お近くの方はぜひ!!お勧めします。

 やっぱり、もうひとつ!
 一番心に残ったのは、Jonh&Youkoの写真。美術館の入り口にドーンと!いきなり見入ってしまいました。
 この写真がジャケットとなったアルバム(もちろんレコード!)の発売直後にJonhは撃たれてしまいました。1980年12月9日、高校卒業目前でした。事件のこと、自分のこと、当時の社会やいろんなことを思い出しました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月25日 (土)

今日のタンチョウ(ヒナ)

160625_0041
 川を下っているとタンチョウの一家に出会いました。この時期はヒナたちは飛べないし、親鳥のように早く歩くこともできないので、岸辺に現れることは少ないのですが、雨のために人通り(カヌー通り)が少ないので岸辺へやってきたようです。
 遠くに見つけたので、まずカヌーを反対岸へ。漕ぐのを止めてゆっくりと進み、ヒナが親と一緒に隠れられる時間を稼いでやります。だったのですが、カヌーが反対岸へ避けたので良しとしたのか、急いで逃げる様子もありませんでした。反対岸に沿って、一番近寄った時に写真を一枚撮って、そこからはスピードを上げて一家から離れました。
 先日のブログ(その1 その2 )の釧路丹頂鶴自然公園のヒナよりも小さいので、生まれて30日位でしょうか。2つ産んだ卵の2つとも孵り育っているようです。トーちゃん、カーちゃんの言うことを聞いて、大きくなるのだよ!!

 川下りをしていると、タンチョウ以外にも鳥や動物に出会うことがあります。湿原の中は彼らがのんびりと暮らしているところです。我々がお邪魔していると考えて、彼らの生活を脅かさないように、これからも心掛けたいと思います。
 決して、近付いたり、その場に留まって見続け写真を撮ったり、上陸して追っ掛けたりしないようにと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

 

|

2016年6月24日 (金)

今日の空

160624_002
 青空、ほぼ2週間ぶりの青空です。太陽を久しぶりに見ました!!
 ここしばらくは、レインウエアの人、雨粒を頭にのせているミヤマクワガタ、雨粒が怪しい模様を作っているアヤメなどなど、雨付きの写真でしたが今日はしっかりと青空です。

 たくさん降った雨、土にしみた水分が葉を開かせ、グングンと緑の体積が増えました。夜になって涼しいけれど、しっかりと夏が近づいてきています。
 釧路湿原の緑、ただ今最高です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月22日 (水)

今日の花

A001
 アヤメの名前の由来は、花弁の元に網の目模様があるというのは、いくつかある諸説のひとつです。網の目をよく見てみると、複雑な柄です。

A002
 次々に咲いて、しばらく楽しませてくれます。

Z002
 エゾカンゾウ、エゾキスゲ、ゼンテイカ、いろいろな名前で呼ばれています。緑の中の黄色い花、目立ちます。

Z003
 庭の草刈の際、このゼンテイカを避けて刈って、次の年も避けて、避けてとしているうちにずいぶんと咲くようになりました。この庭とも10年の付き合いです。

Z004
 これからも、まだまだ咲きます!

160621_010
 花ではありません、キノコ、ナメリスギダケモドキです。昨年のブログ で紹介したときと同じ場所から大きくなっています。水の状況もほぼ同じ・・・・、季節は昨年は秋でした。

 雨が降って、水を吸ってどんどん育つ植物。雨、曇天が続いています。暑い地域の方々、避暑にいかがですか!!涼しいですよ!!お待ちしています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月20日 (月)

今日のミヤマクワガタ

160620_003
 屋外の流しを、ミヤマクワガタが歩いていました。シンクの壁は滑るので、登れないようです。助けてやろうとしたところ、生意気にも顎を開いて、前足を伸ばして威嚇してきましたが、山へお帰りとなりました。5,6年前にもここに落ちていて、3年前には家の中で捕獲されたミヤマクワガタ、同じヤツではないでしょうが、我が家に寄り付きたい家系なのかもしれません。

 雨だった今日、ミヤマクワガタの頭にも雨粒がのっています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月19日 (日)

今日のアカゲラ

20160616_002
 森を歩いていると「チチチチチチチチチ」と聞こえてきます。耳を澄ませて探してみると、大きな樹に直径5cm位の穴からです。

20160616_0031
 穴を見ていると、やってきたのがアカゲラ、頭の色からしてお母さんのようです。「うちの家の前でなにしてるの!」とオカンムリのようです。よく見てみると、たくさんの毛虫を咥えているようです。穴の中で鳴いて待っている、ヒナたちに食べさせるために運んでいるようです。お邪魔をしてはいけないので、早々に退散しました。
 鳴き声を最初に聞いたところへ戻ると、ヒナたちの声は聞こえず、お母さんの姿も見えません。穴の中でヒナたちはエサをもらっているのでしょう。しばらく、子育てが続きます。ヒナも親鳥も頑張れ!!

 昨年立ち上げたR[アール]キャッチボール部 、いろんな人をときどき無理やりに仮入部させて、遊んでいただいています。

160619_0071
 「今日の部員」小さな友達です。なんで、このボールは丸く無いの?とがってるから恐い、とか言いながらしばらく付き合ってくれました。ありがとう!!
 フットボールの楕円球ご興味もたれた方、いつでもお声掛けください。キャッチボールしましょう!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月17日 (金)

今日の食事中

 北海道の空が、無闇に本気を出して、昨夜より雨が降り続いています。

001_2
 先日、釧路市丹頂鶴自然公園 に行った時の風景です。
 手前の高さ70cmくらいの四角の箱がエサ箱です。

002
 エサを咥えて、ヒナの元へ運びます。

003 ヒナに「こういうの食べるのだよ」と教えているのでしょうか、しばらくヒナに見せているようでした。育ち盛りのヒナ、アッという間に平らげて、お父さんはエサ箱へ、ヒナとエサ箱の間を行ったり来たりしていました。

005
 お父さんと判ったのは、足につけている番号が書かれている標識のおかげです。標識の一覧表です。 「016」2005年釧路湿原で生まれたオスということが判ります。このオスの名前はドウサン、相方のメスはエムコ1992年生まれと姉さん女房です。
 皆さんの写した鶴の写真にも、標識をつけたものはいませんか?上の一覧表を見ると、いつどこで生まれたかや性別が判りますよ。

 もう1枚。004_2
 この公園ではゲージで囲まれていますが、上は開いているので、ご覧のようにカラスが入ってきたりします。でも、このエサ箱には高さがあるので、底に置いているエサを取ることはできません。また、狭いので中に入ることもできず、エサ箱の周りをウロウロとするだけです。まるでイソップ童話に出てきそうな風景です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月15日 (水)

今日の温根内

F01
 数日前、鶴居村の南にある温根内の木道を歩きました。
 ミツガシワ、たくさん咲いていました。ミツガシワと聞いて、土佐藩山内家が出てくる方は、よほどの幕末好きです。
 ハナアブたち懸命に蜜を吸っています。まさか受粉請負人を任されているとは思ってもいないでしょう。

F02
 緑の中のカキツバタ。よく見てみるとつぼみがたくさんです。しばらくの間、次々に咲くことでしょう。
 自宅の近くの散歩道にはアヤメが咲いています。カキツバタ、アヤメ、ショウブ、この季節になるとどこがどうちがうか、復習する毎年です。

F03
 高層湿原ではイソツツジが咲いていました。磯でも無いのにイソツツジとは、蝦夷つつじが間違って伝わったとか?動植物の名前の語源、調べてみると面白です。

F04
 天気が良くなると一斉に鳴き出すエゾハルゼミ。多くの仲間と離れて、低い草の間にいました。離れたのか、これから皆のところへ行くのか。我が家の畑のニラについていたこともあります。

 プラプラ歩いて見つけた、いろいろでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月13日 (月)

今日の釧路湿原

160612_006p               (画像クリックで大きくなります)

 今日は朝から小雨がずっと続いている、釧路湿原です。雨が降ったら水分をたくさん取って、陽を浴びて、緑がグングン広がってゆきます。上の画像は昨日の釧路湿原、緑のところとまだ茶色のところがありますが、もうしばらくすると緑一色になります。画像は昨日の釧路湿原です。

 湿原の中に入ってみると・・・・・・・

Midori
 昨年の枯れたヨシがまだすっくと立っていて、その下から今年の新芽が伸びてきています。ひと月もすると、緑の新芽がさらに伸びて、茶色の枯れた茎を隠してしまいます。

 新芽の根元にはたくさんの枯れた植物があります。昨年枯れて倒れた茎、その前の枯れた茎、気温が低いこの地では、分解がゆっくりと進みます。また湿原の水の中に入って泥炭になるもの、天候や地形や地質が様々重なって釧路湿原は保たれています。

 高いところから、オジロワシの目線で見る釧路湿原、水の高さから見るカモの目線、いろんな目線で見てみると見え方が違って見えて、楽しいです。お試しください。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月11日 (土)

今日の雛

20160610_032_2
 5月2日に孵ったタンチョウの雛です。名前はまだ無い、そうです。釧路市丹頂自然公園 で生まれた雛、元気に育っています。

 生まれてほぼ40日、足が成長してトップヘビーです。まずは足がしっかりして、移動ときには逃げれるようになります。自然の中では、動けることは自分
を守ることでもあります。

20160610_030_2
 羽を広げるとこんな感じ。風を捕まえるには、翼の面積も筋力もまだまだのようです。8月後半には飛べるようになります。
 トーちゃん、カーちゃんの言うことを聞いて、しっかり食べて、大きくなれよ!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月 8日 (水)

今日の北根室ランチウエイ

 昨年の10月、北根室ランチウエイ (71.4km)を3日間の予定で歩き出したものの、早めの雪にやられて、第5、第6ステージを残して断念したました。(詳しくはこちら)やり残した区間を終えるべく、再び集まった昨年のメンバーと新たな1人で先週末歩きました。A160604_006
 歩き始めようとしたら、雨!昨年の雪と比べればたいしたこと無い!レインウエアを着て歩きます。数日前に降った雪はご愛嬌、西別岳 を登ります。

160604_008_2
 雨に風に霧、眺望は無し。でも、道は続きます。
 この風景、デジャヴ のような・・・・

A160604_009
 摩周湖の外輪を歩きます。湖のそばにいるけど見えません。そのまんま霧の摩周湖!!

A160604_012
 登ったら、下ります。雨は止んだかなと思ったら、また降り出します。レインウエアの1日でした。

160604_010_2
 年代物の標識。手描きが、いかしています。

160604_012
 人は通って良いけど、鹿は通れないゲート、人と鹿のせめぎ合いです。
 ご覧のような道標が整備されています。コースの草刈りや案内の整備、ありがとうございます。

160604_013
 摩周登山道の踏み切り。摩周第一展望台から摩周岳の間を探しても、見つかりません。

 そんなこんなで、雨に降られながらも北根室ランチウエイ第5、第6ステージ(合計17.5km、西別岳登山を含む)を無事に歩き終えました。

 北根室ランチウエイの71.4km、通して歩くも良し、数回に分けて歩くも良し。季節を変えて歩くも良し。
 歩き終えて、また歩きたくなりました。興味をお持ちになった方、ぜひお勧めします。ご希望の方、一緒に歩きませんか!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月 5日 (日)

今日の雪

160604_005
 昨日(4日)、西別岳に登りました。数日前に北海道を覆った寒気の影響で、降って積もった雪がまだ残っていました。この時期でも高い山の上が白くなっていることはありますが、標高799mとそう高くない山に6月に雪が降り積もるとは、強力な寒気でした。
 足がとられるほどの残雪ではありませんが、吹きすさぶ風と雨、まったく見えない風景の中を歩いた我々一行でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月 3日 (金)

今日の花

Korin
 記録的な寒気が入ってきて、曇って寒かったり、今朝の最低気温が0.9℃だったのがすでに(午前9時)12℃まで上がっていたり、明日は雨の予報だったり。めまぐるしい天気のこの頃です。

 それはそれとして、花が次々に咲きます。エゾノコリンゴ、ずいぶん咲いていますが、またつぼみが控えています。

Miyama
 ミヤマザクラ、白い桜で花が小さいので寂しいという方もいますが、静かに咲いた感じが好きです。

 先日暑くなったときに鳴いていたエゾハルゼミ、ここ数日寒かったので鳴き止んでいましたが、今日の陽気に誘われて再び鳴き出しました。土から出ようとしたのを一旦止めて、仕切りなおして出てきたのかな?

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年6月 1日 (水)

今日のエゾシカ

160531_0061
 今日も朝から雨がシトシト降って、寒い一日です。なんでも6月にしては、今世紀(まだ16年だけど)最大の寒気が北海道を襲っているとか。久しぶりにストーブに火を入れました。

 昨日の川下りです。
 雨は夕方からの予報でしたが、朝から霧雨の釧路湿原でした。雨も自然のうち、楽しみましょうと静かな川を漕ぎました。

 カーブを曲がった先には何かある!曲がった先にはエゾシカが4頭、瑞々しい若い草を食べているところでした。我々を見て「川を何かが流れてる?カモでもないし・・・頭は2つあるし・・・」そんな事を思っていたのか、なかったか。

 野生の動物に出会うとテンションがあがって、「わーー!エゾシカ!!!」「キタキツネ!!!」となりがちですが、落ち着いてそっと見てやると、彼らも安心してこちらを観察します。出会ったときは落ち着いて、彼らの場所にお邪魔させてもらいます。
 でも、ヒグマのいるようなところでは、早めに気づいてもらうため大きな声で声を掛けたり、手を叩いたり。動物によって、場所によって付き合い方が変わります。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »