« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月31日 (月)

今日のトリカブト

 本日(31日)の20時現在、今日の最低気温10.8℃、最高気温16.9℃となっています。夏からいきなり秋が深まったような気がします。でもまた気温が高くなる予報も出ています。猛暑の地域の方には羨ましがられますが、暑かったり、涼しかったり、寒かったり、身体がついてゆけません。

 夏の終わりの花です。
200831-0151  トリカブトです。
 殺人事件にトリカブトの毒が使われたこともあるので、良くないイメージがありますが奇麗な花です。漢方でも利用されますし、狩人はこの毒を使って獲物を得ていたそうです。また、トリカブトの毒である附子にまつわる狂言「附子」という演目もあるので、毒として知られるだけでなく、もっと身近にあったものなのかもしれません。

200831-0181 花、葉、茎、実、特に根に毒があります。花の蜜にも毒があるようですが、写真のアブには毒が効かないのでしょう。毒を含む花ですが、使い方によっては人の役に立つトリカブト、一般人は奇麗な花を観賞して楽しむのが良いようです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月29日 (土)

今日のオジロワシ

20200719-0251 あまり歩きに行かないところ歩いていると、バサリと大きな音がしました。オジロワシが飛び立ったところです。こんなところに居るとは思わなかったのでボケ~と歩いていたのですが、近寄ってしまった私に驚いたのか、飛び去ってゆきました。スマン!

20200719-0271 翼を広げると約2mの大きさの鳥です。ハシブトガラスが翼を広げると1mくらいなので、ハシブトガラスが2羽並んでいるくらいの大きさです。
 魚を獲る鳥なので、魚が居る川の近く、海の近く、湖の近くにいると思っていましたが、何かエサがになるようなものがあったのか?もし動物が死んでいたのであれば、他のオジロワシやトビやカラスもいるだろうにと色々想いながら歩き続けました。「オマエノアタマデカンガエテワカルクライタンジュンチャウヨ」と声が聞こえたような気がしました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月27日 (木)

今日のミンク

200826-0051 暑い、暑い、川に飛び込みたいぞ!と思いつつ川下りしていると、カヌーの前を横切る黒い影、ミンクです。水に浸かって気持ちいい!と思っているわけではないでしょうが、心地よさそうに泳いでいるように見えます。飛び込みたい。
 ミンクは元々は日本、北海道には居なかった動物ですが、昭和の初期に毛皮を得るためにアメリカから移入させたのが始まりで、戦後は北海道各地で飼育されていたそうです。私が暮らしている地域にもミンクの飼育場があり、その前にあるバス停の名前は15年くらい前までは「ミンク」でした。今は違う名前になりましたが、可愛いバス停の名前だったので写真に撮っておけばよかったと悔やんでいます。
 アメリカから移入されたミンク、今では特定外来生物などと言われて駆除の対象となっていますが、ミンクが入って来たのではなく、人間が持って来た動物です。外来種の問題は、人間の問題と改めて思うのでした。

 それにしても、暑い日でした。
200817-0011 変温動物(ヘビ)だって、暑いと泳ぎたくなります。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月25日 (火)

今日の細岡

 川下りのスタート地点の塘路湖で準備をしていた時のことです。川下りを終えたであろう、私より10歳ばかり年上のお二人が私に声を掛けてきました。なんでも、塘路湖を出て3kmほどのところが危険なので注意するように!ということです。前日下った時には何とも無かったけど、状況が変わったのか?変わるような何かあったか?と思いながら礼を言うと、初めてなら無理しないようにアドバイスまでいただいてしまいました!私の見た目そんなに心元無かったのか?釧路川のガイド25回目の夏です。・・・・・で結局心配されるような変化はなかったのですが。きっと倒木があるところで大変な思いをされたのでしょう。ありがとう、私は無事です。

444 釧路川の細岡カヌーポートです。ここしばらくの風景を集めてみました。空の色様々、雲の色や形も様々、風が吹いたり吹かなかったり、日没間近、正午の太陽などなど、一瞬たりとも同じ風景はありません。だから何度見ても見飽きません。

 ここでタンチョウクイズ!!9枚の写真のどこかにタンチョウがいます。どの写真に何羽いるでしょうか。よ~く見てください。答えは数行後!!

 

 

 

 

 

 

200822-0201 中央の写真です。左側の真ん中辺りに白い点が2つ。拡大すると・・・

200822-0211水際で草を突いたり、土を突いたりしています。水生の虫でも食べているのでしょう。二羽で仲良くやっているようです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月22日 (土)

今日の暈

200822-0121 午前中、釧路川を下っていると、何かに見られているような気配が・・・、空を見上げると大きな目玉がこちらを見ていました。太陽の周りに虹がかかったような、暈(かさ)、ハロとも呼ばれます。太陽に薄い暈がかかることはそう珍しくありませんが、ここまではっきりと、そして長い時間(2時間ほど)かかっているのは、珍しいように思います。
 暈ができるのは、雲を作っている氷晶が六角柱で、プリズムのようになって、反射して・・・だいたいそんな風に出来ています。科学が発達した現代では暈のでき方も、出来やすい気象状況も分かっていますが、昔々は不思議な出来事、大切な太陽がいつもの違って見えること、吉兆を占ったりしたのかもしれません。大きな目玉に睨まれながら、きっと守られてる、良いことが起きるぞ!と能天気に眺めて川を流れていました。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月20日 (木)

今日のノロッコ号

200726-0071  全く今日で無い、しばらく前のノロッコ号です。釧路湿原の東側にある夢が丘展望台へ登った時、ちょうどノロッコ号が展望台の下を通過してゆきました。先日の投稿(7月25日「今日のノロッコ号」)ではノロッコ号からカヌーは見下ろされていましたが、今回は展望台から見下ろしてみました。♪緑の中を走り抜けて行く♪ノロッコ号です。

200726-0091 夢が丘展望台のある達古武はおおよそ80mの高さの山です。ノロッコ号は、山と川の間にある湿地を走り抜けて、細岡駅から塘路駅に向かっています。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月18日 (火)

今日のオニユリ

200817-022 オニユリが咲き出すと、道東では秋風が吹くようになりますが、今年はまだ夏のようです。

 赤に近いオレンジ色に黒い斑点、オニユリと言われるのはこの配色の毒々しさだとか。他のユリには無い、強さを感じます。

 オニユリの茎を見てみると・・・
200817-025葉が出ているところについている黒い粒は、鱗芽とも呼ばれるムカゴです。塩茹でにしたり、炒ったり、ご飯と一緒に炊いて食べると美味しいそうな。ムカゴは食べたことはありますが、まだ自分で収穫したものを食べたことは無いので、収穫&調理して食べたいと思っています。そのレポートは後日・・・(すると思います)。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月16日 (日)

今日のトマト

Onndo 真夏日が続いた3日間、最高気温が21℃、18℃の2日を挟んで今日は28℃。午前のドピーカンから午後3時頃よりそこそこ激しい雨で気温もぐっと下がっています。身体が気温の変化について行けないこの夏です。

200816-0221 そんな天気はともかく、ビニールハウスの中ではトマトが次々色づいています。朝一に捥いで朝食にいただいています。きっと、トマト自身も捥がれたことに気付く前に食べている、新鮮トマトです。スーパーで売られているものは、緑のうちに収穫して流通途上で赤く熟すのだとか。茎についたまま熟したトマトは甘く、味が深いように思います。

200816-001 色々な種類のトマト、しばらくの間は美味しさを楽しめます。自然の実り、ありがとう!

==追記==
 記事を書きながら急にスペクトラムのTOMATO IPPATSUを聴きたくなり、Youtubeで探して聴いてみました。うーん、いい曲だし演奏も素晴らしいけど、詞の力が抜けた感が・・・、それが良かったのかな?
 よろしかったら、TOMATO IPPATSU→→→
https://youtu.be/FoHcUQ7GezI

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月13日 (木)

今日の水浴び

 一昨日、昨日、今日の三日連続で真夏日を記録した、鶴居村です。8月の平均最高気温が23℃の地では、真夏日は耐えきれない暑さです。
 それは野生生物も同じこと。

200812-0101 浴びていたわけではありませんが、水に入っています。だって暑いんだもん、と言っていたとか。

200813-0051 オジロワシの水浴び。写真を撮った時には横を向いていましたが、写真を撮る前、撮った後に盛大に水を浴びていました。身体が大きいだけあって、烏の行水よりも派手に水が舞っていました。

 写真は取れませんでしたが、烏の行水も見ました。何度も何度も水を飛び散らせて、入念に浴びていました・・・じゃあ、烏の行水ではないじゃないか!と頭の中がグルグル回りそうな風景でした。
 その他にも、泳ぐヘビ。暑い日に泳いでいる姿を見かけます。身体を上手くくねらせて、意外に早く泳いでいます。

 野生生物だって、暑いんだもん!!

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月11日 (火)

今日のエゾアカガエル

202008110181  日が暮れた頃、家に戻って入ろうとすると、玄関ドアのすぐそばにエゾアカガエルが佇んでいます。エゾアカガエルにしては大きいサイズのようで、体長7㎝くらい・・・デカいぞ。今までカエルの鳴き声についてブログに書いたことはあるけれど、姿を載せたのは初めてのはず。なんだか、家に入りたそうにしていました。
 水気の多いところだけでなく、森林帯や普通の平地にも暮らすエゾアカガエル、庭を歩いているときにも足元をピョンピョンと跳ねていることがあります。
 ちょいと早いけれど、お盆に帰って来た誰か?そんな姿をして、誰なんだ?とか話しつつ、玄関前から退いていただきました。そんな、暑かった本日(11日)最高気温32.7℃、夏真っ盛りです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]
 

|

2020年8月 8日 (土)

今日の青空

Mmm 午後は曇ったものの、午前の空の青さはこの夏で最も良い青空だったと思います。どの空が良かったかと選び切れず、並べてみました。今日の釧路湿原・釧路川の空です。
 「青空だけではつまらん!白い雲があってこそ青空。」(だいたいそんな意味)と言ったのは誰だったか。天頂には雲は無かったのですが、川の流れゆく方向にいい雲がたくさん出ていました。今日の雲でもあります。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月 6日 (木)

今日のリョウ

200804-0031 昨日は久しぶりの真夏日でした。5月6月に1回ずつ真夏日はありましたが、7月は無しで最高気温が10℃台の時もしばしばでした。このまま夏は終わるのかと思っていたところ、久しぶりの真夏日、続いて今日は夏日でした。いきなり南国に来たような気分です。
 川下りのスタート地点の一つ塘路湖では、ヒシの白い花が一杯咲いています。1円玉より二回りほど小さな花ですが、水に浮かぶ緑の葉の真ん中で楚々と咲く姿は涼しげです。暑中お見舞い代わりにお送りします。

 今日のリョウは、菱(リョウ)で涼(リョウ)でした。 

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

2020年8月 4日 (火)

今日のオニグルミ

200731-0151 三つも並べる必要はなかったのですが、それぞれ形や熟れ具合が違ったので、並べてみました。市販されている食用のクルミは、ペルシャグルミやシナノグルミだとか。こちらのオニグルミも食べれますが、小さいです。梅の実のようですが、中にあの硬い殻が、まさに梅の種のように入っています。と言いながら、割ってみましたが、まだ若いのか、殻はしっかりできていないようです。

 20年ほど前にキャンプをした時、風が強い日でこのオニグルミがテントに落ちて来て喧しかった覚えがありますが、確か9月。クルミは9月に出来ると思っていましたが、なんとなく少しずつ早く出来るようになっている気がします。

200731-0111 見上げてみると、このようにわんさか成っています。これを捥いで、その場でガブリとやれるフルーツだったら・・・と思う恒例行事でした。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »