« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

今日のテンナンショウ

160929_005_2
 先日の赤に続くような赤、真っ赤。それがたくさん、トウキビのようにツブツブが集まっています。コウライテンナンショウなのか、マムシグサなのか?調べてみましたが、判断できず・・・・・テンナンショウ属の植物で間違いありません。有毒ではありますが、デンプン質を多く含むので、工夫をして食したとか。有毒であることがわかっているのに、工夫して食べるのは美味しいからなのかと思うと、この毒は口の中をただれさせるので、飲み込むのだそうな・・・・余程のことがないと食べないほうが良いようです。
 漢方にも利用されるようですが、天南星(テンナンショウ)というのだとか。実際にある星なのかと思い調べてみましたが、実際にある星ではなく、占いなどで利用されるもののようです。詳しい方教えていただけるとありがたいです。

 このようなドクドクしい色なので、この時期に下草が枯れてくると、ひょっこりと現れたように目立ちます。こんな色をしていますが、テンナンショウ属はサトイモ科、ミズバショウと同じ科なのだと思うと、サトイモ科の奥は深そうです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年9月27日 (火)

今日のエゾシカ

160927_0021
 9月も終わりに近付き、秋が深まると、エゾシカの皆さんは段々と冬毛に変わり、周辺の樹にまぎれる様な毛となります。それと共に、恋の季節です。

 夕方近くになるとオスジカが「くぉー~ーん」と鳴き、メスへのアピール、オスへの縄張り宣言や優劣を競う鳴き声、シカの世界もいろいろと大変な様子です。
 10月、シカたちが活発になるシーズンです。

 写真のオスジカの角、とても立派です。身体つきもずいぶんと大きいようなので、この辺りを占めている大物のようです。実際は背景の樹に隠れて、近くに寄るまで、見つけることが出来ませんでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年9月25日 (日)

今日のほおずき

160925_006
 R[アール]農園にほおづきが実っています。苗をいただき、植えていたのが育ちました。
 観賞用は毒性が強いようですが、これは食用なので頂きます。

160925_009
 漢字で書くと、「鬼灯」や「酸漿」。赤くなった時の色や形が「鬼の灯」という感じです。また、中国からの漢方では、根を「酸漿(さんじょう)」といったことから酸漿と書くそうな。どちらの漢字も食べて良いのか?と思うような字面です。でもこれは食用、大丈夫、だいじょうぶ。

160925_011
 外の皮?袋の中に果実があり、こちらを頂きます。「外の皮」とか「中の果実」とか言っていますが、正確な呼び名は???ご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。
 写真のものは、まだ熟してはいませんでしたが、熟して黄色になった実は甘くて少し酸っぱい、もうひとつ、もうひとつとなりそうな味でした。

 関西ではほおずき市などは盛んでなかったので(私が知らないだけなのかな?)、成人するまでほおずきのことはよく知りませんでした。関東では、夏にはほおずき市のことや、どこでほおずきが売っていた、育ったよと聞き文化の違いを感じました。北海道でも聞かないように思うのですが、いかがでしょうか。

 「ほおずき」と聞くと、昔から連想してしまうのは・・・・・・

*注 歌詞の内容と「ほおずき」は全く関係ありません。当たり前だ!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年9月23日 (金)

今日のタンチョウ

160923_0031
 季節の移り変わりのせいか、木の根が水に浸かっているせいか、樹木の葉の色がどんどんと秋色になってゆきます。いつもの年より、少し早いようなきがする釧路湿原です。

 先日は、ほぼ同じところでエゾシカの親子が水草を食べていましたが、今日はタンチョウが水草を食べています。シカとタンチョウが同じものを好むとは思えませんが、なにやら美味しいものがある場所のようです。

 このタンチョウ(右岸に居ました)を見つけて、左に避けてやると、左の岸に相方がいて「グゥロロロロ」と警戒の声で鳴き出したので、急いで下流へ・・・。その後は鳴かなかったので、「追い払ってやったぜ」と思われているのかもしれません。その通り、追い払われました、驚かせてスマン。その間、右岸のタンチョウは一度顔を上げただけ、「流れて行ってるなら、ええやん」と思っているのか、食べるのに夢中だったのか。なるべく迷惑を掛けないよう心掛けているので、これからもよろしく。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年9月21日 (水)

今日の赤

20160921_004_2
 5時過ぎに目覚めると、窓の外が赤くなっています。上の画像ではオレンジ色ですが、実際はもっと赤かったような・・・気がします。昨日夕陽も赤かったのですが、今日の朝陽も♪真っ赤に燃えた太陽だから♪空も赤くなっていました。赤い太陽に、牧草地の向こうの湿原には薄っすらと放射霧が溜まっていました。ほんのひと時の美しい風景でした。

160921_006
 「飛び疲れたので、ちょっと休ませてください」赤トンボが川下りをしてるカヌーに休みに来ました。どうぞ、のんびりしていってください、と言うのが聞こえたのか、10分ほど休んだ後「では、また」と飛んでゆきました。
 そんな赤トンボを見ながら思い出したのが、あかとんぼの唄(非あのねのね)。夕焼けは分かるが、「こやけ」ってなんだ?と高校生の頃調べた覚えがあります。辞書や辞典を調べたものの分からず、しばらく「こやけ」を探しました。今はネットの中にあってすぐ出てきますが、いろいろ調べたり、人に聞くのも面白いことでした。

160921_0211
 少し暗くなった散歩道で見つけた赤、マユミの実です。いつもならもっと赤いのに、この1ヶ月の天気のせいでしょうか、少しくすんでいるようにも思えます。でも種はしっかりと入っているので、きっと新たなマユミが育つことでしょう。実りの秋、少しずつ深まってゆきます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年9月19日 (月)

今日の釧路湿原

160919_028p
 三連休は天気が良いという予報でしたが、だんだんと崩れて行き、でも大雨ではないショボショボ雨が時々降るという、なんだかはっきりしないお天気でした。
 でも、最終日の今日、川下りのゴールに到着すると、青空に白い雲の風景が広がっていました。

 青空よ、しばらく続いてちょうだい!!

160919_0021
 ここは岸なんだけどね~、と言っているであろう母親シカ。食べるものは水の中以外にもあるだろうに・・・・、足を水につけてながら水の中の草を食べていた親子ジカ、彼らもタップリの水に戸惑っているのでしょう。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年9月17日 (土)

今日のノロッコ号

160917_0071
 8月に続いてやってきた台風の影響で、釧網本線の運休が続いていいました。部分的には運行したり、また運休したりでしたが、今日全面運行となりました。8月21日(確かそうだったはず)から運休していた、くしろ湿原ノロッコ号も、27日ぶりに走りました。常時利用されている方、ノロッコ号目的でいらした観光の方、列車も、線路も喜んでいることと思います。公共交通機関が利用できないのは、大変不便なことと思い知った約1ヶ月でした。

160917_0031
 頭の上では、太陽に暈が掛かっていました。暈が掛かると天気が心配と言いますが、今夜少し降りそうですが、今日の日中、明日、明後日、三連休は天気の良い秋の道東です。

 釧路川の川下りについてです。
 釧路川は勾配差が少ないので、増水して川の流れは多少速くなっている程度です。しかし、増水して普段流れない岸の上を漕いで、浅瀬で支える、木に引っかかりニッチもサッチも・・・となる場合があるようですので、本来の川筋での川下りをお勧めします。
 気をつけて、川下りを楽しみましょう。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年9月16日 (金)

今日のタンチョウ

160916_0041
 タンチョウは、水タップリの湿原をどう思っているのでしょうか。タンチョウが立っているところは普段は岸辺、水鳥であるタンチョウにとっては暮らしやすいところが増えたと思っているのかな?
 水の中のエサ、長い間頭をつけて探しているところを見ると、水草を食べているのでしょう。冬にはこんな姿 も見せてくれました。

160916_0051
 顔を上げれば、水も滴るいい男か、いい女か?近くには相方がいないようですが、別々でエサを探しているのか?連れていたヒナはどうしているでしょうか。秋に移り行くこの季節、ヒナもそろそろ飛べるようになっているはず。飛んでいる姿を見るのが楽しみです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

kyouno

|

2016年9月14日 (水)

今日の釧路湿原

160914_0101
 釧路湿原の水、だんだんと引いていますが、まだまだ水がタップリです。
 川の中に樹が育っているはずも無いのですが、岸より水が高いので、水の中からヤチハンノキが育っているようです。釧路湿原なのに、林間コース!今だけのお勧めコース、次はいつ出来るかわかりません。

160914_002
 順番は前後しますが、塘路湖と釧路川を繋いでいるアレキナイ川に架かる、JRの鉄橋です。カヌーのボトムに座っていただき、何とか潜れます。「このタイミングで列車が通ると大迫力ですな~」と言っていたら、私たちが潜った5分後、通常列車が走らない時間(釧網本線午前中まで運休してたし・・・)に作業車両が通ってゆきました。この距離での列車通過は、迫力あり過ぎです。

160914_0181
 釧路湿原に瀬が出来ています。流れの緩やかな川ですが、増水のためショートカットしたところが瀬となっています。普段は聞こえない、川の流れる音が「ザーーー」と聞こえています。

 8月22日のブログ で写したところと同じ場所です。

Esu
 もしかしたら、三日月湖ができる様子を見ているのかもしれません。見たいような、そのままであって欲しいような、複雑です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年9月12日 (月)

今日の収穫

160912_004
 台風崩れの低気圧が去って、良い天気が続きます。道東の秋らしい、青空です。家の中も、車も、身体も、全部乾け~!!と言う気分です。
 見上げている樹はミズナラです。風が吹くと種を落とすので、屋根にパラリパラリと種(ドングリ)を落とします。

Yasai
 今シーズンは、庭の畑も湿りがちでしたが、ご覧のように収穫しています。このほかにも、ハーブやら、ジャガイモ、キュウリ、キャベツなどなど葉物、あまり実の入りのよくないトウキビ、そのうちダイコン、ジャガイモ・・・・・もうしばらく、楽しめます。でも、気がつくと気温が低いこともあるので、要注意です。

20160910_0671
 週末は甥っ子の結婚披露パーティーで、横浜へ。若い2人が考えたパーティーは、ゆっくりと食事を楽しみ歓談した時間、2人の笑顔と参加者の笑顔が一杯の優しい時間でした。
 小さな男の子だった甥っ子が、少年へ、青年へ、そして家庭を持つことに!!様々な思い出と、これからの2人に幸せを祈る、出席者全員でした。
 若い二人に、大いなる幸あれ!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年9月 9日 (金)

今日の花

160903_0531
 台風13号は昨日温帯低気圧となりましたが、勢いは衰えることなく、北海道へ向かってきています。そのため、今日も朝から雨です。それにしても、よく降ります。
 庭のシソの花です。細長くたくさんの花がついています。ひとつひとつ小さいですが、この花がシソの実となるわけです。ワシワシと増えるシソ、葉っぱを摘んで煮てジュースになる・・・・・なる行程を眺めています。出来上がりが楽しみです。

 SNS(Facebook)にも書きましたが、もう一度。
 先日の迷走した台風10号の影響で、北海道の各地で水の災害が起き、その被害が大変大きなものとなっています。私の生活には目立った問題はありませんが、十勝地方、空知地方では床上浸水や車を流された友人もいます。聞くところによると、北海道以外のところではもうこの災害についての報道がほとんどされていないようなので、何かの役に立てればと思い、関連のサイトを載せておきます。
 なお、私が良く行き、友人も居る南富良野町について載せていますが、その他の地域でも復旧作業が続いています。

南富良野災害ボランティアセンター

どんころ野外学校

南富良野町役場
 支援物資について
 義援金について

 小さな力でも集まれば、大きな力になります。遠くても、きっと役立つことがあるはずです。自分が出来る支援したいと思います。

160903_0571
 庭のコスモス。夏から秋へ、季節が動きます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年9月 7日 (水)

今日の鮭

160906_0031
 小さな友人、小学校5年生男子からおすそ分けで頂いた鮭の切り身です。朝早くに起きて、お父さんや釣り仲間と岸壁に行き、釣った鮭(♀)体長73cm!!人生最大魚だったそうです。
 何よりも素晴らしいのは、釣った鮭を自分で捌き、切り身にしたということ!!「最近の子供は切り身が泳いでると思ってる」と笑っている大人でも、73cmもの魚を捌いた人はそう多くはいないと思います。小学生でもやる奴はやるのだ~!!と友人自慢です。

160906_0061
 雌の鮭だから、今の時期のお腹には卵が入っています。醤油漬けにしたいイクラも頂戴しました。美味しかった!!
 さらに、切り落とした鮭の頭は「犬のエサにどうぞ」と我が家の犬にまで!!ありがとう!!あれだけ我が家の犬を恐がっていたのに、仲良くしてくれて、お気遣いまでしてくれて、ありがとう!
 小さな友達の成長に驚きつつ、大変うれしい頂き物でした。もちろん、飛びっきりに美味しい、鮭、イクラでした!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年9月 5日 (月)

今日のオジロワシ

20160904_0071
 牧草地の向こう側、この樹の下は10mほどの崖なっていて、降りたところが釧路湿原の西の端です。この辺りがなにやら騒がしくなっています。樹にとまってオジロワシ2羽は甲高い声で鳴いていて、オジロワシの左上に居るカラス以外にもたくさんのカラスが鳴いています。一体なにが彼らをそうさせるのか?
 お邪魔にならないように、遠巻きに近付いてみると、増水していつもよりタップリの水を抱えた湿原、ヤチハンノキの林の中でカラスたちがかたまっています。何か大きな動物、きっとエゾシカが死んでいるのでしょう。
 病気、寿命、怪我、車にぶつかって、撃たれて・・・・・理由は分かりませんが、死んでしまった命をカラスやオジロワシが頂いているところのようです。エゾシカの気持ちなどは鳥たちが知る良しもないですが、間違いなく栄養として身体は引き継がれています。自然の中で死ぬということ、生きるということはそういうことなのだと納得させられる風景でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

2016年9月 3日 (土)

今日の花火

20160903_0051
 釧路の港で開かれた「釧路大漁どんぱく花火大会」、家の近くから三尺玉だけを見物です。
 三尺玉の打ち上げは午後7時40分なので、それに合わせて見えるだろうと思われる場所へ。三尺玉以外の花火の音は遠く遠くに聞こえ、花火が輝くのがなんとなく分かるけど、花火自体は見えず。会場で観ると圧巻の花火だけど、16kmも離れると見えません。
 会場では三尺球打ち上げの秒読みをしているだろうけど、ここまでは聞こえないので、おおよその方向を定めて凝視!!どこだ、どこに打ちあがる!?

20160903_0081
 なんとか捕らえました。高さは800m直径は600m近くだとか!!私の場所から上半分は霧の中に入っていましたが、それも遠くで観る花火の面白さなのさ!と納得します。

20160903_0121
 広がって枝垂れてゆきます。
 こんな遠くからでも観れるのは、大きいだけでなく、高い建物が無いおかげです。
 花火が開いてから50秒ほど経った時、小さくでもしっかりとした音で「ドン!」音の秒速約340m、16kmを飛んできました。

 昔々、花火は悪い気を吹き飛ばすために行われたのだとか。今年の北海道の天気は大変でしたが、これで吹き飛ばされたことでしょう。

 ご存知の通り、台風10号の大きな被害が北海道で起きています。私がよく行く南富良野でも大変なことになっています。こんな時に何が出来るのか、何をすれば良いのか、しっかりと考えて行動したいと思います。小さくても良いから、何かしてみましょう。
 復旧に尽力を尽くしている皆さん、応援しています!!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
 自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »