« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月30日 (水)

今日のキタキツネ

20180523_0051
 チョコチョコと歩いていた2匹の子ギツネが茂みに隠れたと同時に、間に入ってきたカアサンキツネです。まるで「早くここから立ち去りなさい!」と私に言っているかのように睨みつけています。きっと自分だけなら、ああ人間が来たから逃げましょう、だけなのでしょうが、子供を守るために立ちはだかっています。たまたま通りかかっただけ、彼女達の暮らしに迷惑を掛けるつもりはないので、この場を後にしました。まだオッパイをあげているのでしょう、この時期のカアサンキツネはやせ細っていて、毛もボロボロです。
 驚かせてゴメンよ!元気に仲良く暮らすのだよ~!!。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月27日 (日)

今日の山菜

S180519_0021
 ご近所さんとの呑み会でした。タラの芽、コゴミ、ギョウジャニンニク、セリ、ワサビ、自家製のシイタケ、新生姜、色んな種類の天麩羅が山盛りです。天麩羅にするとどれがどれだか・・・・。

S180519_0011
 天ぷら以外にも、コゴミの胡麻和え。箸も止まりませんが、お酒も止まりません。食べるわ、呑むのひと時でした。

180521_0341
 その時頂いたタラの芽、自宅で天麩羅にしました。口の中に広がるほろ苦さは春の味、季節を感じていただきました。判りやすいように、タラの芽だけを取りだしました。

 「そろそろウドの季節だよご近所から今日、聞こえてきました。次々に山菜です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月24日 (木)

今日の庭

180523_012
 最高気温が20℃近くになることもあれば、数日前の朝は氷点下でした。花もいつ咲いてよいのか迷っているのではないかと思います。

 タチツボスミレ、たくさん咲いています。花の形が壺を立てたような形だからだそうです。落ち葉の下からたくさん顔を出しています。

180523_011
 年々勢いをましているオオバナノエンレイソウです。まだ庭が笹で覆われていた頃には全く見かけませんでしたが、笹を刈ると花が咲くようになり、ドンドン増えています。涼やかな花です。きっと私が知っている花の名前で一番長いと思います。

180523_002
 エゾオオサクラソウ、この花も笹を刈ってから次々に咲くようになりました。

 次々に花が咲きだすこの季節、本州の初夏とはまた違った道東の初夏です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月21日 (月)

今日のシバザクラ

180521_0111
 よく晴れた空の下、東藻琴の芝桜公園 へ。

 中には自然の群生地ではないから、と言う方もいらっしゃいますが、これほどまでに手入れをすることも大変なこと。素晴らしい公園だと思います。

180521_0201
 雑草を取り除くのは人力、手作業です。こつこつと丁寧に、そして休むことなく続けていることで、この美しく圧倒的なシバザクラの公園が成り立っているのだと思います。素晴らしいです。

 「また来るからね!」と言って別れたのは数ヶ月前のことでした。船に乗って釧路にやってきたカーさんは今日も元気で開口一番「芝桜公園に行きたいの~!」のご希望で東藻琴へ行きました。
 一日遅れで、今朝到着した客船「Seabourn Sojourn」夕方に釧路を出港してゆきました。

20180521_0242

 動かぬ阿寒の山々をバックに、アラスカへ向かうSeabourn Sojourn、次の港へは8日後だそうです。

20180521_07511
 夕陽に照らされて、針路を東へ東へ。この船旅がとても刺激的だと言っていたカーさん、きっと次回会った時には船旅の話をたくさんしてくれることでしょう。行ってらっしゃい!!

 遠くになって行く船を見ながら、聴こえたような気がしました。

 久しぶりに船を見送りました。今まで何度、船を見送っただろう。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月19日 (土)

今日の牧草地

180517_0021
 数日前の家の前の牧草地です。前回のブログ「今日のキタキツネ」 もこの牧草地でのことでした。夏の間に多いときでは、3回牧草を刈り取ります。
 今年も牧草がようやく伸びてきたと牧草地を見ていましたが、土を良くするために約2週間工事に入ると連絡がありました。土を反して、肥料を入れて牧草の育ちをよくするためだそうです。

180518_0031

 近所の牧草地が土を反しているの見たことはありましたが、目の前の土地約7haが、1日半くらいで耕される様子は迫力のある作業でした。あっと言う間でした。

 それもこれも美味しい牛乳を作るための。栄養価の高い牧草を作ることが、良い・美味しい牛乳を作ることだと。以前酪農家さんと話をした時「酪農家は動物相手だと思ってるだろうけど、牧草も育てて、植物相手でもあるんだぞ!」と話されていたこと思い出しました。きっとこの牧草地で出来た牧草を食べた牛たち、美味しい牛乳を出すのでしょう。
 この牧草地の前に暮らして13年目、初めて見た光景に改めて酪農を想いました。
 それでは、何年おきのこの作業を行なうのか?そのうち、酪農家さんに聞いてみたいと思います。

 きっと夏の後半には元の牧草地、こんな風景になるでしょう。

 

 そうなんだ、チェコ民謡なんだ。

 さぁ、ご一緒に!!「ホイ」のところは元気良く!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月17日 (木)

今日のキタキツネ

20180513_0171
 ご近所さんです。ここ数日、家の前の牧草地を右から左へ、奥から手前へ、まさに右往左往しています。ボチボチ育ってきた牧草は、肉食(いざとなったら植物も食べるけど)のキタキツネにはご馳走ではないはず。きっと、ネズミか昆虫でも居るのでしょう。時には我が家の庭の前や後を横切って、牧草地に出かけています。

180516_0021
 珍しく2匹でいました。寄り添う様子はありませんが、付かず離れずでなんとなく近くにいます。こちらを見ているキタキツネ、私が犬の散歩中にも関わらず、寄ってきました。おいしそうな香りでもしたのでしょうか。
 そのこちらを見ているキツネ、毛変わりなのか身体が貧弱なように見えました。ひょっとすると子育て中で栄養を摂らないといけない身の上なのかもしれません。キツネの穴は、あそこなのか、それともあそこなのか??もし子育て中なら、元気なコッコを育ててください。

 そして今日、カッコウが鳴き始めました。もう冷えることは無いかな?本格的に春です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月14日 (月)

今日のオオジシギ

20180513_0021
 今シーズン初めて会ったのは、先月の19日でした。例年ゴールデン・ウィーク前にはるばるオーストラリアからやってくる、オオジシギです。お嫁さんを見つけるために、ディスプレイ飛行といわれる、「ジッジージッジー」と繰り返し鳴きながら頂点に達した時「ズビャクズビヤク」と鳴き声を変えその後急降下!その際尾羽が風を切り「ザザザザザザーーー」と行動を繰り返しています。頭の上が賑やかです。それが、朝早くから夜遅くまで、時には樹に止まってないていることもありますが、飛び回っています。

20180513_0031
 ハトぐらいの大きさに早い動き、私のカメラではこれが限界か??近くを飛んでくれたので、撮ることが出来ました。写真を拡大してみると(クリックしてみてください)長いクチバシを開けています。ちょうど「ジッジージッジージッジー」と鳴いているところです。この長いクチバシは、土の中のミミズや昆虫類を食べるための重要なものです。

 このディスプレイ飛行で、自分が健康や丈夫なことをメスにアピールしているのだとか。オオジシギのオスも大変です。ただ今オオジシギたちの恋の季節真っ盛りです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月12日 (土)

今日のギョウジャニンニク

S180511_0141
 近所のかあさんが、「えらいもの見つけちゃってね~」と言いながら出してくれたのが、写真のギョウジャニンニク。真ん中のものも通常よりか大きめなのに、極太です。日当たりが良すぎた、何年も見つからなかったギョウジャニンニク界の長老、誰かが「大きくなる光線」をかけたとか、本当にギョウジャニンニクなのか、などなど言いながら撮影会となりました。これは標本にした方が良いかもという意見があり、ひとまず取っておくことになりました。山菜取りのベテランさんの皆が「おおー!!」と声を上げた一品でした。

 昨日に引き続き、桜情報!(誰も必要としていないけど)

20180512_0091
 昨日は ほとんど蕾だった我が家の桜、一気に咲きました。一昨日前までは最高気温が8℃(さすがにプラスです)だった鶴居村、昨日は21.4℃、本日は26.1℃!!一体どういうつもりだという気温となりました。いきなりの暑さに身体も心も驚きつつ、桜が咲いたと喜んでいます。しばらく、桜の話題続きます。だってうれしいから!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月11日 (金)

今日の桜

20180511_0161
 桜前線、やってきました!!5月に入ってから低い気温が続いたので、停滞していた桜前線、今日ようやく私の地域にもやってきたようです。やはり桜が咲くと春らしくなり、うれしくなります。

20180511_0121
 まだまだ咲き始めで、二分三分咲きといったところです。昨日まではストーブを焚いていましたが、今日は暖かく5月らしい陽気となりました。

 1月に沖縄から桜の便りが届き、先月、大阪の造幣局の通り抜けで桜 を見たのはちょうどひとつき前のこと。その桜前線が東進北上して東の端にやってきたわけです。日本列島、案外広いです。

20180511_0291
 我が家の桜はまだ咲き始めていませんが、明日天気が良く気温が上がればボチボチと咲き出しそうです。しばらくの間、桜を楽しめそうです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月 8日 (火)

今日の白糠

180505_0181
 白糠駅から少し東、釧路側へ向かったところ、数日前の石炭岬・岬の森東山公園展望台からの釧路の海です。

180505_0131
 内陸に入ると風は無いものの時おり雨、海側晴れているものの強い風で当然寒い日でした。西側を見ると白糠の中心街と漁港を見下ろします。

 展望台には、

180505_0161

 白糠漁協の20周年の記念碑、50年くらい前に建てられたようです。ここから、漁師の父ちゃん、鮭を持ち上げた男の子、タンタカを持った母ちゃんが白糠漁港を見守っています。

180505_0071
 展望台の正面、石炭岬のほぼ真下に平磯である岩礁が見えます。これが白糠の名前の語源であるアイヌの言葉の「シラル・カ(平磯の上手)」また「シラリ・カ(平磯を越える)」の元となった平磯・岩礁です。(白糠町史より要約)白糠という地名は、この道東の白糠以外にも、下北半島や国後島にもある地名だそうです。また北海道の八雲町に古い地名にシラリカがあり、そこには白糠橋があります。この4地点が共通して平磯や岩礁があるというのも面白いお話です。
 北海道の地名について教えていただいた先生のお話を、展望台に登って思い出していました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月 6日 (日)

今日のコブシ

180506_0011
 曇り空ではありますが、白いコブシの花、ゴールデン・ウィーク終盤で咲き始めました。蕾がまだまだあるので、これからが見頃です。

180506_0061
 「コブシがよく咲いた年は豊作が期待される」と言われ、また「コブシが咲くころに田を起こすので、田打ち桜」とも呼ばれる地域もあるようです。もっとも、この道東では、開拓の頃には稲作が行われたこともあるようですが、今は稲作は行われていない土地です。でも、品種の改良や気候の変化により、これから先、稲作が行われることも・・・・あるやも知れません。←私の妄想です。

 コブシを漢字で書くと「辛夷」、元々は木蓮の漢名だったそうですが、木蓮と似ていることからの誤用から、コブシを「辛夷」としたそうです。同じモクレン科の花なので似ていますが、コブシは白い花、モクレンは紫の花です。どこかで、誰かが間違ってそのままの誤用、動植物の名前の中にたまにあります。そんな語源、調べるの面白いです。

 そんなこととは関係はないですが、「木蓮の涙」

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月 4日 (金)

今日の火遊び

180501_001
 数年前よりネットなどで見ていた、ウッドガスストーブです。構造は簡単、小型軽量、燃料も少なくて済む、その上廉価という謳い文句にひかれて、通販で購入しました。

 なんでも、燃料である小さな薪(小枝を植木バサミで切ったもの)を燃やし、燃やした際に出てくる燃焼ガスと上手い具合取り入れた酸素で二次燃焼させる、と言うエネルギーを無駄なく使う優れものです。(おおよその説明です。詳しくは「ウッドガスストーブ」でご検索ください)

 試しにポットに入れた1L(1000cc not 10cc)を沸かしてみました。焚き付けの新聞紙少々に火をつけてストーブに入れ、燃料の小枝を数本くべると一気に燃え出し約10分ほどで沸騰しました。なかなか燃焼効率が良いようです。今回初めて火を着けてみて簡単に沸きましたが、燃料のくべかたや大きさを工夫すればもっとよく燃えることと思います。非常時の際も、どこにでもある小枝の燃料が少なくて燃えるということから、役に経つ道具だと思います。コンパクトに収納できるので、非常時の荷物に入れておいても良いかと思います。

180501_005
 暖房に使っている薪ストーブも構造はもっと複雑ですが、同じように二次燃焼して効率良く、部屋を体を暖めてくれています。それがこの小さなストーブでも行なわれていることに感心しました。
 ウッドガスストーブお勧めです!!

 写真は、ストーブ上部から取り入れた酸素が燃焼ガスと混ざり、パワーアップした二次燃焼の炎です。炎は同じ形になることはなく美しいので、見ていて空きません。だから火遊び止めれません!!    基、燃焼実験でした!!
(炎を見すぎると目がチカチカするので、ご注意ください)

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年5月 1日 (火)

今日のネコヤナギ(花穂)

180429_0271
 ネコヤナギの花穂、開いています。先月見たときは 広がる前でしたが、暖かくなるに従って、花が開きました。開ききった花穂は、花火のようにも見えて美しさや面白さを感じます。春、SPRING、まさに弾けているように見えます。
 少し曇ったりするものの、天気の良いゴールデンウィーク前半、皆様はいかがお過ごしでしょうか。こちらは、川でも山での野でも、春が一杯です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »