« 今日の菖蒲 | トップページ | 今日の花いろいろ »

2021年6月21日 (月)

今日のオオジシギ

20210617-0041 派手な急降下を繰り返し、大きな鳴き声、羽根の大きなカザキリ音でディスプレイフライト(メスにアピールしてます)を繰り返しているオオジシギです。少しお疲れなのか、電信柱(木製です!!)に止まって鳴いていました。

 遥か彼方オーストラリアの東部から、赤道を越えてはるばるやってきます。直線距離で約8000km、ニューギニアやインドネシア、フィリピン、台湾、日本列島を伝って渡っているので相当な距離を飛んできています。なんでも、往路と復路では飛行ルートが違うのですが、風向風力だけが要因でないとか、まだまだ謎深い鳥だそうです。

 日本野鳥の会の調査によると、19年秋から20年春(秋、春は日本での季節)のオーストラリア森林火災により、生息地の乾燥と高温のため個体数が減り、北海道に渡ってくるオオジシギが42%減ったそうです。
 そう思って見ると、電柱に止まって休んでる彼(鳴いていたのでオス)に頑張れ!人間界もいろいろあるけど、お互い頑張ろう!と言ってやりました。

 

 先日「早すぎる夜明け」について書きましたが、今日は夏至です。日の出から日没まで一年の内で最も長い日です。今日の日中時間(我が家調べ)15時間25分33秒です。いつまでも外で遊びたくなります。そして半年後の冬至の日中時間は9時間2分11秒、最長と最短では、日中時間は6時間23分22秒も違うことになります。きっと冬至の頃、同じようなことを書くと思います。なお、日没時間が最も遅いのは、6月27日(我が家調べ)です。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 今日の菖蒲 | トップページ | 今日の花いろいろ »