« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

今日の降水量

160827_0071_2
 画像は数日前、天気の良かった日の岩保木水門。本来ならこの旧水門前は、D001
こちらのように、陸地があり釧路川の水は旧水門と触れていませんが、記録的な降水量のため、1枚目のようなっています。Mさん上空からの写真ありがとうございます。

 先日より、記録的な降水量と書いていましたが、1910年明治43年から始まった釧路の気象観測史上、今月2016年8月は最大の月間降水量となります。
http://goo.gl/pkLFMX (8月30日までの記録は31日に更新されます)

 今までもっとも降水量が多かったのは、1920年大正9年8月のことでした。96年前の8月には何があったか、釧路の市街地のほとんどが洪水で水没した釧路川大洪水のあった月です。
 今は、防災(対洪水)の対策の違いや、雨の降った日数の違いなどがあるので、大きな被害は報道されていませんが、96年目の大雨です。

 釧路川大洪水についてのサイトです。ご興味を持たれましたら、ぜひご覧下さい。当時の写真もあります。
http://www.ks.hkd.mlit.go.jp/bousai/kouzuit9.html
http://www.ks.hkd.mlit.go.jp/kasen/nframes/03.html 
http://www.ks.hkd.mlit.go.jp/kasen/03/03-popup/03-A.html

 上記サイトにありますが、この釧路川大洪水を受けて新釧路川の掘削、他の川の直線化が行われました。そして、上の画像の岩保木水門が出来ました。
 また、別の機会に書きたいと思いますが(タブン、キット!!)、釧路湿原に飛び出している岬、宮島岬という名前が出来たのも、元を辿ればこの洪水です。

 自然災害は洪水だけではありません。暴風、大雪、台風、地震、火山などなどありますが、出来るだけの対策を個人でも行わなければならないと思う、雨の日でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年8月28日 (日)

今日の釧路湿原

160827_055p
 月間の降水量が、水の溜まっている風景と同じでは無いでしょうが、106年間の観測史上、月間降水量が2番目となっている今月、1920年8月以来の風景かもしれません。

 昨日、釧路湿原の東の展望台、細岡展望台へ行きました。私にとっては、1998年に見た以来の湿原水浸しです。18年前を思い出すと、次の年の植物に様々な影響があった様に思います。さて、来年の夏は・・・・・、いえいえ、今年の夏はまだ終わっていません!!

 同じ場所の画像を探してみました。

 2016年雪の季節20160206_012
 数日違った、同じく雪の季節 夕暮れ時20160211_050
 2016年 若葉のころ(B.G.M.はBee Gees Lyrics there no relation20160610_082
 風景は様々変わります。天気も含め自然とあそぼう、楽しみたいと思います。

160827_057_2
 昨日の日没前、釧路湿原の水に浸かった樹に陽が沈みます。
 今日(28日)は小雨交じりの1日でした。明日はどんな天気、どんな風景が見られるでしょうか、楽しみです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年8月26日 (金)

今日の線路

 またまた雨が降っています。複雑な動きをする台風10号の影響で、またもや雨です。今月は釧路の気象観測史上(106年間)で、最も月間降水量の多い月となりそうな勢いです。
 ところで、以前は「迷走台風」と言っていた台風、今は「複雑な動きをする台風」と言うそうです。ラジオを聞いていて、聞き慣れない言葉だと思って調べると2007年から改称されたそうです。確かに台風は意思を持っているわけではないし、迷ったりしているわけではないので迷走とは言わないの・・・・かな。

160825_013
 線路は続くよどこまでも。釧路と網走を繋いでいる(上りは網走方面なので、網走と釧路を繋いでいるが、正解かもしれない)釧網本線です。単線ですが、この先の塘路駅で行き違えれるように、複線になっています。

 線路を良く見てみると、

160825_014
レールが錆びています。ここ1週間近く運休しているため、レールに錆が浮いています。釧網本線、いつになったら再開するのでしょうか。

 線路は続くよどこまでも。アメリカ民謡として知られていますが、元々は純粋な、線路をひく工夫たちの労働歌であり、時には猥歌としても歌われたようです。道東の樹は、アメリカに枕木として、輸出されたそうですが、その枕木もこの労働歌を聞いたのかな?
 また、日本に入ってきて1960年代に童謡として歌われましたが、その日本語歌詞の原案は、できるかなのノッポさんが作ったものだとか。
 ちょっと錆びたレールを見ながら、♪線路は続くよどこまでも♪と鼻歌まじりでいろいろ想いました。

 ♪線路は続くよどこまでも♪

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年8月24日 (水)

今日の増水

20160823_002
 一週間で台風が3つ!昨日(23日)やってきた台風9号は、道東を駆け足で抜けて行き、台風一過の青空、日没時には綺麗な夕焼けを見せてくれました。自宅西窓からの風景です。

160824_0071_2
 増水して普段入れない森の中へ。水の中から樹がすっくと立っています。増水時にしか見れない姿です。

160824_0461
 先日のブログ と、ほぼ同じ場所です。こちらも樹の根が、しっかりと水没しています。

160824_0721_2
 岩保木水門から見た釧路湿原。川も湿地も、すべて水の下です。そんな釧路湿原を見守っているかのような、雄阿寒岳と雌阿寒岳。

 天気も自然の一部であるのだと強く思った、増水中の釧路湿原でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年8月22日 (月)

今日の釧路川

 記憶を辿ると、R[アール]を始めた次の年、1998年8月がとてつもない大雨の月でした。調べてみるとこの月は、釧路の1910年からの記録上、8月の月間降水量では、3番目の記録です。この記録、2番目の記録も抜きそうな勢いの今月です。

160822_001
 塘路湖と釧路川を繋いでいるアレキナイ川、この川を跨いでいる釧網本線の鉄橋(正確には橋梁)、カヌーでは潜れなくなっています。ご注意ください。

160822_006
 釧路川を何度か下っている方は分かると思いますが、増水して岸が無くなって繋がっています。分かる方、いらっしゃいますか?

Esu
 赤で囲まれたところ、その他たくさんのところが、水の下です。

 今日も川下りを楽しみましたが、状況は刻々と変化します。状況の変化の確認、ご自身の力量の把握、自分自身を守ること、十分理解して、川下りを楽しみましょう。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年8月21日 (日)

今日の別寒辺牛川

 北海道はいつから、台風銀座となったのでしょうか。
 今年の台風経路     http://goo.gl/MbpoB2
 現在の台風の行方   http://www.jma.go.jp/jp/typh/
 今夜は釧路に上陸予定ですが、ただ今19時、静かです。そろそろ、しっかりと太陽が見たい、ここしばらくです。

160819_0011
 今年日本初上陸だった台風7号の通過後の19日、雨と雨と間を縫って別寒辺牛川を下りました。

 増水しているので、駐車場からのアプローチが楽です。

160819_007
 この樹はぎりぎり岸にあったような、気がします。川にしっかりと浸かっています。

160819_008
 緑の葉が水に浸かっているのは、つい最近の増水か、樹が倒れたか。この樹は倒れていたようです。南から北へ、風が抜けた方向に倒れています。

160819_006
 ポチャンと倒れると、川を塞ぎそうです。元気でいてください。

160819_0041
 雨には当たらず、空が明るくなってきています。

160819_010_2
 太陽はほんのひと時でしたが、青空をしばらくぶりに見た、釧路の東、別寒辺牛川でした。

 川の状況は常に変わるので、ここが安全、ここが危険と安易に川情報を出さないことにしています。今回下った別寒辺牛川、川に倒れている樹があるので通常より難易度が上がっています。気をつけて、川を、自然を楽しみましょう。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年8月18日 (木)

今日の台風

 昨夜の襟裳付近に上陸した台風は、大急ぎで北海道を北上したようです。昨夜の午後8時頃には22mもの風が吹き抜けていたようです。

160818_007
 朝起きてみると、南東からの風にやられたのでしょう、ミズナラが途中から折れて家の出口を塞いでいました。この折れた樹の先端付近は通常車を止めているところ、もしいつものように車を止めていたら・・・・・窓ガラスくらいは割れていたかも知れません。いつもと違うことをして、ラッキーでした。

160818_012
 ラッキーといつまでも喜んでいられません。ガイド出動のため、車の通り道を確保するため、朝の7時からチェンソーで折れた樹を取り除きました。根元から倒れていると切り刻むだけですが、幹の途中から折れているので、切り落とすのがちょっと厄介でしたが、20分ほどで片付けました。
 片付けの時に犬の散歩のご近所さん、大変ですねと言いながらミズナラと知ると、薪ですね!と。さすが薪ストーブ利用者さんです!!

 折れた樹には、たくさんの木の実がついていました。もしかしたら、この樹は豊作の年だったのかも。木の実を食べたい、動物、鳥の皆さん、残念でしたね。でも一番残念なのはこの樹です。でも、折れた下の部分は元気そうなので、これから先の長いもち返しが楽しみです。

 台風の影響で、昨夜午後8時前から停電となりました。少しの復旧が二度ほどありましたが、完全復旧したのは午前5時20分くらいでした。遅かった晩御飯はローソクの明かりで食べて、速攻睡眠の嵐の夜でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年8月15日 (月)

今日のタンチョウ

160814_026
 台風6号は、少々の雨と少し強めの風が吹き、オホーツクの海へ去っていったようです。
 台風がやってくる前日(8/14)のタンチョウ一家。コンパクトカメラの画像ゆえボケボケ、ユレユレご容赦ください。

 前回 のタンチョウ一家と同じと思われる、家族。同様に親が1羽岸を飛んで渡り、もう一羽も飛んで渡り、いよいよ雛鳥!

160814_010
 まだ飛べないようです。ピーピーと鳴きながら親鳥を追って渡ってゆきます。

160814_015
 流されます。フェリー・グライド(カヌーの技術です)ができないようです。親と離れて、ピーピーです。

160814_017
 岸の近くは流れが緩いのさ、と戻ってきます。

160814_020

 上がる場所が見つかりません。浜の少ない釧路川です。

160814_024
 エイやと羽ばたいて登ります。

160814_025
 なんとか、岸に登れて親子が無事に一緒になりました。そして、一枚目の写真となります。
 親鳥は雛鳥に「岸に登る時、お前飛べてたよ」と言っていたとか。もうすぐ飛べるぞ!Baby!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年8月13日 (土)

今日の動物たち

160813_0021
 今日のミンクは活発でした。大人らしきミンクに遭遇すること3回、子供らしきベージュっぽいミンクに3回。きっとなにかフェスティバルです。

160813_0031
 向こう岸を歩くタンチョウ一家、ヒナも大きくなりました。この後、一羽の親が飛んで岸を渡り、その後もう一羽の親が飛んで岸を渡り、そしてヒナの飛翔!と期待しましたが、泳いで岸を渡っていました。川を渡っている姿も貴重なので、写真を撮りたかったのですが、コンパクトカメラの域を越えていました。残念!

160813_0011
 大きくすると(クリックしてください)分かるのですが、頭がゴツゴツしています。若いオスなのでしょうか、これから角が生えてくるようです。今年が初めての角なら、ゴンボ(牛蒡)角と呼ばれる、枝分かれしていない角です。イッチョマエの顔つきになります。

160813_0081
 子「カーちゃん、カヌーのアイツいつも俺たちのこと見て、『美味しい』とかいってるけど、どういうこと?」
 親「とにかく、目を合わせんとき!」

 写真に撮れなかったヤツも含め、今日もいろんな動物に会いました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年8月11日 (木)

今日の釧路川

Ka4
 ここ数日の釧路川です。

 どんな笑い声を立てて笑ってやろうかと思った、台風がかすめていった翌日の青空。いろんな雲があるのは、上空の大気が動いているからかな。

Ak2
 ノロッコ号と遭遇、お互い手を振る平和な時間。

Ka3
 暑い日には、変温動物も泳ぎます。今日は3匹泳いでいました。バサロとは違い身体の横の動きで進みます。

Ka5
 釧路湿原、増水中。西の鶴居村から、釧路湿原を横断している久著呂川が東を流れる釧路川に合流するところ。

Ka1
 岩保木水門、ただ今補修中!!

 台風が近付き、雨の日もありましたが、ここのところを良い天気が続いています。釧路の短い夏といいますが、本当に短いのか、残暑が続くのか!立秋が過ぎた今は既に残暑!まだまだ夏は続きます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年8月 9日 (火)

今日の菱

160805_0181
 小さな白い花が、菱の花です。花は1cm位、揺れる、動くカヌーの上からは、なかなか撮れません。
 葉っぱの形は歪ではありますが、ひし形です。この葉の形が、ひし形の元になったそうです。花に虫がやってきています。虫たちが介在して、受粉が行われ、秋にはたくさんの実をつけます。菱はたくさんの実をつけることから、多産を願い、雛祭の雛壇には菱餅が供えられるのだそうな。

 この季節、短い花の季節、そんなことを思いながら、菱の花の見ながら、カヌーを漕いでいます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年8月 6日 (土)

今日の胡桃

160805_001
 胡桃の実です。皮や果肉に覆われていて、その中に硬い殻がありその中に食べる部分があります。・・・ようは、胡桃の実は梅と同じように皮も果肉もあり、よく見る硬い殻は、梅で言うと種の部分ということです。
 でも今落ちている実はまだ若いのか、中には硬い殻ができていないようです。それとも、殻ができないようなやつが、早くに落ちているのか?ご存知の方、教えてください。例年9月頃に落ちる実には、硬い殻ができています。

160805_014
 こんなふうに実っています。この樹は、例年と比べるとずいぶんと豊作のようです。

160805_003
 胡桃の葉っぱ。複葉と呼ばれる、小さい葉がいくつも集まった形です。これで一枚の葉っぱです。

160805_006
 葉っぱが枝とくっついていた部分を見ると、お猿さんの顔です。枝にも同じような顔が残っています。胡桃の木を見つけたら、探してみてください。
 なお、北海道には野生の猿は居ません。

 おや?胡桃の話をしていたら、猿の話になっていました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年8月 4日 (木)

今日の青空

160804_0101
 今日は朝から晴れ、青空、正しい夏の雲、そんな一日でした。トンボも青空に飛び込んでいます。

 先週末辺りから雨が降って、気温が上がって来てと北海道にしては珍しくムシムシとしていましたが、この晴れで気温は夏らしくなり、湿度は解消されるでしょう。ようやく、東の端でも夏が本気を出してきたようです。

160804_018_2
 今日出会った、釧網本線を走る観光列車・くしろ湿原ノロッコ号、乗客は満員だったようです。見知らぬ方に手を振られたり、写真を撮られるのは恥ずかしいですが、お互い笑顔でやり取りしてるとき、とても平和な気持ちになります。

 いつでも、どんな時でも、そっちはどう?楽しい?気をつけて、とお互いを思いやれるような気持ちでいたいなと、手を振りながら思うのでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »