« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月31日 (木)

今日のストーブ

191031-005 今日は今シーズン6度目の冬日(最低気温が氷点下の日)でした。風があるので、日中の気温は高かった(17℃でした)ものの、寒く感じたのでストーブを本気よりずっと手前ですが、しっかりと焚いてみました。炎を見てるとホッとしますが、見過ぎると目がおかしくなったりするので、ほどほどに。とか、想っていると庭の少し向こうで、オス鹿が鳴いています。相手を想う気持、燃えています。エゾジカの恋の季節、まだまだ続きます。なかなか鳴き声(ラッティングコール)録音出来ないのだな~。

 2017年に続いて、母校のアメリカンフットボール部が大阪三位!!全国大会に出場します!!初戦は11月2日!!40年以上もの後輩達の活躍を期待して応援しています!!応援する気持がストーブのように燃えています!!(強引ですね)

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年10月28日 (月)

今日のフォーラム

S191027-0061 昨日、わが村鶴居村にて、"タンチョウフォーラムinつるい2019「タンチョウの未来・鶴居の未来」"(長い!)が開催、参加してきました。昨年立ち上げられた、「鶴居村タンチョウと共生する村づくり推進会議」(これも長い!)による「タンチョウ鶴居モデル」の構築・推進について賛否や途中報告。また、これからの給餌についての考え方、タンチョウとの付き合い方、それらにまつわる人々との関係などなどについて話合われました。
 こういうフォーラムにありがちな、行政関係の人だけ、自然保護関係の人だけと言った片寄りは全く無く、一般の方々も多く参加されていました。鶴居村の村民の多くの方が、これからのタンチョウとの関わりや鶴居村のこれからに大きな関心を持っていることを感じ取れました。中でも小学生、中学生が積極的に発言、質問していたことが印象的でした。これから鶴居村を背負って行く子供達に、不安無くバトンを渡せるようにするのは大人の役目だと強く思ったフォーラムでした。鶴居村、頑張っています!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年10月25日 (金)

今日のエゾシカ

191021-0321 ♪八時ちょうどの~♪ 狩人クイズです。上の写真にはエゾシカが何頭いるでしょうか。瞬時に正解した方はぜひハンター(狩人)に!!答えはそのうちに~!!

191021-0331 手前のメスジカは全く私のことを気にせず、草を食んでいます。奥のオスジカは私を見るなり樹の向こうに回りこんで、こちらを伺っているようです。それぞれ2本足の私を見て何を思うのでしょう。「バランス悪~」とか思っているのかな?

 ただ今、エゾシカの恋の季節です。昼夜問わず、オスがラッティングコールと呼ばれる、メスを呼んだり、他のオスに縄張りを主張したり、優劣を競う鳴き声を発しています。特に夜は賑やかです。ガイドの時にこのラッティングコールのマネをするのですが、知ってる方には似てると言われますが、圧倒的に元の声を知らない人が多いので、多くの場合???に満たされますが、きっといつか本物を聞くことがあるだろう!と思い、今日も鳴いて(真似て)います。そうこう書いている間にも、自宅の至近距離で大きな声で鳴き合っています。

 と、ここまで書いて、静かになったのでひょっとしてと外に出てみると、自宅前の牧草地約100mくらいのところから、カシャンカシャン、カシャンカシャン、繰り返し繰り返し乾いた音が響きます。オスジカ同士の鳴き合い(話し合いなのか?)では決着が着かなかったのか、実力行使として角と角を交わらせ力比べをしているようです。星の明かりしかない闇の中から、命を繋ぐ力比べの音が続いています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年10月22日 (火)

今日の紅葉

191021-0241
 川から見た達古武の山、良い色に染まっています。ミズナラが多い山なので、渋い黄葉となっています。

191021-0071
 達古武の湖の近くで見つけたモミジ、青空に映えています。天気の良かった昨日です。

191021-0141
 川の中の青空と紅葉、美しさが2倍になります。

 例年よりゆっくりだった紅葉・黄葉が今見頃です。今年は良い色のようで、日々楽しんでいます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年10月20日 (日)

今日のキタキツネ

191007-0031 川下りをしていると、岸から川に倒れた枯れ木に乗かっているキタキツネ。どうやら枯れ木で出来た淀みに魚がいるのか、狙っているようです。泳ぐことは出来るのですが、当然魚を追い掛けるほどの泳力は無く。カワセミよろしく、上から飛び込み咥えてやろうか、と考えているのか。

191007-0041 飛び込んだら間違いなく身体は濡れるし、岸の近くとは言え泳がないといけないし・・・。魚はいるのだけど思案のしどころ、そんな顔をして枯れ木の上で行ったり来たりのキタキツネ君。「もし俺がカワウソなら・・・」と思ったとか、思わなかったとか。晩秋の午後でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年10月16日 (水)

今日の白鳥

191014-0071 釧路湿原も北からやってきた渡り鳥で、賑やかになっています。マガンやヒシクイ、ウミウもバタバタと飛んでいます。
 白鳥は10月の中旬、体育の日ぐらいにやって来るとここでも何回か書きましたが、今年も例年通りやって来ています。今日、川下りの最中クワァクワァと大騒ぎで飛んでいる写真です。
 一旦釧路湿原で羽を休めた渡り鳥たち、英気を養いまた南に向かう者、釧路湿原で冬を越す者、厳しい冬をどこで、どうやって過ごそうかと思案中、なのかもしれません。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年10月14日 (月)

今日のカボチャ

191014-001 今朝の庭、霜が降りていました。初霜です。最低気温は-1.7℃、今シーズン2回目の冬日です。

191014-0201 ご近所さんより頂いたカボチャ、ロロンカボチャというそうな。面白い形をしています。SNSでも作ったとかもらったとか、ここしばらくよく見かけます。昨年は別の方にも頂いていました。美味しいカボチャ(のはず)です。なんでも新種であり人気の品種らしいです。面白い名前は、育成者の「ロマン」と栗のように甘い「マロン」を合わせた名前だそうな←受け売りです。詳しくはこちらをご覧下さい→→→ロロンカボチャ

191012-001 頂いた苗から出来た丸いピーマン。ピクルスにしていただいています。肉厚で甘みもあるピーマン、ピクルスに合います。我が家の収穫、今年最後かな?

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年10月11日 (金)

今日の紅葉

191011-003 前回のブログの風景の中に入ると、こんな感じです。ヨシが黄葉しています。

191010-001 車で走っていて見つけた、今近所で最も赤くなっているもみじです。青空をバックにはっきりと紅葉です。

191010-003 実家の庭のもみじも、紅葉の頃には美しい赤い葉を広げていました。春の桜と並んで秋のもみじは、日本の色だと思います。

191010-0061 違った角度から見てみると、緑、黄、赤のグラデーションが美しいです。強い風に飛ばされず、もう少しの間楽しませてちょうだい!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年10月 9日 (水)

今日の釧路湿原

20191005-0131 釧路湿原、細岡展望台から見ています。
 展望台下のミズナラはだんだんと黄葉しています。湿原のヤチハンノキはまだ緑を保っていますが、徐々に朽葉色となってきています。ヨシはご覧の通り緑から、秋の色へ変わっています。すっかりの秋の風景です。

 昨日は雨の一日、今日は強い風の一日でした。なんでも襟裳岬では最大風速が40m近かったそうです。台風並です。でもこの風は台風19号とは違った低気圧、前線によるものです。台風19号、日本列島直撃のようですが「備えよ常に」気をつけましょう。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年10月 6日 (日)

今日の塘路駅

 8月の初め頃、咲いていた菱の花です。
190802-003 小さな花ですが、たくさんの実をつけます。

 9月の初め頃、ちぎれた菱を裏返すと、
140910-001 幾つかの尖った実をつけていました。

140910-004 実だけを見ると、こんな形をしています。忍者の使ったマキビシ、逃げるときに撒いて追っ手の足に刺さることで追跡を阻む忍者道具の原型だそうです。

 カヌーのスタート地点の塘路湖、その近くにある塘路駅の看板、
191003-0011 ただの長方形で無く、ただの扇型でもない、四隅を尖らせているのは菱の実をイメージしたものではないかと思うのですが、鉄道に詳しい方、ご存じないでしょうか。1998年に塘路駅は改装されましたが、その前からこの看板はあったのかな???

 確か以前にも同じようなことを書いたと思いますが、改めて誰かご存知無いでしょうか?

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年10月 3日 (木)

今日のマユミ

190928-0031 そろそろ樹々の葉も色付き始めましたが、まだ目の覚めるような黄葉もしくは紅葉に出会って無いな~、明日から台風崩れの低気圧で強い風が吹かないければいいな~とか思いながら散歩をしていると、マユミの実が色付いていました。樹によって種類が違うのか、樹の勢いなのか、陽当たりなのか、土壌なのか、同じマユミでもずいぶんと色の違いがあるようです。マユミ、今が一番美しい頃です。

190928-0051 熟した実は割れて、中からオレンジ色の種を見せています。ピンクとオレンジ、ちょっと洋風です。
 洋風と書きましたが、マユミを漢字で書くと真弓。弓を作るのにこの樹が使われてたことから名付けられたそうです。他には檀とも書くそうな、檀・・・・・と思って調べてみると、女優の檀れいさんの本名はまゆみさん。ここから檀の芸名が付けられたそうです。さらに調べてみると、壇蜜さんは仏壇の壇で字が違います。以前ラジオで檀ふみさんが「蜜、れい、長女のふみです」なんてお話されていましたが、字が違うので本当は三姉妹ではないですね。←←←すみません、マユミのことを書いていたのにこんなオチで。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年10月 1日 (火)

今日の釧路川

190920-0101 ちょっと前の釧路川です。

 下流を向いています。写真では川が左に曲がっていますが、以前は左には曲がらずまっすぐに流れていました。さらにそれより前には、私の立っているところよりも、もう少し左側を自然の川は流れていました。人間の都合で、まっすぐにされたり、流れを変えられたり、釧路川も大変です。

 高い所のにある水は、引力によって低いところに流れます。その時、高低差が大きいと早く強い流れになり、高低差が小さいとゆっくりとのんびりした流れになります。強い流れであれば、途中にある硬いところや高い所を削ってまっすぐに流れになりますが、ゆっくりした流れだと硬いところ高い所を避けて、右に左に蛇行して川は流れます。
 高低差の小さい釧路川、右に左に蛇行しているのが本当の姿ですが、曲がったことが嫌いな方々にまっすぐにされ、また曲げられて・・・これも税金なのだなぁ、と思った増税の日でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »