« 今日の虹 | トップページ | 今日の紅葉 »

2021年10月 8日 (金)

今日の衣替え

20210926-0801 湿原の縁を散策中に出会ったメスのエゾシカです。エゾシカたちは恋の季節でもあり、衣替えの季節でもあります。こちらのエゾシカは、まだ茶色き部分が残っていますが、夏の茶色い毛はそのうち抜け落ちて、濃い灰色の冬毛となります。冬毛は葉の落ちた森の中でも、周囲の樹木の色に溶け込める色をしています。今はいなくなった捕食者のオオカミは、色があまり分からず、その上人で言えば近眼のようであまり目が良くないので、森の樹の中ではカモフラージュ出来たようです。もっともエゾシカも色はあまり分かっていないそうな。また、夏毛と冬毛は色の違いだけでなく、冬毛は毛の中がパイプのように中空になっているので、空気を貯めやすく保温に役立っているそうです。これから厳しい冬がやってくる前、衣替えに、恋に忙しい季節です。

 釧路川の蛇行を説明するときに、標高差の話をするのですが・・・その標高で無く・・・
211006-0021 標茶高等学校が作ったコーヒー牛乳を飲みました、美味しかったです。標茶高等学校、略して標高(しべこう)です。
 標茶高等学校の敷地は高校の中では日本一広い面積255ha、正方形にすると一辺1.6㎞の広さです。こちらの敷地は元は集治監という刑務所のような施設で網走監獄の前身であり、その後軍馬を育成する軍馬補充部が置かれ、戦後は農業学校として開校され、今は標茶高等学校となっています。元は農業学校だったこともあり、ユニークな取り組みが行われており、こちらの標高珈琲もそんな中で作られたものだそうです。ご興味のある方は、標茶高等学校サイトをご覧ください。
 標茶高等学校 http://www.shibecha-h.ed.jp/index.html
 なお、標茶高等学校がある場所の標高おおよそ35mでした。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 今日の虹 | トップページ | 今日の紅葉 »