« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

今日の引継ぎ

191231-0051 先ほど干支の引継ぎ式を終えました。亥から子へ、十二支が一回りしました。来年は十干十二支で言えば、庚子(かのえね)37番目です。
 皆様におかれましては、2019年はどんな年だったでしょうか。私は今年もたくさんの方々と出会い、また再会もして、刺激を受け過ごすことが出来ました。ありがとうございます。これからも、経験したこと、学んだこと、考えたことをいろんな形で発信して行きたいと思います。

 今年も1年ありがとうございます。来年もよろしくお願いします。

 皆様良いお年をお迎えください。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年12月29日 (日)

今日の月

20191229-0061 今日の予定がいきなりキャンセル。それはそれで時間が出来るはずなのに、なんだかバタバタする年末です。夕焼けが落ち着いた頃、針のような三日月とそれ寄り添うように宵の明星が輝いていました。才のある人なら俳句や短歌でも詠めそうな、冬の夕方でした。
 今年も後2日と少し、あれもやらねば、これもやらねばです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール

|

2019年12月27日 (金)

今日の霧多布岬

191226-009p1クリックすると画像が大きくなります

 釧路から東へ80km、車で1時間半ほどのところに浜中町霧多布湿原があります。霧多布湿原が一望できる、琵琶瀬展望台からです。ここから風景を見ると、山があり、湿原があり、海があり、人が暮らしていると感じます。みんな繋がって暮らしています。

191226-013 その霧多布を抜けて、湯沸岬灯台へ。映画「ハナミズキ」では主人公のカップルが、放課後自転車でデートして、ここで美しい夕陽を見る印象的な場面で登場していました。(白糠の高校生が自転車で霧多布?とか言わない!!)

191226-016 湯沸岬灯台のさらに先に200m行くと霧多布岬になるという紛らわしさはさて置き。天気が良く、青い空、青い海でした。岬というのは、ここまで来たんだと思うのか、何か心が惹かれます。

191226-015 きっとこの人も、たくさんの岬や日本国中様々なところに心惹かれて訪れたのでしょう。北海道の命名者、松浦武四郎の碑です。「かねてより あらしほ路と きいたふの 島根にたかく よする志らなミ(ママ)」波の荒いところだと聞いて、霧多布にやってきて、岬に寄せる大きな波を見たのでしょう。(解釈が間違っていたら、そっと教えてください)武四郎はその波を見て何を思ったのか、海の先のロシアを想ったか、アメリカを想ったか、神国日本を想ったか、想像は尽きません。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年12月25日 (水)

今日の朝

Asa 今朝散歩をしてみると、雑木の向こう側の太陽が、いい感じの光でこちらを照らしていました。細い枝についた霜が輝いています。ここ数日は風も無く、雪も無く、寒さは厳しくなってきましたが、静かな朝を迎えました。

191225-0011 釧路市内を流れる新釧路川、凍っては居ませんが、氷が流れていました。このまま寒さが続けば、2,3日後には凍るかもしれません。冬です。

 寒い昨夜、サンタもトナカイに負けないくらい赤鼻になったことでしょう。



 ぜひ、ご一緒に!!
 世界中の人々が健康で幸せありますように!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]



|

2019年12月20日 (金)

今日の降雪

191220-0011 夜明け前に目が覚めたときは雪は降っていませんでしたが、ほぼ日の出と共に静かだけどしっかりした雪が4時間ばかり降りました。家の前の牧草地も枯れた牧草が少し顔を出していますが、積もっています。

191220-0051 車の上はこの通り。2cmの積雪といったところでしょうか。

191220-0071 庭の樹々(ほぼ借景)たちも雪で薄化粧です。

 今シーズは雪が遅いと幾度も書いていますが、一般の生活では雪が無いほうが暮らしやすいですが。雪は断熱材にもなるので、雪が降り積もらないと、地面のシバレが深くなってしまい、春になったときの農作業が遅くなってしまいます。酪農は牛を飼い、育て、乳を搾ります。そのためにはエサである牧草作りも大切で大きな仕事です。雪が少ないということは、農作業の遅れとなり酪農にも大きな影響を与えることになります。酪農地帯である道東としては、降り過ぎるのは厄介だけど、ある程度は降ってもらわないと困ったことになります。

191220-0102 夕方から雪がまた降り始めました。果たしてこの雪が根雪となるのか、今シーズンの積雪はいかほどか、星が見えない夜空から降る雪を見ながら想いました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年12月17日 (火)

今日の鶴見台

191216-0021 40羽ほどのタンチョウが給餌場の鶴見台に来ていました。タンチョウといえば真っ白な雪の上で求愛のダンスを踊っているイメージがありますが、今シーズンは雪が遅いのか、今のところのんびりとやっているように見えます。
 というのも、冬をこの地で過ごすことをタンチョウが選んだのは、豪雪地帯ではなかったからと思われます。雪が降るまで、のんびりとお過ごしください。もちろん、実際はのんびりでもないのだと思うのですが。
 遅い雪といいながら、天気図を見ると上空には冷たい空気が入っているようなので、いつしっかりと根雪になるか・・・時間の問題のようです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年12月15日 (日)

今日の雪

S191214-0011 昨日の朝の風景です。目覚めたときには少し積もっているなという感じでしたが、その後大粒の雪が降り一時は4cmくらい積もりました。その後、雨になりほぼ解けてました。
 前回の投稿にも書いたように本州へ出掛けていましたが、その間にも2cmくらいの雪が一度積もったようですが、帰ってきたときには解けていました。こうやって、少しの雪が積もっては解け、積もっては解けを繰り返しているうちにドサッと本気の降りがくるのでしょう。いよいよ冬本番です。   すでに11月の初めから冬日は続いているけれど。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年12月12日 (木)

今日の航空三社

S191127-0031 関西、関東を回って来ました。仕事関係、私関係、久しぶりの仲間に会ったり、頭の上がらない先輩に会ったり、友人の芝居を観たり、好きなアメフトを観たりと、あちらこちらに顔を出していました。

 釧路空港から関西空港へ、
S191127-0071もちろんピーチを使って、お安く便利に!!

 神戸空港から羽田空港へ、
S191204-0271スカイマークの主翼の先にはハートマーク。

 羽田空港から釧路空港は、
S191210-0031北海道の翼であるエアドゥを使って。三路線、それぞれ別の航空会社を使っての旅でした。

 時には普段暮らしているところから離れて、いつもと違うものを見たり、考えたりするのも良いなと旅に出ては思うことです。いろんなところを刺激され東の端に戻って来ました。師走も中旬、年末まであとわずかです。

 << おまけ >>
S191204-0381 関東方面に行き富士山が見えるとうれしくなります。雪が積もった白い富士山に、赤いハートをトッピングです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年12月10日 (火)

今日の日没

191121-0031 「冬至十日前」というのは、冬至の10日前くらいが日の入りが最も早いことを言ったそうです。今年の冬至は12月22日、十日前ではありませんが、私の自宅のでは今日明日が15時49分(スマホにより緯度経度を調べ、日没計算サイトを使って算出・・・昔々電卓も使わず手計算したのが懐かしい)と最も早く日が沈む日でした。

 で、写真は以前にもご紹介したロロンカボチャです。最も早い夕陽のような・・・というのは無理矢理ですが、冬至といえば南瓜。冬至に南瓜を食べるのは、南瓜の栄養が寒い季節に良いのだとか。また冬至のころまで置いた南瓜は甘さが増すので、美味しくたべることが出来ます。
 夕陽の早さにを調べ、南瓜を切りながら、冬至を想った今日でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2019年12月 6日 (金)

今日のオオアカゲラ

20191122-0041
 庭の樹を真冬日コツンコツンと突く音が響きます。一昨日、鶴居村では今シーズン初の真冬日(最高気温が氷点下)を迎えました。オオアカゲラも体温を保つため、食べることに一生懸命です。枝から枝に飛び回り、エサである昆虫を探しているようです。樹の中の昆虫にすれば、静かにしてるのに何するんだよ~な気分かもしれません。

20191122-0181
 ちょっととぼけた顔は、今はやりのシマエナガに負けないくらい、可愛らしい顔をしています。

20191122-0121

 「決して腹黒くありません!!」と言ったとか?

 雪が積もる前に!もちろん積もった後も、生きるためにエサを探し食べ続けます。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然とあそぼう!R[アール]

|

2019年12月 3日 (火)

今日のシカミチ

191119-0021 舗装された農道にご覧のような、形の悪い💋マークのようなものがいくつもついていました。シカが歩いた跡、シカミチです。その先を見ると、

191119-0031 ご覧のようにシカが通ったところの草が倒れていました。ここを上ってくるとき、濡れた土がついて、アスファルトの上に足跡を残したようです。足跡を見ると、大人5頭と子供が3頭かな???と見当をつけてみましたが、実際は如何に???正解は分かりませんが、そこにいたに違いないエゾシカが見たであろう風景を見て、何を想っていたのか想像してみました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »