« 今日のヒナ | トップページ | 今日のトマト »

2021年7月28日 (水)

今日の袋角

 ここのところ、ガイド中に「エゾシカって美味しいですよ、機会があればぜひ」と話したそばから、エゾシカが現れることが多いです。そんな絶妙なタイミングで現れるのも、やっぱりエゾシカがたくさんいるからでしょう。

 この時もそんなタイミングでした。
210724-0041 背の高い草に隠れているつもりなのか、まったくこちらを見ずに「動いたら見つかる」と思っているのかもしれません。しっかり見えてますよ。

 頭を見ると袋角と呼ばれる、まだ角にはなっていない出っ張りが出来ています。オスジカは生まれて一年したら、春から秋にかけて角を作り、秋から冬は角をつけて、春になると角を落とします。角は年々大きくなりますが、春から秋であれほどまでに大きく重い角を作るとは、シカの身体は不思議です。そしてそれが落ちて、毎年作るとは身体に負担は無いのかと心配になります。

 写真の角は先に書いたように袋角と呼ばれるもの。 春に角が落ちると、皮膚の覆われた袋角が生え始めます。外側は毛が生え、何には血管があり血が流れています。触ったことはありませんが、ブヨブヨとして、温かいそうです。血液により栄養が運ばれ、骨質が作られ伸びて行くと血液が止まり、皮膚は剥がれ角が乾燥します。写真は伸びる途上であり、ブヨブヨとしているのでしょう。
 繁殖期(秋)にはメスを巡って、他のオスと力比べするときに重要な角ですが、ただ今絶賛角作成中です。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 今日のヒナ | トップページ | 今日のトマト »