« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月25日 (月)

今日の別寒辺牛川

180624_0041
 空が広い釧路川は、もちろん大好きな川です。そして、厚岸を流れる別寒辺牛川の樹々がせり出して鬱蒼としている別寒辺牛川も好きな川です。今の季節は緑が深く。緑が濃いと感じるほど緑色です。
 ご存知の方も、ご存じない方も、別寒辺牛川「べかんべうしかわ」と読みます。菱の実が多くあるところ、と言うような意味だそうです。でも、この川では菱を見たことはありませんが、どこにあった菱のことを言ったのか?採ってしまって絶えてしまったのか?そんなことを思い出しながら、のんびりと川下りでした。

180624_0081
 気温は久しぶりに25℃近くありましたが、心地良い風に吹かれて涼しい中をプカリプカリと流れた川下りでした。川にせり出した樹の葉の裏越しに青空を見て、夏が来た!!と実感しました。いよいよ夏です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年6月22日 (金)

今日の庭

180622_0111
 霧雨が続きましたが、今日は朝から晴れでした。次々に蕾をつけて、少し咲いていたエゾキスゲが一斉に咲き出しました。

180622_016
 こんな株が庭にいくつもあります。草を刈るときに出来るだけ除けて残した株が、少しずつ大きくなってたくさんの蕾をつけています。まだまだしばらく間、黄色の花を楽しめます。

180622_0011
 アヤメも咲いています。花びらの根本が網の目だがらアヤメだとか。語源には様々ありますが、アヤメは網の目、覚えやすいです。よく似たカキツバタは網の目がなく、もっと水気の多いところに咲いています。

180622_0141
 花ではありませんが、ミツバです。売られているものより太く、歯ごたえもしっかり、香りもたっぷりです。子供の頃は美味しいとも思いませんでしたが、大人に成ってからは料理に入っていると一段と美味しく感じるようになりました。

 ずっと年上の友人が、20年ほど前に体を悪くしたときに外遊びが出来ないからと、釧路市内の住宅地にある自宅の庭の植物を隅から隅まで調べたそうです。なんでも50種近くの植物があったそうです。そんなに大きな庭ではなかったのですが、50種類!こういうことは考えるけど、なかなかやらないもので、実際にやったその方の行動力に感心しました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年6月19日 (火)

今日の釧路川

180619_0061
 昨日と比べて、最高気温が約5℃、最低気温が約3℃が高くなった今日、青空も出ています。いよいよ夏がゆっくりとですが、やってきたようです。先日の雨をタップリと吸い上げたのか、緑も綺麗な釧路湿原、釧路川です。

 大阪北部を震源とした地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。余震も続いていますが、くれぐれもご用心ください。
 私のふるさとに近いことから、多くの方々からご心配のメッセージをいただきました。ありがとうございます。
 大きな災害が起きた時、いつも思うのは「自分に何ができるか」です。しっかり考え行動したいと思います。小さなことでも、役立つであろうことをやりたいと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年6月14日 (木)

今日のタンチョウ

 朝から台風の置き土産の北風が吹いています。6月中旬なのに、ちょっと寒いです。

180611_0031
 川下りしている時に出会ったタンチョウ、一人ぼっちです。昨年この近くで暮らしていたカップルは2羽を育てていました。テリトリーを奪われない限り、毎年同じカップルが同じ場所で暮らすことが多いようなので、昨年のカップルの片割れ君かと思います。この時期に一人でいるということは、片割れは子育てでヒナの面倒を見ている・・・・・のだと想像しています。
 昨年のヒナたちとは、今年の3月始めには別れているはずです。今年ここで暮らしているカップル、昨年のヒナだった若鳥、今年すくすくと育っているであろうヒナ君、みんな元気で暮らせますように。
 それにしても、こちらをチラリとしか見なかった写真のタンチョウ(雌雄は判らず)、私のことを覚えてくれたのかな??

 今日の日の出は午前3時42分。一年で最も早く日が昇る、この数日です。日没は午後7時03分です。15時間21分の間、日が出ていることになります。昼間の長~い6月です。数日で日の出はゆるゆると遅くなってゆきますが、日没は7月初めまで遅くなり最も遅いときは午後7時6分となります。太陽も地球も回っています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年6月12日 (火)

今日の植物

 朝から少々風が吹き、午前中ポツポツ降っていた雨が、午後から本降りと成っています。先シーズンの雪が少なかったので川の水も少なめでしたが、この雨で少し盛り返しそうです。雨が降らないと川も流れない、天気も自然の内、楽しみましょう。とは言うものの、少し冷たい雨です。

 晴れていたときの花たちです。

001
 オオバナノエンレイソウ、多くの花が白いですが、こちらは薄紫色をしています。時々群生地にも混じっているようです。この場所でも薄紫色が増えてくるのかな?今後、要観察です。

004
 少し前ですが、クロフネツツジです。釧路の友人から庭木を譲ってもらって、我が家の庭にもしっかりと根付きました。たくさんの花を咲かせ、楽しませてくれます。

003
 コゴミ、これでもかとばかりに育っています。この周辺でもずいぶんと採ったのですが、当たり前だけど食べきれないコゴミです。

 窓の外の雨を眺めながら、植物達は雨を喜んでいるのだろうなとか想ってみました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年6月 9日 (土)

今日の修理

180604_0081
 晴れた午後、ポカリと時間が空いたので、まだもう少し大丈夫だよな~と自分を納得させていた(自分には甘いぞ!)破れかけていたカヌーのシートを修理しました。
 シートを取り外して、破れかけていた籐の部分を切り取って、ベルトをタッカーで留めて、編んでを繰り返します。ベルトの端はそのままにしておくとほつれるのでライターで熱して固めます。1時間と少しで完成!!カヌーに取り付けて終了、90分ほどの作業でした。これで、気持ちよく座れます。普段見ることの無い、シートの裏側・作業途中でした。

 「あの前から使ってるザックは修理したのか?」と友人に尋ねられ、どうして修理のこと知ってるんだ!と驚いた私は、自分の記憶力が鈍っていることを実感しました。2月に書いたブログ のことをすっかり忘れていました。出来るなら、頭の修理も必要かも。

180609_0091
 送り出してから3週間、綺麗に修理され戻ってきました(3月のことでした~)ジッパー部分だけ新品です!!当然開閉もスムーズに行なえます。費用は・・・・新品を買う半額強と言ったところ。でも、同じタイプのものは絶版なので修理しました。
 布は経年のヘタリがありますが、まだまだ支えるザック、また使える様になって喜んでいます。修理を受け付けてくれた方も、使いやすいので同じタイプのものを修理して使っているのだとか、思わぬところで同好の志に出会ってしまいました。これからもこのザックを肩に掛けて、歩きに行ったり、自転車に乗ったり、旅に出たり、様々なところへ出かけたいと思います。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年6月 6日 (水)

今日の白い花

 一昨日の最高気温27.0℃、最低気温は7.8℃、差はほぼ20℃、ずっとその気温の中にいたわけではありませんが、まだ暑さに慣れていない身体には寒暖の差も堪えます。

20180604_0011
 庭のエゾノコリンゴです。毎年北海道以外の地域で入梅宣言が出される頃、満開となります。

180604_0041
 青い空にたくさんの白い花が映えます。

20180604_0101

 最後の桜となる、ミヤマザクラです。満開になったと同時に散り始めます。小さな花びらが、玄関先を舞っています。

180606_0011
 秋には赤い実をつけるナナカマドです。この樹の仲間は西洋では、魔除けになるのだとか、この辺りには多いので悪いことは寄って来ないかもしれません。バラ科の樹です。バラ科は守備範囲が広いようで、他にもバラと似ても似つかないバラ科があります。
 とここまで書いて考えてみると、↑↑↑のエゾノコリンゴ、↑↑ミヤマザクラもバラ科でした。バラ科、侮れません。

 ただ今、東の端辺りで咲いている、白い花色々でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2018年6月 2日 (土)

今日の土

180601_001
 最近流行の「インスタ映え」とは真逆な画像、インスタ映えしていません。先日こちらに書いた 、牧草地の続報です。約10日間、土を耕したり、肥料を入れたり、また耕して、均して、種を播いたり(順序は正確ではありません)の作業が終わりました。7月の終わりごろ、もしかしたらもう少し早くには一番草が刈られることでしょう。
 友人の酪農家さんに尋ねてみると、このような牧草地をひっくり反して作業は、その土地の条件や草の種類などなどによって異なるそうですが、10数年に一度のことだそうです。珍しい作業を観察できました。次に見るのはいつだろう?・・・私はいくつだろう??

Tsuti
 さらにインスタ映えしていない写真です。しばらく前のR[アール]農場です。農場長の指揮の下、ご近所の酪農家さんより堆肥が運ばれてきて、それを私が畑に撒き、耕運機名人のご近所さんが耕して、均してくれて畑の準備完了。今は様々な種や種芋、苗が植えられ畑らしくなりました。
 上で書いた牧草地も家の畑も、良い草や成りが良く美味しいものを作るには、やっぱり土が大切なことです。それを思って観察した牧草地、作業をしたR[アール]農園でした。どのような収穫ができるか楽しみです。

 あまり色味が無いので、オオバナノエンレイソウの群生地です。

180601_0071
 ササ原を刈ったところ、ご覧のようにオオバナノエンレイソウが一杯咲くようになりました。先日書いた我が家の庭 もこれほどではないですが、ずいぶんと咲いています。植物が育つには、上で書いた土、その土にちゃんと太陽の光が当たることが大切だと!!確かそのようなことを小学生の頃、理科でならったなと思い出していました。

180601_009
 オオバナノエンレイソウ、ただ今見頃です!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »