« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

今日の空

Kon
 最高気温が10℃を超える日が多くなって来ました。少し着る物も軽やかになった3月末です。
 青空が広がると出かけたくなるのは、人も動物も同じなのか雪が解けた牧草地をキタキツネが歩いていました。「そこから見上げるように撮れば、青空がバックでいいかんじでしょ~」と言わんばかりに、青空を背にポーズを取っています。そういわれて見てみると、なかなかきりっとしたハンサム君でした。動物にも植物にも、同じように春が来ました。

 今日の空、どこまでもどこまでも行けそうな、行きたくなる青空でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年3月29日 (木)

今日の音

180328_0071
 昨日の朝、辺り一面に霞がかかっていました。気温は高かったのですが、太陽は遠くに見えるような空でした。

 ぼんやりと見える風景の向こう側から、タンチョウの二番が鳴きあっているのは、夫婦対抗の縄張り争いでしょうか。先日まで給餌場でやり合っていたよりも、本格的に縄張り争いをしているようです。数羽のアカゲラも縄張り宣言のドラミングを繰り返しています。何に驚いたのか、エゾシカが警戒音も発しています。見た目は静寂のような写真ですが、なかなか賑やかです。そうこうしていると、ハクチョウの声。10羽のハクチョウが鳴きながら、私の頭上を飛んでゆきました。鳥も動物も、飛んでいる虫達も春です。

 漢字の勉強です。霧、霞、靄、同じような漢字で、同じような感じです。霧と靄の違いはわかりますが、霞は正確には説明し辛いです。そして、霧は駆けるけど、靄と霞はちょっと自信が無いかな。少し書き取りの練習をします。

S180326_006_2
 様々なところから桜の便りが、これでもか!と届いています。道東の桜はまだまだ先、皆様の桜の便りを楽しんでいるところです。上の写真の福寿草の皆さん、先日のブログ にてツボミだった皆さんがしっかりと咲きました。こちらはただ今、福寿草が満開です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]
 

|

2018年3月27日 (火)

今日の氷

001
 数日前の朝の散歩で見つけた、氷です。凍った時の風の具合、温度、水のゆれ具合で様々な形を作り出すのでしょう。

003
 水溜りの浅さ、深さ、中に転がっている石や砂もきっと模様の要因なのでしょう。

002
 自然はまさにアーティスト、ひとつも同じ物は無く、同じ物が作り出せない作品です。早起きした朝だから見られる、自然の造形物です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年3月25日 (日)

今日のエゾシカ

180325_010_2
 今朝目覚めると、なにやら窓の外が白っぽくなっていました。雪の予報もありましたが、雪は降っていなく霜が降りたようです。ここ数日の最低気温はマイナス5℃なので、さほど寒さ(暖かさ)の変化は無いのですが、昨日から湿度が高かったせいなのでしょう。陽が昇るまでのひと時風景でした。

001
 ご案内途中に出会ったオスジカ、2名。「秋の恋の季節には、オス同士縄張りを主張して、鳴き合ったり、角を合わせて角力を取ったりしますが、今は穏やかです」などとお話していると、

002
 おや、まあ・・・・・。

003
 ♪春なのに~♪力比べが始まってしまいました。先ほど話していた私の立場はどうなる!?!?
 その後は一緒に歩いたり、エサを掘り返したりと仲良くしていました。なんとなくじゃれ合っていたのでしょう。秋の恋の季節以外でも、練習なのか、遊んでいるのか角を付き合わせることはありますが、私が話したとたん始めるなよ~です。でも、いいものが見れました。

180316_010_2

 エゾシカたちも、だんだんと毛替わりの季節です。山を歩いていても、散歩途中にもご覧のように冬毛が落ちています。冬の樹に隠れるような、薄茶と灰色の毛から、茶色の毛に替わってゆきます。エゾシカの背中にも、春が来ました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年3月23日 (金)

今日の雪

180323_0061
 本州からは、春分の日なのに雪が降った、積もったとお便りがありました。私の周りでは、例年より早く雪が解けて行き早い春と思っていましたが、昨夜より静かな雪が降り目覚めると薄っすらと雪が積もっていました。そう簡単には暖かい春にはなりません。

180323_0042
 たいした雪ではなく、午後には解けてしまいましたが、昨夜雪が降ったときにはどこで、どんなふうに過ごしていたのか、先日も家の周りをうろついていたコン吉 。春を待っているのは、きっと彼(タブン♂)も同じなのでしょう。
 ゆっくりと、でも確実に春がきています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年3月20日 (火)

今日の摩周湖

20180317_027p1_3

 3月17日、東の端の鶴居村では、日の出が午前5時32分、日没が午後5時31分とほぼ昼間と夜の長さが一緒でした。これから、さらに日の出は早くなり、日没は遅くなります。
 日没が最も早かった12月10日ごろは今より103分早く、日の出が遅かった年明け頃からは82分遅くなったことになります。昼間がどんどんと長くなります。有効に時間を、太陽を使わない手はありません。と言いながら、春眠暁を覚えずとなっています。猛省です。

 写真はその3月17日に訪れた摩周湖、まだまだ全面結氷していました。摩周ブルーも美しいですが、白い摩周湖も美しいです。
 摩周湖に浮かんでいるかのような島はカムイシュ島、摩周湖の向こうに見えるのは知床連山の始まりの斜里岳です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]  

|

2018年3月18日 (日)

今日のネコヤナギ

20180316_0041
 ネコヤナギが芽吹き、モフモフとしています。しばらくすると花穂が咲きだします。暖かな青空の下、眠っていた植物も目覚めだしました。この季節に頭に浮かぶ歌は、

 ここ数日はこの歌が頭の中でリフレインしています。歌い手の高石ともやさんのアップはともかく、春の歌です。

20180307_0371_3
 今シーズン度々書きました、クロヅルです。
http://kushiro-r.txt-nifty.com/blog/2018/01/post-78e2.html
http://kushiro-r.txt-nifty.com/blog/2018/01/post-2659.html
http://kushiro-r.txt-nifty.com/blog/2018/02/post-78e2.html

 先日、伊藤サンクチュアリで飛び立ったところです。親子3羽の家族が飛ぶ準備をしていて、その近くにいたクロヅルは知らん顔していたのですが、家族が飛び立ったと同時にいきなり飛びました。追われたわけではなく、自分の意思で飛び立ちました。
 その後はサンクチュアリでは見かけていませんが、近所のデントコーン畑でタンチョウと一緒に落穂を食べているところを見かけました。果たしてこのクロヅル今後どのような運命を辿るのでしょうか?
・なんとなく北に帰るハクチョウと共に北へ。
・タンチョウの若鳥グループになんとなく混ざる。
・上の画像の家族になんとなく受け入れられる。
・なんとなく良い相方を見つけて、ナベヅルと交雑して出来たクロナベヅルのように、クロタンチョウが生まれる。
・なんとなくどこかの湿原で夏を過ごす。
 などなど想像、妄想しています。どんな形にせよ、元気でやって欲しいです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年3月16日 (金)

今日の福寿草

180316_012
 大雪が降ったり、思わぬ雨が降ったり、気温が高かったり低かったり、今冬も色々ありましたが、いよいよ春の花が咲き始めました。春の一番最初に咲く花、いよいよ春です。
 今日は曇り空だったので、花びらは大きくは開いていませんでしたが、太陽が輝くと花びらを思いっきり広げます。

180316_014
 辺りを見てみると、落ち葉の下や枯れ草の下にも開花寸前のものや、ツボミのものもたくさんありました。今年も春の訪れを知らせくれた福寿草です。

 六花亭の包装紙の絵でもおなじみの坂本直行さんのエッセイには、「この花を幼少のころ、マンサクと呼んだ」とあります。マンサクとは低木の全く違った植物ですが、どうしてマンサクと言ったのか?マンサクは北海道では自生していないので、同時期に咲く福寿草をそういったのか?植物にも詳しかった直行さんが書いているからには、勘違いなどではなく、きっとそれなりに意味にがあるのだろうと想像していますが、ご存知に方いらっしゃいましたら、教えてください。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年3月15日 (木)

今日のキタキツネ

Kitune
 先日の大雨が降る直前のキタキツネです。

 飼っている犬が嫌に騒がしいので、窓の外を見るとキタキツネが歩いています。足跡が残っているので、家の近くまで来ているとは思っていましたが、昼間に家の中を窺うかのようにやってくるのは珍しいことです。
 冬の間は食べる物が少ないので、痩せてしまう野生動物も多いようですが、雪が少なかった今冬はしっかりと食べ物を確保しているようです。

 果たしてこのキタキツネ、何を思って白昼の人家に近付いたのか?大雨が降る事を察知して、雨宿りできそうなところを探していたのでしょうか?大雨により、通行止めや鉄道の運休など私達に影響がありますが、野生動物にとっても大雨は大変だったのだろう、どうやって雨を凌いだのか。雨の前のこの写真を見て、思うのでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年3月12日 (月)

今日の氷

 先日書いたブログ  のその後です。鶴居村と釧路市内を繋いでいる道路(道道53号線)の水は引き、通常通りの暮らしとなっています。
 釧路湿原周辺では、道道1060号線クチョロ原野塘路と釧路町町道の細岡駅から細岡展望台が通行止めとなっているようです。(12日午後7時現在です)
 参考サイトです。
http://info-road.hdb.hkd.mlit.go.jp/RoadInfo/index.htm
http://www.town.kushiro.lg.jp/disaster/

180311_0071_2
 昨日の湿原内の風景です。氷が中に浮いたようになっています。どうしてこのようになったのかです。増水していつもより50cm位高いところまで水が上がりました。その水面が冷えて凍って約2cmくらいの厚さの氷が出来ました。そのうちに水が引いてゆき、凍った氷は木や草に引っ付いて50cm位の高さのところで浮いたようになっていましたが、気温の上昇と共にだんだんと落ちてゆくところの風景です。落ちる氷の音がいたるところでしています。

 動画、ほとんど静止画ですが、氷の落ちる音です。

 実際はこれ以上にたくさんの落ちる音、大きな音がしていました。暫くこの場所にいましたが、不思議な風景、不思議な感覚のところでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]



 



 

|

2018年3月10日 (土)

今日の小さな川

180309_003
 一昨日(8日)から昨日(9日)は一日中の雨。昨日の総降水量は133.0mm、年間降水量の約10%の量でした。その上、昨年の11月14日より続いていた連続冬日が途切れ、一日中プラスの気温となり、雨と気温で雪が解けて川が溢れているところもあります。

Map
 鶴居村に通じる道、村内の道も通行止めとなっていて釧路の街中へ出るのもいつもの倍ほど時間が掛かってしまいます。暫くすれば解消するとは思いますが、やや不便な状況です。(上の道路情報は10日午後6時のものです)
 4月に入ると大雨が降る事もありますが、3月の大雨は珍しいことです。牧草地や畑の土はまだまだ凍っているので、水が浸み込むのには時間が掛かるので、牧草地を含む畑の仕事の始まりに影響が出そうです。

 夏の間は雨が降ると流れが見えて、普段はチョロチョロ程度です。冬は全く、前日はでは全く流れていなかった近所の小川ですが、昨日の夕方はこの通りでした。

 果たして、この雨が今後どのような影響をもたらすか、見てゆきたいと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

 

|

2018年3月 8日 (木)

今日の電線

 季節柄タンチョウを見に行くことが多いので、タンチョウの話題が多くなります。でも、だんだんと湿原に向かっている者も居るようで、真冬の間は見かけなかったところでも見られるようになってきました。ゆっくりと春です。

Den1
 長い距離を移動するとき、タンチョウたちは高いところを飛ぶようですが、ねぐらから給餌場、自然採餌できる畑から川など近いところの移動は低いところを飛んでいます。

Den2
 場所によっては、電線のすぐ上を飛ぶこともあります。特に給餌場やねぐらの近くでは、飛び立ったすぐ、着地する寸前なので電線にぶつかる危険があります。そのため、電線に黄色のカバーをつけて見誤らないようにしているそうです。

Den3
 また、給餌場の近く、タンチョウがよく飛び越える電線では、電柱のてっぺんから電線を少し低くすることで、電線にぶつかる危険を回避しています。車が通るところもあるので、全ての電線を低くすることはできませんが、タンチョウの保護の為このような対策が取られています。タンチョウを見にいらした際、このような保護の為の対策もぜひご覧になってください。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年3月 6日 (火)

今日の丘

20180228_0161_2
 大雪が降る前、暴風が吹く前、先週出掛けた、美瑛にある「マイルドセブンの丘」です。夏の間は緑豊かな牧草地や畑ですが、冬は雪で真っ白な丘です。久しぶりに訪れた美瑛の名勝地、やはり訪れる人は多いですが、夏のような大混雑と違いゆっくりと景色を楽しめました。

 この場所の風景が、タバコのマイルドセブンのCMに使われたのでこの名前が付いています。1977年、41年前に発売されて、2013年にはマイルドセブンの名前は無くなったそうです。非喫煙者の私でも知っていたポピュラーな銘柄ですが、無くなっていたのですね。

180228_0071_2
 雪の上、丘から続く足跡が一本ありました。キタキツネの足跡です。これほど一直線、それでいて歩幅が狭いのは、強い意志を持って歩いていたにほかありません。キタキツネ、一体なにをそんなに思って歩いていたのか?

 ふと頭に浮かんだ曲です。

 キタキツネにも青春の1ページがあってもいいじゃないか!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年3月 4日 (日)

今日の色彩

20180222_0231

 前々からこの2つ、タンチョウとパトカーを一緒に写したいと思っていました。どうしてかと言うと、「頭が赤く、身体が白と黒」なぞなぞのような説明ですが、同じ色彩なので、ただそれだけなのです。
 でも、どちらにも「そこに立っていて」とはお願いできるはずも無いので、いつかきっとと思っていたところ、偶然どちらも動いていましたが並んでくれました。タンチョウと一緒のパトカーとは、鶴居だけでした撮れないだろうな、と一人で喜んでいます。
 少し前の今日、晴れた日のことでした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年3月 2日 (金)

今日の雪

180302_007
 昨日は夕方に自宅に戻り、雪が降りつける音を聞きながらも夜中には雪は止んでいたようです。
 全国ニュースでは、北海道が荒天!と私の周辺は青空で少々風がある程度でした。でも、場所によっては交通機関や道路の麻痺してたり、暴風雪で大変なところあるようです。くれぐれもお気をつけ下さい。早く復旧しますように。

180302_002
 積雪30cm弱、車のバンパーは、まだ見えています。除雪の開始!!ということで、今年導入して試運転しかしてなかった除雪機 が出動!サクサクと終わりました・・・とは行かず、どういう順番で動くといいのかとか、吹き飛ばした雪が除けている車に降りかかったり、風向きで自分に飛んできたりと、最初らしくハプニングはありましたが、なんとか使えそうだ!と言うところです。もう少し慣れると、もっと楽になるはずです。

180302_009
 朝一のシラカバ林、雪が着いて白い木肌をさらに白くしていましたが、強い風と暖かな日差しで瞬く間に樹から雪はなくなりました。3月に入り、春を感じさせる雪でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年3月 1日 (木)

今日のオオアカゲラ

180224_0041
 やっぱり、自然の森はいいです。数百年前からそこに居る樹、生まれたばかりの樹、順調に育っている樹、古い樹が倒れてとばっちりを受けている樹。それぞれの樹の暮らしを感じながら、そこに暮らしている動物や鳥を見ながら、歩くのが好きです。

20180224_0501
 そこで出会ったオオアカゲラ君です。時々私達を気にするそぶりを見せますが、この樹には美味しい虫が詰まってるぞ!!と懸命に突いていました。春間近、恋の季節の始まりです。仲間のアカゲラですが、自宅にやってくるアンテナアカゲラ とは顔つきが違うよな、とか思うのは私の勝手な思い込みです。みんな懸命に生きています。

 そんな気持ちの良い天気の中、森を歩いていた数日前でしたが、今日は大荒れの天気です。「吹雪いているそうだけど、大丈夫?」とご連絡もいただきましたが、無事です。荒れた天気は明日まで続く予定、今はストーブを焚いて暖かくしています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »