« 今日の釧路湿原 | トップページ | 今日の花火 »

2016年8月30日 (火)

今日の降水量

160827_0071_2
 画像は数日前、天気の良かった日の岩保木水門。本来ならこの旧水門前は、D001
こちらのように、陸地があり釧路川の水は旧水門と触れていませんが、記録的な降水量のため、1枚目のようなっています。Mさん上空からの写真ありがとうございます。

 先日より、記録的な降水量と書いていましたが、1910年明治43年から始まった釧路の気象観測史上、今月2016年8月は最大の月間降水量となります。
http://goo.gl/pkLFMX (8月30日までの記録は31日に更新されます)

 今までもっとも降水量が多かったのは、1920年大正9年8月のことでした。96年前の8月には何があったか、釧路の市街地のほとんどが洪水で水没した釧路川大洪水のあった月です。
 今は、防災(対洪水)の対策の違いや、雨の降った日数の違いなどがあるので、大きな被害は報道されていませんが、96年目の大雨です。

 釧路川大洪水についてのサイトです。ご興味を持たれましたら、ぜひご覧下さい。当時の写真もあります。
http://www.ks.hkd.mlit.go.jp/bousai/kouzuit9.html
http://www.ks.hkd.mlit.go.jp/kasen/nframes/03.html 
http://www.ks.hkd.mlit.go.jp/kasen/03/03-popup/03-A.html

 上記サイトにありますが、この釧路川大洪水を受けて新釧路川の掘削、他の川の直線化が行われました。そして、上の画像の岩保木水門が出来ました。
 また、別の機会に書きたいと思いますが(タブン、キット!!)、釧路湿原に飛び出している岬、宮島岬という名前が出来たのも、元を辿ればこの洪水です。

 自然災害は洪水だけではありません。暴風、大雪、台風、地震、火山などなどありますが、出来るだけの対策を個人でも行わなければならないと思う、雨の日でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 今日の釧路湿原 | トップページ | 今日の花火 »