« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月28日 (火)

今日のカボチャ

S200425-0011 季節外れですが、カボチャです。昨年R[アール]農園で作ったカボチャ以外にたくさん頂いたカボチャ、ずいぶんと食べてカロティン補給十分なのか風知らず(他の要因とか言わない!)コンスタントに食べて、今回切り分けたものが今シーズンというか昨シーズンの最後となりました。一冬を越し春となりましたが、皮がしっかりとしたカボチャ、多少は水分が抜けているのかもしれませんが、美味しさはそのまま。涼しいところに置いておけば、十分越冬できます。

 カボチャを切るときのテーマは、「いかに静かに切るか」ということとしています。力任せに切れば切れないことはないですが、そこは刃物を使うので力を入れるとちょいと危ないので、多少時間はかかりますがゆっくり静かに切ります。包丁の刃元のあごを使って少しずつ切ってゆき半分に。包丁を長く使って、皮を削ぎ、テコと使って切り分けます。
 そうやって切り分けたものを、煮物に、スープに、団子等々に、美味しくいただきます。

 まだまだ冬日は続きますが、一昨日からオオジシギのディスプレイ飛行が賑やかに始まりました。例年GWが始まる前に、ディスプレイ飛行は始まりますが、例年通りです。でも、まだウグイスの初鳴きはまだ、私が聞いていないだけなのかな?

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年4月25日 (土)

今日の青空

200424-0051
 4月に入り連続冬日が途切れた時、春だ!と書きましたが、今月冬日でなかった日は今のところ4日間だけ、まだまだ春はゆっくりです。それでも桜前線は4月20日に津軽海峡を渡り、松前長に上陸したそうです。東の端にやってくるには、あと2~3週間かかりそうです。

200424-0021 
 朝早くには少し霧が出ていたものの、陽が高くなるに連れて青空になりました。青空はどこまでも青く、広く、道東の空です。

 と思っていたら、今夜から雨だとか。春の空も、秋の空や〇心と同じように変わりやすい・・・のかな?いずれにしても、春です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年4月23日 (木)

今日の蕗の花

200423-0151 蕗の薹が育ち開くと、蕗の花が咲きます。もうこうなったら食べるのには向いていないようです。
 よく尋ねられるのは、蕗の薹と食べる蕗は同じものなのか?どの部分を食べているのか?ということです。この写真の花の下にある葉のようなものは葉ではなく花の萼(ガク)です。では葉はどこにあるのか・・・、まだ出てはいません。この蕗の花の下(地中)から伸びている地下茎という茎があり、その茎から葉が伸びて土からできて来て、大きな蕗の葉っぱを広げます。葉を支えてる茎に見えるのは葉の柄、葉柄と呼ばれる部分を塩漬けにしてそれを煮物にしたりして食べています。・・・・お分かりいただけたでしょうか。説明するのが難しいです。ぜひ現地にいらした際には、現物を見ながら説明いたします。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年4月20日 (月)

今日のR[アール]

S200420-001 午後から雨が降り出した、今年の4月20日です。
 1997年4月20日にR[アール]を立ち上げました。丸23年の間楽しくやってこれたのも、皆さまお陰です。ありがとうございます。

 何かと落ち着かないご時世ですが、細心の注意を払って、心も身体も元気に乗り越えたいと思います。元気が無いと何もできない、大変なこともあるだろうけど、元気であれば何とかなる!24年目のR[アール]に何が待ち受けているか、歯を食いしばるか、笑って過ごすか、そんなこんな全てを楽しんで行きたいと思います。元気でやりましょう!!皆さんと笑って会える日が来ることを楽しみにしています。

 R[アール]24年目突入です!!お楽しみに!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年4月19日 (日)

今日の阿寒岳

200417-003p クリックすると大きな画像になります。

 しばらくの間、春らしく大気に水蒸気が多くなり靄がかかった風景となっていましたが、先日の朝「これは見に行かねば!」と思うような良い天気となり、少し長めの散歩に出掛けました。
 全く説明のいらない、牧草地の向こう側、雄阿寒岳(右)と雌阿寒岳と連なった阿寒富士です。約40㎞先まですっきりと見せてくれました。まだまだ山の上の方には雪が残っていますが、春の山と言った感じです。
 晴れた空の下、思いっきり深呼吸です。

 ラジオの聞き齧り、受け売りの知識です。深呼吸するときは、呼吸という言うくらいだから、まず「呼」で身体の中の空気を吐き出し、「吸」で吸い込むのが正しい呼吸だとラジオで言っていました。なんだか身体に良さそうです。
 これを聞いてから、いかにも身体に良いのですよといろんな方に話していたある日、話を聞きながらなんだか苦笑いな四人組の女性達・・・よくよく話を聞くとヨガの先生のグループでした。「でも、その通りなんですよ~」と言って頂いたのが何よりもの救いでした。たまにこんなことがあり冷や汗三斗です。
 私の冷や汗はともかく、ぜひ空気の良いところでやってみてください。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年4月16日 (木)

今日の福寿草

S200416-0011  福寿草が咲いた!と言い出したのは3週間と少し前でした。花も咲き出して、よ~し暖かくなるぞ!と思ってから、本当に暖かくなるのが長い、東の端です。咲いた福寿草も一旦は雪に埋もれたりもしましたが(2回積もったかな?)、まだまだ元気咲いています。風が強い日があったり、再び冬日が続いていますが、花は奇麗です。

S200416-0041 関東に暮らしていた頃、福寿草を見に行こうと誘われ、秩父の方に出掛けました。カメラマンの皆さんが三脚を立てて太陽の陽の当たりを待っている中、三脚の隙間から見た覚えがありますが、今は庭のそこらじゅうに咲いています。いつもの春の風景です。

 釧路市内を調べたいことがあり、ストリートビューを見ていると・・・・
Kkruma   私の車だ!ナンバーはちゃんと隠されているようですが、釧路市内でカヌーを三艇積みしている車はそうそういません。グーグルの車撮影車を見かけたことはありましたが、こうやって映り込むこともあるのだな~、変な所でなくて良かったとホッとしています。(そんな所行かないけど)お時間のある方、探してみてください。幸運が舞い込むかも!!
Map
 ここのどっか!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年4月14日 (火)

今日の玉切り

S200414-0021 トラックから降ろされた2m少しの丸太の山は、絡まった山になっているので一本一本解くように崩してゆきます。その一本は担ぐことが出来ないような重さなので、下敷きになると痛いです。いえ、大怪我もあり得ます。なので慎重に並べ、ストーブに入る長さ約40cmにチェンソーで切ります。これを玉切りと言い、玉切りしたものを斧で割ります。今回玉切りしたのは約1.4シーズン分、春夏秋冬、春夏秋と2シーズンしっかりと乾燥させて来年(2021年)の冬の初めころからストーブで焚かれて、家や身体を暖めてくれます。
 そんな先をことを思いながら、玉切り終了、次は薪割り、行ってみよう!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]
  

|

2020年4月11日 (土)

今日のタンチョウ

20200407-0391
 車で走っていて出会ったタンチョウです。よく見ると、頭が白いです。この時期の幼鳥は薄茶色から、だんだんと黒くなりつつあるのですが、やけに白い頭をしています。なんでも、「舞妓はん」や「麿」とあだ名されている黒い部分が薄いタンチョウの子供だとか、親戚関係なのだとか。果たしてこのタンチョウ君、年を経るにしたがってどのような色になるのでしょうか。足環もついていないので個体識別はできませんが、また出会えるか、色が変わればもうわからないか・・・いえ、タンチョウを探してわき見運転は禁物です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年4月 9日 (木)

今日の雪

200407-012 花見で一杯。

20200407-0111_20200409193901 月見で一杯。

200409-0051 雪見で一杯。

 夜が明けてからチラチラと降っていた雪が、昼前から本気を出してきました。冬の風景に逆戻りです。

 一昨日からの我が家の庭で、花見、月見、雪見。花札の遊びコイコイでは役があったはずです。

 4月に重い雪が降ることは珍しくないですが、今回は4月にしては多い雪です。シーズン中は少なかった雪ですが、3月4月で挽回したようです。
 雪の下で福寿草は「なにすんねん!」と言って花を閉じていることでしょう。夜になっても降っている雪、満月から少し欠けた月が雲の上を照らしているはずです。今夜は庭の雪を見て、ゆっくりと雪見酒です。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年4月 8日 (水)

今日のスーパームーン

20200408-0091 月は地球の周りを回っていますが、月の軌道は楕円形だそうです。楕円の中心にある地球と月の距離は遠い時と近い時があるので、遠い場合は小さく、近い場合は大きくなります。その大きくなる時がスーパームーンです。
 昨夜から今夜にかけてがそのスーパームーンとなります。昨日の天気予報では、今夜(8日)は曇り空だったので昨日にも満月を撮っていましたが、何とか今夜(8日)にもスーパームーンを見ることができ、撮影したのが上の写真。空気中に水分が多いのか、少し赤い色をしています。

 せっかくなので、昨日の月です。
20200407-0111 ほぼ同じ設定で撮っていますが、昨日の方が白く見えます。

 ブログでも何度か書いたかと思いますが、地球と月との距離のおおよそ400倍が地球と太陽の距離、太陽の直径は月の400倍という不思議。月は発光していないのに、これほど輝くのは太陽に照らされているから・・・地球と月と太陽の距離や大きさ、月に地球の影が映ったり・・・大きな月を見ながら、宇宙の不思議を頭に巡らせてみました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年4月 7日 (火)

今日の蕗の薹味噌

200406-0101  先日の予告の通り、蕗の薹味噌を作りました。
 近所で摘んだ蕗の薹を急いで家に帰り、急いで刻んで、少しの油で炒めて、味噌、味醂、砂糖、鷹の爪などで味をつけて~、と数年前までは思っていました。というのも、摘んだ時や刻んだ時すぐに切り口が酸化して茶色に変色してしまうので、急いで摘んで刻んでとやっていました。でも、その後に油で炒めて味噌を混ぜたら・・・全体的に色はこの通りとなります。調べてみると、色が変わっても味などには変化はないように書いてあったので、そんな急がなくても~と都合よく解釈して、急がず調理することにしています。なお、レシピによっては「急いで摘んで帰って、急いで刻んで、急いで!!」と書いてあるのもありますが、その辺はご自身のご判断で良いかと思います。

 程よい苦みに味噌、甘み、辛みそれぞれの味が相まって、旨い!!炊き立てのご飯に乗せて、春の苦みを楽しみます。

 でも、やっぱり・・・・・
S200407-003 日本酒で春の味を楽しむのは格別です!!旨いぞ蕗の薹味噌!!大絶賛自画自賛!!です。それにしても、日本酒と程よい苦みに味噌、甘み、辛みそれぞれが相まって、旨い!!(2回目)もう一杯、もう一杯が続きます。

 

 そうだ!!
 いま世界中がくすぶっているような空気に包まれていますが、来年の今頃、地面からポコポコ出て来る蕗の薹をワシワシと摘んで天ぷら、蕗の薹味噌、パスタ等々にして、美味しいお酒やワインを呑みながら、足りなくなったらその辺でまた摘んで来て、一杯食べて呑んで「昨年の春は大変だったね~」と笑って話せる「春だ!蕗の薹だ!」祭をやりませんか!きっと私一人でもやります!!(一人は寂しいので、誰か来て~!)そんなことを想像しています。
 大丈夫、きっと元に世の中に戻ります!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年4月 5日 (日)

今日のキタキツネ

Kitune 
 湿原の縁の道を車で走っていると車道でのんびりしていたキタキツネ君です。車通りが少ないとは言え、のんびりし過ぎだろうと思いましたが、のんびりと座り込んでいたところは僅かに太陽が当たっているところでした。暖かい所を見つけ日向ぼっこしていたのに、申し訳ない。観光客慣れしていないキタキツネのようで、車を見るとちゃんと隠れていました。観光客慣れして食べ物を貰うこと慣れたキツネは、観光客が少なくなる冬は越せないことが多いようです。きっとこのキツネは、しっかりと冬を生き抜いてきたのでしょう。えらいぞキタキツネ君!!などと思いながら眺めていましたが、彼(もしくは彼女)にすれば、「日向ぼっこの邪魔すんなよ!」と言ってるのかもしれません。スマン!
 子ギツネが生まれたぞ!と、声が聞こえてきています。キタキツネたちにも春は来ました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年4月 3日 (金)

今日の蕗の薹

S200402-0021 雪が解けて、枯れた草に覆われた地面が見えだして、その枯草の間から蕗の薹が顔を出したので、今だ!とばかりに摘んで、天ぷらになりました。ちょいと塩をつけて頬張れば、春の苦みが口の中に広がります。なんでもこの苦みが、冬の間休んでいた体を目覚めさせるのだとか、熊か!🐻がぉー!熊というのはちょっと冗談ですが、季節の変わり目に季節の植物の苦みを食べることによって体のスイッチを入れ替えるそうです。季節の物、頂きましょう。

 蕗の薹と書きたくて数年前に覚えた漢字ですが、「薹」手書きしたことが無い文字です。草冠に吉冖(ベキ)至で薹、パソコン上では文字が潰れてしまっていますが、分解するとそういう漢字です。でも、クイズ番組にでも出ない限り書くことは無さそうです。

 そんなことはさておき、季節を感じるために蕗の薹の天ぷらで一杯!!そしてお代わり!!お酒を呑みながら、また摘んできて、今度はアレにして食べようと思いを巡らせています。もう一杯!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年4月 1日 (水)

今日の鶴鹿

S200327-0031 数日前にコッタロ湿原展望台に登ってきました。雪はすっかり解けて、枯れたヨシの葉が風に揺られ、海の波のようでした。

20200327-0051 その中を颯爽と歩く、タンチョウのご夫婦。行く手にはエゾシカの8頭くらいのグループが居ます。先を歩くタンチョウはその間を、俺が通るんだ!除けな!といいながらエゾシカの間を通って行きますが、後から歩いていたタンチョウは・・・

20200327-0081おとうさん!エゾシカさんたちの迷惑でしょ!と声を掛けつつ、すみませんね~と言いながら道を除けてエゾシカから少し離れて歩いて行きました。

 と、想像しながら見ていました。タンチョウのオスとメスは鳴き合ったり、一緒に踊ったりしないと区別はつかないので、歩いているだけでは見分けがつきません。カップルの場合、オスの方が大きいことが多いと言われていますが、必ずオスが大きいわけではないので、上のタンチョウの会話はあくまでも想像です。こんなことを想像しながら、いつもタンチョウや野鳥、動物たちを見ています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »