« 今日のキタキツネ | トップページ | 今日のネコヤナギ »

2018年3月16日 (金)

今日の福寿草

180316_012
 大雪が降ったり、思わぬ雨が降ったり、気温が高かったり低かったり、今冬も色々ありましたが、いよいよ春の花が咲き始めました。春の一番最初に咲く花、いよいよ春です。
 今日は曇り空だったので、花びらは大きくは開いていませんでしたが、太陽が輝くと花びらを思いっきり広げます。

180316_014
 辺りを見てみると、落ち葉の下や枯れ草の下にも開花寸前のものや、ツボミのものもたくさんありました。今年も春の訪れを知らせくれた福寿草です。

 六花亭の包装紙の絵でもおなじみの坂本直行さんのエッセイには、「この花を幼少のころ、マンサクと呼んだ」とあります。マンサクとは低木の全く違った植物ですが、どうしてマンサクと言ったのか?マンサクは北海道では自生していないので、同時期に咲く福寿草をそういったのか?植物にも詳しかった直行さんが書いているからには、勘違いなどではなく、きっとそれなりに意味にがあるのだろうと想像していますが、ご存知に方いらっしゃいましたら、教えてください。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 今日のキタキツネ | トップページ | 今日のネコヤナギ »