« 今日の足跡 | トップページ | 今日の御神渡り »

2019年1月 6日 (日)

今日の400倍

190104_0051

 一昨日の新釧路川の河口近く、日本製紙の釧路工場です。元は十條製紙 だったので、今でもこの工場を古くから暮らす人は「十條さん」と呼んだりします。昔々に製紙工場に必要なものは、原材料、水、電気、輸送手段、周辺に人が居ないことだったそうです。その条件に釧路は合っていたので、製紙業が基幹産業となったわけです。
 氷点下二桁が続いているここ暫く、工場前の新釧路川が凍っていました。

 写真が無くて残念!!本日部分日食でした。特に準備をしていませんでしたが、丁度その時間に思い出し、サングラスを二つ重ねて観たところ、左上が欠けていました。肉眼でしっかり見るにはもっと光を通さないものの方が良く、勧められた方法ではありませんが、一瞬欠けていることを確認しました。子供の頃は写真のフィルムの黒い部分を重ねてみると良いといわれたやったことがありましたが、あれはいつの日食のことだったのか。(調べてみると1975年4月6日だったようです!!)
 6年前の2012年5月20日にはこんな金環食崩れ が見えました。

 日食は太陽と地球の間に月が入るということ。月が太陽を隠すということから色々調べました。
 地球と太陽の距離:149,600,000km(約1億5000万キロメートル)
 地球と太陽の距離:384,400km(約38万キロメートル)
 約400倍の距離

 太陽の直径:1,391,016km(約140万キロメートル)
 月の直径:3,474km
 約400倍の直径
 参考です。地球の直径:12,742km

 数字でみると日食は、大きな光の玉(太陽)と自分の間の400分の1の距離のところに、大きな光の玉の400分の1の小さな玉が通り過ぎることなんだと比較してみました。奇しくも距離も大きさもほぼ400倍でした。
 意味の無い計算ですが、こういうのを見つけるの好きです。
 もし計算間違いに気づかれた方、そっと教えてくださいね。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓

|

« 今日の足跡 | トップページ | 今日の御神渡り »