« 今日のタンチョウ | トップページ | 今日の雌阿寒岳と阿寒富 »

2018年12月19日 (水)

今日の御神渡り

181218_020

 川下りのスタート地点のひとつ、塘路湖です。先日の冷え込みで湖が凍っていて、まだまだ小さい御神渡りが出来ていました。
 凍った湖面に氷が張り、その氷が低温のため収縮して出来た隙間に湖の水が入り、その水が凍った時に氷全体に圧力が掛かり、氷がせり上がったものが御神渡り、と現代の科学では説明されていますが、御神渡りは神が歩いた道だそうな。諏訪湖の上社の男神が、下社の女神のところへ行く道が御神渡りで、御神渡りの出来具合でその年の、天候や農作物の出来を占ったそうです。塘路湖ではどんな神が歩いたのかな。
 日本で御神渡りが出来るのは、諏訪湖、塘路湖、阿寒湖、摩周湖、屈斜路湖のだけだそうです。雪が多い地方では、氷が張ったのち雪が積もり、雪が断熱するため氷が収縮するほど氷が冷やされないからだそうです。気温が低く、雪が少ない道東ならではの現象です・・・・いや、やっぱり神がいるのだと妄想していたいです。今年の御神渡り、どこまで成長するのか、楽しみです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 今日のタンチョウ | トップページ | 今日の雌阿寒岳と阿寒富 »