« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月31日 (金)

今日の引継ぎ

211231-0021 
 年末の恒例行事の干支の引継ぎを終えました。三匹の牛さん、ご苦労様。特に赤牛さんは無病息災、健康長寿を守っていただいているだけに大変だったと思います。お疲れ様でした。
 新年は寅年です。虎の跳躍のようにバーンと飛躍の年となるよう祈ります。

 今年もたくさんの皆さまと出会い過ごし、たくさんの経験をしました。様々なことがありましたが、全てに感謝して今後の糧としたいと思います。ありがとうございます。
 そして、ブログを読んでいただきありがとうございます。これからもボチボチと書き続けたいと思います。

 それでは、皆様も良いお年をお迎えください。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2021年12月30日 (木)

今日の霧氷

 昨日の朝もしっかり冷えた釧路湿原です。

20211228-017 ヨシに霧氷が付いて輝いていました。ヨシの先で輝くツブひとつひとつが宝石のようです。

20211228-011 ヤナギの枝にも宝石です。自然の造形、美しいです。
 眺めているうちに太陽の光が当たり、アッというまに姿を変えて行きました。ほんのひと時の宝石でした。

015_20211230200701
クリックすると大きくなります

 釧路湿原の中では、いくつもの自然の造形が生まれ、無くなり、また生まれてを繰り返しています。そんな美しい風景をこれからも探しに行きたいです。一緒にいかがですか!

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2021年12月28日 (火)

今日の蓮葉氷

211227-0021 昨日、釧路川の旭橋より約200m上流にある釧路川鉄橋と浮かぶ蓮葉氷。

 近くによると、
211227-0041こんな感じです。もう少しぶつかり合えば外側がめくれ上がり、名の通り蓮の葉のようになります。氷の周りの白くなっているところは、少しめくれ上がっています。昨日の内にぶつかり合って、形を変えているかと思い今日も見に行くと・・・

211228-0012 釧路の本日(28日)の最低気温-12.3℃。低温のあまり全部ひっついちゃった~でした。

 鶴居は-15.9℃でしたが、だんだんと身体が慣れてきたようにも思います。ドンと来い、冬将軍!・・・・いや、本気出さないでください。

 年末の慌ただしい中、皆さま暖かくしてお過ごしください。(氷の画像をアップしておいてなんですが~)

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2021年12月26日 (日)

今日のキタキツネ

20211219-0032 窓の外を見ると、キタキツネが我が家を見て佇んでいました。寒さが厳しくなるこの季節、果たしてどこで夜を過ごしたのでしょうか。上質の毛皮を着ているので、平気なのかな。そんなことを思っていると、

003_20211225101501牧草地の奥、湿原に向かって走って行きました。キタキツネなりに、師走は忙しいようです。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2021年12月23日 (木)

今日の飛鶴

S211222-002 昨日は冬至だったので、南瓜の煮付けを頂きました。昼間が最も短い日なので、これからは良くなる、運気が上昇するので、運(ん)がふたつ付くナンキンが食べられるようになったとか。また南瓜は緑黄色野菜の王様とも呼ばれ、各種ビタミン、カロテン、食物繊維が豊富なので寒い時期に良いと言われていますが、秋に収穫された南瓜、寒さが増すにしたがって甘さも増しています。美味しい時に食べるのが、身体にも良いのでしょうね。

A00101 頭を挙げて 飛鶴を望み
 給餌場から離れたところ、湿原に向かって飛んでいました。自然採餌できる良い場所があるのでしょうか。それとも、何かいいことあるのかな。

B001_20211223174201 頭を低れて 此先を想う
 タンチョウの足跡、凍っていました。今シーズンの冬はどんな天候、どんな風景や人と出会えるのか、楽しみです。




B003 いや、絶対おまえのじゃないし、邪魔だし!

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2021年12月21日 (火)

今日の朝陽

 先週の金曜日に引き続き、今朝目覚めると雪が降っていました。今回も夜明け直前から3時間ほど降りました。17日の雪が根雪になりそうです。雪が止んだ後は、晴れたり雲が流れたりの一日でした。

20211220-0031 昨日の朝、陽が昇る前に空が赤くなりました。真っ赤と言えるような赤でした。そして昨日は良い天気の一日、道東の冬らしい空でした。
 こちらのような赤色を見ると、「ストロンチウム(Sr)炎色反応」と頭に浮かびます。苦手だった化学ですが、頭の片隅に残っています。

 順番が逆、時間を遡りますが19日夜、満月でした。
20211219-0171 満月 空に満月、月は東から西へ流れて行きました。

 明日は冬至、一年の中で最も昼間が短い日です。R[アール]観測所によると、我が家の位置では、今日は明日より1秒昼が長いです。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2021年12月19日 (日)

今日の温もり

 一昨日降った雪は根雪になるのか?それはどうかはまだ分かりませんが、昨日はとても寒い日となりました。
 今季初の最低気温氷点下二桁、今季初の真冬日(最高気温が氷点下)を記録しました。今朝の最低気温は-17.2℃!そしてこのまま行くと昨日に続き今日も真冬日です。冬が本気を出し始めました。

 それでは寒過ぎるだろうと、温もりを求めて(本来の目的は違うけど)弟子屈町の硫黄山へ、


元気よく噴き出しています。以前より激しく噴き出しているように思うのは、火山活動が活発なのか、地下水が多いのか、気のせいなのか。噴き出した水滴というのか温滴?熱滴?本当にヤケド注意です。

211215-0081 この山では明治10年から昭和38年まで硫黄を採掘していました。詳しくはこちらをクリックしてください。硫黄は火薬の原料、漂白剤、ゴム製品を作るにも重要な鉱物なので、ずいぶんと重宝されたことでしょう。それにしても作り物のような黄色で、実物は蛍光色に近いです。

211215-0101 「君の名は(。無しの方です)」1953年に制作された映画の第二部ではここでも撮影がされたそうです。観なければと思いながらまだ見ていない映画です。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2021年12月17日 (金)

今日の雪

211217-0031 目覚めると雪が積もっていました。ようやく雪らしい雪が降り、積もりました。
 朝7時前に外に出ると、薄っすらとつもり新聞配達さんの足跡が無かったようなので、5時以降に降り出したようです。チラリチラリと降ったり、一旦止んだりもしましたが、夕方からまた降り出しています。

211217-0091 今のところ5cm位の積雪ですが、朝にはもう少し積もっているかな?果たしてこれが根雪となるのか?今年の冬はどんな風景か楽しみです。

 小用で近所を車で走りましたが、おかしな方向に向いてとまっている車、それに対応しているパトカーが止まっていました。大きな事故ではないようですが、積もり初めは積雪量に関わらず事故が多発します。
 ニュースやご近所さんのSNS情報では、釧路市内でも事故がいくつかあったり、釧路市内と鶴居村を繋いでいる幹線道路も一時通行不可となっていたようです。雪の積もる地方の方、運転には気を付けましょう。もちろん、日本全国、世界中どこでも安全運転!お忘れなく!!

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2021年12月15日 (水)

今日の空の色

 午前中に釧路湿原の西側の展望地より、
211215-0011晴れた空に白い雲。空気が透き通っているようです。陽が当たっていると、暖かく感じる+4℃。

 日没直前に東側の展望台より、
20211215-0311夕陽に照らされた釧路川の蛇行。オレンジ色の空、焼けていて、川にも夕焼けがあります。
 陽が陰ると途端に寒くなる+2℃。陽に当たっているかいないかで、気温差(2℃)以上に寒さを感じます。
 太陽、ありがとう。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2021年12月12日 (日)

今日の薪神様

 日没時間が最も早いのは、冬至10日前と言いますが、釧路で最も早いのは、
Keisan12月9日の15時48分でした。お昼ご飯を食べてのんびりしていると陽が傾きます。そんな日没時間もだんだんと遅くなってきています。なお、昼間の時間が一番短いのは冬至の12月22日です。

211207-0021 もう何度もこちらに登場している、薪神様兄弟。8年間のお付き合いとなっています。

http://kushiro-r.txt-nifty.com/blog/2013/12/post-4fdc.html
http://kushiro-r.txt-nifty.com/blog/2015/11/post-aead.html
http://kushiro-r.txt-nifty.com/blog/2016/12/post-b774.html
http://kushiro-r.txt-nifty.com/blog/2017/11/post-b45d.html

 最初は薪兄弟でしたが、今は薪小屋を守ってくれる薪神様となっています。
 すでにストーブは焚いていますが、火の用心はもちろん、積んだ薪倒れるなと薪神様兄弟に願うのでした。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2021年12月10日 (金)

今日の足環

002_20211210225601 鶴居村にある給餌場のひとつ、鶴見台です。私が見たときには、30羽近くのタンチョウがエサを食べにやって来ていました。

 その中の1羽をよく見ると、ゴールドの足環をつけています。見えますか?

 拡大してみると、
001_20211210225601 「429」の数字が付いた足環です。どこの何ベエさんなのか調べてみると、足環一覧表です。(←←←一覧表見られます)
 豊富町(道北)で今年足環を付けられた、オスのタンチョウ君です。一覧表ではわかりませんが、識者に聞くと昨年生まれの亜成鳥(まだまだ子供!)であり、どこに現れるのか注目されていたのだとか。「429」と同じく今年豊富町で取り付けられた「426」「427」「428」も来るかも!楽しみです。豊富町から鶴居村まで直線距離で約300km、ツーっと飛んできてルっととまったそうです←←←落語ですから~。

 タンチョウの観察を楽しむひとつとして、上にも書きました足環一覧表(タンチョウの個人情報なのか?)があると、より親近感を持つことが出来るでしょう。一覧表、一家にひとつ、いかがでしょうか。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2021年12月 8日 (水)

今日の阿寒岳

 数日前の雌阿寒岳です。
20211204-0221 阿寒富士、雌阿寒岳どちらも雪化粧です。この雪が里に下りてくるのも後わずかです。

20211204-0481 雄阿寒岳にも雪が積もっています。

 ここしばらくは曇り空が続き、阿寒の山々が見えませんでしたが、この日は久しぶりに顔を出して、40㎞離れた散歩道からもご覧の通りでした。

20211204-026p1写真をクリックすると大きくなります。

 数回前のブログでも雨の降り具合について書きましたが、その後調べてみると鶴居では、今年の11月は例年の11月の3倍以上(11月としては最大降水量)の降水量がありました。11月中からしばらく阿寒の山々が見えなかったはずです。さてさてこれからの天気や如何に!

 以前も阿寒岳と書いたところ「阿寒岳なんて山は無い!」とご意見いただきましたが、百名山の深田久弥も阿寒富士と雌阿寒岳と雄阿寒岳の総称として阿寒岳としていたようなので~そんなつもりで読み流してください。なお、深田久弥が登ったのは雄阿寒岳だけだったそうな。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

2021年12月 5日 (日)

今日の霜柱

211205-0101  庭で夕方に見つけた霜柱です。本日の気温は-7.5℃~+2.6℃だったので、朝出来た霜柱が日陰では融けることなく1日過ごしたようです。
 霜柱が出来るのは、地質、地面から供給される水分、気温、風向風力と様々な要因が複雑に関わって出来るようです。もうしばらくすると、凍結深度が100cmの鶴居では、地面から水が供給されることも無く、反対に水が染み込むことも無くなります。霜柱ともお別れになります。そんなこと思いながら、サクッという感触を楽しみました。出来立てではないので、ちょっと硬めでした。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]
 

|

2021年12月 3日 (金)

今日の空

 一昨日は嵐のような天気でした。鶴居村における12月の日最大10分間降水量、日最大1時間降水量、日最高気温(高い)、日最大瞬間風速、以上の記録を塗り替えました。13時から14時頃はほとんど台風に直撃されたかの風雨でした。

 そして、昨日
S211202-0031 風は残ったものの雨は上がり、すっきりと青空もみせてくれました。

 なのに本日、朝から黒い雲が早く通り過ぎ、隙間から青空を見せるものの雨です。強い風も吹いています。雹も降ってきて、
S211203-005そんな気象なので、稲光は走り雷鳴轟き、どうしたものかと言いたくなる天気です。18時現在、9㎜の雨が降っています。雪も大変だけど、冬の雨は物悲しいです。それに、近所の町や地域で停電も起きているそうな。

 そんな気分の時は、
211203-015薪ストーブの炎を見て、暖まりましょう。停電になっても、薪さえあれば暖まり、お湯も沸かせます。

 寒いのはともかく、すっきりした青空が続きますように。

↓↓ホームページもご覧ください↓↓
自然と遊ぼう!R[アール]

|

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »