« 今日のボリボリ | トップページ | 今日の風景 »

2020年9月30日 (水)

今日のえさづくりプロジェクト

200929-004 地域の小学生、住民が自分たちでデントコーン(家畜飼料用とうもろこし)を植えて、育てて、収穫して、ほぐして、タンチョウのエサを作るプロジェクト。今年で13年目となりました。タンチョウの餌を作りながら、タンチョウの生態やタンチョウと地域の関わりを学びます。
 今回は、小学校の児童の収穫&干す作業、お手伝いしに行きました。

200929-007 背丈より高いデントコーンの茎、手の届かない低学年を高学年が手伝っていました。収穫する児童がデントコーン畑に入り、消えてゆく画はまるで童話の世界のようです。

200929-012 収穫したコーンを学校に持ち帰り、体育館で干すために皮を剥き、その皮を結んで物干しざおに掛けれるようにします。皮を数枚残して結ぶ、小さな手の小学生には大変ですが、ここでも高学年が低学年に教えたり、皮を剥く係と結ぶ係を作ってチームワーク良く作業を進めます。第1回目のときは、昼休みを越えて5時間目までやっていたことがウソのような手際良さです。
 今年はコロナ禍のため、地域の方のお手伝いをお願いできませんでしたが、児童全員頑張りました。

200929-014 干したデントコーン、1446本。小学校内の物置に干す場所があります。コーン干場のある小学校、全国探してもそうありません。

200929-015 天候が良かったのか、選んだ品種が良かったのか、今年はびっしりと大粒のコーンが詰まっています。年が明けると次は解す作業、そして軽量です。今年はなかなかの豊作、タンチョウも喜んでくれるはずです。年明けが楽しみです。

  ↓↓ホームページもご覧ください↓↓
  自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 今日のボリボリ | トップページ | 今日の風景 »