« 今日の海の幸 | トップページ | 今日のカッコウ »

2020年6月 3日 (水)

今日のキタキツネ

20200529-0221 散歩途中、林の中で見かけたキタキツネ子供。きっと今年もあの辺りで産まれたのかな?倒木の上に乗って遊んでいます。

20200529-0151  また違った場所で、サクラソウをバックにこちらを伺っています。私を見て、「後ろ足だけで歩いて・・・バランス悪~」と言ったとか!?

20200529-0351 また違う場所、違う時間に出会ったキタキツネ。どうやら母親キツネのようです。よく見ると何かを咥えています。育ち盛りの子ギツネたちに食べさせるエサでしょう。お母さん、子育て真っ盛り、頑張れ~!!

 

 NHK朝の連続テレビ小説「エール」のお話です。主人公が「船頭可愛や」という曲で初めて世間に名前が知られるようになりましたが、この「船頭可愛や」を作詞したのは、ドラマの中では違う名前でしたがモデルとなったのは、高橋掬太郎さん根室出身の方です。
 子供の頃、漁師の父親の仕事の都合で現在北方領土となっている、歯舞諸島の水晶島に暮らしたそうです。その時の掬太郎の日記が遺品の中から発見されたと、今年4月に新聞記事となっていました。
S200403-003 大正時代の水晶島の記録はほとんど無いので、貴重な資料だそうです。
 高橋掬太郎の作品には、戦前の「酒は涙か溜息か」、戦後の「ここに幸あり」などなど有名な曲がたくさんあるようです。
 「ここに幸あり」は、私が学生時代の実習時に、この歌を好きな方(お偉いさんでした)がいて、たびたび唄った懐かしい歌です。作詞者が根室の方だったとはこの新聞記事で知った次第。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 今日の海の幸 | トップページ | 今日のカッコウ »